2005年09月09日

素足美人になる方法 (外反母趾の巻)

51f83fc8.jpgご存知ですか!「外反母趾」の手術をした人の6割は手術後また「外反母趾」になっている事実を……。
外反母趾は足の親指が他の四本の指の方へ曲がり、親指のつけ根が外へ出っ張ってしまいます。足裏の筋力が低下して骨がずれてしまうのです。決して骨が変形してしまうことではないのです。本当にひどくなると痛くて歩くこともできず、手術をしなければいけないほどです。ですがたいへんな思いをして手術をしても、術後その6割は外反母趾にまたなってしまうのです。
人間は赤ちゃんの時は98パーセントは正常な足だそうです。ところが大人になると外反母趾や偏平足などになってしまいます。生活習慣病のように後天的になったとしか考えられません。あしに合わない靴をはいたり先が細くなったハイヒールをはいたり、ファッション重視の生活が足を危機にさらします。靴を脱いだときの解放感、みなさんも体験していると思います。やはり靴そのものに無理があるのかもしれません。
ところで外反母趾などは無理な靴をはくことにより足裏のアーチ構造(足裏の筋肉)が低下することによって骨がズレてしまうことによって起こります。整形外科のドクターはなるべく多く素足ででこぼこしたところを歩くことを勧めています。ところが現実的には生活の中でそんな場所をさがして素足で歩くなんて無理なんですよね。「ハイヒールをはくな!」とか「流行の靴をはくな!」とか言ったってファッションだって重要なんですよ。
そこでハイヒールをはいて一日生活をして家に帰ってきた時には、家で「あしぴた」をはいて生活してもらいたいのです。できれば足のマッサージやストレッチも一緒に。「あしぴた」は足の裏の筋肉を強制的に働かせるんです。足裏を鍛えます。これで足裏の筋肉の低下を防ぐのです。
「あしぴた」はわらじや下駄などの鼻緒のついたはきものの原理を参考に作られました。この鼻緒の履物の時代は外反母趾などの疾患はほとんどなかったそうです。
「あしぴた」は素足に装着して靴下をはいて靴をはいて歩けますので日常的に「あしぴた」をつけて生活することもできます。このように足の筋肉を十分に動かすことが足の疾患の予防になるのです。また足の筋肉を十分に動かすと冷えの緩和にもなりますので「あしぴた」をおすすめします。



自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ
  

Posted by naturalbodyap at 15:26Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月08日

「足技」達人セット

92e11be8.jpg足(脚)を鍛えるといえば走りこみ、ウェイトトレーニングのレッグカールなどがですが、これらは脚本来の機能に直結しているとは思えない内容です。足は立っている状態では体重がかかっているため、あまり大きな動きはありません。ですから足はあまり動かない、たいした動きのできないものだと思っているかもしれません。最近では二足歩行のロボットが珍しくなくなりました。二本足でロボットが立って動くということが、どれだけ大変なことかをロボットの研究者はよく知っています。
動くということは立っている状態(安定)から一歩踏み出す(不安定)を繰り返すことです。ですから動きの質の高いパフォーマンスは不安定な状態から安定した状態にもどす能力が高いという事がいえます。
足を総合的に鍛えるためには力ずくのトレーニングだけではダメで神経系のトレーニング、関節の可動域のトレーニングなどトータル的に行います。
例えば足裏の感覚を鍛えます。足は二十数個の骨で構成されています。それぞれが関節でジョイントされていますから、本来かなり微妙な動きができます。この機能を身につけるためには足裏のアーチ構造を利用したトレーニングが重要です。「あしぴた」は歩く、走るの一歩一歩の動作で足裏を刺激します。それと同時に足のアーチ構造を強化します。さらに並行して必要な機能が脚全体の関節の柔軟性です。
さきほど足の骨は二十数個あるといいました。足はたくさんの関節で構成されていることになります。それから足首関節、膝関節、股関節もあります。これらの柔軟性を獲得すると同時に腸腰筋の機能と体幹部を強化することが必要です。
「DVD足の機能を取り戻す方法」は足の隅々の関節をストレッチ、強化します。腹部のインナーマッスル腸腰筋も強化します。ですから日常生活やスポーツの時に「あしぴた」を装着し、体のメンテナンスとして「DVD足の機能を取り戻す方法」を行ってください。
あなたの動きが劇的に変わることが期待できます。現代のスポーツ・武道の達人を目指して努力してください。

