愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし7年目に入り、2000日を超えました。

DIY

運搬車の荷台拡張DIY

001
今年の1月にご近所さんから
使われず朽ちていて動かなくなった運搬車を譲り受け
壊れたパーツや、クローラーを交換したり直したりして
使えるようにし、
今我が家で活躍している2台あるうちの小さい方の運搬車。

荷台の横幅がこの様に引き延ばせ
拡張する機能があります。


ただ。。。。


ご覧の通り
拡張するとすき間がいっぱい。


収穫カゴなどは良いけど
袋詰めのものなどを積む時に
落ちそうで心もとない。。。


で。。。。


家にあるもので
少し加工。。。
002
業務用冷蔵庫などで使われる網型の棚。

それをカットしてワイヤーで固定。。。

003
あえて網目にしているのは
里芋など泥つきの物を積んだ時に
網から土が下に落ちる様にしたかったから。


これで積載量も増えます。


秋の稲刈り時にモミを入れた袋を運ぶ時にも
積載袋数がこれで倍増しそう。。。


カットした網部分の切り口のバリ(とがった部分)を
ヤスリや、サンダーで削るなどしたので
切って貼っただけでないですが
それでも30分ほどで完了。


機能的になりました。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

作業テーブルのDIY

001
今日、今年初のナスの収穫と、産直市場への出荷を終え、
作業用デーブルがもう一つ合った方が良いと
急きょDIYさくせい。

1年半前に作った「多目的作業台をDIY」(当時ブログへリンク)と、構造は一緒。

台の天板は、その時一緒につくってあったので
今回は脚の部分を作るのみ。。。

002
今回は、台の位置を高くしたいので
脚を長めに設定。。

003
完成。。。。

製作時間1時間程度だろうか。。。

角材はまだ過去の在庫分で足りたので買い足しも無し。

赤いペンキは、天板を取り外せるので、位置印として。


004
だいぶ台が高いです。

ちょうど私が台の横に立って、手を置くとちょうどの高さくらい。

主に、収穫したナスの大きさや重量を測定する時の
作業台として使う予定。

それ以外にも高い位置の台が欲しいなぁ~と
過去思う事があったので。

幾種類か高さの違うテーブルがあると何かと便利なので。



う~~~ん。

この手の機能優先の台・テーブルDIYは
即効でできる様になったなぁ。。。。


田舎暮らし4年目は段取りも、作業効率も
我ながらいいなぁ。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

