2016年12月05日

12月月例ハイキング「磯ノ浦でビーチコーミング」の下見

12月3日(土)に月例ハイキング「磯ノ浦でビーチコーミング」の下見に、今回外部講師をお願いする渡邊淳一さん(本会会員、漂着物学会会員)と一緒に行ってきました。抜けるような青空で風もなく、過ごしやすい一日でした。
IMGP3975ss

波打ち際では貝殻がたくさん拾えました。(渡邊さん撮影)
PC030048ss

たくさん見られたのはフジノハナガイナミノコガイ(12/5:間違えていました。ご指摘ありがとうございました。フジノハナガイは上の写真で見られる白い三角の貝です。)。
IMGP3982ss

マクラガイもありました(渡邊さん撮影)
PC030076ss


貝以外にも、キンセンガニの殻(渡邊さん撮影)
PC030070ss

モミジガイ(渡邊さん撮影)
PC030058ss

波打ち際ではアカエイが打ち上がっていました。
IMGP3990ss

陽気に誘われてスナガニも歩いていました。
IMGP3992ss


清掃のためかゴミは少なかったのですが、それでも探してみると・・
カキのついた水筒。どこからきたのでしょうか。
IMGP3999ss

ビーチグラスもいくつか拾えました。
IMGP3984ss


実施日は12月18日(日)です。お天気になるといいですね。

(追記)
・指定電車は和歌山市駅10:24発の加太線ですが、1本早い9:55発だと「めでたい電車」に乗れます(難波8:45発のサザンで間に合います)。
・磯ノ浦海水浴場には駐車場があります。1日1000円です。磯ノ浦駅前や周辺にもコインパーキングがあり、24時間800円(1時間200円)ぐらいのようです。
・当日参加予定の方は、こちらの津波避難路の地図も念のため見ておいてください(当日説明します)。
IMGP4000s


(石田)  

Posted by nature1955 at 00:43

2016年11月13日

11月月例ハイク「クズを楽しもう」

11月の月例ハイクは、和泉山脈のふもとの里山を歩きながら、クズのつるを楽しみました。

集合は南海本線箱作駅。11月とは思えないぐらいの暖かくて気持ちがいい絶好のハイキング日和となりました。
DSC09475















里山を、生き物を観察しながら進みました。秋の植物を観察しながら、1.5kmぐらいの道のりを、2時間かけてのんびり歩きました。
DSC09505















秋の花、コウヤボウキ。
DSC09535















ひっつき虫もたくさんいました。アメリカセンダングサにオナモミ。頭いっぱいに付けている子も。
DSC09531















お店でも売られているランタナ。南米産の植物ですが、温暖化の影響でか越冬できるようになったようで、あちこちで目にしました。
DSC09586















ワレモコウ。これはいい里山。by横川学芸員
DSC09584















田代評議員によるパチパチショー!ソヨゴの葉を火であぶると、ぱちん!と大きな音が出ます。ソヨゴやウバメガシは表皮が強い組織でできているそうで、葉内部の空気が熱して膨張すると、表皮が限界で一気にはじけて大きな音が出るのだそうです。
DSC09519















シロハラ(の死体)には、子どもたちは興味津々でした。博物館で標本にします。
DSC09515


































さて、そうやって山歩きの最中に参加者たちが必死に集めていたんのはクズ。秋の七草の一つとしても知られるクズは日本在来のつる植物です。昔から花を楽しんだり、つるでかごを編んだりと人にとって身近で有用な植物でした。でも、そこらへんにはびこっている姿を見ると、見慣れたというか見飽きたというか、普段そんなに魅力を感じる植物ではない気が…。そこで今回のハイクではこのクズのつるをつかったかごあみつくりを取り入れました。というわけで、今回はみんな普段見向きもしないクズに夢中。
ここでも。
DSC09516















そこでも。
DSC09500















あっちでも。
DSC09580















なんだか普段見られない不思議な光景でした。


そんなこんなでとってきたクズのつるを使って、お昼ご飯の後にみんなでつる編み工作。
これがとても簡単で、田代学芸員の一斉レクチャーを聞いたら、あとは好きな大きさで好きな形を黙々と作っていました。
しかもみんな上手!
DSC09567















