2006年10月

2006年10月31日

ペルーさん。

dbc36918.JPGこれは虐待ではありません。とうとうペルーさんは自力で部屋から外へ脱出できるようになってしまいました。引き戸なので強引にねじこんで戸を開けるパワーと体格が備わってきたようです。最初首だけ出ていけるんかいなと見てたらいけました。ふんづかまえて部屋にほり込んだけど、2回目以降は結構簡単にでれるようにもなりました。なかなかやります。そないなったらもうしゃあないので、早速病院行ってノミの薬をもらって付けました。肩筋にポトポトとたらすだけで猫の血を吸ったノミはころりといく という薬です。  後はボスの白猫とどう対決するかだけが重要なポイントですが、今日はその機会は訪れませんでした。代わりに小さい年取った白猫と友達になったみたいで(こいつもよく家に来る)一緒に遊んでました。なかなかやるもんです。しいちゃんとも(犬)ともいけるようです。

ぺる1たぶん疲れて寝てるところ。

nazunazuna1 at 23:24コメント(2)トラックバック(0) 
あっしの生き様 

2006年10月30日

玄関半分くらい完成。

玄関大方の枠ができて色塗ってみました。後は床にコンクリ張って扉を付けます。コンクリはもう一つの方に基礎作るときに一緒にしようと思うので、ひとまずここまでです。





neyayokoもう一つの方。納屋に横付けしてあったひさしをめいだ所。もう50年以上はたってます。今日壊した残骸を拾ってる時に釘を踏んでしまいました。50年以上前の釘があっしの30年くらいの足にぶすりと突き刺さるということです。負けました。
ここには台所と二階にトイレとシャワーを作ってみたいと思ってます。

nazunazuna1 at 19:21コメント(2)トラックバック(0) 
農作業日記 

2006年10月27日

町民運動会

0c63a895.JPGこないだの日曜日町民運動会がありました。これは小学生と幼稚園児の運動会とあっしらの部落対抗運動会を一緒にする行事です。人が少なすぎてしょぼいですが、それなりに各競技が進行していきます。若干小学校なのでグランドが狭く、一番花形のリレーや徒競走ではスタートまもなくすぐカーブでゴールです。しかも生徒数がかなり少なく、「5年生3人一斉にスタートしました!」いうても、そんなん常日頃の体育の授業で大方勝敗決まってるやん、というような感じ。それでも若干ほのぼのとした雰囲気は保たれていたのは良かったと思います。 昔は人がいっぱいいてそれなりに盛り上がったようです。
 そんな中、カメラ撮る役を言いつけられたあっしはむさくるしい髭と髪の毛を臆する様子も無く見せつけ午前中いっぱい児童たちを撮りまくりました。あとで噂を聞いたのですが、父兄の(特にママさん)方々にかなり怪しまれとったということは言うまでもありません。

[今日の短歌]
昼休み子供が奏でるラッパたち秋の晴れ間に旗々なびく

nazunazuna1 at 23:12コメント(2)トラックバック(0) 
あっしの生き様 

2006年10月26日

玄関増設開始。

f3af3750.JPGあっしの部屋の入り口に簡単な玄関をと、作り始めました。玄関ができたら納屋一面を板張りにする予定です。適当に木材店で杉の角材を購入し骨組みを組んでみました。後は壁と扉なんですが、扉をどんなんにしようか検討中です。壁はもう簡易なのにします。



uraniwa裏山へ通ずる入り口。この付近にもたまにスズメバチが通る時があります。なんか朝夕と寒なってきて風邪引きそうです。昼間はTシャツでおれるんやけどそのままでおると夜は寒くて体調崩れそうです。