丸太くいDIY

001
冬に切っておいた間伐材を短くカットし
先をとがらせて杭に。

それを…
002
3本、大きな木製ハンマーで地面に打ち込む。

そして…
003
廃材(カーポートのポリカ屋根材)を板代わりに。



で、結局
004
昨日納品された牛ふん堆肥が谷側に落ちない様に塀。


これを昨日、牛ふんが納品されると連絡があった昼に
即席で作成。

その後、牛ふんが納品されて活用されました。


冬に牛ふんが納品された時、
ユンボで堆肥小屋に牛ふんを押し込む時
谷側にだいぶこぼれたので
次回納品されるまでに作ろうと思っていた。


でも、結局、納品当日、
納品1時間前につくったという事。


田舎暮らし4年目ともなると
この手の作業をものの数十分で作れるようになりました。

作業道具(チェーンソーや電ドル)の充実もそうですが
丸太などの木材がある程度在庫で保有出来ているのが
大きな要因。。。


必要に応じて対応しているだけですが
対応能力は上がったなぁ~と。


まぁ、こんな事もブログに記事にする内容を思い返さなければ
普通に普段の事と流してしまう状況です。


田舎暮らし3年で、こんな事も普通にだれでも出来る事でしょう。

~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

DIY自作が最安とは限らない…

003
畑で作物をつくるのに
防草対策としてシートを張る事が多い。

そのシートを固定するのに
土をよせてシートを止めるか
写真の様な留め具を使う事も。


ちょっとこの留め具が足りなくなり
被覆鉄線で作ってみた。
001
塩ビパイプを2か所切りかき針金を通して曲げる。

いとも簡単に自作出来ます。

でも。。。
002
針金一巻きで出来た数量が20本弱。。。


数量的には必要分補えたが
思っていたほど作れなかった。。。。

ネットで「農園芸用シート押さえ 丸型」と調べてみると
40本ほどで千円で買える。。。。


う~~~~ん。。。

出来たものを買った方が
被覆針金を買って作るより割安の様だ。。。


本棚をDIYして作った時も思ったが
自分でつくると自分の使いやすいサイズで作れるが
既製品の棚で済む場合、そっちの方が材料費が安くなる事もある。


大量生産品って、ほんと安いですね。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

棚のかさ上げDIY

001
今回のDIYで活躍するのは「電動トリマ」

名古屋から愛知の田舎(豊田市足助地区)に移住した当初、
以前から欲しかったものの一つで、移住後すぐ手に入れた物。

材料は以前DIY加工で材料として使った残りの端材「1×4材」。

この手の角を削る加工は、トリマの作業分野。

002
今回のDIYも自宅使用分のDIYなので
仕上げも気にせず、機能優先。

003
取りつける箇所に合わせてそれをカット。

ニスが塗ってあるDIY工作本棚は、確か娘のもの。
学校の授業で確か作った物。

その両端に木製接着剤とビスで固定。


004
それを置く場所、
食器棚の隅にある電気コンセントの高さと干渉するので、

電気コンセントの位置を変更。
高く固定し直し。


005
仕上がり。

何のために足を延ばしたかと言うと・・・

006
電気オーブンの下に、食パン(自家製)を置けるように
高さを必要としたから。。。



もともとこの電気オーブンの下に娘の作った本棚を
棚として使っていた。

でも、高さが低くあまり物が置けなかった。。。


それを妻が不服に思い

「もう少し高い棚を作って!」。。。。と。


それが妻からの要望(指示、命令?)

指示は出すけど、資材を買ってくれる訳でもなく
載せるものが軽いので、強度も耐加重もほんとど追加必要なく
新たに作るには材料がもったいないので・・・


一番材料を使わない方法を選択。

足を付け足して、機能として高くさせたと。。。。


そんな妻は。。。。

自分の指示通りではないこれを
不服とする訳ではなく


「この手があったか。。。。」と。


結果的には満足げ。。。。


準備から片付けまで、
ものの20分もかかったか、からないかのDIY作業。



ですが。。。。

要望を出すのは良いが。。。

「今度、角材料資材でも買っておいてくれヤ!」と

思う、旦那側の思いも追記しておきます…(`´)。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

あった材料で造る最弱な棚

001
完成状態。

玄関前の物置内の長尺ものを置くスペースに
棚を作って、長靴上に積み重ねて置ける様にしたかった。

002
田舎古民家の玄関前の物置。

外で使うもので使用頻度の高く、
台風など横殴りの雨でも
濡れては困るものを入れる物置です。


材料は…
もらい物のフローリング材の端材。
ホームセンターでもっとも安い細い角材。
そして、若干それよりも太い角材。

すべて家にあったもの。

載せるものが軽量なので強度も必要ないし
細い物で造れば収納スペースが増える様に。

そして、物置内部が凸凹しているが
その隙間の間にすっぽり入る様にしたい。

で・・・
003
棚を仮組み立てして
物置内部に入れてから・・・

004
脚を付けて組み立て。


005
すっぽり。

まぁ、こんなもんでしょう。
自分で造り自分で使うものの品質は。。。

早い(製作時間)、
安い(材料代・タダ)、
上手い(これは最低限のレベルと言う事で)!

~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

アルミ脚立の補修・DIY

001
もう何年ものだろう。この脚立。

移住前、背の高いミニバンの洗車用に買ったもの。

以前より、田舎移住後の方が使用頻度高くなったが
田舎の舗装されないばかりでの使用で酷使され
プラスティックの脚立の脚部分が割れ、
脚立に乗ると脚立の脚が地面にもぐってしまい
脚立が傾き、何度も落ちそうになるので
この足部分を補修。


材料があるもので。


002
まずは、足になる部材の加工。

廃材のスチールフェンスの
柱で使われていたLアングルをサンダーでカット。

003
そのアングルに電動ドリルで穴あけ加工。


なんかあった細いボルトとナットで脚立の脚に固定。

で、出来上がり。

004
ものの15分ほどで終わり。


ここで、気づく。


ん?
足の地面の密着度が・・・・?

