7月2日開催、アルファベットシリーズ「W」 ロス・マクドナルド『ウィチャリー家の女』読書会は、課題書が版元品切れであるにも関わらず、たくさんの参加申し込みをいだいて、満席状態。ありがたいかぎりです。

本日現在、若干名参加者募集中です。お申し込みはお早めに。

詳細は
http://blog.livedoor.jp/nazotoki2012/archives/50126740.html

W


◎7月の福島読書会第2弾は、読書会OFF第3弾にして横溝正史読書会の第4弾(ああ、ややこしい)、『夜歩く』を課題書に、30日(土) 午後6時半から郡山市で開催。飲食しながらの読書懇親会となります。参加費4320円、定員は最大8名限定です。
夏の夜に横溝『夜歩く』の会なんて、なかなかいいでしょう。
J・D・カー『夜歩く』と間違えて、「それならもう読んでる」と早とちり(実話)しないでくださいね。
既にお読みのかたもこの機会にぜひ再読してご参加ください。
これから読む人は、ネタバレしないうちに、予備知識ゼロでお読みになることをおすすめ!。
正式な告知と募集開始は7月上旬、当ブログにてお知らせします。

読書会OFF夜



そして、8月の福島読書会は2日連続で3つのイベントを開催します。

魔都4


久生十蘭『魔都』読書会8月26日(土)楽都郡山市で開催。
場所はいつものJR郡山駅西口ビッグアイ7階です。
テキストは創元推理文庫、国書刊行会『定本久生十蘭全集第一巻』をどうぞ。
『魔都』24章より
「ああ! なんたる魔がしき都ではありましょう。手前らには、この大東京の、この大都会の大気の中に、さながら空気中のアルゴンの如くに、無慮無数の魑魅魍魎ちみもうりょうがほしいままに跳梁跋扈ばっこしているかに感じられてならぬのでござります。……」


◎その26日、『魔都』読書会の余韻も冷めやらぬ夕食会を、今度は読書会OFF(驚)クリスティ・ナイトと題して開催します。会費4320円の読書懇親会です。お題はもちろんアガサ・クリスティ。
福島読書会アルファベットシリーズは、クリスティの『ABC殺人事件』でスタートし、クリスティの『ゼロ時間へ』で大団円を迎えますので、この時点で残り2回となった「ABCからXYZまでの読書会」を記念して開催します。
ツイッター上で「クリスティーを読む部活」を主宰している、「クリスティー部の部長」さんも出席予定です。


クリスティをネタにお酒を飲もうという会(ノン・アルコールドリンクもあり)ですから、課題書はありませんネタバレなしのルールなので、クリスティを数冊しか読んでいないかた、これから読もうというかたにもご参加いただけます。

読書会OFFクリスティ■



◎昼は『魔都』、夜はクリスティで過ごした翌日、8月27日(日)は、二本松市民交流センターでアルファベットシリーズ「Y」の読書会を開催します。課題書はエラリー・クイーン『Yの悲劇』角川文庫版テキスト指定ですが、『レーン4部作』を全冊読んでいる事が参加条件です。読書会の席上、感想をお話しいただくのは『Yの悲劇』なのですが、だって、ドルリー・レーンものは4冊まとめてネタバレありでしゃべりたいでしょう。とても『Y』の話だけでは終わりませんからね。

レーンは過去に4冊とも読んでいるけど、角川文庫じゃないというかたは、『Yの悲劇』だけでも角川文庫版を再読してご参加ください。これから4冊読むかたは、アルファベット順にぜひ角川文庫をお読みください。

開催告知は翻訳ミステリー大賞シンジケートサイト
http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/に7月中頃に掲載いただく予定。

そして、レーン4部作はもちろん、角川文庫とハヤカワミステリ文庫とで、版元の壁を越えてエラリー・クイーンを新訳した翻訳家越前敏弥先生にもご参加いただく予定です。
読書会共々、二本松市のラーメン(含浪江焼きそば)をご堪能いただきたい。

Y




■8月の福島読書会夏の陣は、2日連続開催の3イベント、課題書合計5冊となってしまって恐縮ですが、10月上旬の日曜日に予定している秋の陣は、昼読書会特別篇、夜読書会OFFを同日開催、課題書が1日で文庫本7冊分となります。
引き続きよろしくお願いいたします。