February 25, 2006

バンコク生活

カオサン屋台今回の旅は、バンコクの「カオサン通り」から始めようと決めていた。僅か500m足らずの路地に無数の安宿がひしめき合い、世界中から旅人が集まるここは、“バックパッカー銀座”ともいえる場所。
初めてのパッカー旅行で訪れた10年前にも増してその発展はすさまじく、最近はタイ人の若者にも人気の夜遊びスポットとして、街はさながら六本木のような様相を呈している。これだけ多くの白人が集まって、夜な夜などんちゃんやっていれば当然の流れとも思えるが…。さすがにB系のタイ人男子に「yo!」と声をかけられたときは、ガク〜っと腰がくだけた。

カオサンの喧騒から少し離れた静かなエリアに快適な宿を取り、昼間からビールを飲むと、脳がとろとろ溶けてくる。さらにタイマッサージ屋では、おばちゃんの肉厚な親指から伝わるほどよい刺激に悶絶。渡し舟に乗って寺をめぐったりと、観光らしい事もこなしつつ過ごすと、ゆるゆると旅モードにスイッチが入ってきた。
バンランプー食堂

バンランプー飯

近くの市場に美味しい食堂がある、と聞いて行くと、10年前に友人が連れて行ってくれた店だと気が付いた。「空心菜の炒め」「豚肉のショウガ炒め」を食する。劇的にうまい。カオサンは様変わりしても、地元の人や旅行者に愛され、看板を守り続けているこの店が妙に誇らしくて、気分よくまた1本、ビールの栓を抜いた。


nbnbok at 00:35│Comments(2)TrackBack(2)タイ | 旅の雑感

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 早く春がこないかなぁ・・・  [ 笑顔 ]   February 25, 2006 17:37
やっぱり春が一番。ぽっかぽかの天気で外をぶらぶら散歩したいよ。早く春がこないかなぁ・・・・
2. 子供扱いされてしまいます・・・  [ 甘えん坊 ]   March 04, 2006 02:19
若い人からは声がかかるのでんですけど、年上の方には子供扱いされてしまいます・・・私も大人の女性になろうと努力してるんですけど・・・・

この記事へのコメント

1. Posted by Y   February 25, 2006 12:39
そうそう、4/1の真心野音〜一夜限りのスペシャルライブ〜2枚取っておきました。席も9列目だって!かなり良くない?

なーーんて、1年くらいはそんな会話はできないのですね!

さてさて、旅モードいいっすね!
ビエンタイホテル前の通り(ランプトリ通り?)を左にカーブした先のコンビニの前に夜中出店するおかゆの屋台はまだあるのかな?
10年前だからなーー。是非、確かめてみてください!
2. Posted by のぶ   March 03, 2006 01:51
真心いいないいな! 楽しんできてね。

おかゆ屋、まだあるよ! どんどん規模が拡大して、かなり儲かっている模様です。
卵を入れたのがおいしかった。タイグルメ、何食べても飽きませんね〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

nbnbok

旅のルート
旅の足跡&現在地が分かります

   ↓ここをクリック↓
     どこなのコム
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
旅の便利リンク
My Friends
QRコード
QRコード