2006年02月26日

夢を形にした男 野口健5

 ★ 健作堂〜夢を形に(一般編)ネイチャー・エクスプレス

      ☆ 036 夢を形にした男 野口健(登山家 アルピニスト)
  
    
    ○ 夢を形にした男 野口健(登山家 アルピニスト)


    にんじんジュース断食療法や石原都知事が入ったことで
    有名なヒポクラティック・サナトリウム(養生センター)の
    体験記を読んで見つけた野口 健さん。


    彼の紹介記事やメッセージを読んで、胸が熱くなりました。


    私が言いたいことを代弁してくれていたからです。

    くわしい記事は、ブログとHPを読んでいただくとして、

    ○ プロフィール
      http://www.noguchi-ken.com/profile/do.html
      http://www.noguchi-ken.com/profile/index.html

    ○ ブログ
      http://blog.livedoor.jp/fuji8776/


    なぜ、彼に惹かれたのかを私なりに感じた視点で
    書いてみます。

    
    ○ 生い立ち

      彼は、外交官だったお父さんの影響で、
      各国を転々としています。

      お母さんはエジプト人だったのですが、
      エジプト、フランス、ギリシャ、レバノンの血が
      混じっているそうで、彼の枠に収まりきれない性格
      は、この生い立ちからきていると思います。

    ○ ライフワーク(天職)との出逢い

      その枠に収まり切れない性格が、
      イギリスの学校教育でもはみ出てしまいます。

      校則違反、ケンカをくり返し、ダメ生徒の典型でした。

      それで、一時的に日本に帰ったとき、
      お父さんから一人旅を勧められ、旅をしていたときに

      運命を変えた一冊の本と出逢います。
      それが、登山家 植村直己が書いた
      「青春を山に賭けて」という本です。

      そこで、彼は、目覚めます。

      そうか、俺がやりたかったことは、これなのか!と。

    :::::::::::::::::::::::::::

    彼に惹かれたのは、自分の中に、
    世間の枠に収まり切れないほどの情熱のマグマが眠っていた
    というところ。

    私も超マイナス思考ではありましたが、
    父から押さえつけられていたことへの反発エネルギーが
    いまか、いまかと爆発寸前になっていました。

    いびるように食卓でネチネチ言う父に対し、
    怒りの情熱は、沸騰点に達そうとしていた高校時代。

    男子校だった私の唯一の楽しみが文通。
    それは、高校生向け雑誌で、文通を希望し、
    紹介されたため、送られてきた女の子からの手紙。

    断るのは悪いと思っていた私は、一時期40人と文通し、
    丸一日休みを費やしてせっせと返事を書きました。

    その光景を見た母が、父に告げ口したのです。
    「勉強はしないで、ペンパルにうつつを抜かしているのよ」
    ・・・と。

    すると、ロクに私の話も聴かず、
    ふだん、私の学校でいたたまれない気持ちも聴かず、

    
    父「勉強は、せんくせに、
      自分の好きなことは、【腹一杯】する」

    その【腹一杯】ということばを聴いたとき、
    私の中の怒りのマグマが沸騰しました。


    何が、腹一杯なんだ!
    オレの唯一の楽しみさえも、奪い取ろうとするのか!


    怒りに震え、私は、食卓に置いてあった皿のハシで、
    食卓のカドにごしごし傷をつけました。
    チクショー、チクショーって。


           でも・・・


    幼い頃から、ダメだねぇと言い続けてこられた私には、
    幼い頃から、象が足首にわっかをつけられていたように


    父へ反抗することは、どうしても引け目を感じてしまい
    できなかったのです。自分の感情を出すことを。


    それが、いまの上司との環境と似ているのです。
    だから、感情を爆発できなかったんです。


    ○ そしてどうするか?

    野口健さんが、運命を変えた一冊の本は、
    偶然出逢ったようですが、そうではありません。

    天に向かって、オレはどうしたらいいんだ!
    誰もわかってくれない、オレのこの気持ちを!

    こういう想いで一杯だったと思います。


    そういう思いで一杯なときは、その思いが邪魔をして
    目の前のヒントがなかなか見えません。

    でも、出逢いとは、その後、起きることが多いのです。


    なかなか答えが得られず、少し、あきらめかけたとき。
    ちょっと力が抜けたときに、

    ふわりと「出逢いのシンクロ」が起きることが多いのです。


    かつての哲人、偉人の中村天風が、当時の死の病「結核」に
    倒れたとき、世界にその治すための答えを探し求めても
    得られず、とうとうあきらめ、日本の富士山を見ながら
    死のうと決めたとき。


    帰りの貨物船がエジプトのカイロで停泊し、
    その停泊中に、船員が食事をしつこく薦めたため
    ふらふらと歩いて行き、座ったレストランで見た光景。

    ダンゴみたいにでかいハエが、
    ジュースの口のところに留まり、
    そのハエに「ンっ」と気合いを送ると、

    そのハエが気絶し、ポロリと落ちる。
    その落ちたハエを、付き人がハシでつまんで捨てている。

    その光景を見たとき、その偉そうな人が天風を呼び寄せた。


    「オマエ、右の胸を患ってるな」

    言ってもいないのに、見ただけで言い当て、

    「オレに着いてくれば、まだ、治る見込みがある」

    と言った、ヨガの行者 カリアッパ氏に出逢い、
    その後、インドの山奥、ヒマラヤで修行し、
    日本へ帰ってきて、いまの日本を創った人たちや、
    アメリカ一の大金持ち ロックフェラーを指導するまでに
    いたった一連の流れ。


