愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし7年目に入り、2000日を超えました。

間伐

間伐とユンボでの引き揚げ終了

002
この冬の管理山林の間伐はこれで終了。

この数倍、いや数十倍
間伐・伐採した方が良いと
地元の人に言われているが
山林に切り倒し、そのまま廃棄するより
時間がかかっても材木を使いたいと思っているので
使い切りそうな量だけ伐採。

本当は、もう少し、若干細い方が
私にとって使い道が多いのだが
致し方ない。


003
今日切り倒したのは5本。

007
樹齢はほぼ平成の年数と同じ位。

昭和末期から平成の時期に、私の住む地域は
大掛かりな道路や田畑の整備をされた様なので
その時期に、使われなくなった田畑も含め植樹されたのだろう。

この杉が植えられた場所も
昔は細かな棚田だったとの事で
杉が吸い上げる水分も多く
良く育ったようです。

004
道路から下がった場所で
木を伐採するとこのような状況。

道路から一段下がった場所は
もともと畑。

荒れ果てた休耕畑を私たちが移住した時に
畑として使えるようにして3年耕作し
昨年秋に、この間伐材木を引き揚げる為に
いったん休耕に。

この畑からどんと下がった場所には
沢が流れています。


005
倒木した勢いで、木の先端の細い部分は
折れてしまいます。


006
まずは枝をすべて落とし

5~6m位の長さでカット。

この位の太さの材木が
車庫やテラスなどを作る時の丸太材としては使いやすく
余分を見てだいぶ長めにカット。


木の下(根側)の方は、基本は4mでカット。

太さもあるので、長くすると重要的に負担が大きく
短くすると、運搬が楽になりますが、使い勝手が悪くなる。

なので、4m位で一応そろえています。


枝はたがた5本程度の木の量でも
相当かさばり邪魔になるので、
延焼の恐れの無い場所で、
その日のうちに燃やしてしまいます。


001
すべての作業完了。

とりあえず、春~秋の間は
間伐している時間的な余裕はないので
秋以降までここはこのままか。


イノシシなど害獣対策が必要なければ
空きスペースで作付もできそですが
囲いが無い状態で、作付しても
ほぼ100%荒らされてしまい

その為に、害獣対策の囲いを付けると
今度は色々な作業がしずらくなる。。。
なので、このまま。


草刈は定期的には必要。


この後は、時間の合間を見て
杉の樹皮を剥く作業をすすめたいと。


ただ・・・
この時期の木が一番、樹皮が剥きにくい。。。

暖かい時期の木は
本当に皮がむきやすいのですがねぇ・・・

こればかりは致し方ない。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

杉の木を切り、ユンボで引き上げ

002
一昨年、購入したチェーンソー

マキタ:MEA4300L
~~~
排気量:42.4cc
ガイドバー長さ:40cm
~~~
やっとその能力を使う木材のカットです。


もう一台の「マキタ/ME-230T」
++++++++++
排気量:22.2ml、重量:2.5kg
ガイドバー長さ:25cm
++++++++++
では、この太さの木を切り倒すのは大変でしたが
排気量が大きいといとも簡単に切ってしまいます。

改めて、その威力と危険性を体感。

作業には緊張感を常に持って行わないと
取り返しのつかない事になります。


001
とりあえず、その日のうちに
整理・片付け出来る本数だけ伐採。

003
ユンボ(バックホー、パワーショベル)のアームに
ワイヤーを付けてそれを木にも固定。

004
それを引き揚げ。


005
枝を落として木材を必要な長さでカット。

006
ユンボ側からみる。
枝を切らずに、また長いまま引き揚げるのは
結構、ユンボにも負担が大きいですが
引き揚げてからカットすると後かたずけが楽なので…

007
今日の本数。
木材の長さを5m位でカットしてみたが
良く考えてみたらこの太さなら
4mの長さで充分だった。

008
しかし…
切って分かったのだが
木の芯が真黒に見えるものがあるが
これはなんだろう。。。。

その見的には分からないけど
木の中は色々あるのだなぁ・・・・

~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

杉の木を林から自分で切り出し、もらう

003
先日の積雪で何本か倒木した林。

この写真の手前が私の畑で
倒木に最初に私が気がついたので
地主さんに倒木している事を伝えていた。


ぱっと見は杉の葉っぱと同じ木だが
どうも正確には杉の木ではないらしい。
(杉の一種らしいが)

