ミニ缶

さりげなく強くなる・・・ さりげなく美しくなる・・・

カテゴリ: ■トレイルラン

先週金曜日、17時で仕事を切り上げ、19時半ごろの岡山駅発の新幹線&在来線で滋賀県大津市のビジネスホテルに着いたのが21時近く、、、

ホテルのシーツに付着してる花粉か洗剤か何かに反応してアレルギー反応がひどく くしゃみ連発で ろくに眠れず、、、

翌土曜日・20日、京都駅のバスターミナルに7時過ぎ集合。大会主催者のバスで 京北トレイルラン参加者60名に混じって 一時間以上北上し 京北トレイルの玄関口 細野小学校に到着。

ここはスタート会場だけど まー 昭和の香り漂う小学校体育館で 肋木があるわ トイレはトッポンだわ、しゃがむと前の壁におでこぶつけそうだわで 面白すぎる、、、

ちなみに朝は寒くて気温10度くらい、、、 石油ストーブの前で さみーさみーの連発、、、

この日は20度越えで 暑くなる予報だけど 長袖ロングタイツで行くことに決める。

水は1リットルが必須装備。補給食は 柑橘類をザックに入れた。

ところで体調的にはあまりよろしくなくて、3月頭に痛めた 左小指ラインの骨膜炎から 今度は右の人差し指中指の骨膜炎に変化、、、

身体がまっすぐになろうとしている過程での痛みだから しょうがないんだけど、入賞とか タイムを狙える状況じゃなく あくまで 「一度走ってみたかった京都一周トレイルの京北トレイルを大会という媒体を通じて走る」という目標にスイッチ。

DSCF6258DSCF6259京都一周トレイルは 2年前からマップを買って
週末 セルフ企画で走りに行きたいと思ってるルート。

今回は 大会で京北トレイルを半分走る。

スタートは10:15に女子だけでスタート。(その30分後 男子がスタート)

女子100名 男子約300名の合計400名の参加者。

のんびりだけど 前の方を走り、すぐに気持ちよいフカフカのトレイルの突入〜

トレッキングに来ている高齢者のおばさまがたから拍手をいただき 
気持ちよく森の中を走る・・・

前後は かわいらしい20代30代の女子ばかり・・・ 

(酵素まだたくさん持っとるわ〜) と はじけるような後姿を見つめ

(年取ったわ〜)と感慨深く走る・・・・

20年前 大会を走ってる時 たまーーーーに50歳オーバーのおばさん見ると
(よ〜その年まで走ってるなーーーー)と 感心と言うか ある意味あきれてたけど
今は 逆の立場・・・

人生 動ける身体の時間は少ない・・・

でっ、6kmからの 東俣山・激登りがキョーレツだった、、、

今マップで見ると 200mの掛け軸のような上り坂、、、しかも気温が上がってむせるように暑い、、、

気温差と高低差のエグさで ここでほぼ脚は終わった、、、

しかも30分後にスタートした男性が走りながら抜き去っていく姿に あきれる、、、信じられん、、、

わたしゃ 日々 ジムのランニングマシーンしか走ってないから もうふくらはぎ引き裂かれそう、、、

で ようやくパラグライダー場の絶景眺望スポットに辿り着き、、、雄たけび一発、、、じゃなくて 疲れで ため息一発、、、

今度は激下り、、、 足指が腫れてる分、踏みしめると痛い、、、のんびり下る、、、

その後は桜がまだ満開の田舎の小川沿いを走り、13km地点のエイドスポットへ、

このエイドの充実ぶりがすさまじかった、、、 まるで居酒屋のようなメニュー・・・

普段 順位を気にしてエイドはスルーするのに、今回は しっかり堪能・・・
ビールが欲しかった。。。

残り5kmは脚の痛みと 身体全体の硬直、そして暑さでヘロヘロ走りだったけど

なんとか立ち止まることなく 足を引きずることもなくゴール、、、

18.3km 2時間42分もかかった。 女子8位/101人中。

走行データ↓
https://go-wellness.epson.com/neo-run/user/view/shareWorkout.html?shareId=124091023668380300000000000

コースも大会運営も良く 来年も是非参加したい。

脚の痛みが無くなり、このまま良い調整が出来たら 来年は20分早く走れると思う、というか下りを軽快に走りたい。

(しかし、毎日調整にはげみ 欲をかかなくても、なかなかうまく回らないのが人生の常。)

帰りの京都駅までのJRバスで 隣り合わせた75歳のトレッキングおばあちゃんと 山登りの会話に弾み めっちゃ面白かった。
おばあちゃん スタート後のトレイルで 私たちを応援してくれてたらしい。

新たな出会いや 会話 まだ見たことのない風景に出会い
また新しい風が 私の脳みその隙間を吹き抜けた・・・

また気持ちを更にリフレッシュして
毎日を丁寧に しっかりと周りを把握し、自分の立ち位置を見据えて生きていこうと思う。

DSCF6254ゴール後の会場で売られていた アメリカのビールが 味、サイズ感(475ml)共に サイコーだった!

2缶呑み干し、 帰りの京都駅では 居酒屋で日本酒をグラス3杯。

私の最終目的は 良い仕事 良い走りをした後の 極上のお酒。

大会後24時間経過した今日、身体の筋肉痛はすさまじく、自宅からウォーキングで4km 駅まで歩くのがきつかったけど、このフロッシングバンドで かなり身体が軽くなった!!

4か月前に購入していたニュー治療アイテムだけど こんなに効くとは思わなかった。(かっぱ灸で忙しくて 読み込んでなかった)

DSCF6257この分だと 今日も走れそう。
今後の患者さんへの治療にも役立てようと思う。

人生は実験だ。

12月1日、50歳誕生日の目覚めは最悪だった、、、

この日、摩耶登山マラソンに参加するため7時半の新幹線指定席の切符を予約していたにも関わらず 

目覚めたのが7時半!!

なんと目覚ましをかけ忘れていた!!

大会参加は半分あきらめながらも 急いで身支度を整え、受付&手荷物を山頂まで運んでもらう受付にギリギリ間に合う、、、

今年3回連続の参加。
スタートして一気に600m標高を上げて、途中300m標高を下る・・・ そしてまた300m登って山頂ゴール。距離にして10km。

毎年 受付で預ける手荷物に 美味い日本酒を入れてる💛

良い走りをして 一年を締めくくるレース、 ケガ無くゴールできれば 美味い酒と神戸の街並みと海を見渡せる最高の景色が待っている。

10:20 10kmの女子と 若いおにいちゃんを合わせた最終グループ60名ほどでスタート。(ウェーブスタートで 中年男性は先にスタートしている)

この大会 スタートしてすぐ急こう配の上り坂で これが一番心臓にこたえる、、、

女子3番手くらいで登山道に入り、1人抜いて 女子2位で3kmで600m標高をかせぐ登り区間終了ーーー、、、

38分経過・・・去年より一分早い!(うつくしい!)

そこから下りパート。トレイルでガレ場があり 結構トリッキー、、、いきなりコケる、、、、(無傷)

ケガしちゃおえんので慎重に走ってると ゴンゴン後ろから抜かれる、、、

勢いよく下っていくお兄ちゃんにそのまま引っ張られるように下って行くと 道をプチロスト、、、

リカバーしてたら3位の女性に先に行かれる、、、

そして次々2人の女性に抜かれる、、、

うーん、、、 ランニングマシーンばかりで ろくに外を走ってないから 下りがかなり遅くなってる模様、、、

下りパートがようやく終わり ここからまた緩やかに300m標高差を登ってく・・・

演歌チックに根性走り・・・

ただいま現在女子3位・・・

プチロストしていた時に抜かれた女性は視界に入ってこない・・・

とにかく歩かず 自分的に良いピッチで走って登っていく・・・・

ロードに出て 2km走ればゴール・・・ 毎年ここで足が終わってるんだけど 今年は結構動く!!
ランニングマシーン効果だろう・・・

ラスト500mで 2位の女性が視界に入り 抜けるかな〜と思いながら 差を詰めていき
ラスト150mのところで抜いて ゴール、、、

去年より速いと思ってたがどっこい 遅かった、、、

1時間33分14秒。

走行データ↓
https://go-wellness.epson.com/neo-run/user/view/shareWorkout.html?shareId=302181022430897200000000000

でもデータ見て満足。 月平均130kmの練習量の割に良い走りが出来てると思う。

今年参加した10レース。ケガなく 良い結果が残せて大満足。

DSCF5952ゴール後 着替えて イッシー&さーちゃんからいただいた獺祭、患者さんからいただいたイカのおつまみ、きき酒マラソンのおちょこで 乾杯!

このレースでゴールして呑む酒ほど美味いものはない。。。




DSCF5951
摩耶カレーもとっても美味しい。




DSCF5954表彰式では 倉敷から毎年参加していることを喜んでもらえて
いえいえ 私こそ こんな良い大会無いと思ってるので これからもよろしくお願いします。。。



DSCF5999副賞は 地元の珈琲屋さんの詰め合わせギフト💛





DSCF5972DSCF5975そしてアフターは 神戸どうぶつ王国。

去年も来たけど ホントここは面白い。
哺乳類は理解できるけど
鳥類の考えてることはさっぱりわからん!


DSCF5978DSCF5987





DSCF5998ふしだらなカンガルーは今年は そんなにふしだらじゃありませんでした、、、

なんとなく私の体型に似てるそうです(by ダンナ)


えーーー 余談ですが 帰りの新幹線、自動発券機で 往復特急券を買ってしまい払戻し、、、

岡山駅から在来線に乗ったら 倉敷までノンストップ列車に乗ってしまい 中庄まで引き返し、、、

寝坊して のぞみ指定席に乗れなかっただけでなく ポカしまくり、、、

気を引き締めて 仕事頑張ろうと思います!!

DSCF5647この三連休は 福井県の 一乗谷朝倉氏遺跡で開催された朝倉トレイルランに一泊二日で行ってきました。

実はこの大会 去年もエントリーしてたんだけど、台風が来て参加は自主断念(福井県民は参加できたみたいですが、岡山県民は交通網が遮断されて帰って来れない状態でした)

そして今年こそと リベンジでエントリーしたものの

大会一週間前に台風22号が発生!!

またかーーーー! と半分あきれモードだったんだけど、うまいこと西に行ってくれてヤレヤレ、、、

大会前日岡山から新幹線とサンダーバードを乗り継ぎ福井県に参上。

早々に宿にチェックインして 夕食はお決まりで日本酒を呑む。。。

もうね、大会前に禁酒とか お堅いこと言うのはヤメたよ。
普段どーりが一番!