005
もともと、脚立の脚が地面に対して
平行になるようにカットされておらず、
そのままつけたので、設置面が。。。。


でも、砂地の地面で確認すると。。。


006
とりあえず、砂地に足が埋もれる事も無く
とくに安定性が悪いわけでもないので。。。。。

「OK」としました。


まぁ、結局、やり直すのが面倒なだけですが。。。。



こんなクオリティーの低い作業ですが
私的には満足度高いというか、達成感あるというか
何か困った事があってもすぐ対応できる今がウレシイ。。。


作業小屋と言うスペースと、工具の充実(自分なりに)
廃材と言うか不要品の活用でのDIY


こんな事がすぐ出来ることが充実感あります。


着飾らない、でも機能は充実の田舎暮らしに。。。。


~~~~~

田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~~~~

軽トラック荷台用コンパネの高いアオリを補強

昨年作った軽トラックの荷台の積載量を増やす為の
コンパネで作った高いアオリ。。。。

当時ブログ「軽トラック荷台にコンパネで高いあおり」2012年3月14日ブログ


牛糞や鶏糞堆肥の満載積載時や
もみ殻の満載積載に大活躍中。


そのコンパネを補強しました。


作業前
001
運転席荷台パネルに設置したコンパネ板に
細い角材をビス止めし、内倒するのをとめているだけの状況。

後ろ側も内倒すし無いようにしているだけの構造。

それを。。。
004
両側のコンパネ内外両側に角材をつけて
薄いコンパネが積載物で反るのを角材で抑える。

そして後ろ側も
002
外側から板材を追加設置

上から見るとこう言う状況
003


後ろの板のみ写すとこんな状況
007
後ろ側でコンパネをはさむ様にしました。


積載物で外側にコンパネが反る力を
これで抑えようかと。


もみ殻など、小さなものを積むと角から
若干こぼれる減少を抑えられる事も。


ちなみに、この構造でも
左右、後ろのコンパネを単独で外せます。
005

006
荷下ろしのときなど
背面下ろしも左右下ろしもそれぞれ出来るので
状況に合わせて使えるので便利です。


こんなシンプルな構造ですが
補強前の状態でもコンパネ上部まで満載しても
コンパネが壊れる事はありませんでした。


どちらかと言うと、もみ殻を積んだ時
すき間からこぼれるのを防ぐ効果の目的が強いか。


何気に空いた時間でDIY作業をしていますが
これも田舎暮らしの特権でしょうか。

008
DIY作業小屋に、ツーバーフォー材やら各種角材など
在庫がこの様にあるので、普段の何気ない空き時間が有効に使えます。

軽トラックを持っているのも、
これら資材をホームセンターに行ったついでに
買ってこられる大きな要因も間違いない。

移住当初は、こんな一つ一つが感激していたが
移住3年目の今は、普通に今有る環境を活用しています。


いや~充実しますねぇ~田舎暮らし。

~~
ブログランキングに参加しています。

もし、ブログ記事が役にたった、興味深かったなど
思っていただけましたら
それぞれ1回クリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

多目的作業台をDIY

000
私の工作室&作業小屋。
もと農機具・資材置き場。

作ろう作ろうと思いながら、結構月日が過ぎてました。

工作用、物置テーブル用など多目的に使えるテーブル・台。

どうしようか色々試行錯誤しながら
また、出来るだけある資材でつくろうと思うのでややこしい。


001
で、こんなん出来ました。作りました。

ほぼ正方形。一辺、90センチ。

天板の合板のみ購入。
1枚980円。

半分に切って合わせ、厚みを持たせました。

足などの角材は、もともとあるツーバイフォー材とワンバイフォー材。

002
天板と、足の部分は外れます。

すべて木製品のテーブルって、結構な重量になるのです。
なので、作業小屋内だけで使うわけで無いので
運ぶとき、天板と足の部分が分けられると、
一人で運べるので。

003
緑色に着色してあるのは向きがあるから。
完全な正方形でなく、微妙に長方形なので

もう一枚合板がありますので後日、もう1個つくろうかと。

売るわけではないので、クオリティーもこんなもんかと。
塗り方も適当です。。。。

~~
ブログランキングに参加しています。

もし、ブログ記事が役にたった、興味深かったなど
思っていただけましたら
それぞれ1回クリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

軽トラ荷台で久しぶりのDIY

001
藤岡のホームセンターで、資材の購入。
