March 29, 2006

南のはての島

※諸般の事情によりネットができず、しばらくブログがストップしてしまいました。今後、過去の分もあわせて随時アップしていきたいと思います。

りぺ海りぺ島

 

 

 

 

 

 

 旅先で出会ったある人から聞いた、「タルタオという国立公園の中にある島がとてもいい」という話がずっと耳に引っかかっていた。ビザの関係で一度マレーシアに出てから再びボーダーを越え、いくつかの街をへて、さらにボートで3時間半。タイの南端、アンダマン海側のタルタオ群島の中のひとつ、リペという島にやって来た。
 細々と漁業を営んでいたこの島が、旅行者の目にとまったのはわりと最近のことらしい。自家発電機を使うため、泊まっているバンガローで電気が使えるのは夜間の数時間のみ。それでも4年前から毎年この島を訪れている人いわく「劇的な変化」だという。さらに1時間もあれば歩いて回れるほどの小さな島に山はなく、地下水が溜まらないため、隣の島の真水をパイプで引くための水道を新設。そのパイプも普通のプラスチック製のためすぐ壊れるので、しょっちゅう修理する必要があるそうだ。高まるいっぽうの人気に対して、島は急スピードで変わりつつある。これほど青くて透明な海と静かな環境をセットで味わえるのは、もしかするとあと2〜3年のうちかもしれない。

 ところで、島を通るビーチから少し中に入ると、萱葺きやトタン作りの家々が並ぶチャオレイという名の漁師の集落があって、人々の生活垣間見ることができる。ここの名物が「チャオレイケーキ」という揚げパンようなもので、散歩がてら村で唯一?と思われる食堂に寄ってみた。1個2バーツ也。手作りのカスタードクリームをちょこっとつけて頂くと、外がカリッとしたチュロスのような生地の食感とあいまって絶妙な旨さである。わらわらと群がるハエを追い払いつつ、10個あまりをものすごいスピードで完食してしまった。


nbnbok at 23:14│Comments(3)TrackBack(0)タイ | 旅の雑感

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by もと   April 05, 2006 11:15
メールみて早速アクセスしてみたよ。今さらだけど日本脱出おめでとう! 
リアルタイムで旅を共感できて、とても嬉しいです。ブログを読みながら目を閉じれば、潮の匂いと海の風を感じてあぁリフレッシュ……と思ったら、赤子が泣き出した。なんだなんだ、おっぱいか、ウンチなのか?? とこんな日常ですが、たまにのぞいて一緒に旅を楽しみたいです。ではまた!
2. Posted by のぶ   April 07, 2006 17:00
もとさま

コメントありがとうございます!束の間の旅気分に浸っていただけたようで…嬉しいです。この先、どれだけアップできるか分かりませんが…。気が向いたらまた、覗いてみてくださいね。
3. Posted by ハンニバル   December 05, 2006 14:16
4 リペ島へ行ってきました。実にいいところでした。これ以上開発して欲しくないギリギリのところですね。昔を知る人にはその頃がもっとよかったのかもしれないけど。現地の人に聞いて第二のリペ島を探すことは可能なのかもしれないが、”ウルルン滞在記”の通訳なし版になってしまう。それでもそんなところに行ってみたいと思う。生きるために生活している人々のそばでゴロゴロしているのも気が引けるのかも、気がついたら漁師になっていたとか。ミャンマーが開放されれば第二、第三のリペ島はきっと見つかるはず。
島のホテルはGHで十分だし、ジェットスキーやパラセーリングといった文明の遊び道具も必要ない。どうかこのままリペ島をそっとしておいて欲しい。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

nbnbok

旅のルート
旅の足跡&現在地が分かります

   ↓ここをクリック↓
     どこなのコム
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
旅の便利リンク
My Friends
QRコード
QRコード