ミニ缶

さりげなく強くなる・・・ さりげなく美しくなる・・・

カテゴリ: ♪ぽんしゅ

DSCF6175畑違いの事務仕事を二ヶ月以上の時間と手間をかけ、正式な書類を作り上げ、本日投函。結果は半年先。

このところぽんしゅもろくに呑まずというか 呑む気がしないくらい疲れていましたが、
本日 勝駒生酒が届きました。。。

一年で一番楽しみにしている生酒。林はいつもだったら五百万石の生なんだけど 今年は山田錦の生を買ってみました。

DSCF6176実を言うと 一カ月半前に 勝駒しぼりたても買っているのですが 心労からか まだ半分以上残ってます、、、

大きな仕事が片付いたことだし、ここらで少し ほっと一息
好きな日本酒の味を忘れかかってるような気がするので
週末 のんびり呑めたらと思います。。。

勝駒純米生、今年もきっと 期待を裏切らない 安定したスタンダードな味だと思います。

今年のきき酒マラソンの一番の収穫は なんといっても15種類ある新潟県上越市のお酒の中で 久しぶりに一目惚れ級のお酒に出会えたこと。

そのお酒、ネットでなかなか売って無くて 結局酒造店さんに直接電話して取り寄せることに。

DSCF6024そして今日届きました!

一升瓶4本注文したのですが 中に酒粕が入っていて感激!!

店主さんの文字の汚さに さらに感激!!(読みたくても読めないところがある、、、)

きき酒マラソンの時、新潟のお酒は結構しっかりとした味が多い中にあって、この越後自慢純米は DSCF6025コクや旨味や甘みは全然無く、さらーっとピュアでドライ どんな料理にでも水のように合う、湖畔に立つ妖精のようなお酒・・・

米は 私の大好きな五百万石に山田錦を掛け合わせた品種
磨き65%で あのスッキリドライ感はすごい。

酸もしっかりあって 生酛作りチックな感じ・・・

瓶詰めも今月で嬉しい!

一升瓶税別2300円と言うお値段の安さで この感激が味わえることが 私が買い求めた理由。

またあの味がいただけるなんて幸せ者・・・

店主さん 電話口で 私の名前ちゃんと伝えたはずなのに なぜか さおりが かおるになってるのが可笑しくて、、、

(中條かおるって ポルノ女優みたい〜  by みわちゃん)

今日は仕事終えて 早く家に帰って一杯やりたいです。。。

DSCF5806昨日は 岡山からサンダーバードと新幹線を3回乗り継ぎ 新潟県上越市で開催された

その名も ″越後謙信きき酒マラソン″に 超気合い入れて参加してきました。

いや 気合い入れたのはマラソンじゃなくて ゴールしてから挑む きき酒の方。

11月2日(金) 最終患者さんを診終わったのが21:00過ぎ・・・ オバサンは後片付けをさっさと済ませ、パソコンに向かい 利き酒用のチックシートを作成・・・・

DSCF5807← MYきき酒チェックシート






去年初参加、21kmのマラソン走った後、着替えもしないで利き酒に挑んだものの、当てないとおえん酒は15銘柄の中から探し当てないといけないことにびっくり、、、

去年は大雨の中2時間以上山坂走り お腹も空っ腹、、、酔いがハンパなく回る、、、
4銘柄まで絞った中に正解はあったけど、外したのよーーーーー、、、

悔しくて悔しくて、、、、

↓ 去年初参戦のブログ:こっちの方が今回のブログより面白いかも
http://blog.livedoor.jp/navi1201/archives/52200880.html

今年は絶対にリベンジじゃ!と策を練っていた。

今年はまず、ゴール後 着替えて 落ち着いてきき酒に挑むこと!

そして きき酒チェックシートなるものを作成して 細かく品質を分析、スーパーどんぶり勘定をデータ化するという作戦。

そして睡眠時間6時間で 11月3日(土) 在来線 新幹線 サンダーバード 新幹線と まぁ しんどい乗り継ぎで5時間以上かけて新潟県上越市に降り立つ。

DSCF5810ダンナナビゲーションの元 新潟の夕日スポットに連れていかれ
美しい夕焼けを堪能・・・
じゃなくて 心は 利き酒を当ててやることしか考えてない・・・



DSC07521 (280x187)さっそく道の駅の売店で 越の誉の造り手さんと ぽんしゅ談議に花が咲く。

新潟には酒蔵が100近くあるけど そのうち1/3は 外部委託したりしているらしい。
酒どころ新潟でも 本当に良い酒を作っていないと淘汰されていく・・・。
あっ この越の誉 純米吟醸は四合瓶一本お買い上げ〜。


DSC07525 (280x187)DSC07522 (280x187)夜はダンナおすすめの100円じゃない回転寿司で 麒麟山をいただく。
店員さんの愛想が全くないことにびっくりしたけど
味はサイコー♪


一夜明けて 決戦の日 11月4日(日)。注:あくまで闘いはゴール後の利き酒

DSC07526 (280x187)見事に晴れました!! 信じられんです、、、 ひそかに大会実行部の中にキョーレツな雨男がいるとかいないとか噂されているこの大会は 過去三回 たたられたような雨に見舞われていたようで、去年初参加した時も 閉会式は暴風雨、、、

今年も絶対に雨が降ると思っていたのに、 見事な秋晴れ! 気温20度で絶好のマラソン日和じゃなくて きき酒日和!

DSC07527 (280x187)DSC07534 (280x187)
一番の目的 走った後の利き酒ブースに後光が射してる・・・・。

(待っておれ・・・ 必ず当ててやる・・・・)


DSC07537 (280x187)大会はカソコレもあって ダンナがたくさん写真撮ってました。






DSC07541 (280x187)DSC07542 (280x187)







DSC07555 (280x187)DSC07546 (280x187)






DSC07558 (280x187)DSC07559 (280x187)ヨガ体操もやってましたが・・・






DSCF5812DSCF5813私は コースを頭に叩き込み
(距離は去年より3km伸びて24km、総登坂量が結構ある、、、半分はトレイル)




DSCF5825エイド地点を手にメモ。

ファンランなので 重いデジカメを腹ポーチに入れて お賽銭も忘れずに。




DSC07564 (280x187)DSC07567 (280x187)AM10:00 ほら貝ボーイズのファンファーレと チャーミングな足軽さんの鼓舞で
和気あいあいとスタート。




DSCF5826DSCF5828去年はスタート後 300m地点に きのこ汁エイドが出現したけど 今年はそのきのこ汁エイドの位置は変えられないので(キノコ屋さんだから)
3km回り道させて エイドに導く感じ・・・。



