BAーKAori BLOG

★BAーKAori BLOG★ FuncAScamperS009★★★★★★ 脚本・演出・振付・役者★三浦香の日記

【活動情報】※この記事はトップページにあります


【7月脚本&演出 CLUB SLAZY-Another world-】


<出演>
大山真志
加藤良輔
法月康平

Kimeru
東啓介

後藤健流
長倉正明

石坂勇

いつもの「CLUB SLAZY」とは一味違う魅惑の世界で、皆様のご来店お待ちしております!
また、チケット発売など詳細は公式HPやTwitterで随時発表致しますので要チェック!

【公演概要】
「CLUB SLAZY-Another world-」

日時:7月6日(水)〜7月17日(日)
場所:新宿FACE

脚本:三浦香/伊勢直弘
演出:三浦香

楽曲制作:Asu(BMI inc.)
振付:當間里美

◆公式HP◆http://www.clie.asia/CSL-AW/ 

AW〜ナイスチャーハン。

image



そして、声で出演してくれた
Bloom,Odds,Fly,Zs&身を乗り出して登場してきた
CB大先生にも
心よりの感謝を込めて、このブログを閉じたいと思います。
12月、くだらないシュールなこといっぱい出来たらな〜と。。。
チャーハン飛ばしていこー。


さらにチームミスティック。とも長い付き合い。
いっぱい笑って、スレイジーとはなんぞやと考え続けて。
伊勢さんと渡辺さんと、話の隅々を探した日々も
Asuさんに電話越しで歌った日々も
里美さんの前で何故か踊らないといけなかった汗だくの日々もw

立場とかそういうんじゃなくて、
里美さんの言うとおりなんですよね。
泥臭いんですよね。
出来ること全部しとけ!しとこう!やっとこう!
身体から水分だしとこう!
って思えるんですよね。
SLAZY。
わけわからない事言われたりもするけど、しらねえよ。
女に生まれて何が悪い。
そうです、私は皆が好きです。
それは胸をはって言えます、好きです。
大事です。

image

そんなわけで
12月も汗かきます
。。。。。。。。。
多分。














何よりもお客様、否!386番の皆様
本当に本当に本当にありがとうございました!!!
SLAZYを広めてくださったのは紛れも無く皆様です。
一緒に逆境に立ってくださりここまで来てくれた386の皆様が
勝手に大事です。
いらないと言われても、大事です。


勿論、反省や皆様からいただいたご意見を生かして
次に繋げます。これからもよろしくお願いします!!!
ClubSLAZY~AnotherWorld 終わり。


image

AW〜傘を持っておでかけください。

image

敬称略ですみません・・・。
タイトルもすみません・・・。


X/石坂勇
サムさん!漢の中の漢。怒るとかそんな安易なことではなく
私たちに背中を見せてくれます、サムさんがやっているからやらなきゃ!
と思ったこともなく、サムさんと一緒にやれるんだから楽しまなきゃ!
といつも感じるのです。ミスターXとは正反対なようでいて・・・
実はどちらも「愛」に包まれた方だと思います。
AtoZはしゃぎすぎて、本当に大きな子供みたいでした、ありがとうございました!

Q/法月康平
スレイジーのことは全て彼に聞いてほしい、という男。
そんな法月さんも、AWの脚本を読んだ時にはさすがに世界観に
驚いたようで、それをDeepさんに説明されていたのが、私的にツボでした。
Asuさんと新しい挑戦をさせたい!と話して新曲も出来ました。
魔法のように皆さんを誘えるのは彼の素晴らしい歌声があってこそ。
アクトと初共演なのにその想いをしっかりと見せつけてくれました。


image


V.P/kimeru
昔っから勝手に知っていて勝手にいつかご一緒に。と夢みていたことが
スレイジーで叶いました。そこまでよく知らないけれど、衣裳の裏地は「バラ」にしよう!
とそう言えた。気高くエレガントであるという頭の中のイメージが
そのまま稽古場に飛び出してきたときには・・・驚いた、バラの棘に刺さりたい。
こんなに具現化できるエレガントな人が・・・いた!「私だけど〜」が流行中!!
CBとの戦いをやりたい!と熱望だったのでいつか叶えたいっすね。


