FF11を少人数でダラダラ遊んでる様子を毎週木曜21:30から猫ちゃんとYoutubeで生配信してマス

記事検索
最新の配信動画です
チャンネル登録はこちら
おかげさまで10000人突破!
GPDWIN2国内最安値で提供中
プロフィール

nazuzu

毎週木曜21:30からYoutubeでFF11を生配信中!ゆるーく遊んでいます!

お知らせ
記事の転載について
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
昔、所属していたLSの人にこんなことを言われました。

「次はブルトガング作らないとね」

本人は悪気なくナイトの推奨装備として言っただけなんですが、当時初めてのレリックであるイージスを作り、その後オハンをやっと完成させた嬉しさをLSで伝えたときにメンバーから言われたこの言葉にひどくショックを受けました。

先を走っている人にとっては何でもない言葉が、復帰したばかりの人を傷つけることってあるんです。
ワシはこのLSメンバーの発言以来、絶対にブルトガングは作らないと誓ったし、ナイト自体が嫌いになりました。
そんなブルト無しイーハンナイトでもLSでは役に立ったようで、それまでナイトを出していた人は侍や狩人でヒャッホイするようになり、当時のメインコンテンツだったメナスインスペクターで古参LSメン特権を発動してメナスボス素材を持っていき、ワシや猫ちゃんは既にいらなくなったメナス武器のおこぼれを貰うという扱いが嫌になりLSを抜けて少人数メインで遊ぶようになりました。この頃からYoutubeで配信を始めたこともあり、LSメンバーの名前を無闇に動画に出すのも宜しくないという理由もありましたけども。

MMOには様々なプレイヤーがいてガッツリやり込む人もいれば、たまにインして遊ぶ程度という人が同じ鯖にいます。人それぞれのペースで遊んでいる以上、プレイヤー側でも配慮が必要だと思っています。まぁいわゆる思いやりというやつです。
頭ごなしに「○○が無いとダメ」「○○もできないの?」などと言ってしまえば、それに反発したりFF11自体をやめてしまう人もいると思います。この流れの行き着く先はコアなプレイヤーだけが残った先細りしていく未来しかありません。せっかく復帰者が増えてきているのですから応援していくような雰囲気が作れればいいなと思っています。最近、動画の視聴者さんから「配信を見て復帰者応援LSを作りました」というお話をよく聞きます。こういったお話を聞くと、うちらがダラダラと遊んでる動画でも僭越ながらFF11にとって一助になってるのかなぁと思ったり。
そしてこれはプレイヤー間の意識の問題に限らず、FF11のゲームデザインにも関わってくるのではないでしょうか。これからは大人数のハイエンドバトルコンテンツを主軸にしていきますという開発方針はプレイヤーの現在の意識と逆方向に舵を切ってるんじゃないかな、なんてね。ふじと?

さて、そんなNazuzuもミシックを作ってみたいなと思い候補に上げたのが「ヤグルシュ」です。
アビセア時代は白でよく出勤していましたが、最近ではとんと出さなくなったジョブとはいえ、FF11の中では好きなジョブに入るひとつです。モグラ叩きと揶揄されるケアル回復も個人的には面白いですし、数々のアビが追加されて割とテクニカルなジョブになっています。そんな白の装備の中でもヤグルシュはそのジョブ性能を一気に引き上げる稀有な装備だと思います。そして滅多に出さないジョブだけどミシックウェポンを持ってるっていうステータスがなんとなくカッコイイじゃないですかっ!
とはいえミシック取得までの道のりは恐らくRMEAの中でもダントツに厳しいのが難点。


・傭兵階級が大尉(アサルト全種クリア)
・旧ナイズル100層クリア
ーーーーーここからクエスト開始ーーーーーー
・アトルガンエリアの蛮族王全種討伐
・旧サルベージのボス全種討伐
・旧エインヘリヤルOdin討伐
・アサルトを全種クリア(2回目)
・ナイズルトークン150000ポイント
・エインヘリヤルの闇血のアンプル100000ポイント
・アレキサンドライト30000個
・花鳥風月第三段階NM全種討伐
・ミシック取得専用BFクリア

この他に完成後のメイジャンでパンデモニウム討伐のドロップ品などが必要になります。
そしてワシがミシックを作り始めたのが2017年6月。
名称未設定-1

既に配信ネタでアサルト全種クリアを達成していたため、のんびりと作るのを前提に始めました。
蛮族王はIL時代では容易にソロで撃破可能。再POP時間も現在では大幅に短縮(60~90分に)されています。面倒なのは蛮族王までの道中ですね・・・。


img_20170714_223614

ナイズルトークン15万と交換できる「アレヴァトと龍」
トークン稼ぎは真面目にやったことは無く、取得ポイントは旧ナイズル100層クリアまでに貯まった分とナイズルキャンペーンの不確定アイテム狙いで潜った際に貯まった分で賄いました。
ちなみにトークン稼ぎは新ナイズルより旧ナイズルの方が効率は良いらしいです。