DSCF5827エイドにヤギがいる〜♪





DSCF5829去年は先頭を走っていたけど 今年はがんばるおやじや 若いお兄ちゃんがいて 全体で5番目くらいを走る・・・

春日神社で まずは参拝。
神主さんにお祓いしていただく。


DSCF5830
この標識 富山の新酒まつりの案内とよく似てて面白い。

大丈夫よ、  人生スベってないから。



あっ 一つ 内緒のエイドスルーしたーーーー、、、何が出たんだろうと思ったけど先を急ぐ、、、

DSCF5814このマラソン 今回3か所も 何が出てくるかわからない 内緒エイドがある(ワクワク💛)




DSCF5831DSCF58328km地点 妙高高原地ビールエイド。

去年もこの着ぐるみ兄弟のおもてなし受けました〜
今年は記念撮影してもらって 口の中で ビール作りました〜(仕込み水とモルトが別々に置いてある)

DSCF5833春日山神社参道前には スタート地点で演奏してくれた ほら貝ボーイズ 略して ホラ坊? とにかく ほら貝拭いてる ゴレンジャーおじさんがお出迎え。

その音色は荘厳。
いざ 春日山城本丸へと駆け上がる! 

おっと! 春日山神社でも参拝!

DSCF5834






DSCF5835DSCF5836
うーーーーんっ! 
うつくしーーーー秋晴れ!
さいこーじゃ! この景観!

先を急いでいた 若いお兄ちゃんが 本丸下り区間で コースロストして 引き換えして来てる・・・

悔しがってたけど この大会 早くゴールはご法度なので(2時間より早く帰って来てはダメ)そんなに急がなくて大丈夫よと慰める。

DSCF5837DSCF58389km地点 みそ漬け大根エイド。 奈良漬より美味しい! カレーと一緒に食べたい。

おねーさんのスマイルおもてなし感がナイスなので パシャリ♪




その後、後ろから来たランナーに遠くから呼び止められて 道を間違ってたことに気づいて プチロスト、、、(去年は間違えんかったのに〜、、、)

13km地点 内緒エイドは感激!

なんと若いおねえちゃんが入れてくれたドリップ珈琲!!
DSCF5839DSCF5840
去年はここで お抹茶とねりきりが出て驚いたけど
今年は メイドカフェ???



DSCF5841DSCF5842手書きメッセージ入り♡

エイドで 美味いコーヒーあったらいいな というか ゴールして呑みたいものは 美味しいブラックコーヒーか 酒なので もうヒデキ感激じゃなくて オバサン感激!
こっから キロ5分切るペースで 3km 爽快なランニングを堪能〜

DSCF5844そして16km地点 地元の秋祭り会場がエイド。

なんと参加者全員から拍手で迎えられる、、、



DSCF5843エイドの品は
つきたてお餅!
これが辛み大根とあんこで 絶妙〜。
去年はここであまり食べなくてハンガーノックになったので
しっかり堪能。

とそこへ地元の新聞記者の方から インタビューを受ける。

よーく考えてみると レース中にインタビュー受けるって 面白すぎると思いません?

で 走ることと日本酒をこよなく愛してるので 岡山からはるばるやってきた。
去年 利き酒を外したので 今年はリベンジに燃えている!

上杉謙信が死んだのが49歳、私も49歳で もうすぐ50歳になるから 上杉謙信越えを狙ってる

とかなんとかいらんことまでバンバンしゃべったところ・・・

翌日の 地元紙にちゃっかり出てました フルネームで。

私の参戦記より 断然コンパクトでビューティフルな新聞記事はコチラ↓

 https://www.joetsutj.com/articles/15003474


記事から抜粋 

岡山県倉敷市の中條さおりさん(49)は「(もちは)コシがあってとってもおいしいですね。ゴール後の日本酒が楽しみ。日本酒は私の生きがいです」

うーん さすが新聞記者さん、あれだけしゃべって ″生きがい″の一言で凝縮、、、 あっぱれ!

DSCF5845で、最後の山越えで 滝不動。

このエイドは甘酒。エイドのおねえさんに 去年1位(詳しくは全体で2位)でゴールした人ですよねと言われ 今年は走りより利き酒リベンジ燃えてることをアピール。

気合いが入りすぎてるのか 疲れが全くない・・・

21km ニクタナBBQエイドに元気に到着!

DSCF5846← 肉エイドって すごいネーミング。





DSCF5848DSCF5847酒には興味あるが肉に興味無いので、去年同様 ここでダンナ用に肉をビニールに入れてもらう。

肉串持って走る!

で ここで外に出て500mほど走って 道を間違えたことに気づく、、、、

引き返してまたBBQガーデンに入り 通り抜けて正規のルートに、、、

もうーーーー このオバサン 走りでは空振りしすぎーーーーー、、、

DSCF5849ゴール付近で 大会実行スタッフのルークじゃなくてオビワンさんをパシャリ!(私 スターウォーズ観たことないんです)

若林豪似のナイスミドルでした(去年は確か 銭形警部の仮装してた)

去年はルパン三世をもじったゼッケンデザイン 大会コンセプトでしたが
今年はスターウォーズを上手くもじっていました。 こういうところがおしゃれじゃわ〜。

DSC07589DSC07591ということで ゴールは 洗濯物干し竿にかかったのれんの横に ダースベーダー氏がお出迎え!!

細部にまで洒落っ気と粋なおもてなし感が満載で 大満足の24km+道に迷った余分1kmでした〜♪

走行データ↓
https://go-wellness.epson.com/neo-run/user/view/shareWorkout.html?shareId=501181027746537200000000000

今回はオートストップ機能をオフにしていたので 実質ゴールタイム 2時間44分。
エイドでたぶんくつろいでいた時間は 正味13分くらいなのではと思う。
普段ランニングマシーンで30分しか走っていない割に 中盤キロ5分切って走れているのが嬉しい。
(ガチランナーならではの称賛ポイント)

しかし ガチなくせして 二度もコースアウトして 1km余分に走っているのがお茶目、、、

総登坂量は650mくらいで かなり低く出た。

25km近く走っても 翌日筋肉痛とか出ないのは 中盤 絶妙なタイミングで かわいいおねーちゃんが入れてくれる珈琲のおかげ。。。
おばちゃんが揉んでくれた つきたて餅のおかげ。。。

なにより ゴール後 すぐに利き酒せずに まずはストレッチをしたおかげ。

・・・・ 御着替えを済ませ

いざ、これからが本番!