Will/東啓介
すっごく勝気だったらどうしようと出逢うまで不安でした。
だがその心配は不要でした。よく笑ってムードを作り上げる大きなお兄さんです。
かなり年下ですが、高校球児と東くんは、勝手にお兄さん。感を感じます。
一点集中で狂うウィルの芝居は毎日のように違っていて空気を感じ創ることが
出来るんだなと感心しました!空気を読めないウィルを応援してあげてください。
指が曲がった時は焦らず落ち着いて行動してください、それ普通ですから。


Deep/加藤良輔
自分でも驚いているんですが、本当に「浅くないんですね??君は」と言いたくなる。
QはActが出ていくとき、唯一、扉を開けないんです。
それに気づいたDeepが扉をあげてあげるんです、雨の中、Xに捕まるだろうAct の背中を
見ている、何を思って見ていたのだろうな・・・深すぎて私にもわからないw
りょうちんが居るからスレイジーが続いているんだね。と思えます。
それは誰もが認める事実な感じです。そして真実な感じです。いつもありがとう。

Act/大山真志
おかえりなさい、トップエース。アクトがいた時代終わりたくないな・・・。
これからもきっとその存在を大事にしていくし本当に背中が大きい。色々な意味でw
驚いたんですよね、すごく大山くんが大人になっていたんです。
チームをまとめる姿、めちゃくちゃかっこよかったっす!ありがとう!
戻って来れる時はXに土下座して戻ってこいよ!!!w
泣いてしまうので、これくらいにしておきます、また会おう。


image

AW〜身体から水分を奪われた者たちへ

本当にいつも感謝なのはNewJackの彼等。
誰よりも稽古時間も長く、体力だって一番使うわけなので
ハードな日々だろうけれど
この曲の中で、この振付で踊れるのが楽しいと誇りを持って生きている。


image
I-ght/橋本有一郎(チロ)
とても純粋に目がキラッキラな彼は、踊りに対してだけじゃなく
芝居にも挑んでやるという心を持ち合わせた男です。
控えめかと思ったらそうじゃない。わたしは彼を「ジブリ男子」という
ところに位置づけておりました。内側が熱くそんなチロの姿に
やる気をもらった人間も多いと思います。

Hop/今井 稜
稜ちゃんとは2回目となるのですがスレイジーでは初めて。
彼のダンスには釘付けになってしまう。
踊るだけじゃなくて演じる心も持ち合わせているその表現力には
驚かされるわけです。最年少ダンサーの「やったるぜ」感を
たくさん見せられ刺激でした。

Jasper/池口祐太
このスレイジーのシリーズ、一番の古株となるニュージャック池ちゃん。
何より弟たちの面倒をよくみる男。Qがスレイジーの母ならば
池ちゃんはニュージャックのお姉さん・・・お兄さん?
それでいてキレよく美しい踊りを見せてくれてありがとう。
という気持ちでいっぱいです。

Juke/K-TA2
けーたつさん。彼はもはやニュージャックのリーダー的存在といっても
いいのではないでしょうか。出逢ったときはチャラいな・・・と感じていたのですが
今もそれは感じていますがwww不器用ながらまとめていこうとする姿に
心を何度もうたれました。そういう気持ちってダンスに出るのだな・・・。
と感じながら、盛り上げてくれるけーたつさんに感謝です!!


Graf /後藤健流
ずっとスレイジーを守ってきた皆勤賞のこのお方。眼鏡くん。
眼鏡だけではなく影という役所もありますが、影なのでこれに関しては
あまり書きません。器用なタケルだからこそ、もっと上に上にと
私が思えたのは今回です。器用なところに頼ってばかりだったな。と。
そんな彼の新たな一面を沢山見せてもらえました!頼もしい。


Eyeball/長倉正明
一番叫んだ。君の名前を一番叫んだよ・・・わたしはw
初回から登場しているキャラクターですから、それはそれは、そこに焦点を
合わせて稽古をするのも大変だったのではないでしょうか。
まとめられない!アイボールの曲が大好きで、だから求めるものも
高くなってしまい・・・すみませんw大きくなれ!!!あいぼーーーーる!