3,000円弱。

木は山にまさに腐るほどあるけど、間伐し、角材までする手間は相当なもの。
こんな資材がこの金額で買えてしまうと、山の木は売れないのも当然。。。。
そう思いながらも、時間の兼ね合いで、安い資材を買ってしまいます。。。

002
帰宅後、早々にDIY開始。

と言っても、作るのは簡単な、スノコ。

朝の外気温が10度にも下がると、外にサツマイモなど置いては置けません。
玄関内に置くのに、地べたにおくのもなんなので。。。。

003
特に図面などもなく、置くスペースを図って
採集カゴの大きさを測って、資材となる木材の寸法を測って
切って組み立てるだけ。

置く採集カゴの量にあわせて、スノコの数を変えられる様分割。

004
適当に作ったスノコのうえに
採集カゴは7個置けました。

この程度の数なら玄関の出入りにも邪魔になりません。

作業時間。。片付けまで含めて2時間ほど。。。


田舎暮らし ブログランキングへ

廃ドラム缶リサイクルで焼却缶

001
移住する前から納屋にず~~っとあったドラム缶を
ディスクグラインダでカット&加工して、焼却炉をつくりました。

この缶、車用のオイル缶なのですが、
中に入っているものは粘性度合いからするとオイルではなく
何がは不明。。。。

水にしては若干石油系のにおいはしていました。

中身を廃棄して念の為、蓋をあけたまま雨水が入らない様にして
2年ほど内部乾燥させていました。

とりあえず火気危険を確認後、グラインダーで切断加工。

下部に空気取り入れ用に穴を電動ドリルで複数個あけ
たわいも無い加工ですが、30分ほどで終了。

でも、加工時の音量は下町の鉄工所での音量そのもの。
都会の住宅地で、やろうものなら大ヒンシュク。

田舎では…自由。

怪我だけ注意しながら。


002
蓋は全てきらずに曲げて使用。
もともとの蓋部分はエントツ代わり。

中は…
003
こんな状況でした。


この焼却炉は、間伐木や草などの大型自然ゴミ焼却用。

ドラム缶の中で燃やすと、露地で広げて燃やすより、
燃焼温度があがり、煙も少なく、安全に綺麗に燃えきってくれて
また、灰も細かく綺麗になります。
そして、その灰は肥料として別に貯めておくのです。

秋になると、このドラム缶焼却炉が活躍する時期なのです。

もう、秋の準備も始めないと。。。。。

田舎は次の季節の準備は早い。。。。




田舎・古民家暮らしの雨の日は、DIY or 整備の日

01
昨日の雨日はバイク整備Day。

純正ではない(社外品の)速度メーターの調子が悪い。
分解せずに調整できる部分は手直ししてきたが…直らない。
まぁ、車検がある排気量ではない(原付二種87cc)ので、取り立てて問題あるわけではないけど
直せれば一つ勉強にはなるので。

でも、電気系の問題は面倒だったり、部品交換が必要な場合があるので
その場合は…使えれば良い…と言う事で。

02
工作棟の床は土間。
オイル、ガソリンが万が一もれても、そのままの気楽さ。
換気も隙間風いっぱいの壁のお陰で、神経質になる必要もなし。
ただ、さすがにエンジンをかけると排気ガスで頭がいたくなるので
防風用のビニルシートの窓 兼 扉は事前に開けて置く。

見た目バイク用ガレージとは言えない ただの作業小屋だけれど、
バイクを整備分解したまま中断できる気楽さはバイクガレージと同様。
特に嬉しいのがエアコンプレッサーを整備時に使える事。
機械類の分解組み立て時には、エアコンプレッサーが本当に重要。
これだけでも凄い嬉しい…。

そしてバッテリーの無い(バッテリーレス)の旧式バイクは良いです。


もっと早く田舎へ移住していけばよかったとつくづく思う。
昔乗ってたバイクの中には、そのまま持ち続ければ良かったと思うバイクが何台かある。
最新型のバイクより、旧型のバイクほど。

あの時には、バイクに乗る事以外に楽しむ方法が無かった。
整備もするスペースも無く、常に盗難の危険がある為、維持管理にも最大注意が必要だったし…。
だから、どうしても「買い換える」しかなかった。



したい事を精一杯する。
その為には、やはり田舎の広いスペース・敷地が
何より私には必要だった事をいまさらながら実感。
その意味でも、今の環境は本当にありがたい。
(と言っても、自分で住みやすく整理・改造してきた部分も大きいのだが…)


田舎移住後2年弱。
田舎暮らしにじっくり腰をすえ始めてこれた感じ…。

でも、まだまだ行動途中…





軽トラック荷台にコンパネで高いあおり

001
軽4駆トラックの荷台に軽量荷物を大量に積める様
コンパネで高あおりをつくりました。

牛糞などの重量物ではこれほどの荷台に満載では
確実に積載オーバーになりますが、もみ殻などの軽量荷物はOK。

