2007年01月04日

ジェノバといえば”ペースト ジェノベーゼ”

ジェノバの料理といえば夏はジェノベーゼ ペースト。
 一緒にアパートを借りた方々が地元ジェノバの人だったので、自然とジェノヴァのイタリア料理を覚えることになりました!
 彼女たちが繰り返し作ってくれたのは、、、バジリコペーストにくるみペースト、アーティチョークの詰め物のラビオリ、アーティチョークのパイ、青菜とゆで卵とフレッシュチーズのパイ、豆とかぼちゃのスープ、、、、海が近いのに主に
ベジタリアン料理なのには新鮮な驚きでした。

 春から夏にかけては、バジリコの旬。プラ(pra')という町で採れたバジリコは特別おいしく、新芽が香水のような素敵なにおいを持っています。
美味しいペーストを作るコツは、、、土つきのバジリコを買ってくること。
”葉っぱは7枚くらい出たものがベスト”だそう。 
それ以上大きくなると苦味がでてしまうので、、、そうですね、市場を見てみると
なるほどPra'のブランド バジリコは土つきで売られておりました。
 彼女たちのお気に入りパスタはは 平べったいパスタ(1センチぐらい幅)で縁が波打っているという、コープのパスタでした。波打っているのでもちもち、くちゃっくちゃっとした触感がすごく美味しいパスタです。

 
 ペスト2ペスト




ステファニア嬢の愛用している調理器具”ビンビ”に注目!


ビンビちゃんを日本では見かけたことがないけれど、おもしろい器具。
フードプロセッサーとデジタル測り機能と調理機能(温度調節、タイマー付き)が
備わった優れものでした。 次々と材料を放り込んだら、切って、測って、加熱して、とボタン一つで完璧にやってくれるのです。ビンビお料理講習会なんかもあって、私も何回か参加させてもらい楽しかったです。パン創りも好みの穀物をビンビちゃんで粉にするところから体験させてもらいました。
 大雑把でアナログな私にとって、こういうきっちりとした機械は難しそうと思いましたが、、慣れるとすごいメカに違いありません。

バジリコ 市場で見付けたかのpra'のバジリコ。 葉っぱは7枚とはいわないけれど、新芽のみで並べられていますね。土が付いた根っこが紙で包まれています。

naturalmilktea at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!料理 

クリスマスのプレセーピオ(presepio ,,Natale)

お正月。プレセーピオ祭りに行ってきました。
一言で言うと、、パパやおじいちゃんが作ってくれるクリスマスの箱庭といったところでしょうか。
 散歩していて偶然、とある公園(ジェノヴァのVilla serra、、、辺鄙なところですが、綺麗な公園です。庭園は白鳥の泳ぐ池があって英国式だそうです)
の建物で開催しているのに遭遇!
 イタリアではクリスマスが近づくと町の雑貨屋さんでちらほら建物や人形のミニチュアを見かけたものでした。手作りに人形などは市販のものを組み合わせて、皆さん凝りに凝っていました。

 プレセーピオといえば、イタリアに来て最初はそれが何なのか分からなかったんですが、今ではこのプレセーピオをみて、クリスマスといえばツリーとプレセーピという感じだと思うようになりました。このミニチュア世界にかけられた情熱にいたく感心です!

 キリスト様がかいば桶で生まれたところや、クリスマス準備で忙しそうな
下町の風景。なんだか見ているとわくわくします。
 石を敷き詰めた小道、木の雨戸、ところどころ剥げてレンガの露出した壁、いろいろ発見してみてください。(各写真はクリックで大きくなります)
preseppi3preseppi2









preseppi1








建物は瓦屋 看板の細部まで工夫されています。
近所の方が自信作を持ち寄って、15作ぐらいありました。
会場には作った人たちが家族総出で 盛り上がっていました。
定年退職したおじさんやたまねぎ頭のおばさんなどといった方たちかな、、、お孫さんもいっしょに手作りのケーキとワインでわいわいやってはりました。 
 つくづく こういう手仕事に凝り性なイタリア人って素敵だなあ、、、。

naturalmilktea at 14:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!行事 

2006年12月25日

小道

ジェノアには小道がたくさんありますが、
すれ違うのがやっとの細い古い小道vico(ヴィーコ)の他に、坂道はsalita (サリータ)と特別に名前が付けられているんです。

