navcom

なぶこむ日記 きょうもあしたもไม่เป็นไร(まい・ぺん・らいっ)

20

レクサが来た

こんにちは

Amazonのセール、みなさんは何か買いましたか?
ウルトラワイドモニターを狙っていましたが、見送り。

代わりにEcho dotを買ってみました。
設定方法がいまひとつcoolでないこと、あからさまなバグあって、Amazonも認知しているのに「まぁ、実使用にはあまり関係ないし」的なところがあったり。

 もうすぐ液晶画面がついたモデルがでますが、これって画面見たら負けですよ。
普通に会話する程度の声で「アレクサ」と話しかけるとリングが青く光って「ビルエバンスが聴きたい」とか言うと毎月数百円の会員は曲が流れます。が、大人の事情でスルーされたり「見つかりませんでした」もありますがスキル(日本語の意味は能力)と呼ばれるアドオンを増やすことができて、機能が増えるらしいです

スキルはまだまだ少ないでsyが、Amazonの検索窓のジャンルにAmazonスキルというのがあるので、旧実がある方は事前にどんなことができるかチェックできます。

現状、値段に見合ったことができるか微妙ですが、何かを感じさせます。

16

NATとブリッジ。

こんにちは

全世界的な動きで電波のスプリアス、スプリアスというのは本来の信号以外の余計な電波のことで、日本語には不要輻射というのですがこれの規制が厳しくなります。

アマチュア無線も例外にもれず、最初から新規格の機種は良いのですが、規格を満たさない機器は、さらに救済リストがあってそこに技適番号があれば、JARDという機関に「これは使っても良い」というお墨付き、これを認証、スプリアスの認証だから「スプリアス認証」というのを出してもらうことで、継続してその機器を使う必要があります。

この話は長いので、後日また。

それでもって、その準備をしていたのですが、Windowsでないと作業ができないので、みんな大好きVM FusionでWindows10を動かし、Macと行き来しながら作業をしていた訳ですよ。

すると、いきなりWindowsだけWi-Fiが消えてネットもつながらない。
なんでそうなったのかは不明なのですが、Windows側の設定で「NAT」になっていました。NATね・・・親のMacのアドレスをNATするの? その下に「おすすめ」とあってブリッジ接続があります。

これでした。
Wi-Fi の設定が出てこない、とか関係ないところを探しまくっていました。 
Boortcampと違って仮想環境って難しいですね。

でも、MacとWindowsを行き来できるのは便利。

13

母が外来を卒業

こんにちは

ここしばらくろくなことが無かった我が家ですが、今日は快心のヒット。

今日は、母の手術後1年半の診察でした。
レントゲンはもちろん問題なし。前回から口頭で歩行訓練の様子を説明するのは、不可能に近いのでiPhoneで30秒くらい動画を撮って、それを診察のときに見てもらっています。

これ、先生にもなかなか好評。

先生から「いいじゃないですか? これならもう外来はいいでしょ」と無事、外来を卒業しました。

 よかった、よかった。

12

Apple Magic Mouse 2

こんにちは

今日は午前中に私の通院、午後は証券会社の方が見えてゴニョゴニョ。
明日は午前中に母の術後診察、午後は訪問介護。

なんだか忙しいです。
そこへ来て昨日、ポイントでポチッとした黒い物体が到着。

Apple Magic Mouse 2。 もちろん、色はスペースシルバー。

Appleのサイトは白いバックに白い商品をのせて何も見えなかったりが普通なので、手にするまでMagic Mouseも「謎」でしたが詰まるところボタンもホイールもpない、ナマコのよう。

いろいろジェスチャーがあるようですが、マウスの左の方をクリックすれば普通に左クリック。右の方をクリック(要 設定)すれば右クリック。

ここまでは、Appleなら「ふーん」ですが、驚愕はスクロール。ちょうどホイールがあるあたりで指を動かすとなんとスクロールするじゃないですか。

さすが1万円オーバーのマウス(笑)

ちなみに「お手にとってからすぐに」とかなんとかAppleのサイトにはありますが、電源スイッチを入れる必要があります(笑)
写真でわかりますかね? 緑色の小さなところがスイッチで前後に動きます。

充電式なので、寝る前に電源を切って充電するのかな?

