愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし7年目に入り、2000日を超えました。

豊田

日テレ・ダーツの旅で足助が放送

つい先ほど、日本テレビの
「1億人の第質問!?笑ってコラえて」番組内のダーツの旅で、
愛知県豊田市内の足助地区が放送されましたね。

取材があった事は
今日番組内で写っていた中学生たちと
同級生である我が家の娘から聞いていたのですが、
実際放送を見てびっくり。

そして。。。

私のまさに地元(町内)の方も
思いっきり出演しているではないですか・・・

我が家が出荷している産直市場の中の一つ
それも一番近い、地元の産直市場に
関根 勤さんが来ていたとは聞いていなかったので。。。


全国放送のバラエティー番組で、
私の住む地域が紹介されされるのは
不思議な気分ですね。。。。


でも。。。
放送を観終わってみて感じたのは・・・

普段のダーツの旅より
放送時間が短かった様な。。。。


知っている町と人が多く出ていたから
あっという間に時間が過ぎた様に感じただけだろうか。。。


今、学校の修学旅行に行っている長女に見せるのに
録画を消さない様にしておかないと。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

24年度、はざかけ乾燥の新米コシヒカリ。美味い…

コイン精米機で精米した「24年度産 はざかけ乾燥のコシヒカリ」
早々に、晩食で頂きました。

普通の家庭用炊飯器でいつものように炊いたのですが
ふたを開けた瞬間から香りが違いました。

美味い美味いと昨日まで食べていた
地元農家さんから別けてもらったお米だったのに
食べ比べると違いますね。。。。

収穫から1年経過したお米と、
新米の違いだけなのでしょうか。。。。


小4、中1の子供たちでさえ
「全然 味・香り が違う」
「甘みがありご飯だけ(おかず要らず)で食べられる」
と、田舎に移住後に増えたご飯の量なのに
より おかわりをして食べています。

ほんと、人にも食べて欲しいと配布したくなります。


この後の24年度産機械乾燥ミネアサヒの収穫と
また、その新米の食味比較が楽しみです。


同じミネアサヒでも、肥料の上げ方も田んぼによって差があります。

それらを楽しめるのも作り手の特権。

それら食味し、来年以降の米つくりに生かしたいです。


凄いなぁ~米って。。。。



001
(昨年度の自家製米)
今年のコシヒカリのお米の写真を撮るの忘れて、しっかり閉まってしまいました…
早く食べたいし、早く保存したかったので。。。




田舎暮らし ブログランキングへ

小学校の草刈ボランティア

001
子供が通う小学校のグラウンド周辺の草刈を手伝い。
名古屋ではこの様な事はした事は無いなぁ~と。
自分も名古屋の小学校出身だが、
私の記憶では私の生徒が草取りをしていた。
でも田舎の小学校は生徒数が少ないので
生徒と教師で広い学校周辺の草刈は物理的に無理だろう。

それよりも草刈作業をよりスムーズにさせる草刈機(刈払機)を
生徒の親が持っているなんて事は都会ではありえない。。。。
田舎では町内会(田舎では自治会)での町内草刈作業があるし
田舎の広い自分の敷地を管理するだけでも草刈機は必需品。
草刈をしないと雑草で通路もあっという間に通れなくなるから。

続きを読む

田舎暮らしの車通勤は楽し…愛知県豊田市足助

001
雨の帰宅ルート。
路面が濡れて、また木々も濡れてより綺麗に見えます。
私は車好き。運転も好き。(機械いじりも工作も好きですが…)

自宅の周りの道は結構好きですね。
ゴルフ場が点在する我が家周りは、道(幹線道)は本当によく整備された綺麗な路面。

思いっきりかっ飛ばすと言うより、
景色を味わいながら風を感じて走る…
そんなイメージでいつも走行しています。

以前、オートバイ(1000cc超)のバイクにも乗っていましたが
こんなに景色良いと視野の狭い大型バイクの運転では、わき見運転速度などで危険。
車が安定してて良いですね。