というわけで翌朝は朝食も摂らずにいつもどーり走ります。

朝倉トレイルランは ロングコース24kmとショートコース12kmがあって、迷わず12kmをチョイス。
もうね 普段 5kmしか走ってない人間が 24kmはダメージでかいわよ。
12kmが丁度いい距離。

マップを見ると総登坂量は500m トレイル率が65%くらいなので 調子良ければ1時間20〜25分で帰って来れるかなと計算。

2か所のエイドを確認して水は150ml持っていくことに。

気温は31度の予報だけど 日差しは無いので 日焼け止めは薄めに顔だけ塗って半袖半ズボン。シューズはイノヴェイトTRAILROC 285。

会場は一乗谷朝倉氏遺跡跡の芝生広場。

ゆるキャラや戦国武将のかっこうしたスタッフが笑いを誘って ほんわかムードでとっても感じ良い。

っていうか大会参加慣れしてくると 大会参加したことなくても この大会良さげな大会ってことが解るのよね。

で この大会は 3年前から出てみたかった大会なのよ。

今日は 気持ちよく 日ごろの溜まってるストレスをぷはーっと発散して走るぞー。

試してみたかったのよ この大会で私の走力を。

6月156km
7月146km
8月126km の月間走行距離。 しかーし、これらすべて ほぼジムのトレッドミル。

20年間走り続けて 練習はトレイルを走るのが私のスタイルだったのが
去年夏 スズメバチに刺されてから 夏場は外を走れないのよ、、、

ひたすら おもしろーもねーランニングマシーンで毎日5km汗かいてきました。
(つまんないから 走りながら上半身クネクネ動かして踊ってる)

これが 大会で通用するか! 大会は自分実験。
もうタイム狙うとか言う歳じゃない。

というわけで

DSCF5650AM9:20 ショートの部 250名のランナーと共にスタート。

のっけから 飛ばす! ランニングマシーンじゃない路面走れるのが嬉しいのよ!

前方に1位2位の女性ランナーを見ながらロードを走り、3位で 春日神社からの登坂トレイルに。
こっから1kmで200m標高を登る。

一人女性を抜き 2位。周りの男性にも離されない、、、

気分ノリノリで 久々の トレイル登坂で 汗をかきまくる!

きもちえーーーーーー! トレイルも私好みの きれいなトレイル! 地面はフカフカ。 杉林、霧がかかっててサイコーのマイナスイオンワールド。

登り切って 今度は下り・・・ 前の男性を4人ほど抜く・・・

下り坂なんて トレッドミルじゃできんから 下りはきっと遅いと思ってたんだけど結構走れるわ!

そして4km地点の第1エイド。

マイカップ(紙コップを押しつぶしたもの)に水を50mlいただく。

スタッフ 「なんかもらって行って〜(笑)」

順位争いしてるランナーしかまだ来てないから みんなあまりエイドを堪能しないのよね。

私も朝食抜いて おきまりのスタート前に柑橘類を口にしただけ。
基本 胃も空身で走る方がパフォーマンスが良い。
1時間半のレースでは食べないのが鉄則。

「ごめんねー 気持ちだけいただいとくわ〜(^o^)」と笑って出発。

最初の山をクリアーして 平地アスファルト 田んぼ道区間・・・

遥か前方に 1位の女性は見えない・・・

うーん 走力が全然違う・・・

このまま全力集中 2位キープでゴールを目指す。

2kmのロードを走り7.5km地点からまた同じ山を今度は東から標高200m登る。

かなりランナーもばらけてて  9km地点 第2エイドに単品で到着。

ここは名物エイドみたいで なんとギョーザがある!

私 ギョーザを横目に 「うまそーーーーー!」と叫ぶ。

しかしユーワクには負けないっ、、、
ここで食ったら 順位格下げよ、すぐに走り出すっ、、、
シリアスランナーはここが辛いっ、、、

またトレイルに突入して コースをたまに確認したり  後ろから来た人に確認したり・・・

前方に左下に下っていくトレイルと 右上に上がっていく分岐が10km地点くらいにあり、
分岐で男性2人が談笑してて 前を走る男性ランナーは3人 左にくだってたのでそのまま左にくだって100mほど走ると 後ろから

「そっちは 道の駅に降りる方で 違うよーーー」とさっき談笑してたおにいちゃんランナーに言われびっくり!

うっそーーー コースロストじゃん、、、

あっ、、、 この間に 3位の女性ランナーが 正規のコース走って先行っとるーーーー、、、

マジーーーー 意地でも追いつく 追い抜くっ!

で、意地で追いつき 追い抜きました、、、(1分半のロス、、、)

うーん あの場所 みんな間違いやすいぞーーーと思いながら

エグい登坂をひぃひぃ言いながら登り とにかくあと2kmでゴール。
全力出し切っちゃると もがく、、、

ラスト1kmで構えていた女性カメラマンに

「女子1位ですよ」と言われ

「うっそ! 違うっ、2位!」

さっき道間違えて道の駅の方に下って行って 舞い戻って来たんだけど もしかして1位の女性も間違えて さまよっているのか???

後ろから来た男性ランナーも 「うん 2位だよ」と言ってくれる。

もうなんだかわけわからんけど 以前 前を行くおかまチックな男性を女性の1位と間違えて 2位でゴールしたと思って1位だったトレラン大会とは 塩梅が違う。
あの1位の女性は 間違いなく女性だ!
道の駅ルートで行くと すげー早いゴールになるのか??
どんだけのランナーが コースロストするのか?

わけわからんけど 私は正しいコースを走ってる!
とにかく全力で最後まで走り抜け 

ゴーーーーーーールーーーーー、、、

ゴールタイムは 有言実行 うつくしい 1時間24分23秒
コースロストしなかったら1時間23分ってとこか・・・上等上等(^o^)

走行データ↓
https://go-wellness.epson.com/neo-run/user/view/shareWorkout.html?shareId=719081029477916200000000000

で、なんと 場内アナウンスで 「女性1位ですー!」と言われる!

DSCF5651私 「 いやいやいやーーー 2位ですよ!! 1位 すげー速い人いたんですよ。でも10km地点くらいで 道間違えて 道の駅の方に行ったんじゃないですかね? 私も間違えたんですよっ、、、」
会場の人みんなに説明する。

というわけで これぞ棚ボタ優勝。あの1位の人 ちゃんと走ってたら楽勝で1時間20分切ってたと思います。

DSCF2というわけで 表彰式
まず男子ショートの部が始まり
1位の人になんと米俵が送られ 口が ぽかーん、、、唖然とする、、、

うっそやろーーー 持てんし 新幹線で持ち帰れんがーーー、、、 半分泣く、、、

で、自分の番、、、

岡山からわざわざ来たことに驚かれ、米俵を持たされる、、、(泣く、、、)

しかーし これはオブジェのようで 1位から3位の入賞者全員仲良く、新米こしひかり10kgの副賞!
1位の人だけ 一瞬米俵とたわむれる券という名の 私にとっては罰ゲームがついているようです(~o~)

当然のことですが、10kgの新米 新幹線と在来線で持ち帰れないので
宅配便で送りました、、、(配送料1585円)

いやー 楽しかったっ。

通用するわ、私の練習法、私の49.8歳の身体。

私は 今回大きなミスをした。
脚の親指と人差し指に挟むシリコン着けずに走ってた、、、
この半年の間 仕事も練習もすべて装着してたのに。
 
でも ギリギリを攻めて調整&レースに挑むと
今回 幻の1位の人みたいになる可能性が トレイルでは十分ありうるので
 
いつもの私のように どこか抜けて 一歩引いて余裕ある気持ちで挑んだほうが
結果良い方に転がるというか 

棚からボタ餅ならぬ 棚から米俵が降って来るような気がする・・・
 
DSCFそんな時は ″世の中″と言う名の 素敵な米俵男子と
上手くワルツ踊ってるような気分になって 爽快!




DSC

(← この顔 爽快じゃない)

兵庫県の宝塚から北に30分ほど行った猪名川町で開かれたトレラン大会
その名も 「いながわ里山猪道トレイルラン」に 今週の日曜日 初参加してきました。

エントリーした時点では 大会開催日が6月3日で 多分梅雨空でそんなに暑くないだろ・・・
距離は5kmコースと 20kmコースがあり 20kmコースは 別名″ワイルドコース″
「面白そうじゃん!」と思って エントリーしたんだけど・・・

大会当日はどーしたことか30度近い晴れの天気になり、 前日からやる気ナッシングモード。

会場に到着して 「暑いので 5kmコースに変更してほしいんですが」と頼む始末(結局却下ですが)

というのも エントリーした後に よーく調べたら このワイルドコースは 20kmで総登坂量1600m近くあることが判明!? 

こりゃ この暑さでそんな過激なことしたら死ぬわ〜と思ったのです。

でも コース変更はダメだったので 覚悟を決めて 水は私にとっては破格の重さ 300ccを腹ポーチに入れて、
スズメバチに刺された時用に ポイズンリムーバと 黒ヴァームの粉一袋を装備(それでも他の人に比べるとかなり軽量)

AM10:00 すでに熱中症警報発令されてるんじゃないかという感じの暑さの中 250人のランナーと共にスタート。

とにかくケガなく 無理せず 次の日にダメージをできるだけ残さないように完走を目指す。

目標タイムは 3時間から3時間半。

のんびり走ってるので 最初の登山道入り口で当然の渋滞・・・

先が長いので 息を上げないように 隊列を乱さないように ひたすら登って ダダっと下って
また登って、、、、 変な脂汗が出るような ちょーーー危ない下り坂をのろのろ下って、、、

第1エイドはスルー(自分のポーチの水を消費するため 第2エイドでもらう予定)

しかし第2エイド(9km地点)までが思った以上に遠いし長い、、、 、、
暑いし スピード感が全くないので 思ったより 距離が稼げない、、、水が尽きる、、、

初めてのコースだし ホント 時間と距離の消費が思った以上に長いことを ここで感じる・・・

ようやく第2エイド到着で 水を2杯 コーラを100cc補給。エイドでこんなにたくさん水を飲んだのは初めて。

ここから最大の難所 400mくらい一気に登る、、、 ここまでですでに700m以上登ってると思うので ホンマきつい、、、

しかし敵は上り坂より 暑さ、、、時刻は正午・・・

何やってんだろうな〜 このオバサン・・・ と 登りながらホントマジで自分がアホだと思った・・・

周りのランナーも すべて男性だけど みんな暑さと激しいアップダウンの路面で 漬物のように干からびてる人ばかり、、、 半死人じゃわ〜、、、

で 大野山山頂がようやく見えたわと思ったら なぜか 山頂付近を左に促され
そっから 奇岩巡りの周遊コースへといざなわれる、、、

ちょっと回るだけかと思ったら これがろくでもなく長い!!

おいおい 暑くて 奇岩巡りなんて どーでもいーーーわ、、、 さっさと下りに行かせてくれーーーー、、、とあきれる、、、

で 20分くらい周遊の旅をして  丁度今登って来たランナーに係員が

「ここからちょっと奇岩巡りです。景色もいいですよ」と言ってるのを聞いて

「ちゃうでーーーーー、全然 長いからっ!! (~_~) 」と叫んで 笑いを取る。

で ようやく大野山山頂到達、最後のエイドで水2杯と 梅干し一つ頂く。
こっから3km トレイルの下り & 2kmロードでゴールと 係員の説明を受ける。

そのトレイルの下りが 私の苦手なシングルトラックのトリッキーな下りの連続で 長い長い、、、

つんのめるつんのめる、、、
久々に膝が痛くなってきた、、、

で ロードに出て 目立つのが 漬物男性ランナー、、、、 ピタッと止まったり 歩いたりしている、、、

それを横目に ペースは落とさずしっかりとした足取りでゴールゲートへ・・・・

すると役員から串に刺したあまごの塩焼きを渡される!?