DSC07595 (280x187)
「よっしゃーーーー! 行くで〜」

← ダンナ 「顔が怖い、、、」



DSC07597 (280x187)DSC07598 (187x280)まずは 当てなければいけない本星を呑む・・・・

これがビミョーーーにニクいとこついてるのよね〜、、、




DSCF5856本星が 1番から15番までの日本酒のどれと同じか この用紙に記入して投票するシステム。





DSC07599 (187x280)DSC07600 (187x280)
んーーーーー 早速持参のMY利き酒チェックシートに 甘み 旨味 ドライ感 香りなどなど〇を付けていく・・・・

とそこに 東京から来たといういかにもインテリ風のちょい悪オヤジランナーがやってきて

項目に 「色」が入ってないことを突っ込む!

DSC07603 (280x187)おぉーー 「色」 たしかに重要よね、、、 何か項目一つ足りないと思ってたんだけど 色じゃわ!

この本星は かなり色が濃い。 インテリオヤジランナー様も そこを強調する。



DSC07604 (280x187)
で 水を飲み 15番から攻めていくか 1番から攻めていくか悩んで 15番から行くことにする・・・





DSC07605 (280x187)DSC07606 (280x187)
「ん゛ーーーー」





DSC07607 (187x280)
「ん゛ーーーー」





DSC07608 (280x187)DSC07609 (187x280)唸っては 吟味してチェックシートに記入・・・・水を飲む・・・

(これからこの後延々 酔っ払いオバサンの画像が続きます・・・あしからず、、、)



DSC07610 (187x280)DSC07611 (280x187)DSC07612 (280x187)呑む・・・ シートに記入・・・水を飲む・・・

呑む・・・ 匂う・・・ シートに記入・・・




DSC07613 (280x187)DSC07614 (280x187)あらゆるぽんしゅうんちくが 飛び交う 利き酒ワールド!

チェックシートに驚き感心するランナーも。
その横で インテリオヤジランナー様は ちゃちゃ入れてくれる。
楽しすぎる〜!

DSC07617 (187x280)DSC07620 (280x187)「これ ラベルからしておえんわーーー」

好みでない酒は 例え5ミリリットルでも呑みたくないけど これは勝負なので頑張って呑む、、、水を飲む・・・

10番の酒は かなり好みで 磨き65%なのに かなりすっきりとした 湖畔に立つ妖精のようなお酒。この比喩に対面のランナーさんも 楽しんで呑む。

DSC07643 (187x280)DSC07645 (280x187)






DSC07631 (187x280)アテは 会場で売られてたおにぎりとチマキ、、、

哀しいかな炭水化物のトリプル攻撃、、、

しかたない これは闘いなのだ・・・

「ふぅーーー、、、 しんどい、、、」

DSC07627 (187x280)DSC07629 (187x280)DSC07634 (187x280)9種類くらい呑んで かなりしんどくなったけど
まだ本星に出会えてなかった・・・・


しかし残すところあと三つ・・・ 3番を呑んで


DSC07635 (280x187) ピーーーーーーーンと来たーーーーーーーーー!!

これじゃーーーーーー!! これに間違いない!!

東京インテリオヤジ様に 「当たりは3番よね?」と問うと 同意見!!

私 ガッツポーズ!!

というわけで 正解は発表されなくても 300%自信がある!

めっちゃ世界がスッキリした!

DSC07654 (280x187)DSC07656 (280x187)お口直しに 地ビールじゃーーーー!

(ビールはチェイサー)



というわけで ようやく念願のお風呂に連れて行ってもらってさっぱり。

会場に戻り きき酒正解発表がある閉会式には新幹線が迫ってるのでいれないので
正解は3番ですか?と ルークじゃなくてオビワンさんに伺ったところ 後日HPで発表しますとのこと。

勝ったと思ってるので 300%自信がある。

心に濁りなし!
DSC07659足軽さんとツーショット撮ってもらって






DSC07661 (187x280)
気持ちよく 新幹線に乗って その日のうちに岡山に帰った。





DSCF5850DSCF5851我が鍼灸院の玄関には 去年の大会参加者用おみやげおちょこに盛り塩が。。。

今朝 今年の物に変えました。
真ん中の大会オリジナルラベルのぽんしゅは50歳の誕生日の日に開けようと思ってるので ぽんしゅセラーに。

さあ・・・ 一年で一番のイベントが終了したので これからまた仕事 頑張ろうと思います。。。

走って体調整えて 良い仕事をする。
良い仕事をしたら 良い日本酒をいただく。
そんな毎日がこれからも続きますように。。。

きき酒マラソン フォーエバー

お酒の好みが私とすごく合う患者さんから

「最近 おかじまやさんが 日本酒に力入れてるみたいなんですよ。日本酒の冷蔵コーナー増やしてて・・・」なんて話を聞いたので

早速 自分の鍼治療帰りに おかじまや酒店に立ち寄って 真っ先に店の奥のぽんしゅコーナーへ直進!

おぉ・・・確かに売り場面積3倍に拡大してる・・・

で まじまじと物色・・・ ぽんしゅのラベルを見てるだけでも至極の時間なんだけど・・・最近は 横文字で書かれてて ワインっすか?ってラベルが結構あるのよ・・・

DSCF5558で、吟味してこのワインチックなフォルムのお酒をゲット。

山城屋 Dry 〜超辛口〜
越銘醸株式会社(新潟県)

普通のビニールかと思いきや 紫外線を通さないビニールで標準梱包。細かい気配り。

スペックがすごい。 

DSCF5559日本酒度 +10 (いわゆる チョー辛口)

生酛づくり(面倒で手間がかかる昔ながらの酒造法。この酒造会社 全ラインナップが生酛ってすごい! 生酛って 味わい深いのよね ちょっと乳酸菌チックで。)
そして全ラインナップで純米大吟醸(磨き5割)
なのに 値段が安い! 4合瓶で1400円くらい。

おかじまやの店員さんに 「このお酒どうです?」って聞いてみたら
「辛口の中に旨味があり ぬる燗でもイケます」とのコメント。

こりゃ すべてお買い上げじゃ!と 3本全部買い占めました。

でもって 製造年月日がちょい古いのが気になりますが 冷蔵状態良いので大丈夫だろうと
いただいてみました。

これが 近年稀にみる 個性的だけど 嫌みは全くなく 優しく味わいある個性で Dry感は感じない・・・

(あぁ・・・私のボキャブラの無さがもどかしい、、、 日本酒の比喩ほど難しい物はない、、、)