足技達人セット




自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ
  
Posted by naturalbodyap at 19:37Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月17日

「あしぴた」の最大の特徴

まず、鼻緒のついた履物と、靴になって何が一番変ったかを説明します。
靴の時代になって扁平足や外反母趾など足の疾患がたいへん増えています。動きの面から比較すると、靴になって足の指の動きを使わなくなりましたね。
鼻緒は歩く時、脚が振り出された時、足首と足の指が反って履物が飛ばないようにします。そして地面に接地した時は足は地面を押すようにして指は鼻緒をつかみます。下駄や草履で歩いてみると、本当によく足の指を使うことがわかります。
夏の花火大会などで鼻緒のついた履物で歩き回ると、次の日、足が筋肉痛になったことを思い出します。
靴の生活をしていると、この足の指や足首の上下運動をしなくてもすむので、下駄などをはくと筋肉痛などになってしまうのです。
「靴の生活をしているのだから指の運動をしなくてもいいのじゃないか」ということも言えます。ところがそれでは大変なことになってしまうのです。
指の運動をしないと理想の足の接地の方法、足の三点接地がまったくできません。かかとで接地、次に小指のつけ根、それから親指のつけ根に接地するのが三点接地です。
美しい歩き方はすべて三点接地になっています。ハイヒールをはいた場合、どう考えても三点接地はできませんよね。足にも脚の筋肉にも無理がかかります。だから、外反母趾、内反母趾などの足の疾患になってしまうのはあたりまえですよね。(しかしファッションも重要です。ハイヒールをはいた美しい脚は魅力的です。ハイヒールをはいた時は、家に帰ったら「あしぴた」を装着して生活をして下さい)
話をもどしますと、「あしぴた」の最大の特徴は足の指の上下運動を促進させるということです。
このことにより、足周辺の筋肉を十分に働かせることができます。
このことにより、背筋のしゃんと伸びたすばらしい歩き方が身に付きます。



自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ
  
Posted by naturalbodyap at 19:09Comments(0)TrackBack(1)

2005年07月16日

「あしぴた」を装着し後半ハーフの足の疲れを克服する

アマチュアゴルファーの皆さんも、タイガーウッズ選手も、前半ハーフが終わって後半ハーフは脚が疲れます。私は脚が棒のようになって力が入りません。そのことにより、ミスショットを連発。後半で大崩れするケースが多々あります。プロゴルファーはその為に下半身強化のトレーニングをかかしません。
週一ゴルファーのアマチュアゴルファーの方々はそういうわけにはいきません。仕事をさぼってゴルフの練習ばかりしていたら会社をクビになってしまいます。そこで日常生活や仕事の中で、靴の中や靴下の下に「あしぴた」を装着して生活することをおすすめします。
あしぴた」は下駄や草履などの鼻緒の付いた履物を参考に開発されました。「あしぴた」を装着して日常生活をこなすことにより足首、足底、すねやふくらはぎ、ふともも、しりなどに常に刺激がおよびます。
このことにより下半身の筋肉は適度な刺激が加わり、軽いジョギングをしているのと同様な効果を生み出します。
またプレー中にも装着することによって下半身全身を使い切るように「あしぴた」の刺激が誘導します。そのことによって下半身の動きがスムーズになり、スイングにおいてたいへん回旋がしやすくなるのです。
それにこの適度の刺激は正常な血液循環を生み出し、下半身の筋肉が常に柔らかく保てるようなベストな状態をキープすることができます。




自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ
  
Posted by naturalbodyap at 18:56Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月15日

