百合星人ナオコサン 1 (1) (電撃コミックス EX 98-2)
百合星人ナオコサン 1 (1) (電撃コミックス EX 98-2)
クチコミを見る


百合星人ナオコサン 2 (2) (電撃コミックス EX)
クチコミを見る


今頃アマゾンから届いた品です。予約商品と一緒に買うと入手が大幅遅れになりますが、いつものことです(≡ω≡.)


さて、この本「百合星人」ってうちのブログと同じタイトルなんですけど・・・ブログを始めてからこの漫画を知ったので、特にこれから名前をとったわけではないです。とても親近感あふれる名前ですね。名前の通り百合星人のナオコサンがこの漫画の主人公です。


それにしてもこの漫画あらゆる意味でやばいです。
まずこの本の初回限定版のおまけからしてとんでもなくやばいです。
何がやばいって漫画の挿入歌(1巻)とか主題歌(2巻)とかが付いているのです。
2巻の初回限定版しか持っていないのですが、主題歌CDに加え「幼女時計アプリケーション」なるものまで付いているから今この時代的にどうなんだろう・・・な感じがします。その名もLOLICLOCK(ロリクロック)。幼女がパソコンのデスクトップ上で踊りながら現在時刻を知らせてくれるという愛くるしくもやばげなおまけです。


なんで幼女?かといいますと、この漫画の中にはたくさん幼女が出てくるんですね〜。主人公の百合星から来た百合星人ナオコサンが幼女マニアとでも言いますか、百合でロリな属性で幼女を連発するからなんですね。
まるで私じゃんΣ(・ω・ノ)ノ(ぇ


幼女に囲まれて幸せそうにしている百合星人がいるかと思えば、対するやおい好きの
人もちゃんといて、百合VSやおいで対決したりひたすらシモネタに走ったりと、とにかく独特のギャグ漫画道を突き進んでいる漫画と言えます。


私なぞなんで今までこの漫画を読まなかったんだと後悔さえしております。
そんな百合星人ナオコサンを「百合星人」はこれからも応援していきます。