《馬場》
先週の東京芝コースは水準より2秒以上速い時計の出る高速馬場。脚質傾向を気にするより、何度も書いているが
①高速上がり②先行馬③内枠が予想の優劣の順

今週は週末まで晴れ予報。先週同様に良馬場ならかなり時計の速い決着が濃厚

《適性》
過去5年、すべて持続力勝負で決着。距離は違えど先週のヴィクトリアマイル同様にスピードの持続力+斬れが要求される

今年のメンバーに例年のペースを置き換えても持続力勝負の可能性が高い。17年のモズカッチャンは近走持続力勝負の経験はなかったが最内枠で摩擦を抑えることで好走。経験の浅い3歳馬牝馬の長距離戦では内枠が有利に働くことがある。

過去5年、4番人気以下は1頭絡む程度で人気決着が目立つ

《血統》
先週の東京芝の1800m以上4番人気以下で馬券になった馬はハーツクライ、トーセンラー、ローズキングダム、オルフェーヴル産駒など芝中長距離で活躍した種牡馬。また母父キングマンボ系、ロベルト系など欧州スタミナ型が好走

過去5年で4番人気以下で馬券になった馬はディープインパクト、ハービンジャー、ルーラーシップ産駒など芝中長距離に強い血統のみ。母方もスピードよりスタミナパワー型が有利。次いでスピード血統も入るとなおプラス

上記に該当する◎候補は別記事でUP。

現時点で気になる馬をこちらに記載中


最強競馬ブログランキングへ