もっと細い状態で切りださないと
価値が無い(低くなる)らしく、
この種の木には太すぎるらしい。

そんな事で、杭など必要な時に使うつもりで
ほったらかしになっているとの事。。。。

そんな事で、私にも必要であれば
切って使って良いと許可をもらっていた。


002
雪も溶けた今。


途中から折れた木を主にいく本数切らせてもらった。


001
8m以上に伸びていて
4mスパンで切っても充分普通の丸太として使える太さ。

杭にしては太すぎるか。。。。

000
また、丸太でのテラス屋根を作る時用に
持ち帰りました。


丸太木としてはそう太い方ではないのですが
4mに切っても生木(切ったばかりの乾燥してない木)の重量相当重い。

一人で積み込めない事もないが、昨今、腰に不安があるので
妻にも手伝ってもらって軽トラに積み込み。。


帰宅後は、ユンボで吊り上げて降ろして終わり。


そろそろ他の段取りがしたら、自分の管理山の木も間伐しなげれば。。。


でも、今日切った木より太いの方が多いから
使い道が難しい。。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

ユンボで畑を整地

001
休耕田を畑におこし丸三年使ったが
この冬はこの畑下の林の木々の間伐をする為
畑を休耕。

~~
田舎移住後に、荒れ果てた畑をおこして
畑までに戻した経緯の記事ブログはこちら
移住後の雑草が茂った休耕畑から今
~~

この冬に間伐作業するに当たって
畑としてうねを立ててあったので凸凹の地面。

また、畑なので土が柔らかく、
木材を置くのにある程度整地し、
締まった地面の方が良いので
ユンボで整地及び土の踏み締め


002
落ち葉など毎冬に大量に入れて
ここまで土を柔らかくしていたので
畑に使わないのはもったいない気も多々あるが
ほったらかしにする訳でもないので、致し方ないと割り切り。


さっ!
間伐のシーズンです。

~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~







間伐材作業場として

001
害獣対策用のフェンスを外しました。

写真右の林の木々を間伐する為には
害獣対策のフェンスが邪魔になるので。

今年の春、
トウモロコシを植えた時の写真
002
排水性は良かったのですが
砂利が多く、また、散水する水が充分補充できず
今年の猛暑と干ばつで散水が間に合わず
トウモロコシの実が思う様な大きさに育たず
いったん畑としては中止しました。

003
田舎に移住して休耕畑を最初に開墾した場所。
3年前です。

雑草が木に成りだした根を
一つ一つ抜いて苦労しました。

そして今年の冬の終わり
005
ユンボでこの畑にトラクターや車を
乗り付けられる様にルートを作りました。

このルートを作ったお陰で
この場所で間伐材を切断、加工しても
車にそのまま積める場所にもなったのです。

来年1月~2月、
間伐作業をする予定です。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~







間伐し、丸太木材が欲しいのだが…

001
我が家近くの私の(管理)山。

密集林がゆえ、成長の悪い細い木は
2年前に切っている。

スギ、奥にはヒノキが密集し、地元の人にも
木の本数を半分にしないと山が枯れると言われ
大手を振って?間伐し、その材木を自由に使える。

20cm以上の太さばかりで
間伐し、樹皮を剥いて乾燥させ
丸太小屋など建築など多目的に使いたい!!
のだが。。。。


この林の位置が…
002
道路から低く、そして沢が流れる。

林の地面までユンボが降りるルートが無い。

003
2年前の冬。
細い木から間伐し、
この様に斜面に倒してロープをかけ
道路からユンボで引き上げた事もある。

ただ、それはこの様に
道路から見える位置にある木だけ

大半は、4mほどの長さに切って
かついで自力で斜面を登って持ち上げた。

残っている木は、より太い為
使い勝手良い4mほどの長さに切っても
私の力では斜面を持ち上げられない。

沢をまたいで超えて、
斜面を登ってこないといけないし

この斜面、水がしみ出していて
とても足場が悪い。。。。

丸太をかついだまま
斜面を滑り落ちたこと多々。

木がまだ軽かったから良いものの
太い重い木では大怪我。

それに絶対に腰を痛める。

2年前より、明らかに腰が弱っている。
(疲労がたまっている)

林に生えたまま、皮を剥いでからす方法もあるが
結局運びさせないのなら、同じ。。。
(木が乾燥するので、重量が軽くはなるだろうが
  引きずって運べば木肌がぼろぼろになってしまう)