    野口健さんが、どうしたらいいんだと怒りのマグマが
    噴出し、さまよい歩いたとき、ぶらりと立ち寄った店で
    見つけた植村直己との出逢い。



    私が、超マイナス思考を直そうと必死だったけれど、
    どうにもならず、あきらめかけていたときに参加した
    セミナーで、講師から、

    「きみは、本当の想いを語っていないね。
     だから、人と出逢えないんだよ」と言われた瞬間。


    上司の罵倒に心身ともにボロボロになり、
    もうダメだ、辞めようと決め、やる気も何もかも捨てた
    ときに、エレナ婦人と出逢った瞬間。


    すべてに共通しているもの。


    それは、答えがわからず、もがき苦しみ、
    もうダメだとあきらめかけていたり、力が抜けたその時に


          出逢いは、やってくるのです。



    そういうなんというのかな、やり切れない気持ちや、
    やけくそになる気持ち、いやでいやでしょうがない
    気持ち、落ち込んでしょうがない気持ちというのが、
    

    ライフワークとの出逢いの始まりになることが多いのです。


    私が思うに、運がいい!そうだね!なんて、冗談で、
    言い合っている程度では、本物ではない。

   
    なぜなら、逆境という北風が吹いたときに、
    もろくも崩れ去り、自分の弱さが露呈するからです。


    つらいとき、悲しいときに、いかに自分を許し、
    グチや不平・不満を言ってもいいから、
    そこを乗り越えて行けるかが大事です。


    そうすれば、人にやさしくなれ、
    どんな場面でも逃げない強さをつけることができるからです。
    
   
    恋愛だって一緒。
    ノウハウやツールばかりに頼って、
    「肝心の好きだ、一緒にいたい」という気持ちを言わなくて
    どうするんでしょう。

    肝心な気持ちを言わないから、
    いつまでも遠回りするんじゃないですか?


    怖くても「言う」、
    何か言われて「ビビっても」「言う」


    このセンス、力をつければ、
    どんな場面、どんな場所、どんな相手、どんな状況でも、


    やって行けます。


    そう思いませんか?


    私は、やさしくもあるけど、厳しくもありたいと思います。


    というのは、南風もあるが、北風もあるからです。


    実際、痛みやきつさを乗り越えた人のことばには、
    力強さを感じます。


    そういう意味で、野口さんに共鳴したのです。    
      

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
    ○ お知らせ(その1)

      ホームページリニューアルしました。
      http://blog.livedoor.jp/kensakudo/

      癒しのお茶房という感じでいいでしょ。

    ○ お知らせ(その2)

      このメルマガをご覧になられている方のために、
      夢を形に(テキスト版のお試し版)をご紹介
      します。

      サイトとPDFファイルの分とありますので、
      手っ取り早く見たい方は、サイト。

      じっくり紙画像ファイルで見たい方は、
      PDFファイルの方をクリックしてみてください。

      ※ 夢を形に(テキストお試し版)

        サイト
        http://kensakudo.exblog.jp/

        PDF版
        http://form.3muryoureport.com/pdf/c8WUpX.pdf


    =====================
    ○ 過酷な環境に不安を感じながらも、
      あるおばあさんとの不思議な出逢いから
      人生に目覚め、自分を取り戻して行く物語

      エレナ婦人の教え 3部作
        http://edu.1muryoureport.com/catalog/advanced_search_result.php?keywords=%A5%A8%A5%EC%A5%CA&search_in_description=1
    ========================

    夢を形に(ビジネス編)
    http://www.mag2.com/m/0000180268.html

    ○ 夢をどうすれば形にできるか

    ○ 好きなことをどうすれば仕事にできるか

    ○ 豊かさやお金をどうやって惹きつけるか

    スピリチュアルな教えをビジネスに生かす実践版

    ========================
 
     
    ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

      
    ○ 健作堂〜夢を形に ネイチャー・エクスプレス
     http://www.mag2.com/m/0000133759.htm
 
    ◇ お便り宛先 kensakudo@yahoo.co.jp
 
     *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


==================================== 
【編集後記】
 
 野口さん、それは、エレナ婦人とは、正反対のキャラ、
 そう源三のような男だと感じました。

 それは、私の憧れでもあるんです。
                            NC@hiro
------------------------------------------------------------------------


naturecom at 09:42│Comments(4)夢を形にした人たち 

この記事へのコメント

1. Posted by ユリ   2006年02月26日 09:48
ネット初心者のユリです。ネットをうろうろしていたら、辿りつきました。http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/←に載ってたんです。ブログはじめたいと思っているのですけど、今はランキングとかリンク集みたいのとかからいろんなブログをみてお勉強中です(≧∇≦;)またおじゃましにに来ますね☆こっそり・・・。
2. Posted by Aida   2006年03月03日 10:10
5 野口さんテレビでみたことがあります。
ジャンクスポーツに出てました

登山に命をかけてますよね ^−^
3. Posted by CHIKA   2006年03月10日 01:12
健作さんへ

こんにちは。

野口健・・・あの突き抜けた感じは、こういうトコから来てるんですね。勉強になりました。

健作さんもただ者じゃないですが、野口さんもやはり、ただもんじゃないですよね。
4. Posted by 歴女   2011年07月02日 12:23
歴史マニア必見!歴史が好きな歴女が集まる歴女専門サイトの誕生です!同じ歴史好きならすぐに仲良くなれるはず!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