一言 美味いわぁ〜 

感動しました。

良いお酒に久々に出会えました。。。

このお酒の美しいところは 加水してなくてアルコール度14%ってとこ。なのでさわやか。

そして裏張りの文句読んで 唸る。

「未完成のお酒。お料理と共に召し上がっていただくことで完成するお酒です」

こういう さりげなくちゃんと仕事してるお酒が好きで
なおかつ そういうお酒を 料理そっちのけで惚れこんで呑んで 以前はよく酔いつぶれました。

最近は トマトやキュウリの水分をチェイサーに頂いています。

勝駒も美味しいけど ホント 久しぶりにちょっとジャンルが違う美味しいお酒に出会えて 

ありがとう おかじまやさん。。。

DSCF5557Myぽんしゅセラー
知る人ぞ知る役者ぞろい。。。

早速 一本 ぽんしゅの好みが合う患者さんにお裾分け〜。
幸せは独り占めしない〜

DSCF5255この週末は富山へ行ってきました。

富山の銘酒・勝駒を愛飲してかれこれ4年余り・・・ その飽きがこない、決して料理の邪魔しない味もさることながら、売れるからと言って決して量産しようとしない、っていうか 逆に流行るのを拒んでいるかのような 質にこだわる造り手の姿勢が大好きです。

良質な仕事を続けて行こうとすると おのずと仕事量には上限があるということを この勝駒から学びました。

DSCF5256勝駒は 地元の人でもなかなか手に入りにくいお酒です。私も注文するときには本数を制限されています。しかし地元の酒店さんも 決して人気があるからと言って値を上げて売りません。本当にこのお酒が好きな人に呑んでもらいたいとの願いで 購入制限をして正規の値段で販売されています。そして純米酒でありながら 磨き5割という 純米吟醸並みの仕事・・・ このスペックと味わいでこの値段!ということに驚かされます。

淡麗辛口と謳われた数々のお酒を呑み比べてみても、この勝駒の 芯の通った後味の苦みが 
「やっぱり勝駒が一番」と思わせる・・・ 

ぬるさや甘さはまったくありません。本当に心意気が美しく 美味い日本酒です。

私が採算度外視して仕事を頑張れるのも このお酒があるからです。(あー 勝駒のこと語らせたら話が止まらん、、、)

「富山の地酒新酒を愉しむきき酒会〜ほくほく地酒横丁〜」があることを知ったのは10ヶ月くらい前。

今年は絶対にここに行って 勝駒を造ってる人にお会いしてこようと思って計画していました。

そして この一泊二日の旅行計画を常連患者さんに話したところ、意外なことに「一緒に行きたいです」と言う奇特な女性患者さんがいて、結局 私と患者さん そしてダンナの三人で 土曜日の13時 富山駅に到着(サンダーバードもう飽きた〜、、、)

DSC_3315-1DSCF5205すぐに 利き酒会会場へ。
隣の県 新潟は 酒蔵が100近くありますが、富山は18しかありません。
しかし少数精鋭で 杜氏さんも若手ががんばって 良いお酒がたくさんあります。
その富山の全18の酒蔵が集結して 会費2000円で お酒が呑めるこの企画。
中は すごい熱気と酔っ払いだらけ。

私はとにかく いちばん奥のブースの勝駒さんのところへ。
若旦那さんがおられて 挨拶をして 感激でボロボロ涙が出てくる始末、、、

DSC00972 (400x267)DSC00970 (400x267)感無量っ・・・

非公開画像の若旦那さんとのツーショット写真は
私の棺桶に入れてもらう予定。



DSC00987 (400x267)DSC00992 (400x267)他にも 満寿泉、千代鶴、林と 普段 富山の酒店さんから取り寄せて 味は大体わかってる酒蔵の造り手さん方と歓談。
酒米のこととか
一升瓶の栓が硬くて痛いから何とかしてほしいとか
コアな質問を笑いながらして
時間はドンドン過ぎていく・・・

DSCF5218DSC00994 (400x267)会場では
富山のガラスの酒器も お洒落に展示・・・
この酒器の女性作家さんとも おしゃべりで花が咲く。



会場内では 酔っ払い警告文で面白い張り紙がいたるところに。

DSCF5208泥酔禁止





DSCF5207
ほどほどに。




DSCF5206DSCF5215「酩酊注意」に 
「酒は楽しく適量を」

(そのとーり!)


DSCF5210おいしいからって、飲みすぎてませんか?





DSCF5214
迷惑行為禁止




DSCF5209
K点越え禁止 (^o^)





DSCF5219トイレには

籠城禁止 (~_~)



DSCF5213 

一目惚れOK💛




と言うわけで いろいろ細部に芸が細かく 楽しい。

この会場での一番の思い出は、勝駒の若旦那さんにお会いしたことですが、太刀山の75歳の杜氏さんそのものの人柄がすごく面白かった。

もうねー 太刀山、4年前に呑んだ時はすんごく美味しかったのよ!
でも翌年また注文したら へんてこな味で それ以降呑んでなかったんだけど・・・・

DSCF5260今年の「太刀山純米極寒仕込み」、これ会場で呑んでみたら 
すんごーい軽くてさわやかで美味い! いくらでもイケル!
しかもすごい値段の安さ!! 4合瓶で1180円だったと思う。
(4本買って鍼灸院へ宅配便でGO)。すごいコスパ。

しかも醸してる杜氏さんが 頑固一徹おじいさんって感じで 最初 お酒下さいって言うのちょっと遠慮しそうになったんだけど 話してみるとすごくチャーミング!

一緒に行ってる女性患者さんがかわいいから おじいさんもニコニコで 話が弾む弾む。

私 「普段 お酒のアテは何にしてるんですか?」

杜氏さん 「 刺身に 漬物 やっこだな 」

おぉ やっぱそうなるわなぁーーー

DSCF5220で 三人で記念撮影もしてもらって
ここにサイズ小さーくして 載せとこ〜♪

太刀山は ご本人曰く 後期高齢者のおじいさんと息子さんのたった二人で醸してる 多分日本一の小さな酒蔵。
その味は 年によりバラツキがあるのは この杜氏さんにお会いして 納得!
しかし ハズレてもいいから 来年の春から この太刀山を注文しようと思った。
とにかく面白い!