ここで渡すんか〜!と笑いながら

DSCF5432あまごの塩焼きを握ってゴール、、、

生きて帰った〜 
もうヘロヘロじゃーーーー

久々に脚に来たーーー、、、

DSCF5434ゴールタイムは3時間半をかろうじて切ってた。
年代別入賞あるかも〜と思ってたけど どっこい関西の女性は強い。
全然 前の順位の人見えなかった。

とにかくこけずに できるかぎり日焼せずゴールできて満足しとります。(完全UV仕様で走りました)

毎度恒例 前夜の夕食から食事は摂らず、スタート前に甘夏を半分と黒ヴァームの粉一袋のみ。
競技中は 水は合計1リットルは飲んでる計算。他 梅干し一個と黒ヴァームの粉一袋を途中で補給。
結構 ハイブリッドな身体になっとるわ〜。

DSCF5433参加賞は 米2kgとハンカチ他。
何が嬉しかったかって 地元の小学生の手書きの激励カードが良かった。
こうゆう田舎を盛り上げる大会 良いなぁと思う。

大会運営もすごくアットホームで面白かった。
大会役員が ボランティアさせられてる感じじゃなくて 本当に楽しんで大会を運営しているのが感じられた。
ゴールであまごの塩焼きをふるまうなんてサイコー!
走っていて終始 下界で叩いている太鼓の音が聴こえていた。

もう少し私に走力と 大きなキャパがあれば この大会 とっても楽しめる良い大会だと思う。
しかしとにかくコースが 濃厚にエグい。
多分私が参加した大会の中で 一番エグいんじゃないかと思う。
特に 急斜面がすご過ぎて 変な汗が出るところがあったりして 下りで気持ちよく走れない。

ちなみに大会後 二日経っても太もも両足 前面筋肉痛〜、、、

ワイルドコースという名前に魅かれてエントリーしたけど

一言、  ワイルド過ぎました、、、

走行データ↓
https://go-wellness.epson.com/neo-run/user/view/shareWorkout.html?shareId=406081029534204200000000000

私がトレイルランニング大会に出る基準ポイントは

・トレイル率が高い。(不整地が面白いのよ。ロードは単調で地面も硬くて面白くない)
・日陰が多い。(日焼け 嫌〜、、、)
・家から近い。(車で一時間以内がベスト)
・参加者が少ない。(もうね〜 休日は充電&リラックスで 次の仕事のある意味準備日なのよ・・・なのに参加者が多くてストレスが多い大会は 私的にアウト〜)

というわけで 開催日3週間前でもエントリーできて これらの要素をすべてクリアしてる大会、兵庫県上郡町のピュアランド山の里で開催される トレイルランニング大会に初参加。

高速使って1時間で会場到着するも すんごーく参加者が少ない感じ・・・

と そこへCW-Xのステッカー貼ったワンボックスカーが隣に駐車・・・ 停車後スマホで会話してる声聞いて

(おーーーー T氏じゃん!)と 私から声をかける。

T氏と言えば 岡山の市民アスリートの星 もとい おっさんの星 

知らんかったらもぐりだわさ〜

私 「Tさん 久しぶりです お元気そうですね〜!」

T氏 「 あぁ! 久しぶり 」

「 この大会スタート9時ですよね でも参加者かなり少ないですね 」

「 えっ 10時でしたよ 」 と 参加者はがきを見せてくれる・・・
確かに10時、、、ということはあと2時間以上待機しなくてはならない、、、 ぶっちゃけ ここにくるまでにシューズ忘れて20分ロスしてんのよね、、、

もうね〜 最近 レースはほどほどの気合いの入れよう・・・っていうか 気合入らずに 前日ものんびりお酒呑んで ろくに大会スケジュールもチェックせずに来るから スタート時間間違えるし シューズも忘れて引き返すんよ、、、

で あまりに暇なので 一周回試走に行く・・・ が、これまたコース案内を見間違い、結局4km近く走って終了。

あとから試走に行ったT氏は車でくつろいでいて 「2周目行ったんかと思ってた、、、」とコメント、、、

はぁ〜 気が緩みすぎ・・・

お口直しに T氏と世間話 もとい アスリート話

「お酒は呑みます?」

「ビール ダメなんよ、、日本酒でもワインでもいいんだけど普段はチューハイ それも昔からあるヤツ」

「あぁ あのタカラ缶チューハイのレモンみたいなやつでしょ〜。私も缶チューハイならあれしかダメだわ。レース前でも飲みます?」

「うん毎日。僕が缶チューハイ3缶くらいで嫁が1缶だから 箱買いしてもすぐになくなる(~_~)」

ニヤリ やっぱなぁ・・・

「夜は何時くらいに寝るんです?」

「家に帰るのが10時過ぎで(もちろん仕事の後トレーニングしての時間)そこからごはんで呑んでるけど・・・

酔って寝て2時ごろダイニングテーブルで目が覚めて・・・」


「ははは・・・、朝練は?」

「朝は布団の中でストレッチして30分ローラーして仕事に行く感じ」

「てっきり実走してるのかと思ってた・・・。月何キロくらい走ってます?」

「んーーー 200〜250kmくらいかなぁ・・・」

「ふんふん で トライアスロン大会まじかになると スイム練習?」

「いや 年中スイム練習しとんよ(~_~)、、、 でも速くならん、、、」

「うっそーーー てっきり児島の前だけスイムしとんかと思っとったわーーー」

「いや あと2分早くスイム上がれれば 勝負できると言われてるんだけど〜」

「T氏  筋肉多いから 浮かんじゃろ〜」

「いや 浮いても遅い、、、」

「はは、、、 手も短そうだけど 頭がとにかくデカいからなぁ〜」 (←このオバサンはホントのことをしみじみと口にする・・・)

「 そうなんよ〜〜〜、、、」

こればっかはしょーがないわなぁ〜

というわけで トップレベルのアスリートでもいろんな悩みを抱えながら 
仕事で時間を拘束され〜の 
お会いしたことないけど多分奥さんにいろいろお尻叩かれ〜の 
子育てもしながら 
トレーニング時間の捻出&一日一日をがんばってます。
ちなみにT氏は すでに51歳。
江戸時代ではフツーに寿命でお亡くなりになってる年齢。

なのに 毎日のトレーニングの積み重ねの威力は絶大。

まだまだブイブイ一線 突っ走ってる。

ちなみにT氏 今日のレースでは御歳の半分以下の青年に数秒差で負けて2位だった模様。
しかも2回転倒して ゼッケンに血着いとるし〜、、、

確かにコースはエグかった、、、
スタート前 大会スタッフによるコース説明で 「基本 危険なところばかりですので 怪我に注意して走ってください!」とアドバイス。
トレランシューズが間に合ってよかった。
inov8のトレイルタロン235で走ったけど 久しぶりに地面に吸い付いて走れた感じで面白かった。

私の順位は2位。それより コースが3kmコースの3周回 イコール9キロコースにエントリーして走ったのに
実測 走行距離6.7kmしかなくて びっくり、、、こりゃ来年は倍の周回コース走って丁度良いと思っとります。

周回コース後半の とってつけたようなトリッキーな杉林道より 前半の 早島ふれあいの森公園のようなコースの上り坂の方が しんどかった、、、

本日の走行データ↓
https://go-wellness.epson.com/neo-run/user/view/shareWorkout.html?shareId=025081023365073200000000000

毎度 この大会の副賞は 私の口に合わないので(参加賞から副賞からすべて人にあげてる)、今回はT氏にもらってもらってほっとしとります。
ナチュラル志向のオバサンなので 普段から ろくに機能食品口にしません。今朝も空腹で走りました。

みなさん、毎日を大切に 時間を味わって生きていれば いろんな面白いことや感動することがありますよ。

「バランス リズム ときめき 節度」

私が何百回も読み返しているバイブルに書かれている言葉。

どれも大切ですが 特に歳を重ねてくると ″節度″が重要ポイントになってきます。

お酒を呑みすぎると 翌日絶対体調イマイチです。

お菓子食べ過ぎると・・・

パン食が多いと・・・

冷たい物食べたり飲みすぎると・・・

ぶっちゃけ 日々運動不足だと・・・

思い浮かぶことたくさんありません?

そこを 見返して 反省して 節度持った暮らしを続けて・・・ 

まず人生はその繰り返しだと思います。

悲喜こもごも たくさんあっていい

足りないもの 知りたいものを追い求め続け 

オリジナルのあなた色しか醸し出せない ″年輪″を重ねよう。

DSCF5409


二十四節気では明日から小満

去年 波賀トレイルランに初参加して、運よく一位になったんだけど、道中抜きつ抜かれつしたヒョウ柄ウェアのおねーさんと 今年も会場で会うだろうなーと思って 本日も 同じ大会に参加しましたが

やっぱり来てました!

ということでこちらから挨拶

「おはようございます! 今年もよろしくお願いします」

ヒョウ柄おねーさん 「 あっ あのボーイッシュな方(^o^) 」

というわけで 今年はヒョウ柄おねーさんは バラ柄 というか 花柄おねーさんになってました(どちらにしても 会場で一番目立ってます)

DSCF5355今年も去年と同じ日に開催なんだけど 気温は多分10度近く暑い、、、25度の予想、、、
桜も散ってて 今年は新緑がキレイ。

今回もいつもと同じく 朝は柑橘類だけ食べてほぼ空腹。

トレイルシューズが間に合わないので 今回はアルトラワンの 25.5cmで行くことに。
水は100cc ウエストポーチに。

で 今年はショートとロング別々にスタート。

DSCF5352DSCF5353AM10:00 ロングの部 スタート。

のっけからヒョウ柄 もとい 花柄おねーさん 飛ばす、、、

私は 今回生理周期的に一番しんどい日に当たってるので 自重して 練習感覚で 怪我なくゴールを目指して走る。

最初のエグい激登り区間で おねーさんを抜いて 今年は東山ピークの展望台まで800m余分に対面通行で走るエリアで おねーさんに抜かれて その後は 下り おねーさん はえ〜はえ〜!? グングン見えなくなって
その後私は ほぼ一人旅。

DSCF5358DSCF5359ゴールは去年より距離も伸びてるので当然遅いけど それより暑さと体調のせいでペースは遅く
1時間35分04秒でゴール。


走行データ↓

https://go-wellness.epson.com/neo-run/user/view/shareWorkout.html?shareId=924081020187623200000000000

DSCF5367表彰台では 去年同様 花柄おねーさん指定のイケイケおねーちゃんポーズをとらされ、、、
苦笑いしながら 何度もやりなおしさせられて 往生しましたが、、、

なんかすべてを捨ててる人は見てて ある意味気持ちいい。

そして トレイル走るのは ホント 楽しい。
このコース 距離もちょうどいいし 特に後半部分の気持ちよく流せる下りのダブルトラックは
かなり走ってて爽快!

コース良し!

おねーさんも面白い!