軽トラック(MT)だとエンジン音が大きく(室内防音機能が低いので)
まるでスポーツカーに乗っている気分良い錯覚にもなります。
車好きには良い場所です。

続きを読む

沼地化した休耕田を耕作する推移…愛知・豊田・足助

001
休耕田。最初の状況。
借りる最初にはわからなかったが、地主さん以外にも色々この土地の過去を聞き
わかった事も記録として。

耕作放棄期間は10年弱。
対岸の河川工事ご数年耕作していたらしいので正確には7、8年か

河川工事時に土が相当量入った様で、河川側と山側で
だいぶ高低差が出来て、田植えしようにも田んぼ内で水がつからず
田植え出来ないエリアが広い範囲で出来ていたらしい。

それを直す前にお婆ちゃん(地主さん)のご親族(以前の田んぼ管理者)が亡くなり
その後休耕田に。

高低差は、トラクターで耕うんし、地面をならした時点で
水路などの傾斜と雨水の溜まり方で気が付き、地主さんに尋ねたら
過去の事を思い出してくださって、教えてくれました。


最初にここまで教えてくれれば(知る事が出来れば)
もう少しスムーズに事は進んでいたのだろうが
10年近く前にもなれば、難しいだろう。


高齢化進む田舎で、特に一家の主(あるじ)が先立っている家も多く
残った高齢者のお婆ちゃんでは、詳細に土地や田畑の事を記憶していな事も多く
近隣の今のこる地元民から多方面に情報を集め整理しないといけないのが現実。

休耕田と一言で言っても、休耕田となった期間が長いと
田んぼに戻す事は本当に大変になると体感中。

しかし…
私の部落にも休耕田はまだまだ多数ある。
でも、あと10数年もしたら、お爺ちゃん、お婆ちゃんがいなくなり
農業の事、田んぼのこと、畑の事、山の事など正確にわかる人が
居なくなる危機が田舎にある。

そうすると、休耕田を田んぼに戻す時に、その土地の過去の経緯を
聞ける人が居なくなると言う事。

これは本当に危機的な事だと私は感じている。

田畑は使い続けて維持できるもので、放棄してしまうと
加速度的に土地が枯れてきてしまうのが怖い。


ここから耕作記録

続きを読む

休耕田を使える様にするという事は大変

001
休耕田を来年米を作る為に、耕作する中で
田んぼの排水を検討為に、にユンボ(パワーショベル・バックホー。ユンボ)を入れました。

002
二回目のトラクターでの耕うん作業後に
どうしても水の抜けない場所の排水を考えたい為。

重機を入れるのは簡単ですが、結構この行為をするに当たって考えました。

続きを読む

畑のイノシシ対策 第二段 … 愛知県豊田市足助

【作業前写真】
002
メッシュフェンスの外周にネットフェンスを取り付けた状態。

【作業後写真】
001
メッシュフェンスの内側にヒノキや杉の間伐材利用した杭(クイ)を打ち
ネットフェンスを1.5mの高さまで伸す。
柱の間隔は2m。クイ(杭)の地下に埋まった長さは50cm~80cmほど。

さらに進化対策として、杭の間隔を1mに増やす予定。
間伐材の切断と、杭への加工。そしてその杭の運搬など
作業多いですが、一度設置すれば、永年使用できるので
もう少し対策しようかと思ってます。
イノシシの出没多い場所で、
特に、この畑にはイノシシの好物の芋系の野菜を植えているので…



ツバメの巣に卵を確認…愛知県豊田市足助

000
我が家の古民家納屋に作られた、ツバメの巣の中に卵を確認しました。

毎日せっせせっせとツバメが巣を作って完成している確認しておりましたが
本日、何も知らない(鈍感)な妻が、納屋内のツバメの巣がある部屋を出入りして
親鳥を結果的に追い出してしまった隙に、私がさっと写真を撮って見ました。

天井ぎりぎりに巣作りしてある為、普通には中を見られず
鏡を持ってきての撮影。

妻に鏡を持ってもらい中を見た瞬間に夫婦でビックリ!

