愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし6年目。2000日を超えました。

風景

益虫 vs 害虫

000
トンボがアブを捕食中。。。
(写真クリックで拡大)

トンボは肉食とは知ってはいたが
実際に捕食(食事)中を見るとエゲツナイと言うか
生存競争の恐ろしさか。。。。


子供がカマキリを2匹小さな虫かごに入れて
無理やり戦わせて、共食いさせていたが…

(私も含め、子供、特に男の子は
  こうやって生死を覚えていくのだろう…)


田んぼにも水路にもトンボの幼虫「ヤゴ」を
たくさん見かけるので、これからもっとトンボが増える事だろう。

秋になると、田んぼには赤とんぼが大量に飛び回り
夏の終わり、冬の到来を印象つける風景にも。


しかし。。。

トンボはカメムシを食べてくれないのかな。。。。


カメムシの天敵ってなんだろう。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~







田舎の秋の風景。草刈、草焼き、野焼き

専業農家が無い、中山間地の農家は
稲刈りが終わると、家庭菜園程度の畑作業はあるものの
基本的に冬支度にはいります。

成長の止まった雑草をどの家も草刈しています。

私の町では、今月末に、
県道沿いの草刈を町民で行うので
道沿いの土地地主さんは、それぞれの自分の土地分は
町民での共同作業前に、前もって刈る作業も
この時期よく見られる風景です。

町民での草刈作業時の作業負担を減らす為に
時間があるときに前もって、草刈しておく…
そんな自主的な行動。

私も、県道など主幹線道路沿いにある
田畑を借りているので、田畑周辺も草刈しました。

草刈作業前
0041
この場所は、初夏に一度草刈をしたのですが
数ヶ月でこの様になります

作業後
0042
道路沿いの反射板もスッキリ見え
道路と河川敷との境界がはっきりします。

本来、この場所は、私が刈る必要が無い、責任は無いのですが
この様な道路の様な、河川の様な、中途半端な土地は
誰かかが草を刈らないと、そのままになってしまいますので
すぐ横の田んぼを管理している私がボランティアとして。。。

本当は河川の中の草(ヨシ)も何とかしたいのですが
ここまでは個人の力ではなんともなりません。。。

河川管理事務所の管轄でしょうね。


006
そして、刈った草は燃やします。。。

この時期、至る所でこの様に煙をあげています。

刈った草を野積にしておいても土に返りますが
乾燥させ、燃やしてしまった方が灰となり
早く土に戻りますので。

草を燃やした時の煙の匂い、
結構好きです。

ダイレクトに煙を吸えばけむたいですが
少し離れて感じる匂いは、干草の様な良い香りです。

以前、住んでいた住宅地の一戸建ての猫のひたいの庭で
落ち葉や枯れ草を燃やしたら、ご近所からヒンシュクをかいましたが
田舎では、だれも何も言いません。
みんなしていることですから。

燃やす草の量も半端でないので
出る煙の量も物凄く
町じゅうが煙で真っ白になる位の日も良くあるのですが
それでも何事も無く。。。。

洗濯物が煙臭くなることもたまにあるのでしょうが
そんな事をとやかく言う人はだれもいません。


そんなのんびりとした田舎の風景。
やっぱり好きですね。。。。


そんな事をしているうちに夕日。。。
こんな綺麗な空を見上げ、帰路へ。。

001

心が洗われる気分です。


田舎暮らし ブログランキングへ






築100年超の古民家玄関から見える秋の今日の景色

010
木製フェンスにかけられた“はざかけ”光景。

普段、木製フェンス沿いに止めている乗用車は
玄関横に停車。
車で日光や風をさえぎらない様に。

ここにかけておくと、1日で表も裏も光に当たります。

はざかけにより、
外からの一種の目隠しフェンスにもなってもいます。



で・・・ふとこの写真を撮ったあと(夕方日暮れ間近)思う・・・・

時間が無いのが一番の理由だが、
久しく乗ってない(エンジンをかけてない)バイクを
作業小屋から引きずり出し、エンジン始動。

セルの無いキックのみのバイク。
普段乗っていれば、2回も蹴ればかかるエンジンだか
さすがに10回ちょいは蹴ったかな・・・
したかない久しぶりなので。
でもバッテリーが無いので、維持が気楽です。