来年もおねーさんと抜きつ抜かれつ勝負を楽しみに参加しようと思ってます。

それにしても 今年はスポーツブラで走れて ホッとしとります、、、

去年の腹巻きブラのブログ↓
http://blog.livedoor.jp/navi1201/archives/52185882.html

DSCF5283毎年四月の第一日曜日あたりは 大野の満開の桜を愛でながら正木山トレイルランに参加していましたが、今年はどうしたことか 練習会という名の大会に格下げになってて、参加費は5000円から1000円に、距離も17kmオンリー、エイドもなしに・・・。
でも時季は満開の桜を外さない設定になっていたので参加してきました。

練習会でも参加者は200名で、スタッフもたくさんいて、フツーのトレラン大会と変わらない。

普段3〜5kmしか走ってないので 距離17km 総登坂量800mのコース 走れるんか?・・・というか 来る今月末の ヒョウ柄決戦に備えて 一発 ドッカーンと長い距離走っとかんとおえんので 前夜は心持ち飲酒を抑える

(日本酒3合呑みたいところを 赤ワイン250ccと缶ビール1本で就寝。花粉症たけなわのこの時季 アルコール呑むと 一気に くしゃみと鼻水が爆発する、、、)

DSCF5285エイドがないのが困ったタヌキで、かといってハイドレの不味い水は飲みたくないので アクエリアスのポーチを2個用意して それぞれに水100ccずつ入れて手に持って走ることに。ウエストポーチには 甘夏を剥いて入れた。

競技時間は2時間以内と見定めての補給量。これがドンピシャリ。

AM9:00 練習会と言えど 去年と大して変わらない大会の雰囲気で ドローンのブンブン音が心なしかオオスズメバチの音を思い出させながらスタート。

女子は前に4人くらい先に行かれるが、 とりあえず長丁場なのでマイペースでちんたら上り坂を走ってると 2、3人抜いて、そこから後は正木山神社までの登りを男性を抜きながら登る、、、

山頂神社で 二礼二拍手一礼、そのまま突き進んでると 女性トップですと言われ (そうなん? こんな走りで)と思いながら 過去走って来たコースとは逆走みたいな感じの 今回のコースを激下りする、、、
すると すでに折り返してきたであろう男性のトップらがやってきて

この激下り あとで登らんとおえんことにショックを受ける、、、 全然 去年まで走ってたショートコースとは違う、、、

長いダブルトラックの下りが終わりちょろっとだけロードを走り オリエンか?と思うようなお手製のシングルトラックのトレイルをよたよた登って しばし甘夏タイム。これが絶妙で その後は 両手を開けておかないと登れない急斜面、、、

チェックポイントでこれまた女性一位と言われて、ゼッケンにマジックで印を書かれる。

私 「キスマークでもいいよ(^o^)」

アホなことでも言わんと やっとられん、、、

で ダダっとシングルトラック下って いよいよ あの激下りを 登り返さにゃおえん、、、

もう半分死にそうだったけど 前を行く男性ランナーは抜いていたので オーライオーライ。

普段の練習量からすると この10kmあたりで体力は終わってるんだけど 私の面白いところは ここからも結構身体が動くのよね、、、不思議じゃ〜

ここからは いつもの大野の桜ルートなので しっかりした意識で下り、
またチェックポイント。今度は 自分でマジックに印書けと マジック渡される。さっきのおっさんランナーには するっと書いてあげてたのに なんで私は自分でマジックの蓋開けて書かんとおえんのじゃ、、、
軍手でマジックの蓋すべって 開かん、、、

「女性なんで、、、」と 大会スタッフのオジサン、、、

いやいや 裸のお胸に印入れるわけじゃないから 男性と同じで スルッといかせてよ、、、

で、最後の気合い入れてトレイルを登り
全部の力を出し切り ゴール、、、

なんとか2時間切った、、、

DSCF5284おまけで女子一位で表彰までしてもらった。参加者は女性は60人くらいいたと思う。わたしゃもう50近いババアなので こんな者が表彰台では絵にならんし 面白くない。若いおねーちゃん! がんばってね。

自分メモで シューズはアルトラのワンの25.0cm。前夜20時に夕食を摂った後は、大会の朝、甘夏一個食べただけで走行。終始胃腸は快調。走り終わっても空腹感なし。


本日の走行データ。

https://go-wellness.epson.com/neo-run/user/view/shareWorkout.html?shareId=104081026814172200000000000

かろうじて キロ7分キープで 年々走力落ちてて ナチュラルに歳を重ねてる。
じゃけど 年々 どっこも足腰痛いところなくて そこんところはうつくしい。
月間走行距離は 先月が120km。これまた年々 月間走行距離が微妙に落ちてる感じ、、、
ちょっとこれから走る量 上げて行かんと この先のヒョウ柄対決が思いやられる、、、
今年は 走ってて男に間違われないように ランスカ ぴらぴらさせて走ろうと思う。

DSCF4816去年の初参加に引き続き とっても気に入ってる大会・摩耶登山マラソンに参加してきました。

コースは標高100mから標高700mまで本格的な登山道を3kmの道のりで登り ちょっと足場がトリッキーなトレイルを300mの標高差下り、そこからまたじわじわ300mの標高差を登ってゴールと言う、私にとっては丁度お腹いっぱいになるトレイルレース。

今回は 7日間の禁酒はできなかったけど 大会まで5日間禁酒して、気合い入れて 今年最後のレースなので調整しました。

DSCF4811受付では 大会スタッフの方から 「わざわざ岡山からようこそ」と声をかけていただき恐縮です。。。(この大会は駐車場もないので ほとんど地元民の大会)

去年より今年は気温が低く、前回の板鍋山登山マラソンと同じく重装備。

腹巻帽子は走るとズレるので 今回はネックウォーマーをイヤーウォーマーとして頭に装着。
軍手(←★ これは結局寒かった。次回は冬山用グローブ)、ロングタイツに 上はブレスサーモの長Tにユニクロの夏用エアリズムジャケット長袖を着て、手首と足首ウォーマーを装着。

去年はアップの段階で歩道の鉄柱に激突して左太ももを強打したので 今年はアップは慎重に軽めに・・・。

DSCF4817DSCF4815大会は420名と 丁度良い規模のほのぼのムード。

スタートは10時から10分おきに50人ずつのウェーブスタート、
今年は何故か女子だけのウェーブではなく 男性も混じっている。

ロングコース女子の部は約30人くらいがエントリーしてるみたい(参加者名簿ない)

で、AM10:20 スタート。いきなり急こう配の坂・・・っていうか 3km先までずっと急こう配。

DSCF4822女子5番手で登山道へ突入〜。

この大会 1位〜3位までの表彰対象で、あとは シム記念摩耶登山マラソンなので シムさんにちなんで 4位と6位が 結構良い景品がもらえる(らしい・・・)
去年は4位狙いで走ってたらタナボタで2位になり ある意味がっくりしたので
今年は4位か6位狙いで行く・・・・・

ということで たとえ上位といえども5位は取っちゃおえんのでござる、、、、(5位は何ももらえない)

一人抜いて 4位で激登り区間終了〜、、、 
やれやれ 去年と大して変わらない39分くらいで通過・・・

こっから去年はたくさん前を行く人を抜いたトリッキーな下り区間だが 今年はどうしたことか ドンドン後ろからあおられ 先に行ってもらう展開に、、、

まっ 去年はここで前を行く女性ランナーがケガしてたの見たので 余計慎重になっとるのかもしれない・・・

女子に後ろからなんと4人も抜かれた!?

DSCF4827ということで9位・・・ こりゃ ラストの緩い登り区間で6位を狙って行くか〜?
って感じで走ってると やっぱり登りは私が早いみたいで 2人抜いて6位(おっしゃ〜!)

で ラストの2kmの走りやすい区間は ヘロヘロだったけど 今年のラストレースを全部出し切って走るべく 気持ちよくゴール、、、

去年より一分遅かったけど、遅かったのは下り区間だけみたいで 安全にケガなく走れたので よしとします。

走行データ
https://go-wellness.epson.com/neo-run/user/view/shareWorkout.html?shareId=302171023563750200000000000

この大会 すごいのが ゴールして 摩耶カレーがふるまわれるんだけど これがバリ美味!
どんなマラソン大会の名物カレーより美味い!

DSCF4903そしてゴールしてこれでもかってくらいの参加賞を手渡される!?
これに摩耶ウォーターまで付いてた。

今年は記念大会なので 去年より参加賞が良くて ゴーフルがプラス♪


DSCF4830そして 摩耶山から大都会の街並みを見下ろせる絶景が待ち構えてます。





DSCF4831これを眺めながら 患者さんから頂いたぽんしゅ、患者さんから頂いたおちょこで
呑むのが至極の幸せ。。。

美味いわ〜 さすがに激運動量なんで 酔うわ〜
6日ぶりの酒は美味すぎるぅ〜

(ぽんしゅは 山頂で受け取る自分の荷物の中に入れて あらかじめ準備)

DSCF4833
で この大会 ピンクマーカーの順位の人が 表彰(1位〜3位) 特別賞(4位 6位 他)ということで
見事私 6位に入りました〜 グラッチェ〜!


おっ 今年は記念大会で 参加者が多い男子の部は
「取っちゃーおえねぇ〜5位の方にも 素晴らしい商品があります!」とアナウンス。

(おっ 何々!?)と思ってると

「なんと オテル・ド・摩耶の ペア宿泊券 じゃなくて 温泉タオルっ!!」

DSCF4834ちゅ〜ことで 5位の男性の素晴らしい商品をパシャリで 大笑い(^o^)

えぇわ〜 この大会 洒落が効いてる。

ちなみに男子46位のシム位さんには 本当にホテル宿泊券!

DSCF4835DSCF4902そして去年に引き続き 酔っぱらって表彰台へ〜♪
6位で 結構いい品物いただきました。
去年は2位で使わないトレランザックですぐに人にあげましたが
今年はどちらも使える!
ノースのウエストポーチと ファイントラックの洗剤。

というわけで 下りは摩耶ロープーウェイが混んでたんで
途中の駅まで 大会コースを下ってく・・・

DSCF4840DSCF4839DSCF4841




こんな気持ちいいトレイルがコース。

DSCF4844
ケーブルカーの斜度と
いろはモミジの紅葉はハンパない。




今年のレースもこれにて終了〜。
無事にケガなくゴールできてホント ある意味達成感と安堵で一杯。

今年は大会参加も去年おととしに比べて3分の1に激減した。
記録を狙って大会を走ってたら 仕事に影響が出るし、もうすぐ50歳の老体になろうとしてるのだから、自然な流れだと思ってます。

でも 練習量と言うか普段の運動量は この9年間変わってません。月平均100km〜140km走れば御の字。

大会に出るから走るのではなく 体調管理と 純粋に走ることが好きだから続けています。
例え雨でも 走ります。それが日課だから。

私が走り始めた30歳のころ、マラソン大会に出て 50歳代の部とかのクラス分け見て

(うわ〜 50歳でも走っとる人っていうか 50代でマラソン大会出る人おるんじゃ〜、、、)とびっくりしたものです。

でもその50歳に もう片足突っ込んでます、、、

20年近く走り続けてる・・・・ 飽きっぽい私にあるまじきですが
振り返ると 良いランニング生活してるなと思います。

ごくごく自然に毎日の日課で雨の日でも台風でも軽めにジョグして、練習や大会で欲を出して無理して故障するわけでもなく 適当に走って まだ入賞ラインにいるのだから 大会での楽しみが他の人よりプラスアルファある・・・・ しあわせモンだなぁと思います。

そして いつまでたっても上手く走れません。だから続けてるのでしょう。

DSCF4838
というわけで 酔っ払い顔で
「この洗剤で 今年の汚れ キレイに洗い流して
また来年も がんばりまっしょい!」

この3連休は 新潟県上越市で開催された その名も 「越後謙信 きき酒マラソン」に参加してきました。

ぽんしゅ好きのランナーにとってはこの上なく魅力的なネーミングの大会。

そのうえ大会要項を見ると 走る前からさらに面白い大会であることが判明〜!?

