2011年02月

突然 ~FIELD OF VIEW~ じゃなくて。。


FIELD OF VIEWって懐かしいっすね。

現在、あるシステムの構築でお客様先での作業が多いのですが・・

昨日もお客様先に移動中に電話がプルル

お客様「切実なお願いがあるんだけどさ・・・」

私「なんですか?」

お客様「○○に一緒にいってくんない?」

私「えっ! 突然っすね。。」

ってことで、「突然の風に吹かれてぇ」のごとくさらわれてしまいました。。

そのトラブル現場は全然関わっていなかったんですけどね。
「立川が行けば、何とかなるだろ」との思いで、お誘いがあったみたいです。

まあ、なんとかしたんですけどね。

ここ数年、こういった「困った場面」でお誘いが多くなってきました。
昔は「えー、行ってもわかんねーよー」なんて思っていました(結局行って何とかするんですが)が、ここ最近は「自分の力を示すチャンス」とか「どうせダメなところにいくんだから、楽しんでなんとかしよー」とか前向きに出来るようになっています。
そう思ってやっていると、大抵のことは上手くいくんですよね。不思議なもんです。

何事も前向きにやることが「吉」ですね。

仕事相手


仕事相手は大切ですよね。

ウマの合う人もいれば、そうでもない人もいたりして、仕事じゃなきゃ絶対会う事もなかったりするレベルの人とも仕事をするわけです。

相手に振り回されたり、嫌な思いをしたり、いろいろあるかもしれませんが、少なくとも仕事相手は「同じ目的」の為に働いているということを忘れてはいけないかなと。

同じ方向に向かい、物事を達成していけば、いずれは信頼関係ができたりしていくもんですよね。

はじめはぞんざいに扱われても、真摯に行動して存在価値を見せ付けていけば、いずれは一目おいてもらえるものです。。

みなさん、腐らずに感張りましょう!

仕事を楽しむ


まだ入社して1,2年目のころ、当時の部長と飲みに行って、

「仕事は30歳過ぎくらいから楽しくなるもんだ。」

と言われたのをずーっと憶えているのですが、

当時

「えー、ほんとかいな?」

と懐疑的だったのもよーっく憶えています。

で、40歳を目前にして思うのは、

「部長のいう事は正しかった」

かと。

まあ、「楽しい」か言われれば、他に楽しいことはたくさんありますが、

仕事を「楽しめる」ようにはなったかなと。。

若いころは「やらされ仕事」だったりしたのが、今は自分で仕事をコントロール出来ているというのが一番の理由かもしれないですが。。

ワークショップ:お金の話


当社にコンサル的な立場で入ってくれている稲川さんが昨日ワークショップにて、社会人として知っておいた方がよいお金の話をしてくれました。

貸借対照表とか損益計算書とか、経理をやっている人には常識的な話なんでしょうが、我々IT技術者には縁遠い話をわかりやすく説明してくれました。

私自身は「お金の話」は大好きなので、自分なりに色々と勉強(?)していましたが、やはり理論だてて説明してくれると、「なるほどねぇ」なんて。。

ただ、結局気になるのは「細かい」ことばかりで、「なぜ資産にすることを嫌うのか」とか「企業時にオーナーが資本を注入せずに貸し付けることは可能なのか」とか・・
そんな下世話に質問にもきちんと答えてくれる稲川さんに感謝です。

バレンタインデーの思い出・・


バレンタインデーって、彼女がいないときでも、朝起きると

駅で「これもらってください」なんて突然告白されたらどうしよー

なんて、考えていた頃ってありませんでしたか?

え、私?

。。。。最近まで思っていました。。。

嫁子供がいるのにどーしよー・・なんて。。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