仕事も、家庭も、自分ごとも

静岡県沼津在住の3児の母。 平日は企業で働き、休日に働くママのために奮闘中。 育休後アドバイザー。

仕事も、家庭も、自分のことも大事にしたい。

そのために、働くママのための活動を静岡県東部で進めていきます。

ママはついつい、家庭や仕事のことで手一杯に。

そんな時、ママでもない、一人のわたしとして向き合う時間があることで、自分を保ち、仕事も頑張れる、家族とも笑顔でいることが出来る、
そんなふうに考えています。

「話す」「学ぶ」「楽しむ」をキーワードに。

また、この活動を通じて、
同じ志を持ち、励まし合い、切磋琢磨しあえる働くママとの出会いがありますように。

仕事も、家庭も、自分ごとも、の
育休後アドバイザー 鈴木陽子です。

日に日に大きくなる赤ちゃん、
独特の甘い香りと、皮脂のにおいをクンクンして癒されています。

======================

産婦人科に入院すると、いつもと属性の異なる方と出会うこと多々。
今回、3度目の入院でしたが、「ハッ」とさせられることがありました。

私が出産した産院では、(体が回復してくると)
食堂で食事をする仕組みでした。

なので、入院中の方とも出会いがあり、
実際第1子出産で出会った方とはいまだに親交があります。
(第1子の時は本当に心強かった)

======================

育休を経て、職場復帰をする女性はいまや半数以上。
第1子や第2子の時よりも、
働き続ける予定のお母さんとも出会いがあるかなー、なんて考えてました。

だけど実際に出会ったお母さんたちは、

「働きたくない」

「働き続けられる気がしない」

働くことに対して、ネガティブな印象を持っている方が
(たぶん、たまたまなんだけど)多くて驚きました。

仕事が楽しい、仕事も頑張りたい、といった私は
かなり浮いた存在だったことでしょう・・・

    
    子どもを持って働くことはまだ、当たり前ではないんだなぁ。


価値観はそれぞれですし、働かないことを否定するわけではありません。
働かないことを、自ら決めているのであれば。

自ら決めたことでないのであれば、
それを見た子どもはどう思うのかなぁ・・・

「働くことが楽しい」 「働くってかっこいいこと」

そう思えるようになるには何が必要なんだろう。

少なくとも、周りの環境(家事や育児の負担や、職場での環境)で
働き続けられない、という状況は、
子どもたちが大きくなるまでに変えていきたい。

51902616_1362090133941959_796402754766503936_n

↑私の入院期間中、大渋滞でした。笑
 この子たちが大きくなるころにはどんな世界になっているんでしょう・・・


育休の期間を活用して新たに学びたいことがあります。
今後の活動につなげるために何をすべきか、
何をしてみたいか、考えるととてもワクワクします。

道筋を示すのに、ドリームマップが役立ちそうです。

仕事も、家庭も、自分ごとも、の
育休後アドバイザー 鈴木陽子です。

生後20日ほどの良く寝る息子に感謝しつつ、
こんなに寝かしつけしなくていいんだっけ・・・?と
少し戸惑いを感じている最近です。

======================

今回の入院中、ふと3人目の術後は楽だなぁ、と感じることがありました。

慣れもあるとは思いますが、感じたのは、

「自分の身体と対話する」ことの大切さ

◎対話するって?
 身体の状態を知っておくこと、整えることだと思っています。
 便通しかり、肩こりしかり、体重コントロールしかり(これはできてないかw)

======================

■出産する前まで

結構適当で
食べるものに関しても、体の状態に関しても、
美味しければいい、動けているからいい、死ぬほどではない、状態であれば放任していました。

なので、風邪もよく引くし、アレルギー(花粉症)も持っていました。

■出産後は・・・

「これを食べたらおっぱいが詰まるな・・」
「おなかの調子が悪いからこれくらいにしておこう」
「むくみが出ているから、しょっぱいものはやめておこう」
「肩が凝っているから少しストレッチしてみよう」

といろいろ気にするようになり、
便通もよく、花粉症も少し改善されています。
肩が凝ってもそのまま放置しないようになりました。

52181525_1423092644495008_546041710854012928_n

入院中もフットバスやマッサージ、足を冷やさない対策でむくみを解消しました
(ここのクリニックは入院中1回マッサージ師さんがケアしてくれます♡)


