2016年05月06日

友の会登山観察会「滋賀県霊仙山」 下見に行ってきました!

来る6月5日(日)に予定されている、スパルタ?!登山観察会の下見に行ってきました!目指すは、滋賀県北東部、岐阜県との県境にそびえる霊仙山です。近畿地方では数少ない石灰岩からできている山で、山頂部は石灰岩地形と草原が広がり、石灰岩地域に特有の植物も見られます。

DSC_0702

DSC_0703

以前、山頂付近はササ原が広がっていましたが、今はシカに食べられてしまいました。岩の間にひっそりと咲く野の花を観察することができます。
DSC_0713

石灰岩の中にウミユリの化石をみつけました。当日も探します!
DSC_0700

なお、標高差は約900m、通常の月例ハイクの3倍以上の距離と時間(約17km、7〜8時間)を歩き、一部に急坂がある健脚向きのコースです。月例ハイクとは違うハードな行程となります。

開催日:6月5日(日) 雨天中止
時間:終日
場所:滋賀県米原市〜多賀町 霊仙山
定員:20名。申込多数の場合は抽選します。
対象:小学生以上の友の会会員またはその家族で、本格的な山登りをする体力・経験のある方(小学生には保護者の同伴が必要)。体力に自信のない方は申込をご遠慮ください。
その他:抽選の結果や参加方法などは返信でお知らせします。
申込み:申込みが必要です。
申込締切日:5月20日(金)
担当者:第四紀研究室の中条
世話役:【評議員】小林さん、三宅さん、吉田さん、米澤 【学芸員】中条さん(第四紀研究室)、長谷川さん(植物研究室)

申込はこちらから
大阪市立自然史博物館イベントページ

========
【大阪市立自然史博物館友の会に入りませんか?】
友の会会員になると…
■1 家族のひとりが会員になれば、家族全員が会員に。
■2 会員証を見せれば、自然史博物館に入館できます。
■3 友の会会員限定の行事に参加することができます。
■4 博物館行事と友の会行事の参加費が無料または割引に。
■5 月刊誌Nature Studyが送られてきます。
■6 友の会HPでNature Studyバックナンバーが読めます。
■7 博物館行事の補助スタッフになれます。
■8 友の会会員が多数参加しているサークルが様々あります。

年会費3000円。今なら4月会員(4月〜12月)2250円も受付中。
※詳しくは「友の会のご案内のHP」をご覧ください。
ウェブからの申し込みもできます!
大阪市立自然史博物館友の会ネットショップ
========
友の会評議員 米澤里美




  

Posted by nature1955 at 20:44イベント情報

2016年04月15日

『お友達さそってクーポン』を活用してね!

大阪市立自然史博物館友の会会員さんに、良い?!お知らせです。
もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、「友の会のしおり2016」には『お友達さそってクーポン』がついています!初耳って方は「友の会のしおり2016」の裏面を見てくださいね。

こちらのクーポンを友の会会員ではないお友達に、ぜひプレゼントしてください。もらった方は(ご家族がいらっしゃる場合はご家族全員)、月例ハイキングの参加費が無料になります。

「あー。友の会ってとっても楽しいから、お友達におススメしたいけど、非会員は参加費が(月例ハイク:1人300円)かかるからなー。誘いにくいな・・・。」という、会員さんの声から生まれたクーポンです。ぜひ、活用してくださいね!友の会を盛り上げて、自然好きを増やしましょう〜。

クーポン-01
★ご注意★
・月例ハイキングだけに使用できます。
・クーポンには会員さんのお名前と会員番号を記入していただく欄があります。お忘れなく。


と、いうわけで、次回の月例ハイキングのご案内です!

