2016年07月24日

博物館に泊まろう! 自然史ナイトミュージアム

7月23日(土)〜24日(日)は、自然史博物館の展示室で泊まるナイトミュージアムでした。応募多数の中から抽選された約100名の参加がありました。

夜の植物園  夜の植物園で観察
23日19時集合で、注意事項を聞いたのち、夜の植物園自然観察。
クマゼミの脱皮シーンなどが見れました。

夜の展示室  夜の展示室

館内に戻って、真っ暗な展示室を懐中電灯で散策するナイトミュージアム。恐竜は動いたのかな?

ライトトラップ準備  ライトトラップの様子
ライトトラップで集まった昆虫を観察。の予定でしたが、発電機の使い方がわからず苦戦。
写真はライトトラップの様子と発電機のエンジンを必死にかける弘岡学芸員。

”就寝"  就寝
寝るのは恐竜の骨のある第二展示室とナウマンホール。おやすみなさい〜。

早朝の植物園観察
5時に起きました。早朝の植物園観察。ハスの花や大量のクマゼミの抜け殻なんかが観察できました。

ポーチで朝ごはん
ポーチで朝ごはん。おにぎり、ジュースと世話役作ったお味噌汁、評議員さんが作られた昆布煮をいただきました。

最後にまとめをして解散。残りたい人は特別展「氷河時代」をみるなり、常設展を見るなりで昼まで楽しめました。博物館の展示室で寝る、というだけではなく、植物園で夜の生き物を観察したり、情報センターの水槽で寝ている魚を観察したり、ガッツリ楽しんだ夜でした。学芸員のみなさま、世話人のみなさま、ありがとうございました。

(評議員 高田)
  

Posted by nature1955 at 16:04活動報告

2016年07月13日

7月のハイキングは「夕方の奈良公園で仔ジカ観察」です♪

大阪市立自然史博物館友の会では、毎月場所やテーマを変えて、ハイキングをしています。

7月17日(日)に奈良公園へでかけます。日中はめちゃくちゃ暑いので、16時に集まって、木陰や池のそばを歩きます。春に生まれた仔ジカ(バンビ!かわいいです。)や袋角の雄ジカを観察します。
IMGP0076
















お地蔵さんにお供えされた、湯呑の水を次々と飲むシカ!暑い夏はシカにとっても大変です。
IMGP0061
















ちまたで人気の田代評議員がナンキンハゼやネムノキなどの解説いたします。下見にはコウモリでおなじみの浦野評議員や昆虫の河合評議員もきてくださいました。
IMGP0071
















昆虫、鳥も探します。ヒメハルゼミの声も聞けるかも。IMGP0084

















解散後、希望者だけでムササビを探したいと思います。
========
開催日:2016年7月17日(日)
時間:午後4時〜午後7時頃
集合:近鉄「奈良」駅の東改札口に午後4時。
解散:午後7時頃、春日大社周辺にて(ムササビを観察したい場合は、午後8時過ぎに東大寺周辺で解散)。
対象:友の会会員とその家族、または友の会に関心のある方(小学生以下は保護者の同伴が必要)。
参加費:友の会会員は無料。会員以外の方は参加費300円が必要
持ち物・服装:ハイキングの服装。おやつ、飲み物、筆記用具、雨具、観察・採集道具等。ムササビを観察するなら赤いセロハンをはった懐中電灯。
その他:雨天中止。天候のあやしいときは正午以降に留守番電話06-6694-0500で確認してください。
申込み:申込みは不要です。
担当者:動物研究室の和田
案内者:田代貢評議員、米澤里美評議員、和田岳学芸員
========

【大阪市立自然史博物館友の会に入りませんか?】
友の会会員になると…
■1 家族のひとりが会員になれば、家族全員が会員に。
■2 会員証を見せれば、自然史博物館に入館できます。
■3 友の会会員限定の行事に参加することができます。
■4 博物館行事と友の会行事の参加費が無料または割引に。
■5 月刊誌Nature Studyが送られてきます。
■6 友の会HPでNature Studyバックナンバーが読めます。
■7 博物館行事の補助スタッフになれます。
■8 友の会会員が多数参加しているサークルが様々あります。

