なぞらえ屋 舞録

2011年06月

『なぞらえ屋 〜開闢九重千曳〜』DVD好評発売中!http://www.lamoonbatake.net/shop/bando グッズもあるよ!
予告PV http://youtu.be/tMmDgdy2r3g 舞台ダイジェスト http://www.engeki-d.com/unit_info/etc/pg605.html

裏話第四景 7つの魔物たち 帽子屋vs咲姫(岩姫)

いよいよDVDの編集も大詰めを迎えて、現場から火を噴くような悲鳴が漏れ聞こえてきます。
体力が許せば、絶対同席してたけれど、今は仕事場から祈りの態勢です。
頑張って、映像班!!

そして、祈りつつもブログが次のイベントに追いつかれちゃってるので、大急ぎで行きますね。

「塀から落ちたのは卵ではなかったようで」と、捨て台詞を残し満足そうに卵が下手に去っていくと、次々繋がれていくなぞらえ屋たちに、アリスが反応します。
_MG_3081すかさずその様子に気づいて歩み寄る帽子屋。M1D52330
「アリス、悲しそうな顔だね、どうしたのかな?」
「だって……、みんなとても苦しそうなんだもの」
ここで帽子屋は、とても大事なキーワードを口にします。
それが、何にかかっているかは、是非DVDで確かめてください。
その帽子屋が待っていたのは、なぞらえ屋紅一点、岩姫こと咲姫でした。
時空転移する時に、なぜか咲姫だけちゃんと着替えているんですが、これは帽子屋さんからの贈り物。
巫女さんぽいドレスをチョイスするあたり、素敵な趣味です帽子屋さん。
それを揶揄する仕草が、実はとても色っぽい咲姫です。
M1D52320この辺りから、岩姫@平田絵里子ちゃんと帽子屋@KAZOOの火花散る一騎打ちが始まります。
台本に入る前から、二人のダンスはタンゴと決めていました。_MG_3095
悪魔と巫女さんのタンゴなんて、ちょっと背徳的でゾクゾクしませんか?

_MG_3107美しく軽やかに、でもまるで鋭い剣で戦っているような、ピンとした緊張感が舞台上を支配します。
やがて、踊り終わると、嫉妬の悪魔10/6は饒舌な話術で巧みに咲姫を誘います。
でも、岩姫はそれを毅然とはねのけてみせるのです。

_MG_3124M1D52334人質として捕られたなぞらえ屋のメンバーはそれぞれがもう虫の息ですが、それでも岩姫は相手の誘いに屈しません。
「それでも彼らは戦うわ! もちろん、私もね!」
_MG_3130
鳴動する世界に、一瞬のうろたえを隠すように、帽子屋は咲姫に申し出ます。
「では、賭けをしましょう」
帽子屋は咲姫の僅かな隙を突いて、その唇を奪います。
それは、咲姫の声を奪う魔法でした。
「暫くの間、沈黙していただきますよ」
_MG_3136ここの演出は、手下に取り押さえられた咲姫の唇を奪うはずだったんですが、帽子屋@KAZOOくんから、ここは二人だけでやらせてくださいとの申し出があり、本番のような仕上がりに。
美しい画面のこだわりに、ちょっとドキドキしたシーンです。
さて、帽子屋と岩姫の賭けとは、一体なんだったのでしょう?
それは、次のシーンに続きます。

裏話第四景 7つの魔物たち 卵vs叶慈(般若)

お陰様で、スピンオフのキャストが出揃いました。
アテガキをしていた役者さんが出られなくなった時はどうしようかと思いましたが、なんとかこれでお届けできそうです。

〜残唱 そして次の物語〜 キャスト

坂東亮輔(小鬼)  伊藤夢樹

松宮弦也(黒竜)  大高雄一郎(Theatre劇団子)

花形光剣(朔月)  内山正則

山本柾善(貉狸)  谷口号!(C&Oプロダクション)

榊原真沙美     松崎麗美

常盤法子      那珂村タカコ(ヘロヘロQカンパニー)

ましろ       あおい未央(加川事務所)

ケンゴ       昼田富彦(怪傑パンダース)

夢魔        ロバートウォーターマン(怪傑パンダース)

そして、このスピンオフのために、中嶋敦子先生がイラストを描き下ろしてくださることになりました。
他では絶対手に入らないグッズになります。
是非、会場でゲットしてください!


