愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし6年目。2000日を超えました。

開墾

田舎地元有志で休耕田開墾

私の住む町の有志で、
町の休耕田を少しでも活用しようと
まずは町を縦断する県道わきの休耕田を開墾し
来年からの米作りの準備。

田んぼ周辺の草刈は地主さんの方で済ませてくれたので
田んぼの中に残った木々や、石の除去などを済ませて
トラクターで耕うんする予定でスタート。

しかし、外周を害獣対策をしていないので
田んぼの水をためるための畔が一部完全に崩されていて
その土が水路をふさぎ、水路を流れる水が
全て田んぼ内に入っているので
田んぼが沼地化し、とてもトラクターのはいれる状況ではなく
急きょパワーショベルを持ち込んでの畔直し&水路直し

003

002

001


なんか楽しいと言うか、うれしい。

一人で休耕田を借りて、使えるように戻した経験があるから
複数人でする事の作業の速さを痛感しますし
なにより決して儲けではなく、自分たちの住む里山を維持しようという
有志の活動が始まった事がなによりうれしい。


しかし。。。


すごいと思うのは
田舎に住む人の道具所有内容。。。。

農機具は当然のこと、チェーンソーはみな所有、

そして
ユンボを事業としてではなく、個人所有する人の多さ。


田舎の広い敷地、そして山林、田畑を管理する時に
人力でのスコップ作業では体力的にも、時間的にも制限があるけど
重機があると便利なのは当然。

邪魔となる木を根っこから抜き、チェーンソーで切り刻み
薪ストーブの薪にするなど重機があるからこそできる事。


そもそも重機を置ける場所に困らない事が
敷地に制限がある都会とは比べ物にならない。


なんにしても田舎暮らしの人はたくましい・・・・

~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~







畑も今年の事始め

100
落ち葉、牛糞、古い鶏糞を昨年晩秋に入れ、そのまま寝かせおりました。
暖かくなってきて、作物作りの為、起こしました。
管理機で耕うん後、うねたて。

放置された土地を畑として土作りし2年目の土。
最初の状況と比べれば雲泥の差の柔らかな土状態。
今年の作物が楽しみです。

土の中にボツボツ見えるのは、落ち葉や小枝など、
これでも入れた量の4分の1位には体積が減っています。天然腐葉土。

102

101

昔から言われるとおり、
「畑(田んぼも)は使い続けないと良くならない」のを本当に実感します。

まして荒れ果てた土地を自分で切り開いて再度使える様にしているから
土地・土に対し、愛着がわいているのも実感。

大切にしたいです。自然の恵み。




休耕田をトラクターで耕うん…愛知 豊田 足助

000
休耕田だった田んぼですが、来年、米つくりをする予定の為
まず、一回目の荒起こしをしました。

こんなに早く入梅するとは思ってなかったので
計算外でした(入梅前にこの作業をする予定だった)が…
梅雨の合間の晴れ間に。

この広さの敷地をトラクターで自力で全て耕うんするのは初。
と言っても、ロータリー(作業機)の耕うん深さや水平調整は
全てトラクターがオートで調整するタイプなので、
私は初期設定とトラクターをまっすぐに走らせるだけ。
と言っても、初めて入る休耕田の田んぼなので
勝手も、田んぼ内の凹凸も、水分状態も走りながら知る状態で
最初はドキドキ。
途中から落ち着いて耕うん。。。。

続きを読む

イノシシ対策のスチールメッシュフェンス

001
いくつかある土地のうち、畑に開墾した場所に
イノシシ避けのスチールメッシュで囲いました。

イノシシが全体重で突進してくれば
倒れてしまう柱の強度ですが
囲わないより圧倒的によいので。

これから作物をつくりながら
囲いの強度など補強していく予定。

何にしても作業は自前でしたとしても
資材にはお金がかかりますので
補助金などの兼ね合いも含め
一気に進められませんので。。。

続きを読む

畑への細い人道

001
道路下の畑に降りる道がありませんでした。

それを簡易的ですが作りました。

続きを読む

沢沿い・道路下の開墾作業の後、イノシシが…

005
耕運機で開墾作業をした翌日朝!

現場を確認すると…

「アッ!!!!」


続きを読む

沢沿い・道路下の開墾作業…5

004
日曜の事。

子供達の手を借り、
1時間ほど手作業で土の中に残っている根っこ類を取った後

耕運機(管理機)で耕運作業。

いや~地中には大変な数の根っこ。

機械で強制的に引きちぎって耕作しました。

夕方から始めたため、作業完了時は日没間近。


撮影は翌日朝のもの。


沢沿い・道路下の開墾作業…4

003
妻の手をかり
全ての根を掘削。


しかし…
地上に出ている木の数以上に
地下には無数のツタ製の植物の根が!!

ひたすら堀・堀・堀・・


日没で終了。。。


沢沿い・道路下の開墾作業…3

002
畑にするには木の根っこが
邪魔になります。

全て手作業で掘削。

一人で作業。

半日2時間位ぶっ続けで半分弱。。。

後日、妻の手を借りよう。。。

沢沿い・道路下の開墾作業…2

001
地主さんの大お婆ちゃんが
私の作業を見にこられ
何年(何十年?)ぶりに綺麗になるご自身の畑を見て
感激下さいました。

お爺ちゃんが存命中は、丁寧に管理・手入れされてたそうで
その時以来の事らしい。

そして…
「金になるものは何一つ無いから
 全て伐採し、好きな様に使って良いよ」

そう言って下さいました。

肩の荷が下りたと言うか、一気に作業しやすくなりました。

で…一気に全ての木を伐採!

そして、妻子の手を借り
伐採した木々を全て焼却!!!

スッキリしました。




沢沿い・道路下の開墾作業…1

000
もう何十年と手を入れられてない畑を開墾開始です。


ツタ類でがんじがらめになっている木々を剪定し始めたが
ツタ類がどうにもならず、間隔を置いて伐採!

ひたすらノコギリで。。。

一人作業です。



しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天