本大会は、安定や無難など在りえない、「真面目に不真面目」を貫く大会です。つらいだのキツいだの言っているのはコースだけ。あとは全部ゆるく楽しく何でもありでやっています。
 

楽しい一日を過ごしていただければ、それでいいのです。

皆様の笑顔のため、
力の限り、予算の限り、社会的責任の限り、
ほぼ後先考えず頑張りますので、
今回もどうぞよろしくお願い致します!

本大会にはタイム計測や順位付けなど一切ありません。
速さを競うのではなく、ゆるーく楽しむのが正しいルールです。
一生懸命走りぬくのはOKですが、
ガチで嘘かと思うくらい速く走るのは禁止です。


紅葉や名所旧跡などの景色を楽しんだり、のんびり走りながら仲間との交流を深めたり、のんびり歩きながら時間内にゴールできるかできないかのスリルを味わったり、仮装姿で参加して注目を集めたり、親子で走る時間を感慨に浸りながら過ごしたり、じっくり己と向き合ったり、じっくり彼女を見つめたり、お酒のことだけ考えて走ったり、お肉のことだけ考えて走ったり、一人一人の楽しみ方で参加できる自由なマラソン、それがきき酒マラソンです。
   
≪大会要項より≫


なんじゃ この笑いのプロがしゃべってるような謳い文句!

大会要項の一言一言に 洒落っ気とセンスの良さがうかがえて 思わずニヤリとしてしまう。

順位表彰しないと言われたら 逆に私は燃えるのよね〜。女子1位でゴールして 一番に利き酒してやろうとたくらんどりました・・・

しかし 岡山から新潟県に移動するのが実に大変、、、

大会前日の11月3日 5回も乗り継ぎながら 電車で移動、、、
DSCF4680
←途中 北陸新幹線で富山に入ったら すっかり雪をまとった剣岳 立山連峰が見れて ラッキー。


新潟県上越市に到着したのが 18時、、、

この日 空気が澄んで気温が低いのか 綺麗な満月の夜・・・
なんか岡山とは空気のクリアーさが違う! 街の明かりが めちゃくちゃ輝いてみえる・・・。
紅葉も今が一番見ごろ。

しかし この天気が明日は一転、 気温は7度下がり 一日中雨になるとのこと、、、テンション下がる・・・

P1120867 (500x375)19時 外食チェーン店で夕食。これはダンナのカメラアングルで ダンナが注文したもの。私はご飯大盛りのタラのあんかけ定食だけではもの足りず、もう一杯ごはんと おかずを追加。

20時にホテルの到着。
移動と仕事疲れでぐっすり眠りたいところを
ホテルの同じ階の団体客が12時過ぎてもドア開けて騒いでいて眠れず、、、

11月4日土曜日 朝7時半起床。 しっかり雨!

最近、大会は朝何も食べずに走る方が調子いいことが解って来たので 水だけ飲んで

DSCF4683AM8時過ぎに会場到着。





P1120869 (500x375)すげー 雨、、、






DSCF4684すでに合羽を着こんで受付。
荷物預かりタグなど 事務方の仕事しっかりしてる。。。





DSCF4681DSCF4682参加賞はコインケース。

「これにコイン入れて 途中の春日神社にお参りするのよ」
なんて声が周りから聞こえる???


DSCF4686
あっ!
この第6エイド(牛串が出てくる)で ドリンク販売で使うためか?




DSCF4685
生そば引換券も。
これは一口絶対頂く。



DSCF4687
←ちなみにこれコース図




P1120875 (500x375)お〜!

上杉謙信がいる!!




P1120882 (500x375)スタート前に 記念撮影してもらっちゃった。。。

役者な謙信さん 声もセリフも様になってる。




P1120884 (500x375)
大雨なのに こんなに参加者一杯(定員333人)

仮装ランナーもたくさん(雨で水含んで大変だと思う〜)



P1120889 (500x375)AM10時 しっかり本降りの雨で 気温10度と寒い中スタート。

で スタートしても誰も飛ばす人いない!?
えーーーーっ て困惑しながら チンタラ走ってたら身体が冷えるので
しっかり先頭で走ってると


DSCF4688まだ2分少々しか走ってませんが、、、

私設エイド  きのこ汁出現!

私も一応 ファンランで走るつもりなので まずはしっかりデジカメ撮影。

DSCF4689しかし まだスタートして500mも走ってないので
飲めませーん!
一口だけ 気持ちだけいただいてすぐに走り出そうとしたら・・・



DSCF4690
う゛っわっ、、、 みんなしっかりエイドでくつろいどるわ〜、、、

もう 面白すぎる、、、


DSCF4691
で 春日神社






DSCF4692なんと神主さん自ら出迎え?てくれて
お賽銭入れて
「無事に楽しくゴールできますように」 パンパン叩いて 先を急ぐ、、、




ここから トレイル区間に入り ドロドロのトレイルを登っていくと 後ろから男性二人が追いつき・・・

おしゃべりしながらも 下りは私が早いみたいで また二人抜いて 先頭、、、

そのまま ロードを走ってると

DSCF4693ビールの着ぐるみ着たエイドが!?

なんじゃ こりゃ〜、、、 思わず大笑い!

私 「ビールが欲しいけど」

ビールマン 「 仕込み水どうぞ。 そちらはモルトです。 
このモルト 口の中に入れたらビールになります 

DSCF4694← これ モルト!

おもしれーーーー サイコー♪

後からきたランナー ホンマに 口の中でビール作ってる〜、、、

もうまだ5kmしか走ってないけど こんな調子でこの大会まだまだ続くんか〜
雨も続いてるけど 面白すぎるぞ〜

ってな感じでDSCF4695 今度はすげー長い階段出現!

登った先には また謙信さんがいて

「おー 先頭は姫君か!」なんて 気の利いたセリフをいただく。



DSCF4696で そうです ここから春日山城本丸へとトレイルを登っていく、、、

雨〜 でもたのし〜




DSCF4697
憧れの春日山山頂で
大会スタッフにしっかり記念撮影してもらう。。。



ここから下っていると 後ろからカップルと 活きのいいお兄さんに抜かれる。。。

そしてロードに出て てくてく上り坂を走ってると・・・・

ダムの駐車場に到着・・・・

DSCF4698 エイドもあるようで近寄ってみると

ん゛!?!?

着物着たおねーさん!!

さっき抜いたカップルが 取材受けてるわ お抹茶と茶菓子いただいとるし〜、、、
DSCF4699
粋な演出過ぎる〜〜〜

おねーさんを撮影してもいいですかとたずねたら
逆におねーさんが私を撮ってくれてありがたやです。。。

DSCF4700
で みなさん じっくり茶菓子を味わっているようでうらやましい・・・

私は これ食べたら逆に早くハンガーノックが来るので丁重におことわりして
お抹茶だけいただく。これがサイコーに美味かった!!
寒い雨のレース中は お抹茶に限る!? 胃にカフェインのパンチ入りました!

で 私より先にこのお抹茶エイドに着いた三人のランナーはのんびりしているようで
私は 寒いのでとりあえず走る、、、

さっきのエイドは折り返しポイントなので こっちに向かうランナーに

「お抹茶とおまんじゅうがあるよ〜」なんて声かけながら下る・・・

DSCF4702で ロードを結構気持ちよく走ってると
二人のオジサンランナーに抜かれて

13km地点 生蕎麦エイドに到着。

DSCF4703
ここでもスタッフに記念撮影していただく。。。





DSCF4704
建物の中に入ると
蕎麦をゆでてる いい香りが・・・

私は 「一口だけでいいので少な目でお願いします」と引換券出す。

DSCF4705
で 出てきたのがこのお蕎麦。

これが 人生で一番美味しいお蕎麦だった!!

「ご馳走様でした! すごく美味しかったです!!」と言うと

「 はい ″ 美味し〜 ″ 入りましたーーーー! 」と スタッフの掛け声♪

 サイコーじゃ! この大会 このスタッフの皆さん!

で  また先頭で蕎麦エイドを飛び出して走ってると、

スタッフの男性 「他のランナー どうしとるん?」と 私が先頭で疑問に思ったのか尋ねてくる・・・

私 「 蕎麦 食べとりますぅ〜! 」

こんな感じで 残り8kmか、、、

今度は またトレイルに突入、、、 うーん、、、後半になってもまだアップダウンはこたえるぅ、、、

DSCF4706この滝不動の折り返しポイントくらいまでは元気だったけど

普段5kmしか走ってないから 21kmの距離はそうでなくてもきつい・・・

段々疲れがボディブローのように効いてきて じゃなくて

そうです ようやく体内のグリコーゲン使い果たしました、、、 ハンガーノックが来そうな感じで

17km過ぎると 何か無性に頭がふわふわしてきだした・・・(昨夜19時から16時間食事しないでいる計算になる)

あと2kmで 牛串エイドじゃろ・・・・ 私 肉食べれないし・・・ そこでとにかくスポーツドリンク飲もう、、、

そう思いながら 上り坂を時折歩きを入れて

DSCF4707ようやく19km地点 ニクタナバーベキューエイド到着、、、





DSCF4708スタッフが楽しそうに肉焼いてる〜

スポーツドリンクをまずいただいて・・・

おっ! ランナーが 缶ビールを自販機で買ってきて 牛串で一杯してるじゃないか!?

ありえん光景だけど この大会ならあり得るんか!?

もう ホレボレするくらいおもしれ〜〜〜!

私はゴールで待ってるダンナ用に この串持って帰っていいですか?と尋ねたら きれいなゴミ袋に入れてくれて ありがたくバトンのように持って出発!

で 最後はしっかり走り切ったよ、、、もう 終始雨と寒さで大変だったけど

面白い21kmだった、、、

P1120896 (500x375)ゴール、、、

走行データ
https://go-wellness.epson.com/neo-run/user/view/shareWorkout.html?shareId=501171026701300200000000000
時計はオートストップ機能をオンにしていたので、止まってる時は計測も止まってる。ゴールタイムは2時間12分だけど 実際は10時にスタートして12時18分にゴールしてるので、誘惑満載のエイドに合計わずか6分しかいなかったことになる、、、

P1120898 (500x375)ダンナ用に持って走った 牛串と記念撮影。
バックはのれん。これがゴールっていうのも ニクい演出で笑った。

ちなみに順位は男女合わせて2番目らしい。
とにかくきき酒を一番にやりたかったので
これは念願かなったよう。


P1120906 (375x500)呑むよ! この時の為に二日間禁酒してきたんだから。

スタッフ 「走りも呑みもガチですね、、、」

はい、何事も真剣にがんばらないと面白くないです。

でも まさか15種類もあると思わなかった、、、

走り終わった直後だから酔いが回るのハンパない、、、

1番 7番 10番 13番 この4種類までは絞ったけど ここからが解らん、、、 で1番と書いて提出。

正解は3時間後の閉会式で。。。

P1120914 (500x375)というわけで とにかくダンナにお風呂に連れてってもらって
へぎ蕎麦食べて

会場へ舞い戻ってきました!