そしてそれとは対照的に、勝駒の若旦那さんは こう言ってました。

「毎年 米の出来も 天候も違うので 味を調えるというかバランスをとるのが大変です」 と・・・。

私は 毎年勝駒を呑んでるけど そんなに年により味の違いを感じません。
だから 時系列を考え さまざまな志向と細やかな気配りで仕事されてるのだなと感じました。

この会場に来て 実際にお酒を造られてる方々とお会いできて本当に良かったです。

日本酒と言う文化・・・ 生き物相手だから難しいし それに天候も左右されるから造り手は大変だと思います。
だからこそ 良い酒 美味い酒に出会い 呑めると 人生の極上の幸せを感じます。

でも これらのお酒を美味しく呑むためには 私自身 健康で 健全で 良い仕事をしないとおえんです。

杜氏さんに負けないくらい 私も こだわるところは徹底してこだわり、手を抜かず、
最良の治療をするためにこれからもずっと走り続けます。

というわけで お堅い話はこのくらいにして、あとは富山のグルメ 名所を巡ったので紹介します。

DSCDSC01005 (267x400)まずは夜 富山では3度目の訪れだと思う・・・ この居酒屋で7年前 勝駒を呑んで衝撃を受けた。

女将は相変わらず美しかった・・・・

しかーし 勝駒が冷えてないのと 白エビのかきあげが たまねぎのかき揚げになってたので
おえんっス。

DSCF5221翌朝は 富山市内 松川沿いを 劔立山連峰をながめながらジョギング。気持ちよかった。

昼過ぎの新幹線に乗るまでの4時間を ダンナが案内してくれる。

まずは女性患者さんが行きたいと言っていた 高岡市にある由緒ある射水神社へ。

ここ 私3年前に近くを通ってるんだけど 神社があるとは知らなかった、、、
DSCF5224
うっわっ、、、 ここの樽酒 てんこ盛りの勝駒じゃわ、、、、





DSCF5225
境内では婚礼も行われていた。




DSC01029 (400x267)DSCF5229そしてここから勝駒の酒造場も近いというダンナのリサーチで 
来ました! ここで勝駒造られてます!!

ちょーーーー感激。


そして北上し 雨晴海岸へ。

DSCF5231ここは日本海から 劔立山連峰を見渡せる すごい名勝。

← この画像では 白飛びして山並みがはっきり見えませんが
朝から 雲一つかからず・・・ こんな絶景見れるとは思わなかった。


DSC01044 (400x267)映画 「人生の約束」の舞台 射水市新湊。
ここは住民の生活の為に 
たくさんの面白い橋がかかっていた。




DSC01052 (400x267)DSC01050 (400x267)海王丸敷地内にある きっときと市場
(きときととは 富山の方言で 活き活き)

富山湾で獲れた新鮮なホタルイカ他 特産物が売られてる。



DSC01054 (400x267)新鮮なホタルイカのお刺身をいただく。

ここで出された刺身醤油が ホタルイカ以上に感動!!

魚の甘みを引き立ててくれる ろくでもなく美味い醤油!!
こういう醤油を求めていた!!

DSCF5242聞くところによると 新湊の名物醤油らしい。

これ お取り寄せグルメに決定!



DSCF5244DSCF5239生のしらえびのとカニがのった 紅白丼を食べて
なんかすごく 雄大な景色を堪能して 
あっという間の一泊二日富山の旅が終わりました。


二日間 北アルプスに 雲一つかからず、終始お天気に恵まれて
一緒に行った女性患者さんがいないと こうはいかなかったと思います。
感謝です。

大体 私とダンナが二人で旅行に出かけようとすると 台風や暴風雨なんよね、、、、

この総社に鍼灸院を構えて一番良かったと思ったのが 吉備路マラソンの駐車場に困らないってことだったんだけど

吉備路マラソンを走る気持ちがすっかりなくなり、今年は 雑誌『PEN』に紹介されてた ぽんしゅを求めて 地酒屋へ行ってました。

DSCN1370ゲットしたのは 風の森 アルファー1の4合瓶。

値段は1250円で かなり安い。

フォルムも ワインチックな感じで 日本酒っぽくない。

グラスに注ぐと トクトクと ワインを注ぐときに立つ音が聴こえる・・・・
DSCN1369
一口 口に含むと シュワ〜っと

  「これ コカ・コーラじゃ!」

最初は甘めの口当たりで 最後の喉越しは ドライ、 面白いっ! こんなぽんしゅもありなのね。

でも 私は スタンダードなぽんしゅが好きなので 余計 富山の 日ごろ呑んでる勝駒や黒部峡 そして鳥取や島根のお酒の質の高さと良さを感じました。

というわけで 今朝は いたるところに 吉備路マラソン後の縦旗や道路標識があり、兵どもが夢の跡を感じながら出勤。
DSCN1371
鍼灸院の駐車場を遠慮なく使ってねと伝えていたランニング仲間から 
ポストにチョコが入ってました。。。

こういう気遣いがすんごく嬉しい。。。

さぁ 今週も 仕事がんばるぞー。充電はバッチリ。

DSCN1341昨日 待ちに待った ぽんしゅが届きました。

届けてくれた宅配便業者さんに 「来た来た! 春を呼ぶ酒が♪」と独り言を言いながら受け取りました。



DSCN1343「真の贅沢を知る酒」とはまさに言いえて妙 
勝駒純米の 今だけ限定 生酒 2升と
千代鶴純米生が一升。




DSCN1342
こちらは これら富山の純米淡麗辛口ぽんしゅの素晴らしさが解る常連患者さんの注文分。。。(治療中も いつもぽんしゅ談議に花咲かせてます)




DSCN1348DSCN1349そして 本日 一週間前に走った戦利品のひらめが届きました。

早速 スーパーの鮮魚コーナーにもっていき
さばいてもらって(500円で良心的)


DSCN1351
こんなに綺麗になりました。。。

この半分を 日頃お酒など頂いている常連患者さんにお届けして、

今から 家に持って帰って 勝駒と共に 待ちに待った晩酌です♪

DSCN1352休日はしっかり休んで 充電して 
明日からの一週間も仕事 がんばるぞ。

春はもうすぐ。

わが鍼灸院には 不定期ですが 月に一度 富山の酒店さんから ぽんしゅが届きます。

それを鍼灸院の治療部屋の 床下格納庫 名付けて ワインセラーならぬ ぽんしゅセラーに格納〜!

休日たまに友人が来ればそれをふるまい、

普段は 仕事が終わると ぽんしゅセラーから 一升瓶を取り出し 車に積んで家に帰り

まっさきに風呂に入り、アテを作り お待ちかねの晩酌が始まります。。。

この時期 ぽんしゅはしぼりたてや 生酒がどんどん出てくる

一年で一番美味しい ウキウキわくわくする季節・・・

一人晩酌が更に極楽タイムになってます。

富山の名酒 かちこまの しぼりたて、 これもうたまらん切れ味! するどく軽い! 
DSCN1321
一升瓶2本も呑んだ私は いつ死んでも後悔ないくらい幸せもんです。。。

そしてかちこましぼりたてを今では上まる旨さの 林ラベル 五百万石しぼりたて。

これ 軽さの中に 絶妙の酸味があり ドライなんだけど華やかな酒、 最高です!