「あしぴた」を小学生野球の指導者の皆様にご紹介、おすすめします

今、小学生の足に異常が起こっています。2003年のテレビ番組で小学生の足を調査しました。指上げ足といって立っている状態で、足の指が地面についていない、指が浮いてしまっている小学生が70%近くにのぼりました。
この指上げ足の何がたいへんかと申しますと、指が地面についていない状態で立っているということで、重心が後方に傾いているのです。ピサの斜塔のように立っている間中、身体が傾いているのです。
このような状態を続けることで色々問題ができるということは想像ができると思います。腰痛や外反母趾などの疾患です。当然、野球などのスポーツはもとより身体の姿勢にも影響しますので視力なども間接的に影響します。
野球の場合、投げる打つの動作で回転運動が起こります。この回転運動の軸が傾いているのですからうまく回転ができません。当然、いつになってもうまくならない訳です。このようなことは、野球がうまくなる、ならない以前に全生活に関わる問題ですから、早い内に修正しなければなりません。
裸足や素足になって凹凸のある場所をたくさん歩くことが一番良い方法です。ですが、現実の生活としてなかなかこのようなことをする機会をつくれません。
そこで「あしぴた」の子供用スポーツタイプをおすすめします。通学の時や野球の練習の時などスニーカーやスパイクの中にはくことができます。一日に数時間でよいですから、「あしぴた」をはいて足のアーチ構造を鍛えて下さい。
小学生の指導者の方におかれましては、ぜひ小学生の選手のみなさんにおすすめするようお願いします。このような足底の中敷や強化グッズで小学生用を扱っているメーカーがほとんどありません。小さな子供の足を憂慮したメーカーの熱い思い入れを感じます。
足の健康を取り戻し、すばらしいパフォーマンスをできる為に「あしぴた」をおすすめします。



自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ


  
Posted by naturalbodyap at 18:49Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月14日

「あしぴた」を装着して生活したら、足の指と指との間が開いて外反母趾が軽減された

鼻緒の付いている履物をはいている時代は、外反母趾や扁平足など足の疾患はほとんど無かったと言われています。
世界陸上の銅メダリストの末続選手は扁平足だと言われています。扁平足は足底の筋肉がたいへん発達して盛り上がっているような場合、そのように見えることがあります。正確には整形外科に行ってレントゲンによって判断をしてもらわなくてはなりません。
ですが、外反母趾は親指のつけ根の部分が外へ突き出してしまい、たいへん痛いそうです。このような足の疾患は、足底の筋肉や靭帯が弱くなった結果なのです。
扁平足は縦アーチ構造が、外反母趾は横アーチ構造が弱った結果なのです。このような治療、予防には裸足(素足)でなるべく凹凸のある場所をたくさん歩くことがよいそうです。ですがこのようなことは私達の現代生活においてちょっと無理ですよね。
そこで「あしぴた」なのです。他の外反母趾矯正グッズを装着したことがありますが、それらのものはゴムの圧力で骨を戻そうとするものが多いと思います。出っ張っているものをおしもどそうという感じです。「あしぴた」は正常(普通)な足の動きをすることによって、結果的に外反母趾が軽減するという考え方なのです。
あしぴた」は日常生活で普段の靴をはいている状態で装着できます。更にスポーツの時にもスパイクシューズの中で装着してスポーツを行えます。そのように生活、スポーツのなかで「あしぴた」を使うことにより、縦アーチ、横アーチが刺激され正常な足にもどっていくのです。凹凸のある場所を裸足で歩くのと同等の効果を期待できるのです。

前に一流野球選手を整体したことがあるのですが、彼は甲子園出場、大学トップリーグ四番打者、現在は社会人野球(ノンプロ)の、プロ野球もねらうトップ選手です。ちょっとおどろいたことに、この選手は外反母趾だったのです。まさか一流スポーツ選手の中にこのような足の疾患があるとは思いませんでした。彼は練習ではプロ野球選手並のバッティングをするのですが、試合ではさほどの成績は残せません。私はその原因は外反母趾にあると思っています。
   野球の時、ピッチャーはバッターに打たれないよう直球か変化球などでタイミングをズラすように投げます。バッターにはこのようなタイミングをズラされたボールに対する対応力が望まれるのです。
ですが、外反母趾の彼は足底のバランス能力が使えない為に、ボールを打つ確率が低くなってしまいました。彼には素足でスイングするようにすすめたのですが、プロ野球に入団する為にはこの外反母趾を克服しなければならないのです。



自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ
  
Posted by naturalbodyap at 18:42Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月13日

