なぞらえ屋 舞録

花形光剣@内山正則

『なぞらえ屋 〜開闢九重千曳〜』DVD好評発売中!http://www.lamoonbatake.net/shop/bando グッズもあるよ!
予告PV http://youtu.be/tMmDgdy2r3g 舞台ダイジェスト http://www.engeki-d.com/unit_info/etc/pg605.html

まもなく開闢、なぞらえ屋。

本日、初めての通し稽古!

いよいよここまでやってきました!!
DSCF3069

歩き始めて、走って、転んで。

立ち上がって、迷って、ぶつかって、

足掻いて、もがいて、悩んで、間違えて、立ち止まって。

また歩き出して。


全てがこの作品を作り上げるための破片。

今までバラバラだったピースが、一つの枠の中に収まり一つの作品を浮かび出す。


作品の全貌をイメージできるこの通し稽古は特別な気持ちになります。
集中も緊張もひとしおです。
DSCF3072

今回のなぞらえ屋は、かつてない危機に追い込まれます。

どうなってしまうのかなぞらえ屋。


中国からの最強の刺客・五爪竜を前に、いつもはおちゃらけた光剣も、真剣な表情をお見せしますよ♪(^-^)


カッコいい殺陣やダンスもかなりの見どころとなっています!

劇場入りするまで稽古はあと3回!!

まだまだ上げていける!


こっからさらに内容の濃いなぞらえ屋にしていきますよ!!


たくさんの人の、たくさんの想いが詰まった作品です。

きっと皆様の心のどこかに響く作品だと思います。

後悔はさせません!ぜひ観に来てください!


開闢までまもなく。

お楽しみに☆(^0^)

内山@花形光剣


なぞらえ日和

目の前に道がある。

 

 

 

それは、

 

だれかが創ったからであり、

 

見つけたからであり、

 

気付いたからである。

 

 

迷って、

 

惑って、

 

辿って、

 

探って、

 

確かめて、

 

それが道だと、

 

認識されたからである。

 

 

何もないところに何かを産み出すのは難しい。

 

道のないところに道を作るのは難しいことだと思う。

 

 

創作をして、捜索をして、向上心を持って、好奇心を持って。

 

苦心の末に一つの道が生まれる。

 

 0520_07

 

それはささいな発想の転換と先入観の払拭、なのかもしれない。

 

 

壁だと思っていたものが、ドアだった時のような。

 

若い女性の姿だと思い込んでいたものが、老婆の横顔だった時のような。

 

進んでいたつもりが、吸い込まれていただけだった時のような。

 

朝には見えなかったものが、夜になり見えた時のような。

 

 

コロッケにはソースと決めつけていた人が、時には醤油をかけてみる。

 

案外それも悪くないということに気付く。

 

ナシだと思っていたものが、意外とアリだったりする。

 

そんなふうにして、誰も道だと思わなかったところに道は生まれる。

 

 

そんなわけで、現在僕たちは新しい道を創りはじめたわけなのです。

 0520_09

今回集まった30人を超える役者の皆様。

いつかもう一度同じステージに立ちたいと願っていた仲間達。

今回初めて同じステージに立つことになる魅力的な仲間達。

まず、素直に嬉しい気持ちが一つ、あります。

 

 今回キャスト同士で“名字かぶり率”がすこぶる高いのですが、幸いにも“内○○さん”は僕以外にいないので、今も“ウッチー”の愛称は一人占めさせていただきたいと思います。ほっ。。

きっとみんなそれぞれの芝居観や感性を持って臨んでくることでしょう。

 

 

思い込みや決めつけは人の視野をせまくします。

ゴールを決めず、柔軟な思考を持って作品に臨みたいと思います。

 

 

どんな道に仕上がるのか、どうぞご期待してお待ちくださいませ。

 

 0516_01

内山@花形光剣

 