充電の口は、iPhoneでおなじみLightningで、黒いマウスには黒いケーブがついてきました。口はおなかの部分にあるので、充電しながら使うことは物理的に不可能です。

 

                                                                                                                                            Mmouse

非写真左上が手前側から見たところ。最近おなじみの黒リンゴ。右上は前から見えたところ。どこを押すのかというと、全体がクリック感とともに動きます。左右の判別やスクロールはタッチパッドの技術かな>

お腹はこんな感じ。リンゴマークの市の笑っている口は充電ポート。緑色の小さなのが電源スイッチ。ここだけはAppleらしくない(笑)

10

父のパソコン

こんにちは

説明をすると紙幅をとるので詳細は飛ばしますが、父の遺品を片付け順々に引っ越しをすることになりました。

父が使っていた富士通のパソコンも初期化しました。
病院の霊安室でも火葬場でもあまり感じませんでしたが、Windowsに「ユーザーを初期化しますか?」と聞いてきたときに父が生きてきた足跡を消すようで、あらためて父はもういないんだな、と感じました。

ちなみにケータイは叔母が何の感情もなくとっくの昔に解約されました(笑)

 

8

スキャナーしよう、そうしよう。

こんにちは

まぁ、毎度のことなのですが「買おうかな」というのは、先に部長のサインをもらってから課長にサインをもらいに行くような、まぁプロセスの一部に過ぎないわけで。

黒い物体鎮座。
PFU(富士通)のスキャナー登場!!iX400がやってきた!

ちなみに普通版を買ったと思いきや、ちらほら2年補償板の表示が。
あと、このスキャナは、売り上げから初めて出金した記念すべき経費第一号です。

以下、Mac版とWi-Fi経由で接続した環境にて。

Goodなところ
早い、きれい、原稿が詰まる気配すらしない。
それだけかって? 本当に優れたものは多くを語らないのですよ。 

もう少し頑張りましょうなところ
Macの場合、アプリケーションフォルダーに無数のアプリが。
あと、CDでドライバやらが提供されます。Macにドライブないから(笑)
私はたまたま持っていましたが、結果として最新版をダウンロードする必要があったのでここはどうかと。

ちなみにこのCDの中身やらは版権がかかっているらしく、ひとつのPCからひとつのスキャナーしかつなげません。2台目以降は別売りで買うらしい。

 よほど自炊する人でなければ、これと複合機のフラットベッドスキャナで紙の電子化は足りると思います。

あと一万安くて、それなりの性能でもよいかなぁ。

 

7

紙は神様

こんにちは

今日は平成最後の七夕ですが、大雨の被害は時間とともに増える一方。

自然災害の前に人間の存在の小ささ、無力さを感じます。

七夕の思い出。
初めてディズニーランドに行ったのが何年か前の七夕。
入院していてある日突然大きな笹が病棟に登場。みんなで短冊を描いたり、飾りものを作ったり。でも、一番愕いたのは、8日の朝になったらあの患者一同の思いを乗せた笹が消えてなくなっていたこと。

みんなの思いは産廃か医療廃棄物になったらしい。
現実の世界は病棟みたいにぬるぬるしていないんだな、と。

閑話休題

何事も形から入るので、開業したときもレーザープリンターとスキャナーを買いました。

プリンターはともかく、スキャナーを買ったのは「紙」の管理がいかに大変か会社で思い知らされているから。

さほど大きくない仕事でも、厚さが5cmのファイルが1mくらい並びます。もちろん、保管の必要がないものもありますが仕事が終わっても残るファイルがたくさん残ります。書庫にいくと20年前とかに出荷した機材の資料もあって、これがまた年に数回は必要になる。