以前から作ろうと思っていて、
コンパネをホームセンターで購入しておいたので
これまた予定の空いた土曜午後2時間ほどで工作。

構造は…

続きを読む

DIY:シンプル下駄箱…まるで昔の小学校の下駄箱か

001
扉の無いシンプルな下駄箱を製作。
写真は棚板部分を製作中
天板含め6段の棚を作ってから柱をつけていくいつものパターン。
材料も製作時間も少なく、強度ももてるので。
デザイン性には大変劣るがこれも必要に迫られて作るものなので…。
扉付きの下駄箱は昨年夏にカビが何度も発生し、今年の夏に向けて
通気性の良い扉や仕切りの無い下駄箱にせざるを得ずと言う事で…。

組み立て完成、設置後の写真…

続きを読む

水田・排水マスの仕切り板をDIY

004
つい先日、新たに借りることになった田んぼ。
コンクリートも痛んでいますが、まだ使える排水マス。
でも、水位調整する板がないので春を迎える前にDIYしました。
この程度のDIYはブログ記事にするほどのものでもないですが
自分の日記・記録として。

続きを読む

DIY工作:「現代農業 用」本棚を作りました

001
時々吹雪になる昨日。
予定が空いてしまったので、以前から作ろう(妻から催促?も…)と思っていた本棚を作りました。

過去の出版済み分から冊数が結構あり、市販3段BOXに入れていたけど
本とのサイズも合わず、また入りきらなかったから乱雑に居間に置かれていました。

母屋となりの大工工作室(旧納屋を整理)にて、お隣のお婆ちゃんから
使ってないもらい物の薪ストーブに火をいれ、暖を取りながら。

我が家にある在庫材料のうち「2×4材」、「1×4材」、「4cm角材」を使用。
設計図をひかず、現代農業本1冊を持ち込み、その本の寸法と、
在庫材料の1本の長さとで、一番ロスの少ない(端材ロスが少ない)寸法を
考えながら…。

で、こんなものが出来ました。

続きを読む

ユンボ&農機の車庫DIY途中

005
テラス、堆肥置き場、そして車庫と大型DIYはこれで3つ目
しかし。。。今回は背丈が高い(3m)ので大変。
持っている脚立では到底届かない高さなので
軽トラックの荷台に脚立を積んで作業。
だから脚立の位置を変えようと思うと毎回車を動かさないといけない事に。
一気に作業進められない…

そして、初期図面(寸法図)を作りながら、
作っている最中に資材の長さの兼ね合いで本体寸法を変えて
作っているので余計何かと時間がかかる。

まぁこれがDIYと言う事で・・・
ちょこっとつづ進行中。



堆肥小屋の完成(間伐材丸太)

001
完成写真。
001b
以前の状態。

続きを読む

古民家縁側にDIY棚製作…愛知県豊田市足助

002
子供部屋前、縁側の片隅に棚を造った。
室内の3段BOXなどにカビが生え、今後の事も踏まえ処分した為
収納場所がなくなり、デットスペースになっていたこの場所に。

風通しも良くする為にスノコ状の棚。

地区100年を超えた古民家は隅々の柱が垂直ではなく
微妙にそれぞれゆがんでいる。
その為しっかり寸法を測って造っても
壁間にすっぽり入らない…。
採寸して切った材料を壁の中で実測微調整しすえつけ。

下の棚と上の棚は別物で分離。
材料は1×4材と2×4材。
もともと備蓄している木材で工作。

製作時間:加工から組み立て据付まで全40分。

ユンボで土木工事myself…田舎の土地活性DIY

0041
全く手を付けられなくなって永い土地を
活性化する代わりに使用許可をもらっている場所。

パワーショベルで、重機ほか通れる通路を作りました。

そして、無断で捨てられていた
瓦を、別途有効活用する為に搬出。

この瓦の山の内に
体の模様からシマヘビと思われる
大(1mほど)・小(30cmほど)蛇が各一匹居たが
どちらもユンボで瓦を引き上げる時に
圧死させてしまいました。

何度か蛇をこの場で確認していたが
ユンボで作業中に逃げ出してくれていると
思っていたが、逃げてなかったのね…

殺す気がなかっただけに…申し訳ない。

続きを読む

田舎暮らしの醍醐味!ユンボで土木工事DIY

0011
第一次工事完了。

終わってみると、
こんなもんか~と自分でも思いますが
作業中は冷や冷やもんですわ。

どう作業するのが良いのか
色々作業前に決めなければならないこと多々。

自分の土地ではありますが
下には住人皆で使う沢が流れており
万が一土砂が崩れ、それをせき止めたら…

また、
万が一、自分が重機ごと谷に落ちらたら…


などなど不安もイッパイ。

とりあえず、試行錯誤の上ここまでできました。

作業前の写真は…

続きを読む
しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天