意味もなくイニシャルトーク。

ザンショウ2・3 367なぞらえ屋では主に使用している稽古場が2つある。
最近、なぞらえ屋内では『間違えて違う稽古場に行く』という事件が多発している。

まったく厄介なヤマだ。

この事件に関わってしまったものは、否応なしにその虚無感を浴びせられることになる。

僕は何故ここへきたんだ。

僕の存在ってなんだ。


僕は……僕は……

答えの見付からない自問自答にやるせない気持ちになるだろう。


ザンショウ2・3 366そして地味に距離のある稽古場間を行き来しなければいけないのだ。

電車通いの人は余計な電車賃がかかる。

自転車通いの人は余計な乳酸が足にたまる。

すでに稽古場に到着している人達には余計なストレスを与えることになるだろう。


こういった被害に合わないためにも、役者達は日々稽古場の確認を怠ってはいけない。

決して己の記憶を過信してはいけないのだ。


しかし、今日もまた一人の被害者が出てしまったのだ……



ザンショウ2・3 364H形M剣役の“U山”という男だ。


なんでも彼はT京都N馬区某所にある稽古場に行ったところ、「知らない人達が朗読会をしていたので、あ〜、これは絶対やらかしたな〜って思いました〜(笑)」

だそうだ。


その後過ちに気付いた彼は大急ぎで正しい稽古場へと向かったのだった。



確かに彼はミスを犯した。
だが彼は自分の罪を認めている。あまり彼を責めないでやって欲しい。

彼自身、加害者であると同時に被害者なのだから。



ザンショウ2・3 375稽古場ではこの日、いつもより役者が少なく、U山氏を含め7人ほどしかいなかった。

K傑PダースのRバートUォーターMンとK藤R馬の二人がいないだけで、部屋の気温が2℃くらい低い感じがした。
湿度は30%くらい低い感じがした。

女優のAおいM央氏は、共演者にしきりに新しいテレビを買ったことを自慢していた。

I泉S香氏は今日も背が高かった。


I藤M樹はプリンをこぼしていた。

M崎R美は疲れていた。


もう一人のK傑PンDース、H田T彦はあらぶっていた。
非常にあらぶっていた。

うん。良いことだと思う。コメディーに必要なのはとにかくエネルギーだ。有無を言わさぬ破壊力だ。

それを見たT橋T宏氏は刺激を受けていた。

T口G!氏は笑っていた。


そんなK古だった。


月も変わり本番まであと〇〇日。


まだまだO白くなりそうD。

DぞG期待Kさい!(^O^)

またここへ帰ってきた。

思い返せば、La-Moonと出会いちょうど一年が経とうとしている。

御縁あり出演させていただき、不思議底七歌・残唱と続き、
そして今回の“残笑” で3度目の出演になります。

同じ役で3度も出演をするということ自体、なかなか経験のないことですが、
回を重ねる度にこの“花形光剣”という人物の新しい一面が見れて、僕自信すごく楽しみにしています♪(*^-^*)

創作の中の人物が、こうやって現実の世界とリンクして生き続けてるって、すごく面白いですね!

KC460017

もう一度演りたいと思っていた仲間。
初めて演ることになる仲間。
どちらも大切な出会いだから、一緒に演じるこの時間を大事に大事にしたい。
KC460022

大事に大事にしたい気持ちはもちろん山々なんだけれど、時には稽古に遅れることもある。


21時までしか稽古ができないのに、前の仕事が押して20時半に稽古場に到着したりすることも時にはあるだろう。


それがたまたま昨日のことだったとしても何も不思議なことはない。


それがたまたま僕だったとしても、それはただの偶然。


もしくはただの必然。


それもまた運命だったのだろう。


だから、


僕の到着を待ちわびてくれていたみんな、


本当に本当にごめんなさーい!!!!!/(;▽;)\うわーん

全然間にあわなかったよ〜!!!!ごめんみんな〜!!!!(ρ◇;)



・・・だが、
こんなことをいちいち根に持つような仲間じゃないってこと僕解ってるよ。

そうだよね?


そうだよね??


違う??(・◇・;)


・・・一応、もう一回ごめんなさいしておくとするか…( ̄ー ̄+)

KC460023

1ヶ月を切りました! by 内山@光剣

c9002ca5.jpgひゃ〜 今日も寒かったですね〜(>_<) 今日の稽古のお供 ハッピーターン。
ハッピーパウダー250%です☆
このハッピーパウダー250%最初はちょっとしょっぱいかな?と思っていたのですが、案外そのしょっぱさがクセになりよく買ってしまいます。 稽古中ってなんかしょっぱいもの食べたくなっちゃうんですよね。
なんかハッピーあるといいなぁ(*^∀^*)

さてさて、 3月に入ったということで、本番まで残すところ一ヶ月を切りました!
思えば顔合わせをしたのは去年の11月。
稽古は1なぞらえ屋弐 7122月から始まっていました。
あれから何ヶ月かが経ってもう3月。
受験生達は試験を終え、もう卒業式を迎える頃です。
出会いと別れが入り乱れる季節です。
花粉も飛び散る季節です。。。
こんなに長い期間稽古をするのは初めてです。

この一ヶ月は稽古量も増えて特に濃い一ヶ月になりそうです!なぞらえ屋弐 744
40人を超える出演者とそれを支えてくれるたくさんのスタッフさん方、 それぞれがそれぞれのパワーを出し切れば、きっと途轍もないものが出来上がると思います!
途のないところに轍を創るなぞらえ屋。
まさに前例のない途轍もない舞台を創りあげたいと思います!
乞うご期待☆


Categories
QRコード
QRコード
記事検索

注意事項
ブログにいただいたコメントは、スタッフの確認の後に公開になります。 非公開をご希望の方はその旨をお書きください。
  • ライブドアブログ