閉会式は雨が更にパワーアップして暴風雨、、、

P1120932 (500x375)で 肝心の利き酒正解ですが

これがあろうことか 13番で外してしまい もう ちょーーーショック、、、
(いまだにショックから立ち直れない、、、)



で 遠来賞や 風邪ひいてる人賞などをいただいて

隣にいたおねーさんランナーに
「どちらからこらえたんですか?」と聞かれ
「岡山からです」なんてしゃべりながら
「来年も是非お会いしましょう」って笑いながら挨拶して
楽しい閉会式も終了。。。

終始雨と寒さにたたられたけど 本当にこんなに面白くて 芸が細かい大会は無いです。

あっ! 全然話は脱線するけど 道路工事で見る鉄パイプの柱

岡山じゃ うさぎがメインなんだけど

DSCF4709さすが上杉謙信の上越、

←こんなんだった!



この日は赤倉温泉に宿泊。

翌日はまたしても晴天!

DSCF4712DSCF4715妙高高原スカイケーブルに乗って
標高1300mの世界に。




DSCF4719DSCF4723綺麗に妙高山も見えて

「なんでピンポイントできき酒マラソンの日だけ雨が降るかな〜」と言うと

ダンナ 「お前の晴れ女パワーも 落ちたもんじゃな」と返されました。

というわけで 越後謙信きき酒マラソン参戦記 これにて終わり。。。

きき酒負けたので これからぽんしゅのうんちく語っても聞き流して下さい、、、 
(まだ落ち込んでる、、、)

◆続・利き酒マラソン http://blog.livedoor.jp/navi1201/archives/52201921.html

こないだの日曜日は台風で大雨の中、帝釈峡スコラ高原クロスカントリー大会に参加してきました。

1ヶ月前の治療中の会話・・・

私 「 10月の半ばに 帝釈峡でクロカン大会があるから久しぶりに出てみようと思うんよ。10年くらい前に一度走ったことがあるんだけど、大会終わったら お風呂券もついてるし、バーベキューも付いとるんよ。 」

と、マラソンには全く興味のない 女性らしい ほんとかわいらしい独身女性患者・Yさんに話したところ・・・

Yさん 「 先生、私も連れて行ってもらっていいですか? 帝釈峡 紅葉シーズンだし 散歩したいです 」

 「 うん いいよ 」

  なーんて話して、大会要項を渡して帰ってもらったら

 「 開催要項見ると ファミリーの部があるから 3km 私でも歩いて完走できるでしょうか? 」 ってまぁ かなりポジティブなメールが届き

なんと Yさん マラソン大会 初参加することに。

で よせばいいのに 大会前日は 台風前で 大雨・・・ こりゃ 大会は中止かなと 大会前日の土曜日に大会事務局に電話問い合わせしたところ・・・

事務局 「 うちは 警報が出て走れなくても バーベキューがありますから! 」

私 ( はぁ? )

「 バーべキューは しますから、 えー 走る方は スタート前に警報が出てたら中止になるかもしれません 」

まっ とにかく面白い大会で 走りも大事だが バーベキューがメインみたいな大会みたい、、、

まぁ 大会参加費3000円で 温泉入浴券とバーベキュー(おにぎり トン汁 国産牛 野菜 タレ付き)が付いてる コスパがすごい大会は ここ以外無いだろうな・・・。

というわけで Yさんも 決して 雨だから参加しないと言わず カッパ持参で

AM6時30分 鍼灸院集合で 久しぶりに私自身が運転手で 雨の180号線を北上、、、 路面がガタガタで運転しずらい、、、

絹掛けの滝は 絹糸のように繊細な水路ではなく 
轟音とと共に 「爆流の滝」と化してて Yさん びっくりで スマホ撮影してる、、、

OI0000092時間かけてようやく大会会場について
(この雨だから 参加者少ないだろう・・・・)と思っていたけど 
まぁ もの好きが集まる集まる、、、

マラソン大会初参加のYさん、大会参加者名簿を受付で受けとり パラパラ眺めながら

「 あ゛ーーーー、、、 勤務先が出てる、、、 書かなくちゃいけないのかと思って書いたんだけど、、、、 
  あ゛ーーーーー、、、、、、 年齢まで出てるーーーーーー、、、、」

もう これだから マラソン大会参加者のリアクションは面白い(~o~)

大会慣れしてると勤務先なんて絶対書かないよ〜。

というわけで 雨足はドンドンエスカレートして 台風が近づいてますが
私は テンション だだ下がりで かっぱを着こみ この時きっと警報出てたんだろうけど

10時30分 5kmの部 スタート、、、

で 4か月ぶりのレースだし、その間 走る量減ってたし、6日間も禁酒したのに身体重いし 大粒の雨だし、トレイル 過去最高のぐちゅぐちゅで 全然楽しく走れず、、、

27分以上かかり 一般女子4位でゴール(シニアの部と合わせたら 女子5位)

大会走行データ↓
https://go-wellness.epson.com/neo-run/user/view/shareWorkout.html?shareId=220171028408479100000000000

もう 寒いので(この日13°C) ソッコーで帝釈の湯に入る、、、お風呂の湯がこれまたぬるく、全然温まらない、、、

そして お待ちかねのバーベキュー。

Yさんは 野菜や果物、ピクルスを持って来てて、私もいただきもののじゃがいもやピーマン キャベツなどを持って来て お肉は 知り合いのランナーの方に差し上げて

結局5人で ワイワイ言いながら アフターのバーベキューを楽しんで 帰路に着いたのでした。。。
このブログの画像は すべてYさん撮影の物です。私 デジカメ忘れてました。
OI000012OI000011






OI000010Yさん ファミリーの部 デジカメもって 最後にならないように走ってたそうです。
しばらく走ってたら 折り返して ランナーがやって来たので (やった! もうすぐ折り返しだ)と思って走っても 全然折り返しは出て来ず、、、

要は ファミリーの部のトップは ガチで走ってたようで だまされたみたいです(~_~;)、、、


というわけで Yさんの初 マラソン大会参加は 散々なものだったようですが、

お別れするとき 「楽しかったです。ありがとうございました」と言ってたのは 多分 ホントでしょう。。。

こちらこそ 楽しい想い出 ありがとうございました。。。

去年のあの衝撃的な体験をもう一度、、、ということで またしても姫とともに サンセットビーチラン in 京丹後

要は 波打ち際を延々5km走って 折り返して帰ってくる 10kmレースに参加してきました、、、

ロードのマラソン大会、トライアスロンや山登り大会、トレイルラン大会に参加してかれこれ20年近く経ちますが、これほどまでにワイルドな大会はないと思う!

17日土曜日 京都駅で姫と合流して 京都縦貫道を北上、途中 昼ごはんを食べるため

DSCF4346西日本最大の道の駅らしい 食のみやこ丹後王国に立ち寄る。

私 ちらし寿司(中に入ってる鯖のおぼろが甘くてコクがあってすごく美味しい)

プラスで

DSCF4347漬物寿司(真ん中はかぼちゃね)





DSCF4348

姫は黒マグロ丼



DSCF4349
会場に行く道すがら 鳴き砂で有名な琴引浜
(波風がつよーーーーい、、、)



DSCF4352静御前の木造が祀られている静神社に参拝。

ここは静御前生誕の地。
すごく寂しくて 絶景の いい場所だった・・・。
神社は手入れが行き届いていなくて それはそれで寂しさを更に助長していた。

DSCF4354
2時半に会場で受け付けを済ませる。

10kmの女子は13人くらいしかいなかった感じ・・・(参加者名簿は無いのよね)

DSCF4356
で スタートの4時半までかなりまったりと過ごし

いよいよ 5kmと10kmの部のランナー 同時にスタート。

今回は姫と勝負!

姫が先行して 5kmの折り返しまでは 前方150mくらいに見えてたんだけど・・・

折り返した途端 すげーーーー向い風であることが判明、、、、

一気にペースが落ちる、、、、

どんどん姫に離されて 最後は 700m近く離されてたと思う、、、 くやしいーーーーーー、、、

DSCF4357というわけで このシューズで今年は走りました、 フィンガーファイブ、

もう 靴下もシューズも砂まみれ、、、



DSCF4360去年同様 サンセットビーチランと言いながらも あと一時間遅くスタートしてほしいと感じるくらい 暑くて 日焼けがひどいです、、、(日焼け止めがあまり効かないのよね、、、)
←最終ランナーを待つ風景


DSCF4368
表彰式では 一言コメントで 逆に 司会者のおじさんの鼻の頭の絆創膏が気になり

私 「どうしたんですか? その鼻の頭???」と質問。


DSCF4370
嬉しいことに 今年は 醤油セットじゃなくて 念願の久美の浦呑み比べセットをいただき ちょーーーー喜ぶ♪



翌日は 筋肉痛もなく、姫が運転手なので 朝から地ビールを呑み
昨日の食のみやこ丹後王国に舞い戻り
ミニ動物園で 亀レースを堪能。

これがおもろかった!!DSCF4373

7匹のカメさんが 競馬のごとく ゲートに入れられ
背中には 競艇のごとく色分けされたナンバーを背負い


DSCF4374

一斉にスタート!!



DSCF4375

3m先の 水槽に向かって 前に行きゃいいいだけど、、、



DSCF4376
もう やる気がないのから 猪突猛進して歩くのまで様々、、、

1番のカメが順調にゴールまで来たと思ったら 水槽に入りたくないみたいで

なんとUターン!!  大笑い、、、、


DSCF4377
で 2番手を行ってた6番のカメがすんなりゴール、、、

なんかね、、、小さな人生を垣間見た感じ、、、

やっぱ ナンバー2が 良いポジションだわね。。。

二日間 久しぶりに 大笑いして ワイルドなレースを堪能。。。

また仕事がんばらんとと思いました。。。

本日の走行データ
https://go-wellness.epson.com/neo-run/user/view/shareWorkout.html?shareId=916071028020137100000000000

三日間禁酒して きれーな身体になって、今日のトレラン大会に参加したつもりになってました、、、 はい、、スタート1時間前までは、、、

今回は マラソン大会参加歴19年目にして ついにやっちゃいました(あとで白状します)

しっかり三日間禁酒し〜の、食事も ちょーー気を配って大会前の二週間過ごしました。

いや この大会云々じゃなくて 最近 酒豪がたたって肝臓がお疲れモードなので 休肝日もうけただけなのですが 結構 三日も酒抜くと 体違いますね・・・ スッキリです。( あっ 今は しっかり ぽんしゅ呑んでますが・・・)

と言うわけで お隣 兵庫県宍粟市の 波賀トレイルランに初参加してきました。

丁度距離が12.5kmで 私向きなのと 参加者が少なそうなので ストレスなく走れそうだなと思ってエントリーしました。

AM4:40起床 (昨夜も仕事して掃除が終わって寝たのが24時近くで 寝不足っ、、)

休憩含めて2時間半で会場到着。

なんと まだ桜が残っていた、、、

P1000623しかも杉林てんこもり。フォレストパーク波賀 じゃなくて 杉林パーク波賀だと思う!