===========
■4月 月例ハイキング「春の公園の花、鳥、虫」
春の服部緑地(豊中市)で、植物や昆虫、鳥を観察します。街中の公園なので、小さな子ども連れでも安心です。友達を誘って、身近な自然を探しに行きま しょう。  

開催日 4月17日(日)
時間 午前10時〜午後3時頃 (解散は午後3時頃、服部緑地にて。 )
場所 服部緑地(豊中市)
集合・交通 集合:北大阪急行「緑地公園」駅の西側(公園側)改札口に午前10時。

申込み 申込みは不要です。

対象 友の会会員とその家族、または友の会に関心のある方(小学生以下は保護者の同伴が必要)。
参加費 会員以外の方は参加費300円が必要です。

持ち物・服装 持物・服装:ハイキングの服装。昼食、筆記用具、雨具、観察・採集道具等。
その他 雨天中止。天候のあやしいときは午前7時以降に留守番電話06-6694-0500で確認してください。
案内:板本瑶子評議員、田代貢評議員、西澤真樹子評議員、三宅規子評議員、和田岳学芸員
===========
友の会評議員:米澤里美  
Posted by nature1955 at 20:57お知らせ

2016年03月31日

ミュージアムショップ運営者変更にともなう友の会会員サービスの変更

【大阪市立自然史博物館友の会のみなさまへ】
 これまで、NPO法人大阪自然史センターが大阪市立自然史博物館ミュージアムショップを運営してきましたが、2016年4月より運営者が変わります。
 大阪自然史センターが運営する店舗は一旦なくなりますが、今後も自然とのつながりを広げ、深めるための窓口として、グッズの企画制作、書籍の出版、イベント出店、ネットショップ<友の会ネットショップ>などの活動を続けていきます。引き続き、ご支援よろしくお願いします!

このショップ運営者の変更に伴い、一部の友の会会員サービスがかわります。

■友の会窓口■
 博物館本館1階ミュージアムサービスセンター(MSC)だけになります(ショップ店舗では行いません)。
会費の支払いや家族会員証の発行などは、MSCで、または学芸員あるいは博物館や友の会の行事のスタッフまでお願いします。
引き続き、友の会ネットショップでも、手続きして頂けます。
また、秋頃の友の会会誌「NatureStudy」で、会費の自動振替もご案内します。

■ショップでの友の会会員割引■
 ショップ店舗での一般書籍の会員割引はなくなりますが、友の会事務局の方で継続いたします。
そちらの、大切なお知らせが、友の会会誌「NatureStudy 2016年4月号」【4/10頃発送予定】に、掲載されますのでお読みください。
4月号をご覧になれない方や、ご不明な点がある方は、友の会事務局までご連絡ください。

======
お問わせ先
大阪市立自然史博物館友の会事務局
電話(06-6697-6262)
※少人数で運営しております。電話に出ることができないことがありますが、ご理解ください。
  お手数ですが、おかけ直しください。

MCS友の会窓口


  
Posted by nature1955 at 14:52お知らせ

2016年03月30日

3月月例ハイキング「三石山」報告

3月20日月例ハイキング「三石山」が行われました。
南海高野線「紀見峠」駅に集合。今回も63名もの参加者がありました。
三石山は大阪と和歌山の県境に東西50kmにわたる和泉山脈の東端和歌山県側に位置する標高738mの山です。山全体が和泉層群という白亜紀後期に堆積した地層からできています。今回は、この地層を中心に観察しながら山登りを楽しもうという企画です。
IMG_2013IMG_2014



















   