はい、では七歌の本編解説に戻ります。

_MG_3019高らかな笑いと共に、ヤゥリンが上手に去っていくと、なにやら小刻みな足音が聞こえてきます。
お客様からハンプティjr.と命名された、奥村君の割れかけ卵キャラの小芝居です。
石山さんの演出で、出来たキャラクターなので、脚本の段階では入っていません。
これが、まぁ、ずるいくらい面白いんですよ。
千秋楽では、足音が聞こえた途端笑いが起こるという事態に(苦笑)。
何度も足を運んでくださったお客様が多かった証拠ですね。ありがとうございます。

_MG_3041


M1D52282M1D52283ここでの見せ場は、ズバリ大食い対決。
大食の悪魔ですからね。
その悪魔の誘いにうかうか乗っちゃう叶慈さんも叶慈さんなのですが。
音楽がギリギリまで決まらずにハラハラしましたが、上がってきたら非常にいい塩梅で面白い場面になりました。
ここで、初めて、魔界側のキャラクターの裏表が存在するのが判明します。
M1D52293_MG_3056一番最初の演出プランだと、くるっと反転してみせるだけだったんですが、ロバートとM@aくん思いっきり二人で共同作業してました(爆笑)。
これはこれで面白いからいいか、と。
舞台上で食べる消えモノと呼ばれる食材に頭を痛めましたね。
色々食べてみて、これは苦しいとか、これはいけるんじゃないとか試行錯誤したのはいい思い出です。
卵のキャラは、とにかく自由でずるいと周りから嫉妬されてましたね。

_MG_3070

追い詰められた叶慈は、自ら心臓を止める真言を唱えて仮死状態に入ります。
完璧な負けですね。
魔界衆の快進撃はまだまだ続きます。


裏話第四景 7つの魔物たち 芋虫vs光剣(朔月)

DVD2完成_dvdイベント残唱チラシ
そしてまた、ブログをサボっていたら、スピンオフのお稽古が始まってしまいましたよ(苦笑)。
と、いうことは、DVDの発売イベントが近づいてきたということで。
宣伝関係が全くおろそかですが、イベント自体は物凄く濃ゆいものになりそうです。

七歌の本編だけでも2時間あるのに、そこにミニライブ(歌い手は、ロバートと松崎麗美ちゃんとあおい未央ちゃんです!)と、30分のお芝居の上演がついてきます。
サービス過多(苦笑)と言われておりますよ。
台本を渡したメンバーに「ママ、これ全然オフじゃない!!」と突っ込まれました。てへ
テレビサイズの本編をご覧頂きますので、是非いらっしゃってくださいませ。

なぞらえ屋〜不思議底七歌〜DVD完成記念イベント
詳細はこちら↓
http://www.lamoonbatake.net/event/nanautadvdevent/nanautadvdevent.htm

さて、DVDの発売までに前半部分の紹介が出来るようにちょっと頑張ります(苦笑)。


M1D52242双子たちが退場すると、下手からアンニュイな美女が現れます。
代名詞は「おっぱい」と言われるくらいの、まぶしい巨乳キャラ、ヤゥリンです。
スタッフ関係、特にやや年齢高めの男性は、ヤゥリンのシーンに釘付けでしたよ(苦笑)。
分かりやすくていいですね。うん、うん。
その、魔乳キャラヤゥリンの狙いは、なぞらえ屋きってのオネエキャラ光剣でした。
_MG_2971妖しいオネエ対決です(笑)。
アンニュイでまったりの芋虫は、どっこい導師(グル)と名乗ります。
道に迷った者に道を説くと妖しく微笑みます。
そういえば稽古のとき、参加キャストに、どのヒエラルキーの魔物になりたいかと石山さんが質問したとき、『怠惰』大人気でしたねぇ。
稽古場でみんなゴロゴロ寝そべる寝そべる(苦笑)。
_MG_2980こらこら、取り憑かれちゃ駄目だぞ。
そんなヤゥリンですが、ダンスはバックダンサーたちを従えて激しく踊ります。
_MG_2990そして、曲の最中に蝶々に変化して見せるのです。
_MG_2999癒えることのない過去の傷を抉られ、光剣もなすすべなく動きを封じられてしまいます。
高らかに笑いながら『道を知る者』芋虫は去っていくのでした。
M1D52266