年会費3000円。今なら半年会員(7月〜12月)1500円も受付中。
ウェブからの申し込みもできます!
大阪市立自然史博物館友の会ネットショップ(一年会員と半年会員がプルダウンで選べます)
http://omnh-shop.ocnk.net/product/1475

※詳しくは「友の会のご案内のHP」をご覧ください。
http://www.omnh.net/about.html
−−−−
友の会評議員:米澤里美
  
Posted by nature1955 at 15:58月例ハイキング

2016年06月28日

友の会合宿「別府湾周辺の干潟」のご案内

 9月17日(土)〜19日(月・祝)の3連休、友の会では瀬戸内海の南西端の大分県別府湾周辺で合宿を行います。干潟だけでなく、海岸植生や草原の植物、そして何といっても、大分県といえばおんせん県、温泉の泉源なども巡ります(温泉には入りません・・・)。

 まずはメインの干潟から。杵築市八坂川河口や日出町糸ヶ浜海岸に行きます。両者ともまったく雰囲気の違う干潟です。そしてとても広い!
八坂川河口
八坂川河口の干潟

糸ヶ浜
糸ヶ浜の干潟

干潟ではたくさんの貝やカニがお出迎え。
ハクセンシオ


 干潟だけでなく、砂丘を伴う海岸の植物や
綱井海岸


 由布岳の麓の小さな草原・湿原にも行く予定です。
猪瀬戸湿原


 そして別府といえば温泉。地獄巡りもちょっとだけするつもりです。写真は海地獄。
海地獄

 9月の3連休はぜひ友の会合宿「別府湾周辺の干潟」にお越しください。
 詳しくはこちらから

  
Posted by nature1955 at 16:08友の会合宿情報

2016年06月15日

南三陸合宿 下見の報告

2016年の友の会夏合宿は宮城県の南三陸です。オプションツアーで岩手県の種山高原も行きます。案内人は、西澤真樹子評議員・田代貢評議員・藤江隼平評議員・川端清司学芸員・横川昌史学芸員の5名。みんなで東北の自然を満喫しましょう!

大まかな予定は以下の通りです。
8/5(金) 南三陸町 田束山山頂
8/6(土) 気仙沼市 岩井崎、南三陸町 田束山行者の道
8/7(日) 南三陸町 館崎
8/8(月) 奥州市 種山高原(オプションツアー)

5月末に下見にいってきたので、簡単に見所を紹介します。

・リアス式海岸を眺望!田束山
たつがねさんと読みます。山頂では合宿で見に行く場所を一望でき、リアス式海岸の様子なども観察できます。昆虫担当の藤江さんは下見でおおはしゃぎだったので、いろんな面白い昆虫を見れるかも?山頂までの登山道も散策します。明るい植林地で様々な植物が見られます。植物担当の一推しはタチガシワ!下見で花が咲いていたので、本番は果実が見られるかも?

P3145224
山頂から。これは3月の寒空の下で撮った写真なので茶色い…

P5310469
田束山の登山道。なぜかウリノキが多い。明るい林なのでいろんな植物が楽しめます。

P5310486
タチガシワ!

・海岸で化石まみれ!岩井崎
気仙沼市の岩井崎では、ペルム紀にできた石灰岩が見られます。フズリナやウミユリなどの化石がたくさん見られます。化石だけでなく、大阪ではなかなか見れない海岸植物も楽しめます。
南三陸周辺は有名な化石の産地がたくさんありますが、その他の化石観察ポイントにも行く予定です。
※岩井崎では化石の採集はできません。

P5290249
岩井崎の石灰岩。化石だらけのビックリ海岸です。

P5290287
海岸植物のウミミドリ。

宿は南三陸の里山や田んぼに囲まれた場所です。夜のライトトラップはきっと盛り上がるでしょう。


・宮沢賢治が見た!?種山高原(オプションツアー)
岩手県の岩手県奥州市、住田町、遠野市にまたがる種山高原は、宮沢賢治ゆかりの景勝地でもあります。かつては広い草原が広がっていました。
本番の3日間はどちらかというと海よりな低地での観察が中心なので、オプションでは標高の高いところに行きます。生き物の様子ががらっと変わりますよ。

P5300337
種山高原にあった看板。左下の物見山から上の方の遊林ランド種山まで歩きます。

P5300366
物見山からの景色。赤く見えるのはレンゲツツジです。

P5300395
大阪の近くでは見られないズダヤクシュ。


下見の時期は春でしたが、合宿本番は夏!季節が変わり、ここで紹介した生きものとは違ったものが楽しめます!  
Posted by nature1955 at 17:26

2016年06月13日

6月の月例ハイキングは「俎石山」です!