なんと6個も卵があるではないですか!
あんな小さな体のなかから6個もよく産卵したものだと。

ほんの十数秒間に撮影したのですが
親鳥はその間にも何度も巣に戻ろうと…

とっとと退散するいなや、親鳥が巣に戻って
卵を温めていました。

天敵であるヘビやネズミが届く場所ではないですし
民家内にまではカラスも来ないでしょうから
ツバメには安全な場所かと。

我が家の子供たちにもあまりツバメの巣に
近づかないように指示しておこうかと思います。

卵6個から、6匹元気に巣立って欲しいものです。


≪後記≫
撮影後の写真をしみじみ見て。
ワラやら枯れ草を沢山集めて、綺麗な巣の中にビックリ。
とても暖かそうです。
我が家の周りには、ワラも枯れ草も沢山あります。
そんなものも野鳥たちには大切なものだと改めて実感。
野鳥、自然の雄大さにも。



ヤマカガシ(ヘビ)

005
自分の田植え後の田んぼ内を泳ぐ「ヤマカガシ(有毒ヘビ)」

ウィキペディアによると、このヘビ
主食はカエルのようですね。

だから、水田に居るのか…


この写真を撮る時、足助の地元のおじさん達も多数居て
マムシではないこのヘビを軽い扱い(そう危険では無い)で
話していましたが、毒自体は、マムシの三倍も強いものらしく
自分の子供には厳重注意ヘビと教え込んでおきました。

マムシほど攻撃性はないらしいので
軽い扱いをするのかもしれないが
草むらの中で間違って踏んでしまう事も田舎では多く
特に背丈の低い子供をもつ親としては
ヘビは要注意です。

記録としてブログに投稿。。。




田んぼの代かき終了…愛知県豊田市足助

000
晴天の日曜。
代かきが終了しました。

ご指導を得ながらと言うか、
ほとんど地元の方に作業してもらってしまいました。


地盤が柔らかく、トラクターのタイア半分以上埋まる
(人が田んぼに入るとひざまで埋もれてしまう)
難しい地盤でしたので・・・・

ただ、作業をくまなく見させてもらいましたので
初期勉強にはなったかと。

後、写真左に写る、水路が雑草が生え
土で埋もれていましたので、その水路の掃除も。

時間の兼ね合いで、二割ほど残ってしまいましたが
後日綺麗にしきろうと思ってます。

この後、畑で「サツマイモ」を植える準備の畑作り。

またその後も別の畑の水路作り。。。と
朝から日暮れ寸前まで動き詰めの休日でした。

その為、風呂、晩飯&Beerの後、居間で寝てしまいました。。。

こんな日々が多い。。。(汗)



淡竹(ハチク)

001
やっとわかりました。
自分の山に生えている竹の種類。

タケノコの形が孟宗竹など見慣れたものと違うなぁと…

ウィキペディアにしっかりタケノコの写真も
載ってくれていたので間違いないでしょう。

淡竹(ハチク)は、竹が細かく分枝出来るらしく
竹細工をするのに向いているとのこと。

また、タケノコも他のタケノコの様にあく抜きしなくても
生で食べられる美味なものらしい。

ヒノキ林に生えている竹が、ヒノキの生長をとめていると考え
全て伐採し、将来的に根絶させようかと思っていたが
少し考えを変えよう。。



里山を田舎の自然遊び場へ…着々進行中

000
ミニ・パワーショベル(バックホー・ユンボ)を持ち込み多々ある計画の進行中。

まずは山の奥から出てくる沢水の水路の造り替え。

本来は塩ビ管など埋め込んで、安定的な水路を作りたいが
塩ビ管の購入費用も極力抑えたい(塩ビ管など誰かからもら得ないかと期待)ので
とりあえず土を整地して水路作り。

続きを読む

ツバメの巣作り。古民家、納屋内に…

000
先月から番(つがい)のツバメが古民家の我が家で巣作りの場所を探していました。

とうとう、場所を決め、作り始めたようです。

ここは昔(トラクターなど農業機械のない頃)、
畑や田んぼをおこす時に使う牛を飼っていた場所の様で
乾燥しきった牛の糞がそのまま置かれており、
牛が居なくなった後、家財や農資材がおかれていましたが
私たちが入居後に整理した場所です。

