2006年01月17日

♪ 自由になるコミュニケーション5

自由になるコミュニケーション

アイディアが湧きました!

いままで、ずっと、もがきながらも一歩一歩踏み出してきた

コミュニケーションの実践的教え。

かつてアメ玉一個女の子に渡すのに悩み、

翌日の休暇届を出すのに1日考えて出せなかった私が、

コミュニケーションを実践的に学び、

誰とでも自由に話せ、どんな場所でも楽しくいられるようになった

その教え。

 

からだを張って体得して行ったコミュニケーションのキモを

レポートにしています。

 

巷のコミュニケーションは、概ねこういったものにわかれます。

1) 説得術 相手の興味をいかに惹きつけ、動かすか

2) 説明力 論理的に、理屈立てて話すこと

3) 激論  熱く語り、打ち負かしてしまう

4) 傾聴  相手に耳を傾け、誠心誠意聴く

 

ところが、実際にそれらを使ってコミュニケーションをしてみると、

うまく行きませんでした。なぜか?

それは、

1) それぞれのケースは特殊であり、一般的ではないため通用しない。

   例:相手が怒っているとき、こちらが動揺しているときは、難しい。

2) 相手に合わせて聴こうとすると、どんどんとめどもなく話し、

   キリがなくなり、ヘトヘトとなる。

3) 何となく相手を操作している雰囲気が相手に伝わり、気まづくなる。

などです。

 

それなら、もう、自分で作ろうと考えました。

予価は1万円です。

もちろん気に入らない場合は、返金します。

少々お待ちくださいね。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