古跡探訪録

〜古墳・装飾古墳と城郭とSR400と旅と写真と日々の出来事、そんなごった煮ブログ〜

忙殺の夏

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


何処かへ行きたい・・・

博多の夏、始まる。

博多祇園山笠。

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


博多の夏が始まりました。

ーーーーーーーーーー
image


image


image


image

変化の日

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


終わりゆく、見馴れた景色の記録。

十年目の空

image


image


image


image


image


image


朧に消えた夏の日再び。
帰らぬ時への想いは募るばかり。

塞がらぬ心の穴を抱えながら、それでも生きていかなければならないのだ・・・

大雨

image


image


image


image
今夜の雨も気になります。

相古墳(糸島市桜井神社奥宮 岩戸宮)

毎年7月、一日だけ岩戸宮として祀られている古墳石室に入ることができる。

参拝者が多い為、石室をかじっくり観察する事は不可能と言っていいが、見た範囲での特徴を記しておきたいと思う。

image


image


image
▲羨道入口付近、右側壁の石積み。

image
▲玄室内部。

糸島市桜井神社奥宮、岩戸宮(相古墳)についてのメモ。

●単室構造。
●比較的長い羨道。
●羨道入り口付近にはやや小振りな石材を使用。
●立柱石・まぐさを設けず、明確な玄門はない。
●玄室プランは長方形で左側壁に巨大な腰石。
●玄室上部側壁は持ち送りとなり、羨道にくらべ急激に天井高が増す。
●持ち送りにより天井石付近ではほぼ正方形となる。
●石室規模は全長10m、玄室高5m(?)

典型的な九州系の石室とは幾分異なる印象。袖に明確な立柱石があれば壱岐の大型石室に近いものがあるような・・・

糸島あたりの石室はもう少し力を入れて探索せねば。

ーーーーーーーーーーー
image
▲玄室上部に長細い石材を重ねて持ち送りにする点でやや類似している壱岐の双六古墳。

二見ヶ浦

糸島市を代表する名勝。
福岡市近郊では志賀島と並ぶ夕陽のスポットであるが、こちらの方が若者率が高い。

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


若者達の圧に押され、日没を待たず早々に退散・・・(-_-)

櫻井神社御祭礼の日(岩戸開き)

寛永6年、黒田忠之によって創建された桜井神社。
その奥宮として祀られる石窟は古墳時代の横穴式石室で、この日は一年に一度だけ内部まで入り参拝できる非常に貴重な機会となる。

image


image


image


image


image


image


image
▲参拝は長蛇の列。

image
▲県指定文化財の楼門。

image
▲楼門には黒田家の家紋。

image


image


image


image
▲待ち時間の長さはそれなりの覚悟が必要。

image


image
▲いよいよ内部へ。

image
▲桜井神社奥宮岩戸宮、古墳名は相古墳と言うようだ。非常に特殊な石室。

image
▲石窟参拝後、どうしてももう一度横穴式石室の特徴を観察したく、再度列ぶ・・・

image
▲上空の雲。

image
▲2回目の列。

image


image


image
▲古墳の石室が信仰の対象になっている場所は数多くあれど、この古墳は際立って不思議な空間であった・・・

ーーーーーーーーーー
image

蝉の鳴き始め

本日をもって夏とする!

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


太平洋高気圧の暑さ、到来です。

ーーーーーーーーーー
image
▲自販機限定。

SR、整備備忘録

image
▲一週間ほど前に洗車しました。

image


image
▲YSPへ整備に出しました。

image
▲フロントタイヤはIRCに変更。

image
▲リアタイヤはいつものTW42。

image


image
▲ディスクとブレーキパッド、破れていたフォークブーツも交換。久々に手痛い出費になりました(泣)

ーーーーーーーーーー
image
▲現在の走行距離、116325.3km。SRさんはまだまだ元気です(^ ^)


が、
しかし・・・・・


image
▲タンクの各所に傷と凹み。やられました・・・
(犯人、許すまじ!!)


とりあえず・・・

生きてます(笑)

本日は雨ですが、このところ晴天続きで梅雨時期である事を疑ってしまいそうです。

image


image


image


image


image


image


image


もう暫く更新は控えめな状態が続きそうです。

ーーーーーーーーーーー
最近観た映画。

image
『メッセージ』
映画館で見る価値のあるSFでございました。今年はSF当たり年かも。

image
『スプリット』
まさか”あの映画”の続編だったとは。(ネタバレ無しで観た)
シャマランが描く一連のヒーローものの一作。

image
『ローガン』
ただただ切ない。過去のX-MENシリーズを見返すのが辛くなるほどに。

外出中

image
更新が滞っておりますが、しばらくお休みする予定です。

image


image


image


image


image


image


image


気が向けば写真のアップくらいはするかもしれません。

梅雨入り

ちょっと忙しい一日。

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image
▲福岡城の菖蒲園。

image


image


image


image


image


image


image
▲福岡城南二ノ丸多聞櫓、修理中。
足場が組まれ始めました。

image
▲最近修理が完了した西隅櫓。

image


image


image
▲模擬追廻橋(本来の位置ではない場所に再現)は立ち入り禁止。

image
▲”このはしとおるべからず”?

image


image
▲鉄物櫓跡。

image
▲鉄物櫓石垣は石との隙間が危険視されているようで、経過調査のため近づけなくなっています。

image


image


image


image


image


image


ーーーーーーーーーー
image
▲大吉、久々!