相当古いツバメの巣がいくつもあったのですが
全て壊し、壁面や天井部分も水道水で洗浄していました。

どうも昔の巣の位置に再度造っているようです。

続きを読む

間伐材で杭・柱をチェーンソーで自作

000
害獣対策に杭や柱が沢山必要になりますので
既に間伐してある材木から、
木の先の方の細い部分を使用して
柱・杭を作りました。

右からそれぞれの長さが
2.5m、1.5m、2mで合わせてあります。

杭・柱に使う時に
おおよそ50cmほど
地面に打ち込む事を想定し
それぞれの長さにカット。

そして、地面に打ち込む方を
チェーンソーでカットするのですが
これが簡単そうに見えて難しい…

綺麗に先がとがらないのです…

刃の目立てもしっかり出来てないと
いけないですし。。。

チェーンソーの刃の目立ても
本当に色々工夫してる最中!


これでも大分見栄えがよくなった方です。

機械は使い方、使われ方次第。

勉強、修行ですね。

続きを読む

間伐材の活用 愛知・足助

001
自分の山の今。

ちょっと空いた時間に少しづつ間伐し
切った木の枝をはらい、斜面に立てかけてある。

これら木は
細すぎたり、曲がっていたりして
売り物・建築など資材にならないもの。

でも、薪にはなりますし
囲い用の柱には充分なります。

全て価値ある使い方を考えます。

でも、こんな斜面したにある木を
持ち上げてくるのは大変。。。


タダで出来るウィットネス倶楽部にて
体力強化のつもりで頑張ろうかと(笑)

でも、やっぱ自然の中での作業
気持ちいいです。


イノシシ対策のスチールメッシュフェンス

001
いくつかある土地のうち、畑に開墾した場所に
イノシシ避けのスチールメッシュで囲いました。

イノシシが全体重で突進してくれば
倒れてしまう柱の強度ですが
囲わないより圧倒的によいので。

これから作物をつくりながら
囲いの強度など補強していく予定。

何にしても作業は自前でしたとしても
資材にはお金がかかりますので
補助金などの兼ね合いも含め
一気に進められませんので。。。

続きを読む

イノシシの足跡

001
先日、パワーショベル(ユンボ)で開墾・整地したばかりの通路に足跡が…

豚の足跡と同じ。


二本爪の。。。。


特に何かを物色した後は無いですが
しっかり来ている事がこれで明確に。


シイタケ(椎茸)

001
頂き物です。

お世話になっている隣町の方に
「山にキノコ(シイタケ)が生っているから
 取りにおいて~!」
と。

作るのが大好きな“老・お婆ちゃん”がいるのですが
作った割には消費が追いつかない…

こんなありがたい方々に恵まれて
我が家では山の幸を頂く事が多い。。。


頂くばかりではなく
お婆ちゃんが元気なうちに
キノコを作る方法を教えて頂いておかないと…

作物つくりは本当に
その地での経験が一番重要

同じ作物でも地域・気候・土壌によって
作り方は千差万別。

早くそのノウハウを取得したいと
ある意味あせる部分もあります。

あせってもしょうがないのですがね。


ユンボで土木工事myself…田舎の土地活性DIY

0041
全く手を付けられなくなって永い土地を
活性化する代わりに使用許可をもらっている場所。

パワーショベルで、重機ほか通れる通路を作りました。

そして、無断で捨てられていた
瓦を、別途有効活用する為に搬出。

この瓦の山の内に
体の模様からシマヘビと思われる
大(1mほど)・小(30cmほど)蛇が各一匹居たが
どちらもユンボで瓦を引き上げる時に
圧死させてしまいました。

