2021年05月17日

Star Wars Vintage Collection the childをGET

スター・ウォーズ ヴィンテージ・コレクション ザ・チャイルド Star Wars Vintage Collection the childをGETしました。


DSC_5661


DSC_5662



DSC_5663



超絶久しぶりに3.5インチフィギュアの並行輸入版を手にしました。


日本版のシール貼られたものも販売されているのか、、まったくわかりませんが、最近のSTARWARSのフィギュアの方はどうなっているのやら。

エピソード7のフォースの覚醒の3.5インチフィギュアを購入して以来かもしれません。

STARWARSドラマシリーズのマンダロリアンはシーズン1も2もおもしろかったし、グローグーの謎はまだまだ深まるばかりで気になる存在です。


マンダロリアンとザ・チャイルドのセットもあり高額ですが、機会あればほしいですが、、、。


DSC_5664

DSC_5665~2

DSC_5666

nazenaze900 at 02:07|PermalinkComments(0) mixiチェック SWフィギュア 

2021年01月02日

🎥STARWARSのボバ・フェットEP6のその後【ネタバレ注意!】

STARWARSエピソード6『ジェダイの帰還』にてボバ・フェットはルークたちとカークーンの大穴の所で激闘をしてジェットパックにダメージを追って飛んでコントロールがきかず穴に落ちてしまい、サルラックの餌食になります。


その後、サルラックから脱出していたという生存説もあり、いろいろな想像が膨らんでいました。(Unleashedフィギュアなどでそのシーンが再現されたりしてます)


が、しかし、ディズニープラスで観ている『ザ・マンダロリアン』のシーズン2チャプター9「保安官」を観たところ、どうやらボバ・フェットは死んでたことを匂わせるシーンがありました。

ジャワがボバ・フェットのアーマーを手に入れてサンドクローラーにスクラップに紛れて置いてありました。


アーマーだけ残っているのは、何とも言えない気持ちにさせられました・・ボバ・フェットがマンダロリアンの一人として生きてたら・・と期待していた人もこのシーンには意気消沈だったかもしれません。


ちょっと、せつないですね。


と思っていたら、チャプター15「信奉者」でうれしいことにテムエラ・モリソン演じるボバ・フェットが登場しました。クローントルーパーも皆同じ顔でした。

ディン・ジャリンの協力要請にたいしてベスカーを返してもらうように進言して、モフ・ギデオンからザ・チャイルドを救出する作戦をマンダロリアンたちが協力しあい立てることになったのは奇跡的な瞬間といえ、少し感動でした。

ジャンゴフェットのそのままの遺伝子のクローンでもある息子ボバ・フェット。

デス・ウォッチからマンダロリアン・スーパー・コマンドーになりナイトアウルだったボ・カターン・クライズ。


トゥルー・マンダロリアンとして教義に忠実なディン・ジャリン。


今回は名前も会話のなかにほぼ出てこなかったと思います帝国軍に味方したマンダロリアンのインペリアルスーパーコマンドーのガル・サクソンやタイバー・サクソン。

ガル・サクソンと戦ったプロテクターのフェン・ラウ。


旧共和国軍や反乱軍とも協力しあったレン家のサビーヌ・レンやトリスタン・レン、その父アルリック・レン、母のアーサ・レン。


多くの氏族からなるマンダロリアンの歴史は派閥が多く、複雑で理解するのが難しいですが、1000年前にター・ヴィズラというマンダロア・ザ・グレートと呼ばれるジェダイがダークセーバーをつくったことから、そのダークセーバーが代々伝わっていったヴィズラ家を中心に様々な氏族の抗争の繰り返しによりベスカーという金属でつくられたアーマーや武器、ジェットパックを身につけた誇りある戦士の歴史が作り上げられていったと思われます。


戦って勝ったものがダークセーバーを引き継ぎ、マンダロリアンの指導者になるという戦士の歴史。

なぜダースモールが指導者になるのか・・あのときはえーっ!!??とビックリしました。


ローグワンのラストで現れるダースベイダーの恐るべき強さ、、、相手が弱すぎるのもありますが。


それを思い出すような、、
マンダロリアンのラストで現れるジェダイマスターとなったルーク・スカイウォーカーの恐るべき強さに感無量でした。

R2-D2とグローグーが出会うシーンも
勝手に予想していたけど
本当に観ることができてほっこりしました!