せっかくエンジンかけたので、
キャブレター内のガソリン循環も含め走行。

田んぼの巡回と、町内周遊…。

最初はゆっくり走って、景色を楽しむのだが
時間の経過と共に、遊び始める自分。。。

いくら2年経過したとはいえ、新参者である事はまだ間違いない。
大人気ない遊び走りはひかえないと…自戒。

あまり乗らないので、地元の人でも、
私のバイクの存在を知らない人のほうが多い

ましてや昔の大型バイク乗りの名残でヘルメットはロングツーリング仕様。
HOEIの真っ黒ヘルメットで、真っ黒のシールド(一番濃い黒)。

外から顔がまったく見えないので、ほぼ全ての田舎の人に怪しまれます。(汗)

こんな小さなバイクなのに、これも名残で、バイク用グローブ(夏用)までしてるし…
(革パンも、夏用・冬用ジャケット・パンツなど他ツーリング用具は全てダンボールに眠ってます)

自分で走りながら、これではイカン、イカン、と早々と帰宅。

で。。。
帰宅後、なんとなく撮影。
002


昔は「バイクと風景」的なテーマ、イメージで
写真を撮る事がマイブーム時もあったが今は…
結構な枚数撮影してみたが、気分が盛り上がらなかった。

1枚だけブログ掲載。。。

このバイク(50cc改造での排気量88cc)でも、、
ギア比、スプロケットが原付のままだから、
いくらエンジンをまわしても法定速度いっぱいがいい所。
(出力出てるので加速は原付より良いです。
 でも60km程度までなのであっという間に吹け切ります…汗)

音は社外品マフラーにより、勢いはあるけど…
法定速度走行で、時速200km以上出ている様な甲高い排気音…

音だけ・・・・(大笑)
気分を楽しむという所。
今の私にはこれが一番合っている。

大型バイクに乗りたいなぁ~と思う事もあるが
経費かかる“所有?”するかとなると「いらん!」と言う結論。
(ユンボ、トラクターの様に維持費が掛からなければ良いけどなぁ…)

人の大型バイクを友人から借りる方法もいくらでもあるが
たまに大型乗って、乗りなれてた時のつもりで
いい気になって走れば、普通に考えれば事故のもと。
(バイク公道事故歴はありません。
 オフバイクでの遊びでは捻挫経験など軽症歴有りますが…)

大型バイクは真面目に乗らないと危ないですからね。
痛い思いはしたくありませんから。

年齢・加齢による病気、
40肩など(昨今はひじ関節の酷使から“テニス肘(ひじ)”の診断で痛み止め注射も…汗)
既に日常生活内で常に痛みがありますから…(汗)





田舎暮らし ブログランキングへ


梅雨の晴れ間の朝の田んぼ風景

031

032

田舎暮らし2年目
もう風景的には見慣れてしまっていますが
鳥のさえずりを朝の静けさの中で聞くと改めて知らされます。
景色のありがたさを。

写真では中々伝わりませんけど
本当に気持ち良いです。
田舎の朝。


夕日…田舎の景色

002
夕方5時頃の写真。
高台に三脚を立て、デジタル一眼で撮影
カメラ:キャノン Kiss-N

続きを読む

2011年元旦の田舎年賀状

1227
田舎に移住後、初の年末です。

毎年、年賀状はお手製(PCでデザイン作成)で、
写真も、自分で事前にテーマを決めて撮影しています。

今年は
まんま田舎の写真。


風景写真がそのまま全体写真に使える。
う~ん、今まで無かった・出来なかった事。

この写真にいくつか子供の写真などを加工付け加え
2011年年賀状をつくろう!



田舎の風景

01


好きだなぁ…
しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天