 町の中心から背後に続く丘に向かって たくさんのsalitaが、散歩にもってこい。
いくつか美しいsalita を紹介しようと思います。

 これはSalita Bachernia.サンタ アンナ教会があるとっても素敵な場所です。
この坂道にたどり着くのはポルテロ広場から(piazza portello)です。
歩いてもいいのだけれど、そこから出ているケーブルカーも楽しい。


小道ケーブルカー












眺め







ゴールはVia chiodo についたところ。見事な景色でしょ!
海の中にちょこっと立っているのはGenovaの風物、、灯台



naturalmilktea at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!都市 

2006年11月25日

つづき モザイク風な

モザイク風な道 のつづき

campo pisano の船 ピサ人の広場を もっと詳しくお届けしマース。実は大きなガレー船がデザインされています。
昔ジェノバとピサが戦ったころ、、、なんと言う名前の戦争だったか忘れてしまいましたが、ジェノバが勝ち、ピサ人の捕虜を収容したのがこの広場にある家々だとか、、、聞きました。








campo pisano のおく 
この広場の 裏側です。
ひっそりとしていて、 石畳が素敵でしょ! この横にはすぐ城壁があります。 そして城壁の外は 戦後 一掃されて 新しいコンクリートむき出しのビルが
立ち並んでいます。 友達の説明によると イギリス60年代の建築に影響されて
デザインされた建築物だけれど、、、不評らしいです。私もなんとなく灰色で冷たくて 好きになれない場所です。(そこはゴミ税を払いに行く窓口もある、、)
 そういえば ロンドン(シティ)のキルホード音楽院に行ったときにですが、
その辺り一帯の建物はコンクリートむき出しで、延々と続いているのが すごーく似ているのでは!!と思ってしまいました。 ヨーロッパといっても なぜか戦後の建物は、親しみが持ちにくいものなのですね。


城壁 城壁は 切れ切れに 山の上まで続いていて そのさきには 要塞が続いています。 なんどか要塞まで ハイキングしてみましたが、お勧めはリーギ方面です。 一般的な明るいハイキングコースでした。
 一度marassi という少し離れたところにある要塞にハイキングに行きました。町からかなり大きい要塞が見えるからです。人里の境界には障害者の子供さんの施設があり、そのさきからは人っ子一人会いませんでした。時々ヤギの大群に遭遇したり、イノシシ狩りの鉄砲の音が聞こえてきたり、、、(ハンターに注意!!という札が木から下がっていた)ちょっと気味が悪かったけど今思えば、、、ひとつの思い出です。

naturalmilktea at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!都市 | 都市

2006年11月21日

ジェノバ (2)  モザイク風な道

 ジェノバで散歩していて楽しいなあ、、と気づいたのは
道を歩く時の感触です。
 町中は完全なくらい 昔の大きい石畳の道、、
少し高台に上がっていくときには レンガの道、、、
そう、、全部手作りの道なんです。

 レンガの並べ方に工夫がこめられていて
昔の職人気質を感じてしまいます。そんな心のこもった道の上を歩きながら
いつの間にか 見晴台に到着できるんです。
 

 palazzo reale モザイコ

なかでも 白と黒の小石を敷き詰めたモザイク風の
道や 溝、 広場を発見するのは楽しいです。

これは 王宮の庭(PARAZZO REALE)にあるモザイク。プリンチペ駅から
すぐのところにあり、、庭は無料なので
駅に行くついでによくフラッっと訪れました。
なんとも豪華なモザイクです。宮殿もかなり見ごたえあります
 