何度か蛇をこの場で確認していたが
ユンボで作業中に逃げ出してくれていると
思っていたが、逃げてなかったのね…

殺す気がなかっただけに…申し訳ない。

続きを読む

朝もや…田舎の空気

002
寒い朝なのですが
朝もや、霧に包まれています。


「あぁ~田舎に住んでいる」

そう、改めて思わせてくれる
景色です。


丸太橋

001
道路下の畑に資材を下ろす為に
便利な様に丸太を並べただけですが
橋をかけました。

樹齢25年前後の杉の木で
成長が極端に遅い細い木や
曲がった木の中でも細いものを
優先的に間伐して使用。

同じ太さの木でも
やわらかい物、硬い物があります。

年輪の詰まったものは細くても硬く
そうでないものはやわらかい。

色々実感しながら学べる事が沢山あります。

30年近く前に、人の手で植えられた木々を
感謝を込めて、できるだけ価値ある使い方を
したいと日々思います。


続きを読む

竹林 伐採

002
先日紹介しました未管理の林内に生える竹を一度整理しようと伐採しました。

少しでも空いた時間に
少しずつ作業しているので
全て完了するのに必要になる
時間の総時間を集計するのは難しいですが

もし一人で全て作業していたとしたら…

やはり4日間ほどの日数はかかっているのでしょうか。

続きを読む

初経験…間伐

000
初めて間伐をしました。

携帯電話での撮影。

今まで剪定的な事は多数してきましたが
植林されたままの山・林を間伐したのは初めてです。

5m以上はあろうかと言う杉の木。

しかし、外の杉の木より低く
密集した杉林の中では陽があたらなく
細くヒョロヒョロの木を切りました。

続きを読む

畑への細い人道

001
道路下の畑に降りる道がありませんでした。

それを簡易的ですが作りました。

続きを読む

沢沿い・道路下の開墾作業の後、イノシシが…

005
耕運機で開墾作業をした翌日朝!

現場を確認すると…

「アッ!!!!」


続きを読む

沢沿い・道路下の開墾作業…5

004
日曜の事。

子供達の手を借り、
1時間ほど手作業で土の中に残っている根っこ類を取った後

耕運機(管理機)で耕運作業。

いや~地中には大変な数の根っこ。

機械で強制的に引きちぎって耕作しました。

夕方から始めたため、作業完了時は日没間近。


撮影は翌日朝のもの。


沢沿い・道路下の開墾作業…4

003
妻の手をかり
全ての根を掘削。


しかし…
地上に出ている木の数以上に
地下には無数のツタ製の植物の根が!!

ひたすら堀・堀・堀・・


日没で終了。。。


沢沿い・道路下の開墾作業…2

001
地主さんの大お婆ちゃんが
私の作業を見にこられ
何年(何十年?)ぶりに綺麗になるご自身の畑を見て
感激下さいました。

お爺ちゃんが存命中は、丁寧に管理・手入れされてたそうで
その時以来の事らしい。

そして…
「金になるものは何一つ無いから
 全て伐採し、好きな様に使って良いよ」

そう言って下さいました。

肩の荷が下りたと言うか、一気に作業しやすくなりました。

で…一気に全ての木を伐採!

そして、妻子の手を借り
伐採した木々を全て焼却!!!

スッキリしました。




沢沿い・道路下の開墾作業…1

000
もう何十年と手を入れられてない畑を開墾開始です。


ツタ類でがんじがらめになっている木々を剪定し始めたが
ツタ類がどうにもならず、間隔を置いて伐採!

ひたすらノコギリで。。。

一人作業です。



足助「中馬のおひなさん」…愛知県豊田市

001
足助のひな祭り
「足助の中馬のおひなさん」
平成23年2月5日(土)~3月6日(日)

好きですね。
こんな(田舎的)お祭りの雰囲気。

特に何を買う訳でもなく
(…と言っても、
 昔ながらの駄菓子屋で駄菓子を買って
 食べ歩きを子供としながらの散歩)

続きを読む

古民家改造…畑編(愛知県豊田市足助)

020602
母屋の地続き敷地内にある畑は一輪車では入る狭い通路はあるが、
車(軽トラ)で入る道が無かったので、
堆肥や木材などの運搬はその都度小分けにして搬入する必要があった。

春を迎えるに当たって、なんとか軽トラで搬入できるルートが欲しかった。

軽トラの搬入ルート=トラクタの導入口にもなるので。

ルート想定箇所には、大きな肥溜め?水カメ?が埋められていて
パワーショベルを持たない私には手掘りを覚悟していた。

暖かい日曜日に決行!!


そして…

続きを読む
しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天