朝起きた時から アレルギー反応すごかったけど(たぶんイネ科の雑草が花粉飛ばしだしたんだと思う)
ここでまたスギ花粉が舞い戻って来て もう眼がしょぼしょぼの 喉が痛いの 鼻水ダーダーで もうグレそう、、、

でっ! いざ 競技用に衣類を着替えようとしたとき なんとっ!

スポーツブラ 忘れてきたことが判明!!(ToT)

・・・・ もう うなだれた、、、

こないだ那岐山に行って ハイドレのホース忘れたのは かわいいもんよ、

このオバサン どないなっとんじゃー! 

レースで スポーツブラ忘れるっちゅーことは ランニングシューズ忘れるのと同じくらい アホなことなんだよねーーー、、、

ここまできて大会参加は きっぱりあきらめる!

もうねー 胸 ランニングの振動で 揺らして これ以上垂らしたらおえんのよ、、、

というわけで 大会スタッフに スポーツグッズ専門ブースとか出店ないですかと聞いたんだけど
もちろん小規模の大会なので無し・・・

あきらめてたところ・・・

ふと・・・ 今着けてる フツーのブラ・・・・・・・・これ使って・・・

・・・ ん! そうだっ!

今着けてる腹巻 上に持ち上げて 胸まきにするぅ〜!

でもって 今着けてる フツーのブラ 着けるぅ〜!

そう! ワイヤーで肌が擦れるの防止する為 下に腹巻つけて 緩衝材役にするんです!
でもって ブラのホックの部分は 外れないように 安全ピンで留めて

なおかつ 肩紐も かなり持ち上げてバストアップ作戦!で 安全ピンで留める!

DSCF4163どうだっ! これで!!(絵に書くとこんな感じね)

←即席 スポーツブラ完成(~_~)

もう この思考回路 自画自賛するわ(← いや その前に スポブラ忘れるなよ)

で 走ってみると まだまだ肩紐のゴムをグイグイ上げて スタート前まで3回リフトアップを繰り返す、、、

もう完璧じゃ!

と言うことで お胸に不安を抱きつつ スタートラインに並ぶと、まぁーーー 年齢不詳のすごいおねーさんがど真ん中最前列に陣取ってる! 全身ヒョウ柄のおねーさん。

んーーーー、、、 ついにトレラン界も わけわからんようになってきたなと苦笑いしつつ、、、

AM10:00 ショートコースとロングコース(私が走る)同時にランナースタート。

えーーーー のっけから300m標高登るんですが、

私 なんかオモリしょってる?ってくらい体が重い、、、禁酒効果あるんか? せっかくMasako☆さんの水素水飲んでるのに(背中のザックにも水素水入れてる)、もうしんどすぎる、、、 女子4番手くらいで登っていく、、、

登り区間でなんとか 女性一人と ヒョウ柄おねーさんを抜いて 2位で縦走区間に、、、

で 下り区間に入ると ヒョウ柄おねーさんに抜かれる、、、

すげーなーーー 下り速そう・・・

1で 7.5km地点の スタート地点に戻った時に ハイドレのザックを置き、残り5kmコースに突入〜

そこで ダブルトラックの 気持ちよく走れる下りで ヒョウ柄おねーさんに追いつき 抜く・・・(これで3度目じゃ、、、抜きつ抜かれつは、、、)

で 1時間25分台でゴール、、、
DSCF4162
てっきり女子2位かと思ってたら1位と言われびっくり仰天、、、
(たぶんもう一人前にいたのは ショートコースの女子なんだろう)

とにかく後半 オブラートが取れたかのように 結構気持ちよく走れたので、よかったです。

なにより即席ブラで また少し胸が垂れたけど なんとか走れたので満足です。

さて 表彰式の折 ヒョウ柄おねーさんに

「私てっきり一位だと思って走ってたのに びっくりしたんですよ。どんな格好で走ってました?」

えー!? あれだけ抜きつ抜かれつして 私が女だってわからんかったって、、、

そりゃ あなた様の女子力には到底及びませんが、、、 これでも即席ブラ着けて 苦労して走ってたのよね、、、

ってことで 一言  

オッサン万歳! (走ってると 男に間違えられるなんてサイコ〜)

2ヒョウ柄おねーさん てっきり自分は一位だと思ってのんびり走ってたそうです。。。

←表彰台で おねーさんの指示するポーズ取らされてる私、、、

おねーさんに私が次走る大会 聞かれたんですが 絶対負けそうです(^o^)

あっ でも今度からは スポーツブラで 絶対に走りますっ、、、

↓本日の走行データ
https://go-wellness.epson.com/neo-run/user/view/shareWorkout.html?shareId=924071023757236100000000000

朝食抜き、大会前にVAAM一袋飲んだだけで夕方まで全然空腹感なし(エイドも水二口でOK ブラもお手製、食事もエコ食 ・・・結構面白いかも〜)

DSCF4106去年に引き続き 今年も正木山トレイルラン ショートの部(15km)に参加。

今年は遅咲きの桜が満開のベストタイミングで走ることができるので、花見をしながら テキトーにハッスルして走ろうと思っていた。

今回 この大会で二つの新しいことを試そうとした。

一つはシューズ。ゲットしたばかりの S-Lob センス6で、インソールをまた違うバージョンで作ってみたので それの当たりを出したかった。

もう一つは 同じ動作の繰り返しを続ける長距離ランニングは、筋膜内の水分が脱水することにより、ふくらはぎが硬くなったりすることが解ったので その打開策として ちまちま経口補水液を2倍に薄めたものを摂りながら走ったら 足がもつ時間が長いか体感したかった。 15kmの大会では 何も持って走らないのが私の今までのスタイルだったけど 今回はハイドレを背負った(200ml)

練習量は 毎月変わらず130km〜140kmで 去年と条件が変わらず。(ただ 大会参加数は一気に減ってる)

去年の記録1時間26分台にどれだけ近づけるかが楽しみだった。

でっ、AM9:30 スタート。

ロードの激下りを飛ばして 全体で女子4番目くらいで トレイル突入。

えー 昨夜結構雨が降ったので びっくりしましたよ、、、 トレイル 滑る滑る、、、こんなに滑る正木山はじめて、、、

シューズチョイス間違えました、、、 絶対 イノヴェイトで行くべきだった、、全然グリップしない、、、1mズリ滑って泥だらけの手になる、、、

こりゃ タイムうんぬんより ケガせんことが一番じゃ、、、

で 正木山山頂の神社で 二礼二拍手一礼、、、

「無事にケガなくゴールさせてください!! お願いしますっ!!」

というわけで エイドはすべて ハイドレがあるのでスルーして
DSCF4110DSCF4112
名物 大野の桜並木を 「うっわぁ〜 お見事っ!」って 唸りながら ロードの下り坂を飛ばし、

なんとか 去年より5分も遅いけど 楽しく1時間31分台でゴールしました、、、

またしても去年同様飛び賞をいただき(お米1kg)

表彰式まであと一時間あるから 鍼灸院に帰って シャワー浴びてから出直そうと

バビューンと 車で7分、鍼灸院に帰り 汗を流して 会場に戻ると もう表彰式が始まってて 慌てて飛び入り参加、、、

DSCF4100ということで 今日の走行データ
https://go-wellness.epson.com/neo-run/user/view/shareWorkout.html?shareId=904071021316795100000000000

全体的に見て 去年の走行データより 最初からスピードが遅いので、まぁそういう体調だったんでしょう。

水をちまちま飲むのは 結構いい気がするので、これからは練習でもハイドレ背負って 走ってみようと思う。経口補水液は単に塩入れてるだけなので ドンブリ勘定でいつでも作れる。

大会に参加すること自体が飽きてきてるので、参加するからには何か楽しみや 新しい試みがないとおえんです、私っていうヤツは。

冬将軍極まれりの 時折小雪が舞う中 くだまつ笠戸島トレイル大会に軍曹と参加してきました。

実にレースは 2か月ぶり。

例年 一月二月は 県内のロードのマラソン大会に 毎週のように出ていましたが、今年は やせ我慢して寒い中走らんっ! 風邪ひくわっ!と まったく大会走ってませんでした。

おかげで仕事で 患者さんがインフル持ってきてもうつらない 元気な冬を過ごしています。

仕事が第一 趣味は所詮趣味。仕事に影響出ない程度にたしなむのが 大酒呑み鍼灸師の信条となりつつあります。

で この大会は 去年まではパスだったんだけど 距離が短い17kmのショートコースができたので 軍曹誘って参加しました。

大会前夜は 「よりによってこのタイミングで来るかいっ!」って感じで この冬一番の大寒波が来てるのには苦笑い、、、

AM 2:00起床・・・・ 6時間前までぽんしゅを呑んでて 頭がまだぼーっとする、、、3時に玄米ご飯とお味噌汁を食べる。

AM 3:30 軍曹号がお出迎え すぐに後部座席で 眠る、、、

目が覚めると 広島で すごい雪景色、、、 道は 冬タイヤ規制、、、

AM 6:50 大会会場そばの本土側 駐車場に到着。大会スタッフの数が多くて ちゃんとした大会だなと まずは第一印象。

大会送迎バスに乗り込み 5分で笠戸島 国民宿舎大城の大会会場に到着。国民宿舎の中を待機所として使えるので 寒くないのがありがたい。

ショートは約250人くらい ロングが500人くらいの参加者。 ロングは30kmなので もの好きが多いなぁとびっくりあきれる、、、トレラン 最近 距離が長いのばかりで 15kmくらいがちょうどいいのに この傾向は何とかならんかのうと常々思っとります、、、。

気温は0度 島風が吹くのは必至。 重装備で行く。 上はファイントラックL1に ブレスサーモの長袖 そして雨合羽を着る。 下は ロングタイツに オリエン用ウインドブレイク長ズボン。 頭はフリースでまくい、手袋は冬用グローブの下に アンダーグローブを入れて二枚重ねにした。水は200、大会必須装備のエマージェンシーシートは雨具の胸ボケっトに入れた。

DSCN133517kmで累積標高は900mほどみたいなので たぶん2時間以内では帰ってこれるだろうともくろんでいた(これがとんでもパップン)

AM 9:00 ショートの部 250名ほどがにぎやかにスタート。

すぐに女子トップに出るが 2km地点で なんかしっかりしたフォームの女性に抜かれる。軍曹は見えない(たぶん前)

コースが面白い! 小刻みなアップダウンがてんこ盛り。大会関係者や島の人の応援もいたるところで聞かれ 楽しい・・・ がっ・・・ トレイルに入ると 容赦ない急こう配でしんどい、、、

後ろに また女性に付かれて 抜かれ 抜きを繰り返すうちに この女性 お友達の女性とセットで動いているみたいで お友達の女性が 先に行き この女性を途中で待ってあげてる状態?

