佐藤です。

1月中旬から、珍しく他の会社に常駐して作業をしています。

1月中旬から開始で、2月中旬にはリリースと言う超絶スケジュールですが
画面数が少ないことと、Seasar2を有効に使ったアジャイル開発で何とか間に合いそうです。

「Seasar2を有効に使う」ということですが、今回の案件はSeasar2てんこ盛りです。
開発はSAStruts+Mayaa+S2JDBC+Mobylet+S2Chronos
単体試験はS2JUnit4


WEBで検索したり、SeasarのMLを検索したりしても、こんな組み合わせは見当たりませんでした(汗)

組み合わせるにあたって苦労した点や、便利だった点を、何回かに分けて紹介していきたいと思います。


まずは、苦労した点、、というかまだ解決していなくて、誰か教えてくださいという感じなのですが、SAStrutsとS2Chronosを組み合わせると、Hot Deployがうまく動かないのです。。

こちらの記事が2008/9/24で、S2Chronosの最終リリース(1.0.0)が2008/9/8なので、対応されていない、と言うことですよね。。
うーん。

Hot Deployが動かないなら、app.diconに
<include condition="#ENV != 'ct'" path="chronos-extension.dicon"/>
こんな感じで、Cool Deployの時だけS2Chronosを動かそうとしてみましたが

web.xmlにS2ChronosServletを登録してるので、
起動した時点でS2コンテナにSchedulerが無いと怒られる始末。。

S2ChronosServletを拡張してSchedulerが無かったらスルーするようにすれば良いんだけど、今回の案件の思想的には微妙ですのでやめておきました。。

結局、開発を全体的にCool Deployで行っていて、効率ダウンです。

SeasarMLに投稿してみようかな。