[今日のシリーズ]
今日こそダルビッシュもここまできたんかー 言わせて。

nazunazuna1 at 19:59コメント(3)トラックバック(0) 
農作業日記 

2006年10月25日

蜂箱。

bbb55bb5.JPGレンタルミツバチなんですが、なんかいつもの蜂とは違う気がしてなりません。体格がちょっと細い気がする。和物と洋物があるんやっけ?養蜂家は蜜を取る花の種類によってミツバチの種類を選らんどるというのを聞いたことがあるような。花の中にもぐる時深く行く奴と、浅くしかいけん奴
がおったり、物理的な対格差でできなかったりでミツバチにもいろいろあるみたい。ほんで今年の奴はいつもと違うとこがもう一つあって、やたらとスズメバチが箱に止まってやがるとこです。こいつらはミツバチの天敵で、とりあえず今日までに6匹いました。最初の奴は弱って箱の近くに落ち取ったのですが(これはミツバチが戦って勝ったんやろな)、後の奴らは箱の上とかでなんかしてます。よう見つけるわ。ほんで仲間呼んできたんか。何とかせなあかんと思って、鉄パイプでホバリングしてる奴を叩き落したら、結構効いたみたいですかさず踏んで殺しました。かなり怖い。たまにスカしたらこっちにフェイントいれてきよる。でもこの方法で5匹は地獄に落としました。もう来ないでもらいたいもんです。


hanaイチゴの花。みどりのやつは実です。だんだん大きくなってきた。一度に14個くらい蕾がつくので小さい奴は摘み取って、だいたい7から10個くらいにします。3つだけ残す時もある。実をならすことは株に負担をかけることなので状態を見て実を何個残すか決めます。

[今日の短歌]
恐ろしい羽音共に奴は来る手に汗握る地獄の攻防


nazunazuna1 at 23:41コメント(0)トラックバック(0) 
農作業日記 

2006年10月24日

石畳

e37f1aa3.JPG山で畑作ったときでた石たちをイチゴのハウスに持って来て、石畳を作ってるとこ。かなりたくさんの石がでたと思ってたけど、並べていくとそんなに無いことに気づき、途中で石が足りなくなったらどうしようかという所です。とりあえず無造作に石を並べて置いていってるだけで、最後はスキマを砂かなんかで埋めたらええのんちゃうかな。結構時間がかかります。






tyou石を金槌で割って大きさを調節していた張さんですが、割れた破片がこめかみをかするというテロに見舞われました。流血の惨事です。実際は金槌の破片が飛んできたようです。皮膚に刺さってあった破片と金槌の欠けた箇所が一致したのです。自爆テロだったようです。






faire雨が降りそうなので、掃除した時にでた木々を燃やしました。枯れとったのでよう燃えます。

[今日の短歌]
どの石も同じ形はないけれど秩序を作ると同じに見える

nazunazuna1 at 17:25コメント(2)トラックバック(0) 
農作業日記 

2006年10月21日

最近その3

ae6d4347.JPGまずはダイエット食品。徳島にあるでかいドラッグストアに行ってみると健康食品の陳列棚のそばに明らかに健康そうでなさそうなダイエット食品の数々。現在はこのようなもんもあるみたいです。ちょっとしたネタにできそうな代物です。






tannkuこれはイチゴの給液装置を変更した際、タンクも300ℓから500ℓにかえました。なんかこの装置なんですが、タイマーや液肥の濃度やら機械制御するもんですが、30万ぐらいします。どないなっとんねん。見た目すごい簡単そうです。明細見たら、技術料(人件費)に10万くらい書いてありました。電気や機械にも詳しくないと。おちおち払ってられるようなもんではありません。





hatakeこれ開墾した畑からでた石の数々。こまいのから100舛らいのからようけでました。






kurozouこれは徳島の西の方、井川池田インターから細い山道を30分くらい行ったとこにある黒沢湿原です。「クロゾウ」と呼びます。結構上がったり下がったりの険しい山の中にポーンと平らな湿原が出てきます。サギソウとか湿地帯特有の植物が生えているそうですが、今回は大方ススキで覆われていました。また横に広がる赤松の林ではこの時期マツタケがとれるようで、店に置いてあった巨大なマツタケは10000円の値がついておりました。そりゃ途中で観光客のおっさんたちは林の中に突入するわ。

[今日のシリーズ予想]
とうとうダルビッシュもここまでのものになりましたか。

nazunazuna1 at 18:28コメント(2)トラックバック(0) 
農作業日記 

2006年10月19日

最近その2

4419a085.JPGこれが新しい柱。まだ乾ききってなくて、日が当たらん裏面にカビが生えました。







開墾タキイの種をネットで注文して届いたのですが、なんやこれだけかいなと思って撒いたら、ようけありすぎて余りまくったので思い切って畑を広げてみることにしました。今年は4つの畑でにんにく、大根、二十日大根、カブ2種類、ソラマメを作ってみます。一つは田んぼで土が硬い硬い。一つは毎年何か作ってる畑、一つは今回広げたにんにく作ってた畑、も一つは家の裏を適当に耕運して二十日大根を植えました。山肌をユンボで軽く掘ってでかい石をとります。


