なぞらえ屋 舞録

2009年11月

『なぞらえ屋 〜開闢九重千曳〜』DVD好評発売中!http://www.lamoonbatake.net/shop/bando グッズもあるよ!
予告PV http://youtu.be/tMmDgdy2r3g 舞台ダイジェスト http://www.engeki-d.com/unit_info/etc/pg605.html

DVD発送中。

dvd_nazoraeya3

さて、DVD完成記念イベント『再逢〜耳袋2』まで一週間を切りました!

現在、完成したDVDをじゃんじゃん発送中です。

お手許に届きましたら、不具合がないかご確認ください。
パソコンでは見られるけど、DVDプレイヤーだと止まるという現象が二、三枚確認されておりますので。
原因は全くわかりませんけれど
とりあえず、スタッフみんなで祈ります。
無事に楽しんでいただけますように!!

改めて、DVDをご覧になった感想などありましたら、メッセージボードの方にいただけますと、次に繋げる活力になりますので、よろしくお願いいたします。

それにしても特典映像の石山さん。
はじけてて素敵です。
色んな裏話が聞けて、スタッフ的にも面白かったです。
画質や音質はあまり良くはないのですが、素顔が垣間見られてちょっと得した気分になりました。
ゲストで出演の亮輔@伊藤君&弦也@大高君も、仕事を終えた感が伝わってきて、いい感じでしたよ。
是非、是非、DVDで確めてみてくださいね。
よろしくお願いします。

そして、完成記念イベントでお目にかかりましょう!
お待ちしております


お知らせ と 『耳袋2』を楽しむために その6 有里先生のお話

ごめんなさい、ちょっと間が開いてしまいましたね。

実は、20日に発売を予定しておりましたDVDに、編集上の重大なミスがみつかり、現在急ピッチで修正作業を執り行っております。
ご予約のお客様には、大変申し訳ございませんが、お手許に届きますのが3日〜4日ほど遅延いたしますことをご容赦ください。

トラブルはつきものとは申しますが、毎度毎度本当に申し訳ありません。

さて、ちょっと嬉しいお知らせもあります。
『耳袋2』に咲姫@平田さんと柾善@谷口さんも参加出来ることになりました。

がぜん出席率のいい『再逢〜耳袋2』に、是非奮ってご参加ください(笑)。(と、いっても、もう少しで会場は定員になりそうなので、参加表明はお早めによろしくお願いします)


さて、残っておりました有里先生のお話です。




結構、怖いです。




明るい時にお読みになるのをオススメします。




では、いきますよ。








送られてきた『写真』の話

夢来鳥先生のお話で触れた、サークルの合宿の後日談になるようです。
出かけた先は福島の方で武家屋敷とかを回って帰って来た夢来鳥先生、何故か左腕が腫れて上がらなくなるという現象が起こったといいます。

それが、霊障だと気がつくのは後になってからだというあたり、やはり天然です、夢来鳥先生

一緒に旅行に行ったわけでもなんでもない、有里先生のほうにひどいとばっちりがいってました。


その日は雨の日だったそうです。

仕事場である虫プロから、夜家に帰ってきた有里先生、入り口のドアの前で一瞬、いわゆる『殺気』を感じて咄嗟に後ろにばっと体を引きました。
まったく同時に、小さかった息子さん(むっちのお兄ちゃんですね)がドアを開けて、間一髪でドアにぶつからずに済んだといいます。

偶然にしても、奇妙な感覚をいぶかしんだ有里先生は、自分の胸元をみて、次の瞬間ぎょっとしたそうです。

着ていた合羽が、心臓の辺りから左側にさっくり切れているではありませんか。

ドアに引っ掛けたわけではありません。

その瞬間、有里先生は、郵便ポストに何か入ってるのを確信したそうです。

案の定、ポストの中から出てきたのは、夢来鳥先生と一緒に出かけたサークルのファンの人から「こんなの撮れちゃったんですけど」というお手紙と写真。

「白装束で左腕と首のない、おそらくはお武家さんだと思う人がバッチリ写ってたのよ。もう、自分じゃどうすることもできないから、深大寺に持って行って浄霊してもらいました」

あ、それで左手が腫れたんだ〜と合点したらしい夢来鳥先生でした。

怖い写真が撮れたからといって、誰かの所に送ったりしないようにしましょうね。ブルブル。

『耳袋2』を楽しむために その5  夢来鳥先生のお話

怖いなお話が駄目な人は読まないのをオススメします。




  



大丈夫ですね? 