登り始めてすぐ和泉層群の崩落地形や露頭を見ることができました。
IMG_2015
















もちろん、地層以外のものも観察、林道わきの閉鎖された小屋の隅では冬眠中のクサギカメムシが見つかりました。
IMG_2016
















景色のいい小屋の前でクサギカメムシを観察しながらちょっと休憩。春先の陽光がとっても気持ちよかったです。
IMG_2018
















道脇の大きな岩には礫が含まれていました。和泉層群には砂、礫、泥を含む地層が見られます。
IMG_2020
















林道には陽気に誘われてビロードツリアブやテングチョウが飛んでいました。たくさんの人に見つめられてちょっと驚いたかな?
IMG_2021
















三宅評議員がアサギマダラの蛹の抜け殻を見つけてくれました。参加者は興味津々、写真に収めました。
IMG_2023
















いよいよここから急な登山道が始まります。子供たちは登る気満々。
IMG_2025
















約30分で頂上に到着。参加者全員で記念撮影しました。何しろ大人数なもので写らなかった方はごめんなさい。
IMG_2028
















下りの景色のいい尾根道で中央構造線断層を観察。
IMG_2033
















皆さん熱心に川端学芸員の解説に耳を傾けておられました。
IMG_2034
















コースの最後にスリル満点?の釣り橋を渡り、全員無事約9kmのコースを歩き切りました。
参加者の皆さん、初春の山歩き、自然観察を楽しまれたでしょうか?
4月のハイキングは服部緑地で植物、昆虫、鳥など身近な自然を観察します。案内陣もとても充実。
街中の公園なので小さな子供連れでも安心です。お楽しみに!
4月17日北大阪急行「緑地公園」駅西側の改札口に午前10時集合です。皆様のご参加をお待ちしています。
  
Posted by nature1955 at 11:54月例ハイキング

2016年03月24日

友の会行事 春の磯で海藻を食べよう

恒例の友の会行事”春の磯で海藻を食べよう”が,3月21日に和歌山市加太城ケ崎海岸で催行.前日の雨模様,主担がH学芸員と,天候を大いに危惧したが,風も穏やかで晴天,最高の磯遊び日和となった.H先生に多謝.

P3213911

当日は世話役,参加者で,総勢158人の大所帯.お昼の海藻味噌汁,海藻サラダの準備に,世話役の一部は先行して,現場で湯沸しと海藻採集.18Lポリタンク満杯2杯の真水運びが難関だったが,これは背負子の利用で解決.風も強くなくて,昼ごはんまでになんとか味噌汁は完成したが,さすがにお替りはできなかった.やや薄めの味噌汁だったが,海藻の塩味で美味.

P3213917

現場で世話役の紹介と,現地での注意事項.食べられる海藻を紹介して,各自採集にでかける.I学芸員は,秋の行事用のマグサ(テングサ)採集にがんばり,十分な量を確保したが,他の海藻には見向きもせず.
最近減少しているヒトエグサはやはり少ない.ワカメ,ヒジキもまだ小さい.フクロフノリ,ムカデノリなどは多く,現場でワカメとともに海藻サラダにして賞味.
昼食をはさみながら,採集品の同定.アメフラシは子供たちの人気者.食べられないが,タマゴバロニアという珍品の緑藻を参加者が発見.最後は,友の会会長のNさんによる海藻の大解説.海藻の分泌物が空中に海水とともに飛散して,雨粒の種になっている.知ってましたか?

P3213919

参加者の多くが海藻に満足してくれたようだ.帰路の2kmは小さな子にはやや遠かったか?参加者も世話役も,帰路の南海電車の中では爆睡.楽しい一日でした.
  
Posted by nature1955 at 16:48

2016年03月16日

3月月例ハイキング「三石山」のご案内

友の会の皆様
2月の月例ハイキング「石川でサヌカイトを探そう」楽しかったですね。
サヌカイトは拾えましたか、ガーネットは見つかりましたか?
石川には他にもいろんな石がありました。砂岩、泥岩…。これらの石はもともとどんなところにあったものでしょう。
3月の月例ハイキングは石川の源流の一つ和泉山脈に行って石川の石ころのふるさとを訪ねます。
三石山は和歌山側にあるため、残念ながら直接石川の河原の石を供給してるわけではありませんが、
ほぼ、同様の地層である和泉層群がみられます。和泉層群の地層を観察して石が辿る旅に思いを馳せてみましょう。IMG_2002









   







林の奥に見えるのが三石山。本格的な自然観察シーズンを前に体を動かす準備にピッタリの高さ?
IMG_2003
















頂上はこんな感じ。石を積みすぎですよ。”三石山”じゃなくなるでしょ!
3月20日午前10時10分南海高野線「紀見峠」駅集合です。
天気がいいといいですね。
また、翌21日には、恒例の友の会行事「春の磯で海藻を食べよう!」が開催されます。
磯観察をして、採集した海藻を味噌汁にしたり、サラダにしたりして味わってみます。
3月21日午前10時、南海電鉄「加太」駅に午前10時集合です。
お楽しみに。  
Posted by nature1955 at 22:49