May 2006

May 08, 2006

ミック・ジャガー現る

 ラオスの古都であり、最大の観光地でもあるルアンパバーンを訪れるのは2回目のこと。が、今回は、そのあまりの変貌ぶりにともかく驚かされた。たった4年のうちに、前回泊まったゲストハウスの宿代は倍額に。砂利道だった道は全て舗装され、煉瓦の敷き詰められた路肩はおしゃれにライトアップされている。さらにナイトマーケットでは、少数民族の伝統的な刺繍やパッチワークが、いかにも欧米人好みらしいベッドカバーやバッグなどのお土産類にアレンジされ…。
 ここにいる旅行者も、他の街とは明らかに異なって、中には白いスカートなどをはいている人もいる。一瞬にして赤土まみれになってしまうこの国では、考えられないことだ。そう、ここはラオスであってラオスでない。もしバリに行ったことのある人なら、「ラオスのバリ島」と言うたとえが、分かりやすいかもしれない。
 その証拠(?)として、ちょうど同じ時期のルアンパバーンに、あのミック・ジャガーがお忍びで来ていたらしい。自分は残念ながらニアミスだったのだけど、何人かの旅行者から「ボディーガードと一緒に△△にいた」との目撃情報をゲットした。
luang1luang2

 

 

 

 

 

 

 とかなんとか言いながら、そんなルアンパバーンが嫌いになった訳ではない。まるで生き物のように成長している街をつぶさに眺めていると、新しい発見がそこかしこにある。他の街ではありえないブッフェ屋台、まるで欧米から引っ越してきたようなベーカリー…。飲食店ひとつとっても、この街には新しい商売のチャンスが転がっている。
 そんなある夜。街全体が停電に見舞われ、あたり一帯がろうそくの光に包まれた。ぼんやりと光に浮かぶ裏道の生鮮市場、静まり返った通りから聞こえる人々の笑い声…。街をいろんな角度から眺めていたつもりの自分にとって、この出来事は、ルアンパバーンから出された一つの答えのように思えてならなかった。


May 03, 2006

ラオスの巨石ミステリー

ponsawan1ponsawan2

 

 

 

 

 

 

 

 4年前のラオス旅行で気になっていたものの、時間の都合で断念した「ジャール平原」に行ってみた。断崖絶壁の山道をバスでひた走り、ラオスの国道7号線から一気に北上。標高2500メートル近い山々を眺めつつ、今度は東へ向けて、バスは次第に高度を下げていと、次第に緑の平原が眼前に広がってくる。ほどなくして、ポーンサワンという街に辿り着いた。
 この街には、1960年代〜70年代にわたるインドシナ戦争に介入したアメリカ軍が投下した爆弾の殻(?)が、家々の前に放置されている。これは反戦のメッセージなのか?と思ったら、どうやら鉄屑を財産としてキープし、いざというときに売るらしい。1kg=10,000kip(約1$)というから、1本あれば結構な財産になる。中には、これを縦割りにしてBBQ屋を営んでいる妙な店もあった。
 さて、ジャール平原とは、この街の周囲に広がる謎の巨石群のこと。先史以前の石棺であったという説が有力らしいが、ともかく自分の身長より高い石の壺が、緑の平原に数限りなく密集しているというのは奇妙な風景だ。
 ところで、自分はなぜか、穴やトンネルのようなものを見つけるとつい、入ってみたくなる衝動にかられてしまう。ダイビングのときも岩々の間にできたケープをくぐるのが大好きだし、公園にアーチなんかがあったら必ず通行する事にしている。なぜかと聞かれても、本能的に好き、としか言いようがないのだけど…。というわけで、もしこれが石棺だったら大変なバチあたりなのだが、今回もまた、すっぽりと収まってみた。大変満足である。


Profile

nbnbok

旅のルート
旅の足跡&現在地が分かります

   ↓ここをクリック↓
     どこなのコム
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
旅の便利リンク
My Friends
QRコード
QRコード