六時起床、雨。 お腹痛くて夜中に一度覚醒。もったいない。

昨日は自室でアルコールを摂取(黒霧島ロック、琉刻ソーダ割り、バラタイン12年ソーダ割り)そのまえに「萌え」な小西真奈美たんの「ぐびなま」と350ml。

「琉刻」は、45度もある泡盛で知人からおみやげに頂いたのですが、度数以上に攻撃的な味がして、ストレート、ロックはもちろん水割りでもしっくり来なかったのですが、ソーダ割りだと比較的呑みやすいことを発見。まぁ、サワーみたいなモノですね。

安心しているせいか、店にいるときより自宅の方が酔いが早いです。なにせすぐ右にあるベッドの横たわればいいんですから。

夜中にお腹が痛くなって起きてしまったのは、飲み過ぎか?

昨日も眠かったのですが、今日(日曜日)が東京マラソンで都内は大混乱するだろうし、天気もあまり良くなさそうだったのでアキバと目黒に買い物に行きました。

天気は朝のウチに雨はあがるらしいですが、東京マラソンの規制はどうなるんだろう?銀座なんか壊滅的被害(?)なんだろうな。

フルマラソンはもちろん、ハーフでも10kmでも完走できる方は心より尊敬します。

なんだっけ、そうそうアキバと目黒。

アキバは、アマチュア無線の申請書類と3.5インチのハードディスクのケースが目的。
どちらも近所で揃いそうですが、リハビリをかねて外出しました。

申請書類は一軒目の無線機屋さんで購入。525円なり。ちなみに同じ書式をダウンロード出来るのですが、申請方法がよく分からず購入。

無線の世界には、2種類の免許があります。人に対して「○○までの無線機を操作してよいよ」という無線従事者免許、まぁ運転免許みたいなものですね、と無線局に対しておりる無線局免許状というもの、たとえれば車検みたいなものかな?があります。

無線の世界が運転免許とすこし違うのは、無線従事者免許(人におりるほうね)は、有効期限がないんです。だから中学生とかに取ったときの写真がそのまま一生ついて回ります。

次に無線局免許状は、アマチュア無線の場合、5年で切れます。車検と違ってずっと5年周期です。 アマチュア無線連盟なる団体があって、そこの会員になっていると親切に「もうすぐ免許がきれまっせ」とはがきを送ってくれます。切れることは分かっていたのですが、6月なので油断していました。よく考えたら1ヶ月前までに申請しなければならないし、書類不備なんかで返却されたらあまり時間がありません(総務省に直接申請するのでチェックが厳しい)。 と、いうことで書類を買ってきました。

つぎにハードディスクのケース。古いパソコンの中にコピーし忘れたデータがあって、その中に無線の免許申請に必要な書類もあることが判明。もういちどキーボードやらつないで立ち上げるのも面倒なので、ハードディスクだけはずしてデータを吸い上げようという魂胆。 ところが3.5インチの空のケースがなかなか売ってません。みんなハードディスク付きの商品ばかり。ちょっと帰宅を焦っていたのでラオックスの「ザ・コン館」でIDE(ハードディスク側の規格)とUSB(パソコン側の規格)を変換する強引なアダプタがあったので、それを買ってきました。将来的には外したハードディスクはNASかなんかで使いたいなぁ。

往きは急いでいたので東横線→日比谷線という早くて楽だけど、お金がかかるコースで行きました。帰りはちょ急ぎ、でも座って帰りたいと思い山手線で目黒か渋谷にでることにしました。山手線はいつもどおりちゃんと座れたのですが、目黒で余計な買い物に気づき下車。

Dear Bearというテディベアの店があるんですが、そこに寄ることに。前にも書いたかもしれませんが、テディベアというかクマのぬいぐるみというかを集めています。

何万円もする本当のテディベアは持っていないんですけどね。

その店では、いつもクマに着せる洋服を買っています。人間様の洋服と一緒で冬物一斉セールになっていたので、半額でセーターを1枚購入。ついでにシュタイフ社(高級テディベアで有名な会社)の小さなベアを見つけて購入。唯一洋服をきているので選んだのですが、実は洋服は別売り。「やっぱ良いです」とも言えず買ってきました。

また、クマが増えた・・・。

目黒から目黒線、武蔵小杉で東横線に乗り換えて帰ってきました。

ポツポツと雨が降り始めた五時少しまえ。 五時からTOKYO FM(JFN系)の番組を聞きたかったのであわてて帰ってきました。その割りには目黒でクマ屋さんなんか寄ってるけど(笑) でも、結果オーライで五時三分前に帰ってきました。

今日は、ハードディスクのデータの救出かな?

閑話休題
「3桁」に届くかと思ったアクセス数、また50を割っちゃいました。これでもウチのblogにしては多いんですけどね。

人気blogランキングへ

■ ケータイからも同じURLか右下のQRコードからどうぞ! ■