a href="http://livedoor.blogimg.jp/naturalmilktea/imgs/c/5/c5dad075.JPG" t
campo pizano
次の写真は ピサ人の広場(CAMPO PISANO).
ここは旧市街の中でも奥まっているので、なかなか見付けづらいんですが
あたりはひっそりしていて かえるのお気に入りの場所です。
近くには 城壁の跡があります。その壁の外側にはかつての昔の庶民の
集落があったそうですね。
バイオリニストのパガニーニの生家もあったらしく、
壁には パガニーニのレリーフが寂しく飾られていました。
 ( パガニーニの家 という立派な施設が 近くにあり、古い女子修道院を改築した素晴らしいコンサートホールが素敵です、音楽関係のセミナーなどがあるようですね、、)




naturalmilktea at 12:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月20日

ジェノバ 思い出の地

久々のアップです。
何回かにわたって ジェノバ特集でいってみましょうか!。
 ジェノバはとっても思い出深いまちです。2年間の滞在でしたが、、、
いろいろと感銘を受けた町です。
 かえる、仕事が決まったー、、という知らせがあって
もう3日後には そこにいました。善は急げ、、だ。

ジェノバの風景

 ミラノから電車で2時間か、ヨーロッパ内の乗り換えの飛行機で海辺のジェノバ、コロンボ空港に着きます。
飛行機から見る町の景色は最高でした。
 宮崎駿の魔女の宅急便のシーンにそっくり!だんだん海から町が見えてきて、、
丘の上の教会や海辺の邸宅がはっきり見えてきます。


 
飛行機から見えた 景色がすごいインパクトで、いっぺんに町が気に入ってしまいました。あの教会、、山の上にみえた要塞、、面白い場所が盛りだくさんの町に違いありません。 ”町を発見”するのが楽しみで 時間を見付けては、いろんなところを歩き回りました。
下の写真は san fruttoso という海の上に浮かんでいるような!!素敵な
修道院の跡です。 ジェノバの港から優雅に遊覧船で行けます。

san fruttoso

naturalmilktea at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!都市 

2006年10月16日

かえるの里の夕ご飯

今日はかえるの休暇最後の日、、、
明日から 忙しくなるぞーと思うと、、早く忙しい日常に復帰するのが楽しみになってきました。
 かえるの実家では海が近いので、魚料理がメインです。
なんせ駅前がとれとれの魚屋さん。
かえるのお気に入りは”あら料理です”。
 いつも駅を降りるとそのまま魚屋に入り、、あらを買ってしまいます。
だって安いんです。町の魚屋さんは
刺身にとった後の鯛やはまち、カレイのピチピチのをおいていマース。
 今日ははまち(150円)とカレイ(2匹分で180円)を買ってきました。
家族3人が これで超おなかいっぱいになってしまうなんて、、
申し訳ない気分。

魚のあら


アラニと漬物


 はまちは甘辛で煮付けて、、
カレイのあらは白子がついていて お豆腐ときのこでお吸い物です。
 はまちはトローリとして もう幸せ。

華麗のあらの吸い物

すごく地味な献立ですが、、健康食に違いありません。
実家でしか味わえない こんな魚料理 毎日でも食べていたいなあ。


さてさて、今日の風景は、、、はちの共食い です。
バリバリ音がするので ふと庭先を見るとすずめ蜂が共食いをしているようでした。 カマキリではそうとは知っていましたが、、、ハチも!
やっぱりハチにもオス、メスがあるのかしら?いっしょに見えるけれど。
写真をクリックするとアップになります。蜂の顔、おっかないですよー。


八の共食い

naturalmilktea at 19:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!料理 

2006年10月15日

かえるのDIY大作戦、、、お披露目

ブログ開設3日目。。

 順調にやってると思ったら、はじめのほうの写真を消してしまっていました。
アップロードしたのが 溜まったので投稿した後、消してしまったのだけれど、
ブログからも消えてしまうんですね。 ショック、、、。

 アップロードするときにとても遅いので アップしすぎたのかなあ、、、と思って
消したのですが、、、おいておかなくてはいけないんですね!


