《出走馬診断》
※馬名順 A~Dの4段階評価
完全オリジナル全頭診断です。最終予想とは異なり諸条件やオッズを加味してないので、必ずしもA馬を本命にするとは限りません。

ご好評につき今週もやります(一切リクエスト来てません!!!)

先週は中山牝馬、金鯱賞ともに的中
A→B→Bで3連単16万3,380円

毎週、C~Dで決着したら時間の無駄なのでやめますwww




Dアイリスフィール
デビュー戦は超スローを3番手から平均以下の上がりで勝利。血統的にはハービンジャー産駒で中山も問題ないが、あの内容でいきなり重賞では狙えない。

Aエールヴォア
デビューから4戦いずれも持続力勝負②①③①着。斬れる脚はないがヴィクトワールピサ産駒らしい機動力とパワーで押すタイプで中山1800Mは合う。そこまで強い感じはしないが、手薄なメンバー構成のここなら上位候補。

Cエフティイーリス
前走は中山替わり+距離短縮で後方から差す形で4着。その割には上がりは物足りない。母同様に相手なりで大崩しないタイプなので押さえてもいい。能力的には足りないので、穴人気するなら消し。

Aコントラチェック
2走前は勝ち馬のスローペースに嵌って2着も、終始力んだ走りで勝ちに等しい内容。前走は少頭数とはいHラップを刻んでムチ一発で楽勝。スタミナも十分でかなり強い。丸山騎手への手替わりだが能力でカバーできるレベル。

Bシャドウディーヴァ
4戦いずれも速い上がりで②②①③着。前走はスムーズな運びで負けたが上位2頭が強かっただけ。相変わらずスタートがおっとりしているので初の中山が課題。ハーツクライ×ダンシリとパワー型、かつストライドも伸びるタイプではないので、中山で一気にパフォーマンスを上げる可能性は十分ある1頭。

Dジョディー
近走いずれも同じ脚色で強調材料がない。距離延長は問題ないが、Hラップ経験に乏しいので余程楽に逃げれないと厳しい。

Dフラル
上がり、持続力ともに下位。力不足は否めない。

Cマルーンベルズ
デビュー戦は最内をロスなく回って直線だけの競馬。素質は通用の余地があり、人気がないなら押さえてもいい。ただ、緩急のある中山替わりの初戦から強気には。

Bミモザイエロー
4戦いずれも異なるペースで好走と能力はありそう。前走は勝ち馬の斬れに屈したが着差は僅で上がり勝負に対応できたのは収穫。オルフェーヴル産駒らしく気性面が課題だが、五分のスタートを切って自在性を生かせれば上位を狙えてもいい。

Cメイショウハナグシ
デビュー戦は超スローの4番手から平均的な上がりで勝利。スタートは遅かったが二の脚の速さには見どころがあった。飛びが大きく小回りの中山は微妙。素質はありそうだが使いつつの印象。

Bランブリングアレー
デビュー戦はスローの上がり勝負を勝利。前走は一気のペースアップに対応して2着と素質は高い。初戦で馬群を割って伸びた内容から根性もありそう。
母父シンボリクリスエスのパワー型ディープ産駒で馬場は合う。ただ、前走は4コーナーで外に膨れた点が不安材料。距離延長は問題なく、小回りのコーナーに対応できるかだけ。

Dルタンブル
前走の内容からも自分のペースで行けないと脚を使えない。ここは先行馬が多い組み合わせで展開的に苦しい。

Cレオンドーロ
勝ち上がりに6戦を要したように決め手がない。上がり、持続力は平均をやや下回るが、この手のタイプは大崩れしない。ロスなく運べる内枠を引き「セコく回れよ柴田大知ー!」とでも叫べば
見せ場は作れる。


最後にクリック応援お願いしますm(__)m


最強競馬ブログランキングへ