img_20171105_002923

かなりしんどかったのが闇血のアンプル。
星唄三奏を所持していれば突入トリガーは1000ギル、再突入までリアル1時間と短縮されますが、アンプルを一番多く貰えるオーディンの間IIはIL装備でも失敗する可能性があるので、第IIIウィング(1920P)を延々と繰り返します。但し第IIIウィングを繰り返すには一度オーディン( オーディンの間 )を討伐して、称号「エインヘリヤルエリート」を取得しておく必要があります。10万Pまでは単純計算で50回以上の突入が必要で、リアル1時間縛りがあるので膨大な時間がかかります。ちなみにエミネンポイントでの交換は不可。エインは青もしくは獣で範囲焼きするのが楽です。


004

エインヘリヤルだけをずっとやっていたわけではないので、バルラーンの眼帯を入手するまで半年かかっています。ただ敵を殲滅するだけの作業を延々とこなすのは苦痛以外のなにものでもないっ!


img_20181013_232604

そして鬼のアサルト2週目とアレキサンドライト30000!
アサルトは青の症例・指輪捜索・レベロス補給作戦の3つはソロで厳しいと思ったので猫ちゃんに手伝ってもらいクリア。猫ちゃんはアサルトが異常に得意なので助かりました・・・。
でも1周するだけでもかなり大変だったのに、さらにもう1周とかマジ鬼畜ちゃん。

アレキ納品はあまりサルベ周回はしなかったのでほとんど競売買いで約8000万ギル。
昔は2~3億ギルかかったらしいですが、随分安くなりました・・・とはいえ大金なので大変です。
ちなみに納品とアサルトクリアまで1年かかっていました。それだけかかるというわけではなく、途中で飽きて中断していたからですけども・・・。


15b633f6

余ったアレキは格安でナシュモでバザー。外人さんに感謝されてほっこり。


img_20181013_233218

その後白門で久々にナシュメラと再会。一時的に武器を預けます的なことを言われます。


img_20181013_233250

ここから花鳥風月ゾーンです。
普通に花鳥を第一段階から始めるとかなり大変ですが、事前にナイズルキャンペーンで取っておいたトリガーをここで放出。ミシッククエでは各NM素材は消費してしまいます。
なのでその後のメイジャンを視野に入れると



猿酒(ティンニン)×4
野牛の屍肉(サーラメーヤ)×4
野牛の燔肉(ティガー)×7

これだけの数が必要となります(ヤグルシュの場合&マルシバースコリアドロップ数1個で計算)。


マルシバースコリアを競売で買う場合(1個500万ギル程度)は上記のトリガー3種を1個ずつ+メイジャン用に対応トリガーが3個あればOKです。同垢ポスト移動は可能なのでポストやセカンドに預けたり、トリガーにせずに割符状態でだいじなものとして所持しておく等、計画的な管理が必要です。
ナイズルキャンペーンでは下位の花鳥NMトリガーや、パンデモの万魔殿の鍵そのものがゲットできたりしますので、ポイ捨てせずに将来ミシックを作るかもしれないと思ってちゃんと処理しておくのをおすすめします。


一連の詳細は「盗まれた皇宮の宝」「任務、任務……また任務!」「英魂と鎮魂」をご覧下さい。
白門イベント後ティンニンの牙・サーラメーヤの皮・ティガーの尾をカダーバのSeaprince's Tombstone(E-10)にトレードしてイベント。カダーバHPのすぐ近く。ここでザッハークのレリーフを入手したらナイズル入口からBF戦です。こちらの流れは動画にしてありますので、そちらをご覧下さい。



実は用語辞典を読んでも全容が掴み難いBFなんですよね。
というわけでBFからクエスト完了までの流れを紹介しています。


img_20181013_233718

そんなこんなで無事ヤグルシュ完成。
猫ちゃんにさっそく自慢しに行ったものの、体感してない身としてはいまいちピンと来ないようで。
このやろう!この棒すごいんだぞ!


img_20181015_214949

そして定番、地獄のメイジャンのはじまりです・・・!
ヤグルシュのミスティックブーンは大ダメージWSでは無いためなかなか苦労しそうです。
とはいえブルトのロイエよりはかなりマシなんでしょうね・・・。
近いうちに配信でメイジャンに必要なパンデモニウム戦をお届けする予定です。


RMEAは誰でもコツコツやれば絶対作れるよ!とは言いません。
やはり延々と続く作業感はハンパなく辛いですし、ギルの消費も激しいです。
でもゲーム内で目標を持っていればプレイするモチベーションにもなりますし、1つでもこうした武器を取得すれば、それがプレイする上での自信にもなります。
途中で挫折してしまうかもしれませんが(実際自分も途中投げ出した期間がありました)、自分のペースで始めてみてはいかがでしょうか。Nazuzuは1年半もかかったんですから!



  • ライブドアブログ