もちろん、電子化にもチャレンジしましたが見事に失敗しました。まだスキャナーもショボかったしスキャンした電子データがサーバーの容量を食ったり。

ともあれ、紙の管理に懲りているのでスキャナを導入。本当はPFUのちょっと大きいヤツが欲しかったのですが、置き場所がないのでbrotherのポータブルになりました。ちょっとジャムが多いんですよね。
場所ができそうなので、デスクトップのスキャナ導入かな。

本当に元紙を保管しなければならない紙って少ないですよ。
カタログとかも、紙のほうが見やすいですがずっと保管するものでもないし。

とか言いつつ、パスワードの最終バックアップは紙だったりして(笑)

 

6

と・り・せ・つ

こんにちは

みなさん、取説は読みますか?
取説は読むものではなく、立ち会い(検査)前日に徹夜の作品がWordが墜ちて消え去り泣きが入るものですよ。

私は操作がわからなくて「仕方なく」取説を開いては、「安全に関する注意」にイライラするのですが、今回はちゃんと読むべきでした。

brotherのポータブルスキャナ、いままでクラウド経由でMacに取り込んでいたのですが、なんだちょっと設定すればクラウド経由なんかいらないじゃん。

いや、これは取説で設定をみればできそうなこと、わかっていました。

びっくりしたのは背面にカードくらいのものが入りそうな穴があること。
なんとここにカード状のものを差し込むと堅いカード、運転免許証とかが取り込めるじゃないですか!!
なくなった父の手続きに私の身分証明として運転免許証のコピーを求められることがあったのですが、コピー取るためにコンビニっていうのも。

スキャナに吸い込まれていく免許証を呆然と見送る私。

まぁ、取説以前に買ってきたものを見るくらいはしなさい、ってことですね。

 

6

早い者勝ち

こんにちは

我が家、介護保険で母が転ばないように手摺りをつけることにしたのですが、先日のとおりケアマネの会社が素人見積で一銭もまけないと言うので、後輩に別の会社を見つけてもらいました。

仕事の流れを熟知していて、「この書類を書いてください」とか仕切ってくれるのかと思いきや、介護保険の案件は初めてらしい・・・はっはっは(笑うしかない)。

介護保険は公的なお金ですから、普段お目にかからない書類も。

こう言うときは先に発言した人が勝ちです。
みんながどっちに進むかわからずウロウロしている隙に自分に有利なように仕切っちゃう。

ちなみにマネージャーは偉い、と思っている人がたまにいますが、マネージメントという作業を担当する人、に過ぎませんからね。実際に作業をしてくれる人がいなかったらマネージャーなんかお飾り以下だし。

spw(Scope Of Work=作業範囲)の一覧表を作って施工会社とケアマネに送りました。

久しぶりにプロマネっぽいことして楽しかったかもp(笑)

 

28

インシデント

こんにちは

数日まえに我が家でちょっとインシデントがありました。
たぶん、同じような境遇のご家庭なら「あるある」なんだと思いますが、メンタルの頓服と寝る間にハルシオンで一気に寝ることにしています。

それに加えてAmazonで買ったキットの組み立てに失敗。
ごめんよ、完成できなくて。
でも、いつかきっと動かせてあげるよ。

とりあえず、同じものを2セット追加で買いました。
最悪部品取りに。
いや、やっぱり完成して動作させてやらないと。 

 

過去の記事を探す
記事検索
navcomってどんな人?

navcom

航空管制システムの通信系が専門の自称エンジニア。
躁うつ病(双極性障がいII型)。
戦地で患った喘息にも悩まされています。

精神疾患だけでなく、多岐にわたる記事を書いていこうと思います。

第二級アマチュア無線技士。

最近のご訪問者数

    累計ご訪問者数
    • 累計:

    毎日ありがとうございます。

    twitterもやってます
    あし@参加中
    • ライブドアブログ