6月19日の月例はキングは和泉山脈の俎石山に登ります。
コースは川沿いの田畑、薄暗い谷道や和泉山脈に特徴的なウバメガシ林の尾根道、景色のいい山頂付近(なんと一等三角点ですよ!)や終わり近くには水質の良好なため池も観察できるバラエティに富んだ盛りだくさんなものとなっています。ただし、それだけに結構タフなコースです。十分な水分の用意、歩きやすい靴などしっかりと用意して参加してください。
以下は下見の様子です。
DSC_0193
















山頂近くの気持ちのいい照葉樹林の尾根道、ちょっと手ぶれの写真ですみません。
DSC_0194_1
















大阪湾が見える展望台からの眺望。
DSC_0195
















山頂の一等三角点の看板。
DSC_0197
















もし、時間が許せば少し先の大福山まで足を延ばします。展望のいい山頂には、ササユリも咲いています。
DSC_0199























ここまで行けるかどうかは参加者の皆さんの頑張り次第です、がちょっときびしいかなあ。
DSC_0202
















コースの終盤にはとてもきれいなため池があります。珍しい水草も観察できるかも。
写真は、水草の解説に意気込む長谷川学芸員。ポーズも決まってる!!
6月19日午前10時、南海本線「箱作」駅集合です。
皆さんのご参加をお待ちしています。  
Posted by nature1955 at 22:12

2016年05月06日

友の会登山観察会「滋賀県霊仙山」 下見に行ってきました!

来る6月5日(日)に予定されている、スパルタ?!登山観察会の下見に行ってきました!目指すは、滋賀県北東部、岐阜県との県境にそびえる霊仙山です。近畿地方では数少ない石灰岩からできている山で、山頂部は石灰岩地形と草原が広がり、石灰岩地域に特有の植物も見られます。

DSC_0702

DSC_0703

以前、山頂付近はササ原が広がっていましたが、今はシカに食べられてしまいました。岩の間にひっそりと咲く野の花を観察することができます。
DSC_0713

石灰岩の中にウミユリの化石をみつけました。当日も探します!
DSC_0700

なお、標高差は約900m、通常の月例ハイクの3倍以上の距離と時間(約17km、7〜8時間)を歩き、一部に急坂がある健脚向きのコースです。月例ハイクとは違うハードな行程となります。

開催日:6月5日(日) 雨天中止
時間:終日
場所:滋賀県米原市〜多賀町 霊仙山
定員:20名。申込多数の場合は抽選します。
対象:小学生以上の友の会会員またはその家族で、本格的な山登りをする体力・経験のある方(小学生には保護者の同伴が必要)。体力に自信のない方は申込をご遠慮ください。
その他:抽選の結果や参加方法などは返信でお知らせします。
申込み:申込みが必要です。
申込締切日:5月20日(金)
担当者:第四紀研究室の中条
世話役:【評議員】小林さん、三宅さん、吉田さん、米澤 【学芸員】中条さん(第四紀研究室)、長谷川さん(植物研究室)

申込はこちらから
大阪市立自然史博物館イベントページ

========
【大阪市立自然史博物館友の会に入りませんか?】
友の会会員になると…
■1 家族のひとりが会員になれば、家族全員が会員に。
■2 会員証を見せれば、自然史博物館に入館できます。
■3 友の会会員限定の行事に参加することができます。
■4 博物館行事と友の会行事の参加費が無料または割引に。
■5 月刊誌Nature Studyが送られてきます。
■6 友の会HPでNature Studyバックナンバーが読めます。
■7 博物館行事の補助スタッフになれます。
■8 友の会会員が多数参加しているサークルが様々あります。

年会費3000円。今なら4月会員(4月〜12月)2250円も受付中。
※詳しくは「友の会のご案内のHP」をご覧ください。
ウェブからの申し込みもできます!
大阪市立自然史博物館友の会ネットショップ
========
友の会評議員 米澤里美




  
Posted by nature1955 at 20:44イベント情報