あっという間に完成!
DSC09550















共同作業しておられる方も。
DSC09557















出来上がったものは、みんなで見せ合いっこ。ドングリや野花などをいれるとまた一段といい雰囲気。
DSC09576















かごだけでなく、リースにしている人もいて、クリスマスなどに向けていい感じです。


秋晴れのとても気持ちのいい一日を満喫した月例ハイクでした。
自然だけでなく、芸術にも触れられた素敵な秋の日になりましたね。

参加者のみなさん、どうもありがとうございました。
DSC09589















電車の中でつくったマトリョーシカクズつるかご。

評議員 板本瑶子  
Posted by nature1955 at 18:24月例ハイキング

2016年11月03日

11月13日の月例ハイク「クズを楽しむ」下見

今日は11月の月例ハイクの下見に行ってきました。11月のテーマは「クズを楽しむ」。今や色々な場所で繁茂しておりとても見慣れてしまっているクズですが、このクズを使って遊ぼうと思います。
世話役は小林評議員、田代評議員、山崎評議員、横川学芸員(そして板本)と、植物のことならなんでも聞けちゃう植物オールスターが揃っています。植物好き必見!

場所は南海本線箱作駅。のどかな畑のなかをのんびり歩きます。
DSC09432


途中に色々な秋の植物や昆虫をみていきます。
DSC09441

DSC09446



子どもたち大好きなどんぐりも数種類あって比べるのが楽しい。
DSC09448



さて一番の目玉は何といっても今回の主役、クズ!クズといえばなんとなくそこらへんに生えていてあんまり魅力的な植物には見えない(失礼!)と思われがちですが、今回はクズを使ってクズのツル編み工作をしたいと考えています。
DSC09456



これが意外と簡単。初心者でも楽しんでできちゃいます。ただし、何ができるかはクズ次第。
ちなみに、この下見で不器用な私が作ったのは、このかご…ではなく、下のなべしきです…!
DSC09454




友の会月例ハイクは、参加費(一人300円)でどなたでも当日気軽に参加できます。会員の方はもちろん無料です。

気候のいいこの季節、こんな素敵な花かごを作ってクズを楽しみましょう。みなさんのご参加、お待ちしています。
DSC09466

=====
■クズを楽しもう
秋の七草の一つとしても知られるクズは日本在来のつる植物です。昔から花を楽しんだり、つるでかごを編んだりと人にとって身近で有用な植物でした、今回の月例ハイキングでは、和泉山脈のふもとの里山を歩き、クズのつるを楽しんでみましょう。

時間 午前10時〜午後3時頃
場所 和泉山脈のふもとの里山
集合・交通 南海本線「箱作」駅改札口に午前10時。「難波」駅発8:55発「和歌山市」行区間急行に乗れば間に合います。
対象 友の会会員とその家族、または友の会に関心のある方(小学生以下は保護者の同伴が必要)。
参加費 友の会会員は無料。友の会会員以外の方は参加費300円が必要ですが、「友の会のしおり」最終ページの「お友達さそってクーポン」を使うと一家族分の参加費が無料になります。
持ち物・服装 ハイキングの服装。弁当、飲み物、ハサミやナイフなど植物のつるが切れるもの、軍手、雨具、筆記用具、観察・採集用具。
その他 雨天中止。天候のあやしいときは午前7時以降に留守番電話06-6694-0500で確認してください。
申込み 申込みは不要です。
=====
友の会評議員 板本瑶子  
Posted by nature1955 at 17:47月例ハイキング

2016年10月10日

友の会秋祭り「海藻を楽しもう」

ここ数日で、朝夕の気温も下がり、ぐっと秋が深まったように感じます。

秋といえば学問の秋、芸術の秋、食欲の秋…などと言いますが
それらすべてを満たせる、友の会秋祭りはいかがでしょうか!

というわけで、10月9日(日)に行われた、友の会秋祭り「海藻を楽しもう」のレポートを書いていきたいと思います。



まずは石田学芸員と鍋島会長による、海藻のお話と、ところてんの作り方お料理教室(?)がはじまります!

秋祭り2016_01

海藻と一口に言っても、体に持っている色素の色によって大きく3つの種類に分かれます。
おなじみ、ワカメやコンブ、ヒジキなどの茶色い褐藻
アオサ汁や青のりに使われるヒトエグサをはじめとする緑藻
そして、海藻サラダに入っている赤いトサカノリや、テングサの仲間といった紅藻です。


秋祭り2016_02

良く聞く「テングサ」というのは、ところてんや寒天を作ることができる海藻の総称のことで、地方によって使われる海藻も違うのだそうです。
今回、ところてん作りに使うのは、今年の3月にあった友の会行事「春の磯で海藻を食べよう」で採ってきたマクサです。
石田学芸員が、水で洗っては干し、洗っては干し、8回繰り返して、このような淡い卵色になりました。
(横川学芸員が手にしているのが、元のマクサの色です。)
このマクサを鍋に30分ほどかけて、ぐつぐつと煮出していきますので、お楽しみに。



さて、マクサを待つ間に、みなさんには海藻の押し葉を作っていただきましょう!!