薪にするなら、まだ何とかなるが。。。

公共工事の様な
大規模に大型機械を使えば
どうにでもなるだろうが

そんな事は考えるのも無駄。。。


せっかくここまで育った木。
何とか木材として、使いたい。。。。


う。。。ん。。。何とかしたい。。。

そう思って2年経っています。

いまだに思案中。。。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


薪割り

001
2年ぶり。薪割り。

息が弾む様な運動をすると咳が止まらなくなるので
極力、安静にしているのですが、少しは体を動かさないと…と言う考えも。

そんなんで、
以前から使用と思っていた「薪割り」


しかし。。

この程度の薪割りでも、体にはじとっと汗をかいていました。


こんな量(運搬車に乗ってる量)。


薪を暖房につかっているとしたら
一晩で使ってしまう量でしかない。


奥に積んである丸太の輪切り。

2年前の間伐材なので、よく乾燥しています。

なので、よく割れます。


昨今、生竹などを燃やす時に
種火用に薪を使っているのですが
乾燥した薪はまるで着火材のようによく燃えます。


この冬の間に、間伐もする予定でしたが
全ての予定が10日ほど遅れてきていますので
ちょっと今年は難しそうです。



田舎暮らし ブログランキングへ


ヒノキ林を上手く活用したい…

001
昨年の3月から手を入れたヒノキ林。
昨年秋には、ここのヒノキを使って丸太柱のテラスをいくつも造った。
さて…まだまだ間伐すべき木は沢山ある。
ただ間伐し、山で寝かせて腐らせるのではなく
上手く木を活用する方法を考えて行きたいものだ。
また、この場所もいい活用方法を考えたい…

全てが慌ただしく過ぎた昨年よりは、じっくり物事を進めていく春以降にしたいものだ。

田んぼ南面の山斜面の間伐・草刈

001
作業前。
002
作業後。
田んぼに隣接する山斜面は、田畑の日照時間に影響します。
隣接する土地はゴルフ場の土地ですが、永年許可で伐採可と言う場所の一つ。
(ゴルフ場側も、無償で山の管理をしてくれるのですがら逆にありがたいのでしょう)

綺麗になると気持ち良いです。もっともっとしたくなります。

この田んぼの所有者であったお爺ちゃんが亡くなられた後、
だれにも管理される事なく、田があれれば、当然山も荒れます。
到底一人では出来ないので、子供も手伝わせやってみました。
時間的には半日程度で、この程度。
一人で春までに全て終わるかは疑問。。。(本音は無理)
ボチボチと出来るところまでと言う事で。。。。

里山で間伐した木の根っこを抜いて運ぶ

001
基本的には間伐した木の根っこは抜きませんが
車の通り道にしたかったり、広いスペースを作りたいので
根っこをいくつか抜きました。
この作業時ほどユンボのありがたみ、必要性を感じる作業はありません。
(他にもユンボのありがたみを感じる事は多数ありますが…)

写真は樹齢30年ほど、13~14mほど(幹の太さ20cm程度)のヒノキの根です。

山の中は、この木の根っこだけでなく、隣接する木の根や
ここでは竹の根っこも縦横無尽にはっています。
そんな場所でも、このサイズのユンボで
15分程もあれば根を掘り出せます。

これを人力でしたとすると…
何枚のノコギリの刃をダメにしながら…
クワ、スコップも何本もへし折りながら…
一人で数日かけても終わらないのは確実。

ましてや、根を持ち出して人力(一人)で運搬は絶対無理!
現実(物理)的に重機の出番です。

(庭先の小さな木の根を掘り出すだけでも
 体力消耗~回復を繰り返しても2日がかりで
 スコップなど数本へし折った経験がありますから…コリゴリ)

そしてこの作業で、里山は…

続きを読む

ユンボを使って間伐した丸太を整理

001
切り倒した樹齢30年ほどの檜。
太い根元の方は丸太車庫の柱用に4mほどでカット。

002
仮設の丸太置き場にそのまま置く。


続きを読む

間伐後、ユンボで持ち上げ枝落とし

001
切った木の片側をユンボで持ち上げて枝を落としてます。
樹齢30年ほどで、太さもあるので
根元付近は丸太車庫の柱に使用したい
ただ、根元付近が曲がっている事を切る前に確認しているので
枝を落とし、ユンボで持ち上げて
どの位置から比較的木が真っ直ぐになっているかを詳細確認。
根元の曲がっている部分を切り落とし
そこから丸太資材用に4mちょいの長さにこれから切ります。