これも3本注文して 一本 さーちゃんにあげて 残りあと一本!

DSCN1273DSCN1274そして一か月前に とある地酒屋さんに行くと 全国の新酒の試飲会をやってて 20種類以上の新酒の中から

この 島根の「七冠馬しぼりしな」が気に入り2本 お買い上げ!

五味のバランスが絶妙〜! 酒米は絶対五百万石とこだわってたのに
この七冠馬呑んで旨いと思い 見たら 雄町米でびっくりしたのよね。

とにかく 落ち着いてるけど 美味しい酒だなぁと 富山以外のお酒で感動しました。

しかもラベルが かわいい! 七冠馬  イコール シンボリルドルフと関係あるみたい。

ラベルの色と ガラスの色のバランスも好き。。。

DSCN1320ということで 今日までの一か月間の空き瓶を

自宅の玄関に 並べたところ、、、

こーんなに呑んでました。 
いや これ以上に 七冠馬は もう一本ほぼ吞んでるんだけど 残り2合を友人にあげたので これプラス1本が 私の一か月の飲酒量。

ぽんしゅ一升瓶6本に 焼酎2本の 合計8本! 私の身体は まぎれもなくぽんしゅで形成されとります、、、。

ちなみに右の2本は 焼酎(瀞とろ)で これ呑むときは 基本 休肝日的度合いで吞んでます、、、

何度も言いますが 焼酎は 呑んでても 身につかなくて わびしくなるのよね、、、酔えんし、、、

DSCN1322ということで これらの空き瓶を 休日は 車に積んで P箱に入れて 酒屋へGo〜!

また富山の酒店さんに 一升瓶5本注文したので 
来週あたり P箱に入って 届きます。。。

次はいよいよ勝駒純米生! これを呑むために生きているといっても過言でない!

さて 明日は2か月ぶりのトレラン大会ですが そんなことはお構いなしに、
さくっと日課の5kmジョグして 今夜もぽんしゅ呑んで 寝ます。。。


P1020923ぽんしゅバラエティセット 到着しました。。。

一升瓶をずらりと並べて記念撮影。 郵便配達のオジサン このセットをもう1セット届けてくれましたが、「ここは鍼灸院のはずなのに・・・」と 思っているはず。(もう1セットは患者さんの注文分です)

すべて富山の美味しい水と キンキンに冷えた風土で真面目に造った美味しいお酒ばかり。

今回は勝駒の火入れをわざとチョイス。

というわけで 飲んでばかりではなく 仕事前は貴重な練習時間。

今朝も裏山を走っていました。

トレイルの途中から 農家の畑につながるところがあり 昨日も挨拶しましたが 今日も「お邪魔しまーす」と挨拶したら

畑のオジサン 「よかったら売り物にならんもんじゃけど みかんいるか?」と言ってくれて
断るわけにもいかず 一個かなと思い 

「はい ありがとうございます」と答えると

レジ袋に入ってた八朔6個全部 袋ごと下さいました、、、

そして 「この辺走りょ〜たら イノシシに会うじゃろ?」と言うので

「いえいえ この辺では会ったことありません。 掘り返した跡はありますが・・・ あっ でも鬼ノ城では3匹の親子に会いました」

と言うと

オジサン 「山走るんなら こ〜ゆ〜モンは持って走っとる方がええ・・・」と マジで心配して勧めてくれた オジサンの手に持っていたものは

ノコギリでした、、、、

そんなもん持って トレイル走る人 いませんですよ〜(~_~メ) 
私的に それは 仮装ランナーに値しますよ〜、、、

と言うことで とにかく一般ピープルと 山を走る人の常識の違いを まざまざと感じた今日の練習でした、、、

P1020928言うまでもなく おじさんの所を去ってからの帰路は 練習になりませんでした(T_T)


こんなに沢山の八朔持って バランスのいい走りなんて出来ましぇん、、、

(丁重に断ればよかった、、、 でもありがたい話です。。。)

私と同じ純米辛口好きの患者さんが 我が鍼灸院にはいらっしゃいます

治療前後の会話は ほぼぽんしゅネタ

先月も富山の勝駒他 一緒に共同購入しました。

そして時 同じくして 「美味しいのであっという間になくなっちゃった、、、」と二人で話し、
また 次の注文について 話が盛り上がったりなんかして。。。

今日は次回注文を何にするか電話で話していたところ 30分後・・・

鍼灸院のインターホンが鳴り
P1020915P1020916
一升瓶を抱えて 「これ飲んでください」と サプライズで届けてくださいました
この患者さん家族 おススメの デイリーぽんしゅだそうで、自宅にストックが沢山あるそうです。

私が次の勝駒が来るまで 飲むお酒が無いと つぶやいていたのを聞いて、で〜んと 一升瓶プレゼントしてくださいました(^o^)
私としては どうして高知で美味しいお酒ができるのか不思議ですか この″南″ 純米吟醸 磨き5割だわ!

この患者さんのぽんしゅ選びの指標が実に私とよく合います。

・純米辛口(醸造アルコール入ってない)
・日本酒度数をチェック(プラスが高い方がいい)
・一升瓶で2500円前後で美味しいお酒

この三つです。その三つをクリアしたのが南のようです。

嬉しい限りで、早く飲みたくて仕方ないのですが さすが辛口好きの患者さん

「禁酒がんばって下さいね(^v^)」

う゛〜〜〜、、、 ぐるじぃ〜〜〜、、、、

とりあえず地下格納庫にしたためました。。。

先々週 「私 週に二日は禁酒するわ!」とこの患者さんに約束したのに 週1日しか約束を守れず、、、 その週一も 実に苦しい状況ではありますが・・・

とにかく ありがとうございます(ToT)/

週末 鍼灸院のインターホンが ピンポーンと鳴る・・・

「来た来たーーーー(>_<)」

宅配便業者さんが 玄関に この重い箱を置いてくれる

P1020876私 「うわーーーーっ このプラスチックケースで来たんかい〜〜(^v^) すげーーーーー」

宅配業者さん 「どなたが飲むんですか?」

「私と患者さん (^v^) この酒凄いんですよ。地元でも買えないし呑めないくらい・・・なのに この鍼灸院に3本も来ちゃったよ(ToT)  見れただけでもすごいですよ・・・ 幻の酒って言われてるくらいなんよ」