秋祭り2016_06
秋祭り2016_08

テーブルにずらりと並んでいる海藻たちは、まるで昨日採ってきたように新鮮ですが、これはなんと3年前の大阪湾の調査の時に採ってきた海藻なんです!(冷凍庫に入れておくだけで、結構保管できるのだそうです。すごい!)
今日はこの中から好きなものを選んで押し葉を作ります。
慣れれば簡単なので、みなさんもぜひ覚えて帰ってくださいね。

普通の葉っぱの押し葉なら、そのまま新聞紙などに挟んで、乾いたら台紙に張り付ければ完成ですが…
海藻は、いきなり台紙に置いてから新聞紙に挟むんです!
…というのも、海藻にはのり(もちろん食べる海苔じゃなくて糊の方ですヨ)のようなべとべとする成分が含まれているため、新聞紙などに挟むと、引っ付いて離れなくなってしまうのです。

「いやいや、台紙の方はともかく、表側の新聞紙には張り付くやん…」とお思いでしょうが、そこは魔法の紙(クッキングシート)を海藻と新聞紙の間に挟めば解決!

後は、毎日新聞紙を替えてあげれば、3日から一週間程度で乾燥します。


秋祭り2016_04

みなさんの前に立てかけてあった、ワカメの標本も、大きいですが同じやり方で作っています。



それでは、レッツトライ!

秋祭り2016_05

みなさん、思い思いに海藻を選んでおりますが、その様子はセリ場か、年末の百貨店のようです。
台紙の上に、どんな海藻を置こうか、迷っている間が楽しいのかも??


秋祭り2016_09
めっちゃ集中してはります。
キレイに作るには、新聞紙に挟み込む前に、台紙の上でしっかりと形を整えることが大事なんですね〜

たくさんの種類を乗せて図鑑のようにする人もいれば、顔の形を作って絵はがきのようにする人もいて、いろんな人の作品を見せてもらうたびに感心しきりでした。



秋祭り2016_10

ところてんの歴史から、思い出話まで、鍋島会長の海藻トークも絶好調。
いよいよ、待ちに待ったところてん突きですが、気になるのは「何をかけて食べるか?」ということです。
今回、ところてんにかけるものは持参していただくようにアナウンスをしていましたが、面白いものを持ってきてくださった方がいらっしゃいました。


秋祭り2016_11

すごいですね。
黒みつ・三杯酢といった定番の他にも、フルーツ缶、きなこ、ぜんざい、煎りごま&青のり、練乳etc…
なかにはチョコレートやパクチードレッシングというチャレンジャーまで!
どれをかけようか迷ってしまいますねぇ!


秋祭り2016_12

はい、お待たせいたしました。やっと、ところてん突き開始です。
この日、生まれて初めてところてんを突くという方も結構いらっしゃいました。

初めてところてんを突いた子どもたちに聞いてみると、「するっと行って、簡単やった」という子もいれば、「思ってたより力が要った」という子もいました。
どっちやねんと思った方、ところ天突きさえ手に入れれば割と簡単にできますので、ぜひぜひご自宅で挑戦してみてくださいね!


おかげ様をもちまして、友の会秋祭りは大盛況で終了いたしました。
今年もあと2カ月ですが、おなじみ自然史フェスティバルや、月例ハイク「クズを楽しもう」などもありますので、ぜひ参加してくださいね!