全長12mはゆうにある木なので、
4mの資材3本分は取れるかと。
太さに応じて使い道はあります。

4mほどの長さに切っても
樹齢30年以上の木で水を大量に含んでいる
切ったばかりの木の根元付近は、私の力では持ち上がりません。
(田舎暮らしする様になって相当体力つきましたが…)

無理すればもてる重さでも
腰を痛めない様に出来るだけ重機で
丸太を運搬する様にしています。


丸太車庫の計画

001
ユンボとトラクターを置く為の車庫を
間伐した丸太で造る計画に先立って寸法図作成。
この寸法図を元に、丸太の本数を具体的に割り出し
足りない分を間伐してこないと…



完成ブログ記事はこちら。
丸太車庫 完成ブログ ユンボ・トラクター用





間伐材の活用 愛知・足助

001
自分の山の今。

ちょっと空いた時間に少しづつ間伐し
切った木の枝をはらい、斜面に立てかけてある。

これら木は
細すぎたり、曲がっていたりして
売り物・建築など資材にならないもの。

でも、薪にはなりますし
囲い用の柱には充分なります。

全て価値ある使い方を考えます。

でも、こんな斜面したにある木を
持ち上げてくるのは大変。。。


タダで出来るウィットネス倶楽部にて
体力強化のつもりで頑張ろうかと(笑)

でも、やっぱ自然の中での作業
気持ちいいです。


丸太橋

001
道路下の畑に資材を下ろす為に
便利な様に丸太を並べただけですが
橋をかけました。

樹齢25年前後の杉の木で
成長が極端に遅い細い木や
曲がった木の中でも細いものを
優先的に間伐して使用。

同じ太さの木でも
やわらかい物、硬い物があります。

年輪の詰まったものは細くても硬く
そうでないものはやわらかい。

色々実感しながら学べる事が沢山あります。

30年近く前に、人の手で植えられた木々を
感謝を込めて、できるだけ価値ある使い方を
したいと日々思います。


続きを読む

里山の管理・その後

000
入り口周りを整理しました。

実際作業しているからこそ、時間経過で最初の状況を忘れてしまいますが
この様に写真で比較すると変化の大きさに自ら驚きます。

続きを読む

初経験…間伐

000
初めて間伐をしました。

携帯電話での撮影。

今まで剪定的な事は多数してきましたが
植林されたままの山・林を間伐したのは初めてです。

5m以上はあろうかと言う杉の木。

しかし、外の杉の木より低く
密集した杉林の中では陽があたらなく
細くヒョロヒョロの木を切りました。

続きを読む

杉(すぎ)と檜(ひのき)の違い

121502
私が借りている古家の地主さんからは、
地主さんの土地を全て使っていいという許しを得ています。

良くも悪くも田舎の家屋敷や土地、山林を管理する人が居ないので、
私が管理者と言う事にもなります。

ただ、土地家屋のある土地以外にも田畑や山林が点在しているのが
今の田舎の事情。

実際、地主さんは、若かりし時に地元を離れ生活され、
相当長い年月を過ぎているので、実際の土地がどこからどこまでなのかを
正確にわかってないのも事実。

都会の様に、区画整理(土地の境界線ひき)をしっかりせず、
先祖代々受け継いでいるのが原因なのも確か。

恥ずかしい話し、私の実家も父の代に岐阜県の山林を所有している旨
父親から聞いた事があるが、私はその場所の存在もしらない。

それが今の日本の山林の状態なのです。


だから、古民家で生活し始め、実際自分たちがどの範囲を
管理せねばならないのかをご近所の大お婆ちゃん(80歳超)と
地元の主(なんと言うか大地主さんとでも言うのか…)から
聞くしかないのです。

この写真の中の山林も、私が借りている地主さんのもの。らしい。

勝手に木々を伐採してはイケないだろうが、枝木が道路に出たとしたら
私が伐採する事にはなるだろう。

続きを読む

不耕作畑の復活作業…副産物

02

畑の下に小川が流れています。そこには沢カニが…

子供達は天然ふれあい公園状態で、親の手伝いも忘れて遊んでます。


続きを読む
しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天