■何が変わったって、おそらく2点

①おっぱいをあげるようになってから、食べるものが気になりはじめた

 自分の身体だけど、自分のためだけの食べ物ではない

特に、腸内環境を整えることは大切。
後日、帝王切開あるあるの記事も書こうと思いますが、
便通、ってとっても大切。

発酵食品しかり、ヨーグルト然り(私はこれで花粉症が改善された)
何をどれだけ食べたら、おなかの調子がよく保てるか、
試行錯誤はありましたが(笑)、わかるようになった気がします。

②産後のエクササイズやヨガで、
  自分の身体の正常な状態を把握することが習慣化した

 あとは体の動かし方を思い出した、という感覚です、
 ある程度の不調も、ストレッチやヨガポーズで緩和できるようになりました。

========================

妊娠・出産・授乳を通して、自分の身体に目を向けることができたこと、
とてもうれしい変化だな、と思います。(私の場合、3人目でようやくww)

症状が出てから対処する、ではなくて
日頃から対話しているから、「事前に察知」できるのは、とても快適

子どもを産まなかったら…どうだったでしょう。
子どもたちが来てくれて、感謝♡

仕事も、家庭も、自分ごとも、の
育休後アドバイザー 鈴木陽子です。

第3子出産に伴い、娘の赤ちゃんがえりにほとほと困り果てている今日この頃です。

注目を集めたいのか、オムツひとつ、フォークひとつで
自分でやる、だの そこに置かないで だの 主張に翻弄されています。
そのうち治るだろうと思っていますが結構疲れます・・

============================

妊婦のうちにしてみたいこと①:マタニティフォトを記事(こちら)にしましたが、
妊婦のうちにしてみたいこと②として、ベリーペイントをやってみました!

(記事は出産後になりましたが・・・w)

お友達のフェイスペインターの、まっちゃん
松永マサエマサエさんにお願いして。
デザインもメヘンディを基調に、縁起のいい柄を入れてデザインしてもらいました。

完成したのがこちら↓

2019-8

ちと恥ずかしいですが・・・
スタジオで撮影してもらいました!
ミノリフォトワークスさんで。

クジャクや、☆柄、家族の名前の由来である「数字」が隠されています。

一般的な(?)ベリーペイントはbabyのお顔が多いと思いますが、
今はいろんなデザインがあるんですね。
2019-3


ちなみに胸の上のお花は即興で。
じつは撮影の数日前に心電図を撮り、吸盤の跡がキスマークみたいに💋
上手に隠してもらえましたwww


2019-46

お顔にもお絵かき・・・^^
51658146_2143867802340421_6395127667187777536_n


これが4人で撮る最後の家族写真となりました。

=========================

このベリーペイントの写真と、
産院の検診でもらったエコー写真をスキャンして
フォトブックにしておこうと思います。

※ちなみに、エコー写真は経年劣化で薄くなっていきます!
 データで保存するのがオススメ

========================

私はお友達にお願いしましたが、
こちらでもベリーペイントのアーティストさんを検索できるようです。

一般社団法人ベリーペイント協会
https://belly-paint.jp/

恥ずかしいなーと思っていたけど、本当にいい思い出。
一生忘れないと思います。 感謝♡

仕事も、家庭も、自分ごとも、の
育休後アドバイザー 鈴木陽子です。

分娩予定日の1月23日、無事に第3子を出産しました。

母子ともに健康で、今は家で過ごしています、
3人目は上の子の保育園があるため、里帰りせず、
平日は家に母親に通ってもらい、家事や上の子の世話を見てもらっています。

51669959_769970683389253_6619721308210987008_n

新生児ってなんて愛おしいんでしょう。

3人目で余裕があるからなのか、とにかく可愛くて仕方ありません。

とにかく健康で、生まれてきてくれたことに唯々感謝です。
妊娠中から体を気遣い、周りのサポートしてくれた方々へも
感謝の気持ちでいっぱいです。

産褥期、なるべく横になれるときは横になって。
ぼちぼち社会生活に復帰できたらと思います。笑

とりいそぎご報告まで。

仕事も、家庭も、自分ごとも、の
育休後アドバイザー 鈴木陽子です。

早いものでいよいよ、あさって23日に分娩予定となりました。
体調もとてもよく、まだ子宮口もがっちがちなので、
予定通りの分娩となりそうです。
本当にありがたいことです。

======================

さて、先日、ずーーーーーっと受講したいと思っていた
(かれこれ1~2年ww)、ドリームマップを作ってきました。

ワンデードリームマップ、いつも目について
頭がごちゃつきがちな私はとっても興味がありました。
結果、受講してみてとっても良かった。

10時から16時まで、
ワークショップ、ドリマ作成、発表と、
とても充実した時間でした。

作成したドリマはこちら↓
ドリマ

■私の場合は、3年後、どうなっていたいか?

