昨今では、インターネットやクラウドソーシングの普及により、フリーランスとして働く人や、時間や場所に縛られず仕事をする、ノマドワーカーと呼ばれる人々が増えています。彼らは時間に縛られず仕事をしているため、時間をコスト(経費)として意識するのを忘れてしまいがちです。こだわりにこだわって、時間をかけた案件が完了したものの、いざ報酬を計算してみると時給数百円にしかならなかった、などということもあり得ます。そのような事態を避けるため、コスト意識を高めることを目指し、このアプリを開発しました。


アプリイメージ
ma10tim-02



基本的なアプリの流れ
まずアプリ使用者の目標とする時給を登録し、案件の名前と得られる報酬を入力します。すると、案件の報酬額をアプリ使用者の目標とする時給で割った時間をカウントダウンしていきます。カウントダウンがゼロになると、文字通り画面が赤字になり、今度は時間がカウントアップされていきます。 カウントダウン(カウントアップ)が終了した時点での実際の時給を計算するとともに、想定した時給を基準にした場合の収支がプラスかマイナスかを判断してくれます。過去の案件のデータを分析することにより、効率のよい仕事に特化していくことが可能です。また、プロジェクト毎の結果をEvernoteに出力し、記録として管理することもできます。
このアプリで出来ること
自分の労力を人件費(経費)として計算した場合、案件の収支がプラスなのかマイナスなのかを確認することが出来ます。さらに残り時間を確認しながら仕事をすることで、かけるべき手間を調整しながら仕事を進めることが出来、効率を高めることが出来るのではないでしょうか?
アプリ名について
「時は金なり」これは常日頃から肝に銘じておくべきことです。仕事中はもちろんのこと、日常生活においても意識することで、きっと未来が変わりますよ!このアプリはそれを少しでもサポートするアプリです。