厳しいことばかりを発していたような気がします。
7月。。。だけどそこに後悔をしたこともないような気がします。
楽しかったということじゃなくて。共に闘ったな。そんな日々でした。

ClubSLAZY〜AW終幕

時間が少し空いてしまいました。
未だに舞台が始まったことも終わったことも
実感が足りていない症候群です。
どんな舞台でも特別だけれど。
3年前から始まったこのSLAZYシリーズは、本当に
毎度のこと不思議な感覚に出逢わせてくれる。
もはや家族的な形のカンパニーであるのは
逆境だらけだったから。と言っても過言ではない。
3年前と同じ場所にまた戻ってきたことにどれほどの意味があるのか
なんとも言葉には出来ないんだけど。
そして、Actと再びこのステージで会えるとは・・・本当に嬉しかった。
正直、SLAZYをやりたい!出たい!またやろう!
とは言い合っても、それだけでいかないことだってある。
それでいて人が集まるとは本当に奇跡なことだ。
と思うわけです。

image


さらに、前からこのSLAZYにいたキャラクターたちが
新たに集結する、今回の不思議な形。
個人個人に関してはまた細かく書きますが。
いたんだろうな。
いるんだろうな。
と、思えてきた梅雨の時期。
大変楽しい梅雨でした。

image


AW千秋楽。

もし観てくださるかたが
ここを覗いているとして。

照明によって後ろに映る影。

なんかにも少し注目してもらえたら
嬉しい。

影は心情でもあるような。
そんな感じ。

「なにも言わなくていい」

と歌えるのはその時代のトップエースか
その日の一番手のみに許されること。

トップエースの勇姿を目に焼き付けたいと
思います。



image

anotherworld

明日から場当たり。


何にしても楽しみで仕方ない。


踊る踊る踊る。
このフォーメーションは一切ないのだけどもw
何してるのか。
細かく合わせておる。
合うことだけが美学でもなく。
合うことが粋でもあり。
奥深い。


image




V.P役のkimeruさまのことは
もう10年以上も前から勝手に知っていて
まさかSLAZYで会えるだなんて!
とても嬉しい。
大変cuteな方。

SLAZYにとって何が大切か
思い切り考えてくれて稽古場を変えてくれる。

Will役の東くんは
歴代の中でも高身長。
しかし低姿勢w
彼もまたSLAZYを担う1人。


あついな。
夏だから。
ではなく。
想いが溢れてる人たちはあついな。

と感じる日々です。


V.Wの並びはSLAZYの爆弾になる。
そう思っています。

image


SLAZYaw稽古ラスト

極寒。。。。。


踊り動く彼等に合わせて稽古場は
クーラー祭り!

こんなに私は寒いのに
皆様、汗だく。


image




ダンス稽古を見守るQ&G


一瞬でも気を抜けばついてこられない。
私は、彼らに頑張ったね。など称賛を
送る気は毛頭なくて
それはお客様にも感じてほしくなくて
頑張るなんて当たり前でしてね。
ってことを幾度となく言うております。

んじゃどおしたいんだ。
って言われると。

ClubSLAZYが当たり前のように存在して欲しい。
本気でやらないパフォーマンスを
本気で見ても意味はない。

でも。
彼等は本気なのだ。


故に動かない私の体は冷えるw
滝のような汗がうらやましい。



考えろ。と言って出てったり
ちげええええええよ!!!と叫んだり
相変わらず言葉が鬼悪い。
仕方ない。
そう熱くなるのは自分にとってSLAZYが
大切だから。

小屋入りす

SLAZYの不思議なところ。

image





懇親会と称してBBQ大会が行なわれた。
それはそれは笑った。


今回、kimeruさんと東くんと長倉くんと
初めましての方がいるのですが
3年前を振り返るって話なだけあって
3年前からSLAZYにいるのだとおもうと
親近感がわくわけです。


前から居たんすよね、、、みたいな。


そういうのが謎にこのカンパニーの凄いところだ、とおもえる。


image




全てはこの人によって・・・X!!!

SLAZY AW

スマフォが地味に壊れ。。。

久しぶり。

SLAZY楽しくないわけがなかろう。。
もう毎日必死で
愉快。

加藤さん覚醒してる。泣。
Profile
Recent Comments
QRコード
QRコード
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