裏話第四景 7つの魔物たち ディートル・ディ&ダムvs柾善(貉狸)

また暫く更新をサボっている間に、イベントのアレコレが決まっておりました。

DVDの完成上映会は7月10日(日)ですが、前日からお泊りでみっちり遊んじゃおうというイベントパックもご用意しております。
http://www.lamoonbatake.net/event/kyh_offkai2011/kyh_off_kai2011.htm

意外なアノ人のお宝映像とかも観られるかもです(笑)。
浅草七福神のご朱印色紙、ご利益抜群なので、この機会に是非どうぞ。
そして、La・Moonの舞台を昔から追いかけてくださっている皆様にはお馴染みのアノ建物で晩餐会です。
びっくり・どっきり満載でお届けしますので、遊びに来てやってください。

表紙4そして、骨董屋坂東http://www.lamoonbatake.net/shop/bando/ではDVDの予約受付と台本が販売になっておりますので、こちらもよろしくお願いします。
キャラクターカラー紹介や役作りメモなど、充実の98頁です。お買い得v


さて、ウサギさんが不敵な笑みを残して去っていくと同時に、おもちゃのような双子のダンスが始まります。
_MG_2917
ディートル・ディ&ダム(トゥィートル・ディと原作では表記されていますが、ディ○ニー世代はディートルと濁って発音しますね)は元々マザーグースの中に出てくるおかしな双子です。
M1D52223以前からお話していますが、イメージは壊れたおもちゃ。
マザーグースの原曲では、ディがダムのおもちゃ(赤ちゃんのガラガラ)を壊したから決闘するという内容で、鏡の国のアリスでもその再現が行われます。
なので、七歌ではこれを二人のシーンの冒頭に歌で入れ込みました。
_MG_2922『怒ったぞ、決闘だ! 剣を抜け!』
と、楽しそうに踊る双子とおもちゃたちのナンバーは、アンバランスでどこか狂気を孕んでいます。
無邪気な子供だと思ったら大間違い、ガッツリ悪魔なんですよ。
M1D52231二人のダンスをこっそり覗き見ながら、柾善は二人の本質をちゃんと見抜くのですが、真面目な性格(?)が禍して、双子のボケに突っ込んでしまいます。
でも、ここで、意外や意外、おもちゃたちの攻撃をくるりひらりと華麗に(?)かわす柾善に会場が沸きます。
_MG_2942「貉狸はね、これでも結構敏捷な動物なんだよ」 
肩で息をしてますが決めポーズですよ。
実は、このシーンこんなに長くなる予定ではなかったんですが、殺陣師のサブちゃんがつけてるうちに楽しくなっちゃって伸びちゃいました。
題して『貉狸最強伝説』。演出の石山さんもちょっと悩んだみたいですが、面白いから行っちゃえということで、生きになりました。
次に小説や漫画を書く時は、柾善は意外に運動神経がいいという設定で書くことになりますねw
こんな風に、舞台で設定が追加になることもあるんですよ。

_MG_2956M1D52238そんな、敏捷な貉狸に対して、双子は『切り札』を出してきます。値札ではありません念のため。
実は天才ハッカーの柾善にはここで明らかになる秘密があり、それを双子に押さえられてしまいます。
この時、双子はお互いの名前をちゃんと『アバリス』『グリーディ』と呼び合うのに気づいたお客様はいたでしょうか。
本性が垣間見えるこの瞬間は、お互いを『真名』で呼び合ってるんですよ。
双子の連係プレーに、なぞらえ屋のデータバンクもつかまってしまうのでした。


Categories
QRコード
QRコード
記事検索

注意事項
ブログにいただいたコメントは、スタッフの確認の後に公開になります。 非公開をご希望の方はその旨をお書きください。
  • ライブドアブログ