ディン・ジャリンとグローグーがまた再会する話も見てみたくなりました。

この二人の出会いと別れの物語、、最高でした。



・・・This is the way


・・・我らの道


nazenaze900 at 14:41|PermalinkComments(0) mixiチェック SW 人物キャラクター 

2020年12月19日

ボバ・フェット役ジェレミー・ブロックさん追悼

ボバ・フェット役で活躍されたジェレミー・ブロックさんが2020年12月17日に逝去されました。

ジェレミーさんにはサイン会で何度かお会いしました。

いつも奥さんが寄り添っていて、スター・ウォーズ好き、ボバ・フェット好きな人にとてもやさしく接していただきました。

スター・ウォーズ俳優の中でも1番といえるほど本当に気さくで雰囲気よくやさしく対応してくれました。

ボバフェットの少年時代を演じる子役のダニエル・ローガンにも会ったことありますが、
ボバ・フェットといえば、やっぱりジェレミー・ブロックさんの優しい顔が浮かびます。

ボバ・フェットが主人公となっている海外コミックスもスター・ウォーズのコレクター全盛期に購入しましたが、ボバ・フェットの英雄的なエピソードが漫画となっており親しみがわきます。

ボバフェットはSWエピソード5で銀河帝国軍のダースヴェイダーにより集められたバウンティーハンターの一人として登場して、その寡黙でいながら、誇りある戦士としての動じない姿は、誰がみてもかっこよく多くの人がその謎多きキャラクターに常に注目してきました。

(「クローン・ウォーズ」や「反乱者たち」で詳しく描かれていたマンダロリアの戦士は、惑星マンダロア出身の部族を指す言葉ではない。マンダロリアンの教義を守る一団である。マンダロアの戦士たちには様々なグループがあり、時に対立したりして分裂を繰り返してきた歴史がある)

エピソード6のジェダイの帰還では、ホバ・フェットはルーク、レイア、ハン・ソロたちの処刑するためジャバ・ザ・ハットと共にデューン・シーにあるカークーンの大穴へ向かいますが、、その大穴に落ちてサルラックの餌食になってしまいます。いつの時代でも英雄は死んでも生き続けます。源義経も織田信長も明智光秀も坂本龍馬も暗殺された英雄ですが、日本の滅びの美学が国民の魂に眠っているのか必ず英雄は実は死んでなくて生き延び別の土地で人生を全うしているという話が伝説となって語り継がれているケースが本当に多いです。
ボバ・フェットもサルラックの大穴から逃げ延びる姿がフィギュア化されたりしてます。
ダークホース・コミックスの「ダーク・エンパイア機廚妊椒弌Ε侫Д奪箸六爐鵑任い覆ったことが判明。「ダーク・エンパイア供

最新作のマンダロリアンでも、他の俳優が他の役として同じボバ・フェットのスーツを着てますが、やっぱりジェレミーさんの体格が1番馴染んでいて素晴らしかったと思いました。

たくさんのやさしい笑顔でたくさんのポートレートやフィギュアにサインしていただき、ありがとうございました。

STARWARSシリーズの中でも人気が高いキャラクターのイメージを本当にけがすことなく、「This is the way」という言葉どおりに、最後までボバ・フェットたらんとしたのではないかと思います。

May the Force be with you.

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【ジェレミー・ブロック氏 Jeremy Bulloch】

生年月日
1945年2月16日

没年月日
2020年12月17日(75歳没)

出生地
イギリス・マーケット・ハーバラ

死没地
イギリス・ロンドン

職業俳優活動期間
1958年 - 2018年

主な作品
「スター・ウォーズ」シリーズ

経歴
10代の頃から俳優生活を開始。

彼の名を一躍有名にしたのは、「スター・ウォーズ・シリーズ」エピソード5『帝国の逆襲』 - エピソード6『ジェダイの帰還』でのボバ・フェット役である。ただしこれはスーツアクター的な役回りであった。

上記以外にも『007シリーズ』の「007 ユア・アイズ・オンリー」(1981年)と「007 オクトパシー」(1983年)などにも出演。

近年はパーキンソン病を患い闘病生活を続けていたが、2020年12月17日、ロンドンの病院で死去。75歳没。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
007での出演は、話には聞いたことありましたが、確認していないので機会あれば確かめてみたいです。

nazenaze900 at 15:21|PermalinkComments(0) mixiチェック SW俳優