なーんて言いながら

この酒樽のプラスチックケース 調べたら P箱(ピー箱)って 業界用語で言われてるみたい。

ピー箱嬉しいわ〜 家宝にしよっ。お立ち台にも使える

P1020878そしてこの荘厳な景色に 口角が緩みまくり・・・

半分は患者さんの注文分です。

半月前に厚かましいお願いだと知りながら ダメ元で 勝駒純米生酒一升瓶4本をお願いしてみたところ 3本なら大丈夫との富山県の酒屋さんからのお返事をいただき 昨日届いた次第です。。。

はぁ・・・ 今年も勝駒を拝めるだけでも幸せなのに 
この一番日本酒が美味しい時期に 生酒をいただけるとは・・・

私は ちょーーーーー幸せもんじゃと思います。。。

しかも全く正規の値段で手に入るんです。(一升瓶2800円の外税)

黒部峡黒ラベルも 私の大好きな水のささやきを作ってる酒蔵。富山のぽんしゅは かなりレベル高いお酒を作っているところが多いです。

このお酒を送ってくださる 富山の酒店さんも 去年お会いしましたし、年に4回ほどメールでやり取りしてますが 本当に富山のぽんしゅに誇りを持って 自信のある酒を勧めてくださいます。

毎日楽しみに 仕事が終わったら 飲もうと思います。

はぁ・・・(至極のため息) 今日から本当の純米辛口ワールド!

あっ ちなみに一週間前に買った 雪のぼーしゃ純米吟醸新酒生酒一升瓶はあと残り1合くらい。
飲酒量は 一週間に一升瓶一本ペースかな。

そして本日参加を予定していた矢掛マラソンは 体調がイマイチ風邪っぽかったのでやめておきました。先週金曜日に少し体調がおかしくなり、昨日は一日完全休養して良くなっているものの 明日からの仕事を考えたら 怪しい橋は渡らず正解だなと思います。

つい3年くらい前の私だったら このくらいの体調なら 走っていたと思いますが、今の私は違います。

P1020880P1020887これもひとえに 仕事というか鍼灸の勉強・日々の臨床がかなり面白いことと、患者さんの予約状況を見ると やらねばならぬことが沢山あるため。

ホント 走ることばかりに重きを置いていた時の私は卒業しました。 

今夜はキュートな女性患者さんと二人で 勝駒 開栓して 新鮮な野菜をつまみに 明日からの仕事がんばろうと思います。。。

昨日は 軍曹とちょこっとジョグして あとは鍼灸院に引きこもってHPのリニューアルを試みました、、、

さらに軍曹の頭から湯気が出て 最後はフリーズしていたような、、、

なんとか私の理想のHP形態が出来たので これからは症例報告ページを投稿したいと思います。

昨日は軍曹としばしお酒を飲んだんですが・・・・ たまたま買い物に行っていいお酒がなく 妥協して
P1020854
←こんなお酒を買ったんですが

一口飲んで

私 「マズっ、、、、 なにこれ、、、」 例えるなら 関西のおばちゃんみたいな味 ・・・ コテコテの日本酒で 呑めたもんじゃない、、、

軍曹 「う゛ーーーーん、、、 ダメだな これ、、、」

私 「どうしよ・・・ この酒・・・・」

軍曹 「料理酒にでもすれば・・・」

激辛とか 辛口とか言う前に とにかく不味い 、、、味に品がない、、、

というわけで めっちゃくちゃ 腹立って 今日はリベンジで このお酒買った酒店の 姉妹店というか本店に突撃してきました。

すると・・・ にゃんと・・・ 

P1020852こ〜んな すごいお酒が 冷蔵コーナーに 4本も鎮座してるじゃーーーありませんかーーーー(>_<)

雪のぼーしゃ 純米吟醸 新酒 生酒 限定品 一升瓶 2800円 税別の正規価格で!!



P1020853
もうねーーー この値段で 精米歩合55%は ちょーーーー ぐっジョブよーーーー!!

味は 山廃は+3でも 甘い感じがしますが
こちらは+5
淡麗辛口で 飲み口はちょっち甘いですが 喉越しは しっかり辛口!

もう じゅーーーぶんしあわせです!!

うーーーーん・・・ 昨日の マズい酒の後だから 美味しいのなんのって。。。

軍曹曰く 「まずい酒を飲むと 美味しいお酒の価値が良くわかる」と言いますが
とりあえず 岡山県民でありながら岡山のお酒は 手を出さないでおこうと思います、、、

ちょーーーーがっかりするのよ、、、

・・・・ そして 今日はバレンタインですが 
P1020844患者さんからチョコレートいただきました。。。






P1020848それから 私が菜食だということで 

お豆腐とおからも アリオの豆腐専門店で買ってきてくださった患者さんも。。。




P1020846極めつけは 治療の後半 首の鍼をじっくり 浅めに細い鍼で入れていたら
かなり 首が一回りすっきり細くなった患者さんから

仕事で使う付箋をたくさんいただきました。 玉置浩二のCDもよかったら聴いてねということで 封筒に入れて。。。

こういう差し入れ 本当に嬉しいです。。。

患者さんからの頂き物画像が溜まりに溜まったので記録。。。

P10207782週間くらい前でしたか・・・

連続していろんな患者さんから大根いただきました、、、

ありがたいですが、我が家だけではとてもじゃないけど食べきれず、、、他の患者さんに 「大根いりません?」と尋ねたところ 5名の方に連続断られました、、、「うちも大根たくさんあるんです、、、」

今年は大根 豊作ですな。。。
P1020779
キャベツや白菜も差し入れいただきました。。。





P1020771
自家製梅干しもいただきました。。。。

野菜関係が続いたところ・・・・



P1020782なんと 高山旅行のお土産で ぽんしゅをいただきました!

患者さん「先生 これ呑んでください!」

私 「えーーーー! 蓬莱じゃありませんか!? 岐阜行かれたんですか?? 高そーーーーー この箱(>_<)  すごい 恐れ多いですよ このお酒、、、 いいんですかホントにいただいて?」

ということで つつみ紙を開け 高級な化粧箱を 開けたところ  

a1b2f9deこんな紙が出てきて 更に・・・・






P1020783瓶の裏を見ると 精米歩合35%

65%も 米けずっとんかーーーーーーーー、、、
こんな高級品 私にはもったいないわーーーー、、、

患者さんに 「ホンマ このお酒 高いですよ、、、 ありがとうございます、、、、 ちなみに奥さんにはお土産何を買われたんですか?」

患者さん 「漬け物」

・・・・・ う゛ーーーーーーん、、、、それってアリ?