事業WG:井上竜馬
  
Posted by nature1955 at 07:51活動報告

2016年09月28日

友の会合宿「別府湾周辺の干潟」へ行ってきました。

台風接近でお天気が心配される中、別府湾の干潟合宿へ行ってきました。

1日目は杵築市八坂川河口へ。
台風の心配をよそに良いお天気となり、
気温もぐんぐん上がって汗をかきながらの観察となりました。
RIMG0303
















八坂川河口の干潟、奥の丘の上に見えるのが杵築城と武家屋敷群

八坂川河口の観察会では、杵築市でずっと環境普及にたずさわれている
綿末しのぶさんにも加わっていただき、干潟の生き物のお話、注意点など
とても楽しく聞かせていただきました。綿末さんありがとうございました!
そしてカブトガニの幼生にも出会いましたよ!
RIMG0316





















RIMG0317

















綿末さん持参のカブトガニの齢数チェック表。何齢目かがすぐにわかります。

実はこの日の朝、早朝に着いたフェリー組が飛行機で来られる方を迎える間少し時間があったので
大分空港のすぐ南にある国東市の安岐漁港でセリの見学をしました。
(飛行機と電車で来られた方ごめんなさい!)
この日は底引き漁が禁漁期ということで魚の数は少量でしたがセリの風景を楽しみました。
RIMG0294
RIMG0295














2日目は朝から雨。午前中訪れた別府温泉の海地獄に着いた頃には少し止んで
中条学芸員の泉源見学ミニツアーなどを楽しみました。
RIMG0335
















午後からは糸ヶ浜海浜公園の干潟観察へ。お昼ご飯を食べる頃、激しい雨が降っていましたが
しばらくすると雨もすっかり止んで観察スタート。
RIMG0345










糸ヶ浜では見られなくなったと言われていたコアマモが生息していることが判明。
RIMG0349






















ジャリンと呼ばれる杵築で昔からハマグリ採りに使われている道具が登場!
木の横棒にコの字型の鉄の刃がついていて、表層から数cmの深さをスイープし、
貝に当たる感触があったら掘り出す仕組みです。

このジャリンと人力でたくさんのハマグリやマテ貝が採れ、
夜のバーベキューで美味しくいただきました!!


3日目最終日。この日も朝から雨。
午前中は由布岳を望める猪瀬戸湿原へ。着いた頃には雨も止んで
草原や湿地の植物などを観察しました。
RIMG0362























午後からは大分空港の北にある綱井海岸で海岸の植物を観察したり、
ビーチコーミングなどをしました。
RIMG0379















観察終了する頃には雨が・・・

今回の合宿には、外部講師として参加された安岡法子さんにはマガキの性転換について、
富岡森理さんには干潟のゴカイについてのお話を夜のミーティングでしていただきました。
楽しいお話をありがとうございました!
RIMG0323






















台風16号が近づいていて不安な天候でしたが、
交通機関は問題なくみんな無事に帰路へと着きました。
合宿中も観察を始めると雨が止んでくれるという、
とてもラッキーなタイミングの繰り返しでした。
皆さんお疲れ様でしたー!  
Posted by nature1955 at 01:22

2016年09月03日

8月月例ハイキング報告「金剛山でブナ林・アサギマダラ」

残暑がまだまだ厳しい8月の月例ハイキングは、山頂が標高1000メートルを超える金剛山で8月28日(日)に行いました。
涼しい山頂付近で、アサギマダラやブナ林で見られる昆虫などを観察・採集しました。

DSC_0096


スタート地点の金剛登山口に集まった参加者は66名。
曇りがちな天気でしたが、バス停付近で簡単に観察ルートと注意事項を確認し、雨が降り出さないことを祈りつつ、10時過ぎに出発しました。

FullSizeRender-5


登りのルートは、サカハチチョウやスジグロシロチョウがたくさんいて、オオマルハナバチやオナガアゲハ、キマワリなどの昆虫、クサアジサイやヤマジノホトトギスの花などが見られました。カケスの羽根を拾った人もいました。

IMG_8258


セトまでの急な斜面を登り切って尾根筋に出ると、ブナが所々に見られるようになってきました。

国見城趾での昼食時についに雨が降り出しましたが、通り雨だったようです。
その後は素晴らしい観察日和になりました。

昼食後に、参加者が捕まえたオオルリボシヤンマやウスバキトンボをみんなで観察し、採れたてのアサギマダラを使ったマーキング調査の説明を金沢学芸員にして頂きました。

FullSizeRender-1


FullSizeRender


その後は瓢池のタカネトンボ、オオルリボシヤンマを観察し、アサギマダラが好むオタカラコウの花が咲く斜面で観察しました。

FullSizeRender-3


ここではチョウを呼び寄せる金沢学芸員の秘密兵器、ぐるぐる白タオルが炸裂しました!

DSC_0094


DSC_0095


その後はブナ林をのんびり歩き、山頂のロープウェーの駅前で午後3時前に解散しました。
目的のアサギマダラも見られ、楽しい夏の1日となりました。
  
Posted by nature1955 at 00:02月例ハイキング