いきますよ?



『ミニコンポの前に座っている(らしい)人』

漫画家になりたての頃、住んでいらしたマンションでの話です。
ミニコンポの電源が勝手に入り、カセットデッキが勝手に鳴り出すという現象が頻発。
どうやら、ミニコンポの前に誰か座っているらしいと言われたとか。

よせばいいのに、カセットしか鳴らないことに突っ込む夢来鳥先生。
「じゃあ、CDも鳴らしてみせてよ」

その日の真夜中。

何やら耳障りな音で目が醒めたねむ先生。

ブツッ、ガチャ、ブツッ。

なんだろう? と眠い眼をこすり見てみると、それは、何度も何度も狂ったようにミニコンポに電源が入っては切れる音だったそうな。

ブツッ、ガチャ、ブツッ!

CDのつけ方がわからないらしい。

ブツッ、ガチャ、ブツッ!

思わずそろりそろりと歩み寄り、「ごめんねー、悪かったですー。CDはここを切り替えないと動かないの」と操作方法を親切に説明(笑)。
なんとなく、微笑ましいよな、突っ込みどころ満載でずれてるようなww
「でも、眠れないと困るから電源抜くねー」
と言って、コンセントを抜いて寝たらしいです。

他にも、怪猫に襲われた話やら、専門学校時代の同人サークルの合宿で福島に行って、「もって帰ってきちゃった」話やら・・・あ、しかもこれは有里先生に続きがあるんですよ。

どんだけ怖い体験してるんですか?ブルブル

というわけで、まだ続きます。

『耳袋2』を楽しむために その4 金縛り・・・? 

滅茶苦茶怖い夢来鳥先生と有里先生のお話の前に、役者陣がジャブ的なお話を並べます。

役者仲間では有名な大塚のY劇場に出る子供の幽霊の話。

楽屋で話題になってた、この作品に関わるようになってから、ちょっぴり体に出た変化のこと。

学校がらみで、亡くなった先生の目撃やスキー教室での不調の話等。

うん、みんな怖い怖い。

そして、最後に残った弦也@大高君。

滅茶苦茶怖い金縛りにあったといいます。
「電車でですね、こう、立ってたらですね、後ろから手が自分のお尻を……」
え? お尻?
「その瞬間、気持ちは乙女ですよ。何も出来ずに金縛っちゃいました」

痴漢かーい

みんな、ちょっと乙女な弦也さんに爆笑です。

次に会ったら、立ち向かうようにしてください。
金縛りは自力でなんとかしましょう。

まだ、続きます。


『耳袋2』を楽しむために その3  自己紹介と質問コーナー

耳袋2

さて、にこやかに(内心結構緊張してたらしいです)、キャストと原作のお二方がMCのAKIRAちゃんに紹介され席に着きます。

簡単な自己紹介の後、キャストの皆さんに対して、あらかじめ頂いていた質問をしたのですが、役作りにおいて気を使っていること、が、柾善@GO!さん以外全員『年齢』という結果に(笑)。
耳袋4

若く見えるようにする(真沙美、亮輔)年齢が上に見えるようにする(叶慈、弦也)、年齢的には若く作りたいけどそれ以上に女装(咲姫)ってどういうことですか?
「これから頑張ってあちこち改造したいと思います」by咲姫
メカですか? メカなんですか?咲姫姉さん。

そして、すでにこの段階から「若作り」が課題だった15才現役高校生、苦労が偲ばれます。

柾善さんは、お客様に伝わるようなキャラ作りを。と、一人真面目さが浮いてる感じでした(苦笑)。

そして、笑える話NO.1は『クロさんは迷子』ネタ。
耳袋3

上手に発音できず、いつまでも目的地に着かない弦也について集中攻撃でした。
弦也(ディアール=オーク)の迷子はデフォらしいですよ。
弦也さんに興味のある方は、ら・むうん畑内にあるディアール=オーク公認ファンクラブKYHを覗いてみてください。

さて、明日はいよいよ耳袋的話題です。続く。

Categories
QRコード
QRコード
記事検索

注意事項
ブログにいただいたコメントは、スタッフの確認の後に公開になります。 非公開をご希望の方はその旨をお書きください。
  • ライブドアブログ