早くも六月

そろそろ気合いを入れて動かねば!

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


本日は適度に涼しく過ごしやすい一日。
今月末は色々と動くので、今のうちに準備をせねばと少々焦り気味です。

ーーーーーーーーーー
image
▲早良区はホタルが飛び始めていますが、マムシに注意らしいです・・・(-_-;)

地下式横穴墓の装飾

南九州に多く分布する地下式横穴墓には装飾文様が施されているものも存在する。
地下式横穴墓は保存が難しく埋め戻されている場合が多く、中々見学出来ない事の方が多い。
今回はそれらの中でも遺構が切り取り保存され稀に公開された装飾を紹介。

●日守4(54-1)号地下式横穴墓
[西諸県郡高原町大字後内川字日]
image
▲束柱(斗)の浮彫。(西都原考古博物館所蔵)

image


IMG_0027
▲展示に合わせて修復された束柱浮彫。

IMG_0029


IMG_0036


IMG_0035


IMG_0028


●立切54号地下式横穴墓
[西諸県郡高原町大字後内川字切立]
image
▲棟木の浮彫と彩色。(高原町教育委員会所蔵)

image


image


image


image


image


ーーーーーーーーーーー
●立切60号地下式横穴墓
[西諸県郡高原町大字後内川字切立]
image
▲実物大レプリカが宮崎県立総合博物館に展示されている。

image
▲玄門から玄室内部を望む。

image
▲リアルに再現された人骨。

image
▲玄室天井に再現された棟木と束柱。

image
▲玄室内部は図面と比較すると左右が反転している。
見学に際してはその事を頭に入れておいた方が良いかもしれない。

image
▲棟木と束柱。


穏やかな一日

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


ーーーーーーーーーー
image
末吉でした・・・

海岸と空

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image
霧島市にて。

西都原古墳群へ

古墳にコーフン協会まりこふん会長・伊藤理事長と共に西都原を周遊。

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image
▲100号墳が本日のラスト。
夏のような痛い陽射しの中での古墳巡りでしたが、西都原の美しい風景は堪能できました。何度でも行きたくなる場所です。

みやざき生目古墳まつり

今年も古墳シンガーまりこふんさんが宮崎に登場!
古墳にコーフン協会のブースも出店いたしたした。

image


image


image


image


image


image


image
▲古墳顔ハメパネル生目バージョン!

image
▲会場は大変盛り上がりました。

image
▲宮崎犬登場!

image


image


image


image
▲あまりのハイパフォーマンスぶりに目が釘付けの子供達・・・

image
▲宮崎犬に遠慮(?)しながら登場、南蛮犬のバンくん。コーフン協会理事長激写中。

image
▲バンくん、子供達からの人気はハンパない。

image


image
▲足元のクオリティがヤバイ。個人的には今後もこの感じでお願いしたいところです。ゆるい。

image
▲バンくん。

image
▲宮崎犬。宮崎二大イヌキャラクターに会えて満足です。

➖まりこふんライブ➖
image
▲宮崎のライブとしては初の新衣装。

image


image


image


image
▲まりこふんさん、子供達に大人気!

image
▲『イキイキ!生目古墳群』ではダンサー付きで大変豪華。

image


image
▲バンくんとの共演も。

image


image


image


image


image


image


image


image


image
▲今年も最古〜でした・・・!

ーーーーーーーーーー
image
▲まりこふんさんとバンくん。

大淀古墳群[宮崎県宮崎市大塚町西原]

前方後円墳・円墳・横穴墓が県指定史跡となって保存されている。

●大淀1号墳
image
現実、直径27mの円墳で内部主体は粘土槨。

image
▲歩道橋から墳丘を望む。

image


image


●大淀2号墳
image


image
▲墳頂部の石材。後世に奉納で置かれた石材のようだ。

image
▲墳丘東側は大幅に削られている。

●大淀3号墳
image
全長100mを超える前方後円墳だったと思われるが、前方部は削平されている。

image


image


image
▲東側に前方部の存在が予想されている。

image


image
▲露出している円筒埴輪。

image
▲円筒埴輪は間も無く保存処置が施される予定。

image
▲墳頂部の祠。

image


●大淀4号墳
image
信仰の対象となっている。墳裾には板碑が祀られている。

image


image


image


image
▲墳丘への石段。

ーーーーーーーーーー
image
▲大淀川。
livedoor プロフィール
最新コメント
Categories
Archives