で どうやら10月の秋吉台トレイルの時 表彰台ですげーかわいー女性がいたのを思い出し

後ろに付かれたとき 「おねーちゃん 秋吉台のショート走っとったじゃろ?」

「はい」

「やっぱり! すげーかわいかったから オバサン覚えとるんよ! もう 立ち止まらずにずっと走りながら行きねー! おねーちゃんならすげー早くゴールできるわ!」と おせっかいなアドバイスをして

2位3位になるであろう 女性二人が先に行く・・・

まだ半分しか走ってないのにすごく疲れていると下り坂でついた左足の下の石が動いて 後ろにこけて 左背中をぶつける、、、(今年一回目の洗礼)

大浦のエイドでは もう身体が寒かったので 温かいスープがあって 感動!
応援も 島のおばちゃん おじちゃんたちが 子供のような無邪気な笑顔で応援してくれてて 元気が出たわー。

でっ こっからラスト5kmが地獄の上り坂だった、、、

たかが230m上るだけだけど ここまで足を使ってて、 一番えぐいロープもって上る急こう配は もうへこたれるくらいしんどい、、、

泣きを入れながらなんとか最頂点に立ち そこからは つんのめるような急こう配の下りを下り、ラストロードはホント ヨレヨレでゴール、、、

2時間35分13秒 女子4位

本日の走行データ↓

https://go-wellness.epson.com/neo-run/user/view/shareWorkout.html?shareId=312071027089505100000000000

なにが2時間切れるじゃ! 2時間半以上かかっとるが、、、 まぁーーー しんどいコースじゃった、、、面白かったけど。。。

累積標高はやっぱ1000m以上あると思ってたけど 間違いなかった。

来年これ走るなら 毎日5kmのジョグじゃ 足がもたん、、、 たまには15km走っとかんと、、、。

大会会場で お風呂も食事もできるのがこの大会の良いところ。

DSCN1323割引券使って300円でお風呂に入り 国民宿舎内のお食事処でご飯。

私 昼御膳。




DSCN1324軍曹 笠戸ひらめ定食






DSCN1333
ということで 表彰式。

そこでなんと副賞に 笠戸島特産のひらめをいただきました!!

4位だし、今まであまり私が喜ぶ副賞 大会でいただくことは稀で、大体 Sサイズの女性もの靴下とかウェアとか 使えない色のザックとか 周りの友人にすぐにあげて 私の手に残るものなんてないんだけど

今回は嬉しかった!!

ヒラメだよ ヒラメ!!

私が好きな時に送ってくれるみたい!! これはすんごーーーーーくうれしかった!!

DSCN1334
勝駒純米生が届く時に合わせて 注文掛けようと思います!

活かし と しめ ってなんじゃらほい?なんだけど

しめがお勧めのようです (仮死状態)

さぁ これが届いたら スーパーの魚コーナーにもっていって さばいてもらわねば、、、

呑むためなら 手間暇惜しまんよ。。。

ザムストの五本指靴下もサイズが選べるので嬉しい!

さっ、 疲れを出さないように 昨日は早めに10時間寝たので また今週も仕事がんばるぞ!
(昨日 ロープを握りしめて 急こう配の上り坂 登ったせいで 右の脇が筋肉痛〜、、、)

正式名称を シム記念摩耶登山マラソンと言います。去年から出たかった大会。

加藤文太郎が愛した山のイメージが一番ある・・・。

神戸三宮のバックにそびえる摩耶山に 下から登って 山頂ゴールってコース設定が 面白い。

スタートして標高600m稼ぐ上野道だけを登る3kmコースと そこからさらに下り坂を走る桜谷道を経て、登り坂のシェール道を走るロングコースの10kmがあり ロングコースにエントリー。

今年最後の大会、走ったこともないコースだし、ちょー大都会で開催されるので、まず無事に大会会場に電車で乗り継いでいけるかが心配だった、、、

AM4:45 起床

AM6:09 中庄駅から電車に乗り、岡山駅で新幹線ホームに立っておにぎりを2個胃袋に入れる(スタート4時間前に食べないと最近消化が追い付かなくなってきた、、、)。朝6時台の新幹線は空いてるだろうと思ってたら すっとこどっこい! 自由席激混みで 早めに到着してホームで待ってて正解!

新神戸について そこから地下鉄やら阪神か阪急か知らんが 2回乗り換えて ようやく王子公園駅に到着が

AM7:50、、、、 (これでも予定より10分遅い、、、予定していた乗り継ぎにトイレ休憩で一本遅れた)

DSCN1140すでに大会会場まで ヒルクライムでびっくりする、、、 重いザックを背負って ひぃひぃ言いながら登り坂を歩き、、、、会場の神戸高校に到着が8時20分

この時季にしては暖かく お天気は最高! 絶好の大会日和とはこのことを言うのだ。

受付で大会参加者名簿がないのにちょっと驚いたが 参加者が250名くらいで ちゃんと定員を守ってくれてて 更衣室とかトイレは参加人数に対してキャパオーバーじゃなくて とてもよかった。

アップをしようと思うんだけど なかなか都会の住宅街& 道狭い& 上り坂しかないで 困るんだけど ちょっくら足の様子見で走ってみる・・・

すると 歩道脇を工事していて それに気を取られてると 歩道の脇の鉄パイプの支柱に 左太ももを強打して コケる、、、

 (もう いっしゅん青ざめた、、、)

すげー 太もも痛くて、絶対内出血 明後日あたりがひどくなると思う、、、 

レースでこけるんじゃなくて アップでこけるってどーよ、、、 やばいねー 

アクシデントは 注意が散漫になると出る、、、

なんとかレースは走れるので 気を取り直して スタートラインに並ぶ

スタートは男子が50人ずつ3グループに分かれて 10分間隔のウェーブスタートで

最後にロングの女子全員がスタートする形。

スタートラインに ゼッケン番号順にスタッフに言われるがまま並ぶ・・・

かなりほんわかムード・・・

中には思いっきり食べ物詰めたリュック背負ってる人もいる・・・

「全歩きで行くから」

なんて言いながらのんびりムードで・・・

10時30分 ロング女子の部スタート!

・・・がっ!! さすが関西の女性は 気が強いというか 意志の輪郭がはっきりした人が多いわ〜、、、

強気の女性5、6人くらい 前を行く、、、

おーーーー、、 ついていけん、、、

で 登山道にたぶん6番目くらいで入っていくんだけど
目の前の女性を抜く際にも すんなり抜かせてくれず ちょーーー強気でくらいついてくる、、、
(こわ〜! でもこっちも負けんっ!)

で も一人女性を抜くときには 「がんばってー」と言われるが

(いやいや あなたもがんばるんよ、、、)と思って

目下4位くらいかな〜・・・イコール シム記念だから4位と6位は 特別賞があるのよねーーーと それ狙いでがんばる、、、

係員の人も 「女子4位ですー!」と言ってくれたので

私 「よっしゃ! 4位って 賞品がいいんですよね(^^♪?」って言うと

係員 「おー! 1位よりイイよーーー(笑)」って返ってくる。 

  おっしゃー! 4位 死守じゃー! っていうか3位の女性とは徐々に離されてる状況、、、

スタートしてから3kmの激登り区間終了地点の 掬星台地点が37分くらい、、、 ヤレヤレ ここからようやく下りだ、、、 と安堵して アスファルトに出て走ってると

なぜか たぶん2位の女子が対面から翔ってくる、、、 

 (はぁ〜?)

こりゃコースアウトしとんじゃな! 私の進行方向でいいと思うんだけど 振り返って 遠くにいる係員に 「このコースで合ってる?」と尋ねると オッケーみたいなので走ってると その女子 Uターンして 私に追いつき すぐに抜いていく、、、

強気じゃなー おねーちゃん、、、 でも 焦りすぎじゃわ、、、

おっとーーー おねーちゃん また左に曲がって 変な方向に行こうとしてるので

「そっち間違っとるでーーーーー!!」 とデカい声を張り上げて 教えたげる、、、 イノシシみたいじゃわ、、、

でっ こっから下り区間・・・

強気なおねーちゃんがすぐに私に追いついて 後ろにびったりついたので先に行かせてあげるんだけど、おえんわ、、、

後ろから見てるとへっぴり腰なので 

「やっぱ 先に行かせて!」と おねーちゃんパスして先に行かせてもらう!

で 本格的なトレイル区間になり 前にスタートした男性ランナーがちらほら視界に出てきだして

足元は 石の上に 落ち葉がかぶってて フォアフット着地じゃないと危ないし、渡渉が出てきたり〜ので

集中! 集中!で前に行く・・・

現在女子3位・・・・

すると 前に行って見えなかった女子2位の人が リタイアして 係員に保護されてる、、、 、

どうやら転倒して腕を怪我したらしい、、、、

私 「いい感じで走ってたのにーーーー、、、 残念ですね、、、」

女性 「はいー 来年またがんばります!」 

「お大事にー!」 ・・・こんな展開あり?って感じで 現在女子2位、、、 4位がいいのに、、、 こうなったら 最後までがんばって 登り坂も絶対に歩かないっ!

で 良いトレイルじゃわーーー!

きれいなのよー 桜谷道も シェール道も 景色が 関西の大都会で こんなに綺麗でおもしろいトレイルあるんだねー。懐深くに いきなりよそ者の私が 入り込んで核心部分を堪能してるみたいで

走ってて気持ちよかった・・・・

このコース 最高! ここに住みたい(また出た!)

で 7km地点手前で そのまま道なりに 右に行きたいところを 遠くにいる係員に こっちでいいの?って問いかけると 違うといわれ その係員が立ってるところがエイドみたいで トレイルの道案内は もう少し要所で人か案内表示があるほうがいいと思った。

5か所くらい 不安を感じるところがあった。 こういうとき今までの経験がものを言う。近くにいる役員に尋ねたり、立ち止まって確認する癖ができてる。 これもトレラン力だと思う。ただバカみたいに早く走るだけだと 周りが見えてなくて コースアウトすることは トレランでは大いにある。

ラスト3kmは アスファルトの歩道を延々とウネクネ走る、、、

この頃になると アップで鉄柱にぶつけた左太ももが固くなって あまりスムーズに動かない、、、

ちょっとロボコップみたいな走りで 前を行く男性を一人一人抜いていく、、、

IMG_20161203_120009で 1時間30分 越えちゃったな、、、

1時間30分10秒でゴール、、、

はぁーーーー 面白いコースじゃったーーーー、、、 えぐかったーーーーーー、、、 (^◇^)

で 左太ももと左股関節が固まりだして 左足ブン投げるように歩いて、、、

DSCN1142預けていた荷物を受け取り 持ってきたワンカップを呑む!

ちょーーー 幸せ。。。



参加賞を受け取り(内容すごくいいよ)、無料のカレーを食べて(これも美味しい!)、表彰式を終えて、 掬星台DSCN1150から 眼下を見渡す・・・

すごーーーい景色!

紅葉もすごくまだきれいだったー。

ゴール会場すぐそばのオテル・ド・摩耶でお風呂に入り、参加ゼッケンを見せると下りのロープーウェイとケーブルカーが無料ってのもいいねー この大会 すごく良いわー。

ほんと 大会運営が良くて すごく気持ちいい大会だった。来年もぜひ参加したい。

なによりコースがエグくて面白すぎる! 大好きっ!

来年は アップで太ももを強打せず コースも一度走ったから ルートに不安を抱くことなく突き進み 1時間25分くらいを目指してがんばりたいな〜。

走行データ https://go-wellness.epson.com/neo-run/user/view/shareWorkout.html?shareId=402161023436483100000000000

DSCN1155本日駆け上がった山を 王子公園駅ホームから見渡す・・・

あの上まで登ったんだな〜

今年最後の大会、
紅葉も残ってて最高の小春日和 いい想い出走りができました。。。

このページのトップヘ