「あしぴた」を装着して長距離走に出たら記録が伸びた

あしぴた」は足底の縦アーチ、横アーチの機能を鍛えるというコンセプトで開発されました。その効果は扁平足の改善、外反母趾の改善など疾患に対する二次的な効果まで生まれています。
足底には、足底そのものに付着している筋肉や膝周辺から足底に達する筋肉があります。
この様に筋肉は部分部分の骨に付着してそれぞれの役割があります。ですが、その部分の筋肉は関連しあいながらつながっています。
例えば、足底の筋肉が動けば、頭のてっぺんの筋肉も動くと言っても過言ではありません。特に「あしぴた」の装着による縦アーチ、横アーチによる足底のスプリング効果、この機能と連動することによる足首の回旋、膝関節の回旋運動の効果により、ピッチ、ストライドの向上が見られるようになります。
この回旋運動は足底のかかと、小指のつけ根、親指のつけ根の三点着地を正確にこなすことになります。ですから長距離走などで記録が伸びるようなことも起こるのです。



自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ
  
Posted by naturalbodyap at 10:06Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月12日

「あしぴた」を装着したら転ばなくなった

あしぴた」を装着すると足底の縦アーチ構造、横アーチ構造に適度な刺激が加わります。このことにより足底の衝撃吸収力、足首関節、膝関節、股関節などの対応力が増すことになります。このようなことから、「あしぴた」を装着して転びにくくなったということは、当然のことなのです。
例えばバッティングなどの場合、激しく体重移動をするので瞬間的には体重の何倍もの衝撃がかかります。ですから、まずこの衝撃を吸収することができなければ次の動作に進むことができないのです。
大リーグのイチロー選手はこの能力がたいへん高いと言えます。イチロー選手はタイミングをズラされて体勢がくずれても、その体勢からヒットを打ってしまいます。 
<この体勢がくずれる>ということは転びそうになると同じようなことが起こっているのです。イチロー選手は転びそうになっても転ばず、次の動作を正確にしてしまうと言い換えられます。この能力は足底を含めた全身のバランス能力の高さと言えます。
足底は地面の直接接する感覚器官であると同時に、身体の傾きと調整する運動器官でもあるのです。
ですから、足底を鍛えることがたいへん重要となります。



自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ
  
Posted by naturalbodyap at 19:21Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月11日

「あしぴた」を装着して足の機能を使いきる為のシューズ選び

足の機能は指が反る動き(背屈)、指が下に向く動き(底屈)、足の小指側が下になって土踏まずが上に向き(内反)、その反対の働きの(外反)の四つの働きがあります。この四つの働きが複合的にからみ合って全身のバランスを保つ働きをするのです。
あしぴた」はこの働きを促進、補助する動きをします。そうするとシューズはこの四つの動きを邪魔しない構造のものを選んで頂きたいと思います。
まず指が自由に動く構造のものを選んで下さい
☆ つま先とかかとのところを持って曲げ、指のつけ根のところで曲がる構造のもの。
☆ その靴をはき、指を反った時に指にあまり負担がないもの。
横幅も重要です。横の幅が狭いと横アーチが十分に働かなくなります。
☆ 指のつけ根の横幅に余裕があるもの。
☆ かかととか土踏まずはある程度ホールド性はあってもよいと思います。
☆ 底(ソール)の部分は弾力性のあるものを選んで下さい。

最後に、両足に靴をはいてみて、その状態で指が開いたり(パー)閉じたり(グー)ができるようなシューズを選びましょう。



自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ
  
Posted by naturalbodyap at 19:18Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月06日

「あしぴた」が下半身におよぼす効果 足底を鍛えるの巻

b84bcb5e.jpgあしぴた」を装着したら「足が温かくなった」、「足が疲れなくなった」などを感じる人が多数いらっしゃいます。これは科学的実験の結果なのですが、ふくらはぎの血液循環がよくなったという事です。
足周辺やふくらはぎは心臓から遠い場所です。心臓から送られた血液は心臓から遠い所に運ぶためには大変な労力がかかります。ですからふくらはぎなどの血液循環がよくなったということは心臓の負担が減って健康にはよいことです。
冷え性の人などは「あしぴた」を付けて血液循環がよくなれば症状が楽になると思います。またふくらはぎにはポンプ効果といって血液を心臓に送り返す機能が付いています。
この血液循環がよくなったということは、ふくらはぎの筋肉が柔らかく、たいへんよく動くようになったということも言えるのです。
また運動においても柔らかく筋肉が保たれている状態であれば、強い筋力を出力できる状態にあるともいえます。
このように「あしぴた」は身体内部の循環系も向上ももたらし、すばらしいパフォーマンスができる足の状態を鍛え学習することができるのです。



自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ
  
Posted by naturalbodyap at 16:29Comments(0)TrackBack(0)