花近所に咲いてる花。








温泉これは浴槽の中身がメインです。すばらしい。なんとあっしの集落では温泉(冷たいので鉱泉?)水がでるのです。何年か前掘って水がでるとこまでいったのですが、そこで計画が頓挫してしまったというのです。この水は誰でも汲んで来れます。ごっついつるつるした水で、硫黄の匂い?温泉臭がします。たまにこの湯を汲んできて沸かして浸かってるおっちゃんの家にお邪魔してはいってみました。ほんまにいい湯です。実際は薄めてもぜんぜんいけそうなくらい濃い水でした。なんか過去に調べた結果飲むことはできないようですが、この湯は今まで温泉入った中で一番の湯ではないかと思います。これ。この素晴らしい恵みをどうにかたまに家に汲んできて入れんもんかと検討中です。

nazunazuna1 at 20:33コメント(2)トラックバック(0) 
農作業日記 

2006年10月18日

最近のあれこれ

f2847829.JPGまずはうんこパン。安いです。最近更新してなかったので、思い出すように適当に写真を並べてみます。






haikan高設ベットに排水の配管を組んだとこ。結構うまくできた。現在は電気の配線もきたし、液肥の配管も完了。








kosmos家の裏に咲いてはるコスモス。近所結構咲いててこの時期きれいなもんです。










dptyuu阿波の土柱。ロッキーのどっかと忘れたけど世界三大奇勝と看板には書いてはった。そないに言うもんでもなかったけど、錆びれた土柱ランドという観光所は写真に撮っとけばなと若干の後悔の念がいたたまれません。盛者ならずも必衰です。






gennkann玄関のリフォームしました。現在は完成。コンクリの床を剥がしてタイル張りにしました。また玄関脇の柱をぼろぼろだったので、新しいのに代えました(裏に生えてたヒノキ)。簡単なジャッキで屋根を持ち上げて入れ替えるだけの構造にちょっとびっくりしました。またマイ部屋の方を改造していこうと思います。

nazunazuna1 at 23:27コメント(2)トラックバック(0) 
農作業日記 

2006年10月08日

杉皮チップ視察。

86eb3e66.JPG県の農業青年の組合で那賀町の木頭森林組合やったかな?に杉皮チップの視察に行きました。農業青年の組合は近年徳島と小松島で合併し、阿南や那賀町らへんの農業青年ともに全体的に結構活発な活動をしています。あっしは久しぶりに参加しましたが、みんな快く受け入れてくれました。
 杉皮チップとは、正確には杉皮バークといい、杉の丸太の競り市ででる皮(山積みされてる丸太を移動させたりするとこすれて皮が剥げ落ちる。これは産業廃棄物となり、処理するのに業者に年間600万ものコストがいるとのことです。)をカッターで粉砕した後、味噌擂り機のようなものですりつぶしたものです。結構ふかふかしていて土の代わりとしてもともてよさそうです。あっしがこないだ購入したものはカッターで細かくしたまでのもので、ちょっとものは違いました。やっぱりすりつぶしてもっと細かくしてあるバークの方がよさそうです。作物栽培、土壌改良剤、抗菌用資材なんかいろいろと使い道があって、データ的にはそれなりの評価を得ているようなんですが、まだ研究段階で大がかりには生産できないらしいです。あと若干コストがかかるらしい。(1リットル10円。これでも赤字らしい。)でもお金かけて処理していたものが売れるようになりそうな気配が感じる代物ではあると思うので、関係者の方はこれからの努力をいっそうのものとして欲しいものです。実際あっし的にはいろいろと使ってみたいと思いました。
sugikawa1ゆうき君なる粉砕機。調子悪いみたいです。











sugikawa2バーク。確かによさそう。

nazunazuna1 at 21:00コメント(0)トラックバック(0) 
農作業日記 
このサイトについて
現在農家をしだして早6年。自給自足というテーマがちらほら頭によぎりだした。がしかし、いっこうにそのテーマに向かって進んでないように思う今日この頃ですが、まあそれはそれ、人生自分なりにいかに楽しく生きれるかを、単調とも思われる日常の生活の中から一ミリの破片でもよいので見つけていこうと思う。