その数日後 奥様の治療の折 「旦那さんからすごい高級なお酒いただいたんですよ ありがとうございます」と言うと

奥様「うれしいんよ 体調良くなってるから(^^)」と言っていただき 感謝感謝です。。。

私ひとりで開けたら バチが当たりそうなので いつがXデーになるのか・・・。しばらく地下貯蔵庫に温存しておきます

変わりモノ頂き物が続きます・・・

P1020809『改訂版岡山の山百選』頂きました!!

私が山を走るのを知ってる患者さんが 家に2冊新品があるので 是非にと。。。

これは嬉しかったですねーーー。 私この本10年くらい前に 最初に創刊されたときのものを持っていますが 今ではダンナの手元に渡り その姿見てません、、、
待合スペースに置いていますので 興味ある方は是非見てください。。。
私にも患者さんにも役に立つ頂き物です。ありがとうございました。。。。

P1020808そのほか 鳥取にカニを食べに行った患者さんから大風呂敷をいただき、






P1020810別の患者さんからは 干し柿をいただきました。

私はカチコチの干し柿が好きなので これは白い粉吹いてて
ホント美味しかったっ!!

ありがとうございます。。。
なかなか自分好みの干し柿は無いものですが これはパーフェクトの干し柿でした。。。

ついに ぽんしゅカテゴリー作りました、、、

P1020755P1020747患者さんから 新年のご挨拶で 満月と共に この雪の茅舎(ゆきのボーシャ)純米吟醸を頂きました(>_<)

年末 おすすめの日本酒は何と聞かれて いろいろお話していたんですが まさかこのお年賀の為とは!? 嬉しいです。。。

さて この雪の茅舎、 去年夏に くらっぴぃと 居食屋hisaで出会って感動したぽんしゅ。 

獺祭よりも この雪の茅舎が次に来ると 業界では言われているそうですが 値が吊り上がって 手に入りにくい獺祭と違ってこのぼーしゃは 正規の値段でまだ手に入ります・・・

が・・・

やはり手に入りにくい、、、

年末 たまたま鍼灸院近くの酒屋で ぼーしゃの山廃純米1.8Ⅼが2300円の外税でゲットできた時は もう嬉しくって すぐさまくらっぴぃにメールしたくらい(^v^)

グイグイ飲んで 美味かったーーー、、、

それからまた手に入りにくい日々が続き 注文かけていたけど 結局手に入れたのはその二週間後・・・

P1020739
その時も丁度入荷した直後で すぐさま 

山廃純米 1.8L 2300円外税(左)と
純米吟醸 1.8L 3000円外税(右)をゲット

P1020740そして飲み比べてみると 断然値段が安い山廃純米の方が味わい深い・・・ もう 感動のぽんしゅです。

←純米吟醸の裏ラベル。山廃にはそんな丁寧な説明書きは無い。

山廃になると口当たりに酸味があるんだけど その酸味が絶妙の奥深い味を出していて 純米吟醸の洗練されて誰でもうなづく爽やかな味とはまた違って いいんですよ これが・・・

断然二本あって選ぶなら 山廃純米です。

うーん 久々語りました 日本酒について。。。

この先 火が点いて さらに手に入りにくくなりそうな この雪の茅舎。

でも そこは卸業者を絞って 値段は正規の値段で取引してもらうようにしてほしいと願うばかりです。

某ホームセンターの酒コーナーで 獺祭が1万円で売られているのを見るとなぜか哀しくなります、私は。

勝駒はそういうことが無いのがすごいんです。

先週の土曜日は くらっぴいと飲みに久しぶりに倉敷に出かけました

倉敷の駅近くで飲むのも ちょーーー久しぶりなんですが タメの女同士で飲むのは ホント久しぶりというか 新鮮。。。普段男性が混じっての飲みがほとんどですが わざわざ女二人で 飲むのはかなり貴重な体験。

飲むお店は 私が昔から知ってる おいしーーーーい和食が食べれるお店にしたんですが くらっぴいもぱっちり承知で サクッと決まりました(寿 hisa)。

で 美女二人でカウンター席の端っこに座り 飲み始めます・・・・

くらっぴい まずは 生。。。

私 日本酒飲みたいのぐっと我慢して まずは 佐藤の水割り・・・・ 飲みやすいけど美味しくない・・・・
やっぱ焼酎はおえん、、、なんかふくよかじゃない・・・ 枯れていく感じがする・・・・

で 日本酒のラインナップを見ると 雪の茅舎という文字に目が留まり・・・

確か私の ぽんしゅネットワーク情報によると 今は 獺祭(だっさい)じゃなくて 東北のほうのお酒で 雪のなんとかっていうのがキテるのを思い出し

「くらっぴい これじゃ たぶん 美味しいぽんしゅは!」

ということで 

「ゆきのぼうしゃ(雪の茅舎) 二つ下さい」と注文・・・

・・・ 確かに 美味い!! さわやかで かつ 華やか 女性が好む飲みやすさ・・・ 美味いわぁ・・・・ 二人で唸る・・・

その後  飛露喜 王禄 田酒 と 飲み比べたけど やっぱり 最初に飲んだ 雪の茅舎が抜きんでてる。

ということで 二人で酔っぱらいながら メッ氏に 電話して「今度一緒に飲もう!」と誘ったり(← 酔っ払いから 電話で酒の誘いを受けるメッ氏は さぞやちゅうちょしたに違いない、、、)

軍曹に電話して「飲んでなかったら 美女二人が飲んでるから おいでー」と 遠巻きに送ってくれーと誘ったりして

そりゃー楽しい時間でした。。。。

ちなみに美女二人が この居酒屋でお支払した金額 二人で17000円でした!!!

そんなにたくさん食べ物注文してないので いかに 高級な日本酒を たくさん飲んだかがわかると思います。

最後は 軍曹に迎えに来てもらって 三人 お手々つないで 倉敷の街中を歩いて駐車場まで行きました

本当に楽しい 心置きなくしゃべれるし飲める同性・同年代の友人ができました。

純米酒語れて 走りも語れるって どんなにスペシャルか・・・・

私は 幸せもんだと思います。。。

PS いろんな美味しいといわれる純米酒を飲めば飲むほど 勝駒の良さを改めて感じます。。。

しつこいなぁ〜 私!

このページのトップヘ