・ほしいものや行ってみたい場所
・自分のなりたい姿
・笑顔になってほしい人
・こうなったらいいなと思う社会

そんな視点から、
自分の思うままに切り貼りして・・・・

ただ、文章にするよりも、
ビジュアル的に捉えられるので理解しやすい
というのが第一印象。

説明をしてみると、言葉一つ、写真一つでも、
人によって受け取り方が違うのがまた面白い。

■ドリマ作成での気づき

①どの写真、どの文章をとっても「わたし」 

 何気なく切り取った写真も、その時はそんなに大事、と思っていなくても
 後になって見返してみると、大事な構成要素だったりする。

 例えば、私は美術作品が好きなので、
 クリムトのKissの写真を貼りました
 (オーストリアに行って本物を見るのが夢)

 klimt_kiss
 写真は、インターネットからお借りしています。

 なんで、この絵画を貼ったの?という質問に対して、
 私の「パートナーシップを表す愛の象徴」だ、ということに気づいたのです。

 自分自身も、父が小さいころに他界しており、
 夫婦の在り方ってよくわからない部分がありました。
 学生の頃、この絵に出会ってから、
 この絵画の包み込まれる感じ、だけど、二人は一体となって。
 憧れ、なんですよね。いつも愛のイメージはここにあることに気づかされました。

②「現在地と目的地は明確に」「カーナビを設定するように」

 今回のドリマで意識したのは、具体性。
 自分が道に迷わないように、なるべく具体的に表せることは表して。

 結果、とても現実的なドリマになりました。
 軸がぶれずに活動するための指標になりそうです。

 ただし、、、じつは仕事のことが一切描かれていません。

 機密の観点と、まだ復帰後の仕事内容がわからないから…と
 考えていました、その時は。

 描けないことがわかったことで、ちゃんと自分のキャリアとして
 どんな能力を伸ばしたいか、そのためにはどんな仕事内容にすべきか、
 育休中に考えなくてはならない、と再認識させられました。


③こうなると良いな、と思う世界が明確に

 私が紡ぎだした「キーワード」

 ・地方でも学びの場を
  ~子どもを持っても学び続ける~
 ・ローカルから世界を変える
 ・誰も置き去りにしない
 ・夫婦でキャリアを描くサポートを

 このワードを見るだけでも
 これまでの体験や経験から、選択し、今につながっていると感じます。

 親のかっこいい背中を見せる、
 子どもは必ずその姿を見ている

 自分自身も親の頑張っている姿を見てきたから
 本当にそう思う

 かっこよく生きる親をサポートできたら、
 そんなにうれしいことはないなぁ、と思います
 
 仕事も
 家庭も
 自分ごとも、

 欲張りかもしれない、
 だけどそれを達成するには、

 何かをやめて、
 何かを得ていくのだと

 子どもを持ってから気づきました

 自分の思っていることを整理することで
 自信をもって進んで行けそうです

==================

ドリマの先生もやっている友人からも、
「自己紹介」代わりにも使えるよ、と言ってもらい、
たしかに今の自分を表す、いいツールだと思います。

ただし、初回受講は10800円。
すぐにポンと受講を決められるものでもないかもしれません。

ですが、これから先の未来、周りの環境もどんどん変わっていきます。

特に今年の3月くらいまでには、
一度続けてきたことを終わらせるとき、だそうです。
(占星術を学んでいる先生に教えていただきました)

一度、3年後にどうなりたいか表現してみませんか?
※別にドリマの回し者ではありませんww

====================

今日も長くなりましたが、
おそらくブログ更新は出産後、になると思います。

ぼちぼち、自分を表現していけたら、と思います。
良ければLINE登録してくださいね。



そして共感いただける方は、ぜひFacebookメッセンジャーでご連絡くださいませ。
一緒に楽しい夢を描きましょう・・・♡


仕事も、家庭も、自分ごとも、の
育休後アドバイザー 鈴木陽子です。

産休に入って、ようやくほっとできるかなーと思うのもつかの間、
毎日なんだかんだとバタバタしている鈴木です。

検診は本来なら隔週、臨月に入ると1週間に1回でいいはずですが、
帝王切開3回目、かつbabyが9か月後半ですでに3000g超ある、
要注意妊婦のためw、毎週通っています…。

