ブログネタ
■スローガーデニング■ に参加中!
             我が家のビオトープのご紹介

ビオトープとは、「野生生物の生息する空間」
ガーデニングでは、庭に池を作ったりするものがよく紹介されます。
ベランダとかちょっとした空間を利用して睡蓮鉢なんかで、小型ビオトープを作ったりするのもありますね。

うちは、水がめを使ってます。
2011042801
風邪っぴきの娘が覗いてます

ちょっとでも水の流れが欲しくて何かいいものないかな~と考えた結果 こんないいものがありました。
2011042802
どこかで見覚えありませんか?

そう、水槽で使う循環器です。60cmの水槽用のです。今は使わずしまわれていた物を再利用です!

ちょっと見た目は悪いけど、これがいい味出すんですよ!
ちゃんと、水がちょろちょろ流れて、風情もばっちし。なにより、循環パワーが大きくもなく小さくもなくちょうどいいんです。

外の池用とかのポンプも探したんですが高い!それにパワーでかすぎ!
お手ごろなところで、お風呂場の水を洗濯機に使うポンプも試しましたが、これが以外にパワーでかい。
音もうるさいしね。

そういった意味で、水槽用のポンプお勧めです。安いしね。
それをばらしていい感じに取り付けてるんです。

さてさて、水がめの中ですが、ここ数年まで試行錯誤で色々試してました。
そしてやっと ここ新潟でもちゃんと冬を越せる状況を作り出しました!!

それは、水がめに、田んぼの土を半分ほど入れとくこと。
これで魚はちゃんと冬眠してくれます。

ほら、中を覗くといますよ
2011042803
えびさんです。いっぱいいますよ!!数十匹はいます。
えびは、ミナミヌマエビです。ホームセンターとかで安くで売ってます。
私はずっとヤマトヌマエビを育てていたのですが、ヤマトヌマエビは繁殖が難しい。
それに比べ、ミナミヌマエビは簡単なんです。
だから、小さな赤ちゃんエビが、見られるんで子供たちも大喜びです。

それと定番のめだかですね。
2011042804
あとは、ドジョウです。田舎なんで、沼やたんぼいっぱいあるんで、6月くらいになって行くといっぱいいるんですよね~
それを取って来たやつです。あと、写真には撮れませんでしたが、魚もいます。
みんな春を感じて起きてきたんですね~

写真に死んでしまったホテイアオイが見えると思いますが、去年元気だったものです。これはちゃんとそのままにしておくと冬でも水温を下げるのを防いでくれたり、魚・エビの隠れ家になるんですよね。

それに水を安定にしますし、えさにもなるんですよね。
もう少し暖かくなったら新しいホテイアオイ買ってあげる予定です。

この中には、水草もあり芽が出てきています。小さな睡蓮もあるんですよ。
可愛い花を夏に咲かせるんで、とても楽しい空間です。

なにより水が循環して気持ちよさげなのが心休まります。

小さなビオトープの作り方がやさしく書いてあったのを見つけましたので、紹介します。

ミニビオトープの作り方