 今日はやっと犬小屋の周りをお披露目。
昨日セメントに埋め込んだ小石が乾いてくれました。
まだ こわくて上を歩けません。
じゃじゃーん。 なんだか とってもかわいい。
自分で作ったものは ちょっといびつなところまで
かっわいいもんデスネ。
出来上がり

かえるの実家での休暇もあと残すところ2日になりました。
実家の パパママ、いつも美味しいご飯をありがとう、。
もう10年ぶりの手料理で しっかり 体力回復したところで、、
また出発です。

橋と夕焼け

 今日の夕焼け。息を呑むほど 美しかった一瞬に出会えましたー。
ラッキー。
バックに見えているのは 神戸市の舞子と淡路島を結ぶ明石大橋です。

 それでは 明日は月曜日。
素敵な一週間になりますように。

naturalmilktea at 18:32|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!DIy 

2006年10月14日

DIY 大作戦 二日目

今日は ブログ 2日目になり、 だいぶファイルのアップロードも
慣れてきたところです。

 今日は昨日のつづき、犬小屋の周りを きれいにしました。
白と黒の小石をモザイク風に並べマース。
このアイデアはイタリアのジェノバから頂戴しました!!
 この都市にはkareuの秘密の散歩道がたっくさん。
あちこちにこの小石のモザイクが残っています!
このモザイクを見ると、、懐かしくて涙が出る、、、
ほど素敵な町でーーーす。またそのうちにジェノバのモザイクの写真を
アップしたいです。

今日の作業は、、、まずセメントと砂をコンクリートの台にひく。
 
その上に小石を並べる、、、なかなか大変でした。
家族総出、、今日は弟も参加してくれました、、、ありがとう。
現場監督、強力な助っ人は 植木屋さんの安楽さんです。 
 本当はセメントを練るほうがいいようなのですが、、
小石を並べるのに時間がかかるので 水なし(空練)のほうがいいそうです。

石が並んだら、そこに また セメントと砂をまきマース。
そして 上から水をたっぷりかけて、、、あとは固まってくれるのを
待つだけ。。 


ああーつかれたー。今日はここまで。
10月も13日なのにすごいいい天気でした。
かえるは 首から先がこんがり(かなり真っ黒)小麦色になりました。

安楽さんから すごいプレゼント!
かえる一家が以前からあこがれていた クリーム色の花を咲かせる
石楠花(シャクナゲ)をいただいちゃいました。
とってもしっかりした木で もうつぼみが 何個もついています。
ありがとう!



はやく大きくなあれ。
シャクナゲちゃん。

syakunage


仕上げ




2006年10月13日

かえるのDIY大作戦

今日はブログをはじめたので 、、練習してみたくて
先週からのことも書いてしまいマース。

 はじめたばかりで いろいろと読みにくいブログを見に来ていただいて
ありがとうございます。

 いま私はお仕事お休み中、 なんと10年ぶりに 実家で
のんびりしているのです。 、、、、
 このまま ごろごろしていると そろそろ、、、
やばくなってきたので、何か役に立たなければ!!!
という事態で やってみたこのDIYでーす。

先々週 奥に見える 犬小屋を リフォームしました。
扉を 木で付け替えたり、 ペンキを塗ったり、
かわいく出来上がったでしょ!
ここまできたら 欲が出てきて その周りもなにかする気が出てきた!


 雑草で 荒れている犬小屋の周りにできることは レンガを敷いたりして、、、
雑草を抑えることかなあ?
掘り出すと 、、、結構大変になってしまって、、、
結局 父母 総出で 、、、やってます。
レンガが しき終って道ができたところに 、、キャンパスのようにふちを作って
コンクリートを流してしまいます。そこにいろいろとかわいくしてみたい
計画が、、、、。
 コンクリートは 私ができるはずはなく、、、近所の侍植木屋さんに助っ人を
頼みました。 
はあーやっと 形になったところ。
明日は ここに 小石を敷き詰めて、、、かわいくデザインしちゃいます!



Loveちゃん (ラブラドール オス、8歳)も最近は
白内障なんです。 せっかくの犬小屋は 見えないようですが、、、

何か一生懸命していることは 感じているようで、、、喜んでくれています。


今日は ここで お休み、、、 つかれたー。

明日は 小石を置いていきマース。
みなさんも よい日曜日を お過ごしください!
はじめ

コンクリしき終わり

naturalmilktea at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!