エコーで毎回babyの様子が見れるのでうれしいですが^^

===================

さて、私の産前休暇は、
1/10~1/23(最大)しかありません。
その間にやっておきたいこと、詰め込んでます。
(産気づきませんように…産気づきませんように…)

・babyの準備
→上の子の時のもの+消耗品を購入したくらい
 あとは、ベビーベッドとお世話用品を入れるかごを準備したくらい
・家の掃除
・写真の整理
→イヤーアルバムを作成!何年分!?w

・上の子どもたちの予防接種
・お年玉やお祝いの貯金と整理
・読書
・友達とランチ
・ドリームマップ作成   ・・・などなど

6514F985-3AA5-40E1-96E7-13DC2D4765BE

A3D4AA0D-4C8E-4944-A0BA-5ED41CA0C290

沼津市大岡のアリクイショクドウさんで。
川を眺めながら、気の置けない友達とのランチ、しあわせー


平日にしかできないことを、今のうちに。
赤ちゃん連れでもできることは産後に回すことにしました。
銀行や病院も、余裕を持っていけるのはとっても嬉しい。

=================

ドリームマップ作成は、別途ブログへもアップしたいと思います。

準備段階で、自分の好きなもの、こうなるといいなと思っていることを
考え始めましたが、いろいろ思うところがあったのでそちらも記載予定です。



仕事も、家庭も、自分ごとも、の
育休後アドバイザー 鈴木陽子です。

ようやく1/10から育休に入りました。
今日から臨月、すでにおなかの子の推定体重が3000g超え!のため、
お腹はパンパンです。
(上の2人の時は2800g前後で生まれていますので、巨大に感じます)

さて、夫単身赴任中の出産となるため、
産褥期を乗り越えるための準備を実行中です。

=======================

■心配ごと
・上の子の保育園の送迎
・食事
・掃除
・洗濯
・買い物 などなど

やることはたくさんある!

ですが、産褥期の回復がされていないと、
更年期以降も体への影響がでると聞いているため、
産後のテーマは「産褥期はなるべく横になって回復に専念!」としています。

■じゃあ、サポート体制は?
夫は平日不在・・・
私も夫の両親もともに近隣(車で30分以内)に住んでおり、
普段から保育園の送迎等のフォローはしてもらってます。

ですが、両親だって、両親の人生があるのでw
保育園の送迎だけは、事前にお願いをしています。

あとは、なるべく自分たちでやりきる、
外部でサポートしてもらえるものはお金で解決しようともくろみ中です。

■新規導入すること

・ダスキンの家事代行

早速先日から始めました。
初回は、2人で1時間。
やってもらった内容は下記の通りです。


家事代行_n

1時間でも結構な量の家事をやっていただけました。

子どもたちの食べこぼした机の下、
トイレの隅のホコリなど、
お腹が大きいとやりづらい、困っていた家事も
お願いしなくとも、やっていただけていました。
(さすがダスキン・・・)

なんということでしょう・・・まるで我が家のトイレではないような・・・♡

トイレットペーパー_n

■丁寧な家事代行、だけど「デメリット」は?

やっぱり、費用。
1人2時間 もしくは 2人1時間の利用で、¥7,560

これが安いか、高いかは人によると思います。
私の場合は

・利用は産褥期のみ
・今後の自分の体への投資

ととらえてありがたく利用させていただこうと思っています。

あとは、人によっては自分の家のものを触られる、ということに
抵抗がある方は難しいかもしれません。
(私はあんまり抵抗ありませんが)


■そして最後に、一番心配なのは、「食事」

私一人ならどうにかなります。
だけど、上の2人の栄養バランスを考えると、
毎日ふりかけご飯・・・ではいけないと思っています。

・セブンミールの宅配サービス
・ネットスーパー
・ストックできる食材の活用(レトルト、作り置き:味噌玉!、冷凍食品など)
・パルシステムのおかずセット(切ってある食材を調理するだけ)

上記をうまく組み合わせながら、
産褥期を乗り切る予定です。

また、やってみて都合が悪いことは改善していきます。
ブログにも書いていこうと思っています。


====================