古跡探訪録

〜古墳・装飾古墳と城郭とSR400と旅と写真と日々の出来事、そんなごった煮ブログ〜

善一田古墳群現地説明会

所在地:福岡県大野城市乙金東
実施日:2017年11月18日

image
 古墳時代後期〜終末期の古墳群で乙金古墳群の支群。善一田古墳群は665年に築城された古代山城”大野城”の築造に関わる集団の墓であった可能性も指摘されている。
 善一田古墳群の中だけでも30基が確認されており8支群に分かれている。

image


image
▲公開された13号墳(手前)と18号墳(奥)。

●善一田18号墳
image
▲18号墳へ。
 東西26m、南北22m、高さ4mを測る円墳。内部主体は複室構造の横穴式石室で玄室長2.8m、幅2.2m、高さ3.5m。馬具・鉄鏃100・靱・ころく・鉄鉗が出土した。

image
▲石室内部。

image
▲玄門から玄室内部。

image
▲玄室内部。天井まで3.5mを測り同時代では福岡平野で最も高い。

image
▲天井の持ち送り。

image
▲説明の様子。

image
▲玄門かまち石。

●善一田13号墳
image
 B群中に所在する円墳で内部主体は単室構造の横穴式石室。

image
▲石室内部。

image


image
▲奥壁から羨道側を望む。

●その他の古墳
image


image


image


image


ーーーーーーーーーー
image




晩秋的

急に冷え込んだ一日。

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


紅葉、見頃まであと一歩。

ーーーーーーーーーーー
image
▲ダムで沈んだ境内から天然記念物の樹、移転される!

上昇

今日は久々に写真を撮ることが楽しかった日。

image
▲夕日を撮りに・・・

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image
▲日没に間に合わず。

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image
▲また夜の到来です。

ひろかわ古墳まつり

古墳まつりに伴い弘化谷古墳の公開日でした。

image
▲まつり会場。

image
▲弘化谷古墳公開の様子。

image


image
▲石人山古墳。

image
▲家形石棺。

image


image


image


image


image


image
▲石人。

image
▲後円部。

image
▲磐井鍋。

image


image


image


午後うきは

昼下がり、秋を探しにうきは方面へ。

image
▲耳納連山。

image
▲塚堂古墳。

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image
▲月岡古墳。

image


image


image


image
▲竪穴式石室石材。

image
▲礎石は天井石。

image


image


image


image


image


image
▲日岡古墳。

image


image


image


image
▲墳丘全景。

image


image


image
▲石室旧覆屋。

ーーーーーーーーーー
image
▲夜はひたすら寒い。

image


image


やや疲労

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


本格的に休みたいところ。

image
▲いつものおみくじ。割と当たっていたりする。

帰宅

2b0f6665.jpg
e749e08f.jpg
7e81619d.jpg
939ac1c4.jpg
63a7afca.jpg
d5e392d7.jpg
7414dbee.jpg
099b0622.jpg
913b42e4.jpg
dbf3e77b.jpg
a41e64e3.jpg
中々収穫の多い旅でした。

ーーーーーーーーーー
image
▲新幹線から竹原古墳。

関東入り

ee6640f3.jpg
c9b8b540.jpg
afc636a0.jpg
bdaf4771.jpg
89feb4d6.jpg
3c3d5b05.jpg
a8436a28.jpg
0d719241.jpg
77d70e76.jpg
f7a37a60.jpg
261ee733.jpg
0ff0197e.jpg
d62b3025.jpg
b77b4c29.jpg
f32ad581.jpg
明日は横穴墓へ。

三ノ丸、石垣付近

image
気晴らしに散歩へ。

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image
少しだけ脳内がスッキリ。

限界・・・

image


久々に独り言的な感じで。
気力・体力、もうどうやっても戻って来ない・・・

image
休みたい。

装飾古墳一斉公開 菊池川流域2017秋

image
台風の影響で公開が危ぶまれましたが無事いくつかの古墳に今年も会うことができました。

●永安寺東古墳
image


image


image
▲石室内部。

image
▲前室右側壁。下に震災で割れた石材が集められている。

image
▲永安寺西古墳

●大坊古墳
image


image


●石貫ナギノ横穴墓群
image
▲公開日での探訪は初。特に解説があるわけではなかった。

image


image


image
▲8号墓はいつ見ても圧巻。

image


image
▲石屋形奥壁の線刻。

image


image
▲大刀の浮彫。

image


●石貫穴観音横穴墓群
image


image
▲遠景

image
▲2号墓。

image
▲飾り縁の彩色。

image


image


image


image
▲1号墓。

image
▲飾り縁の彩色。

●塚坊主古墳
image


image


image


ーーーーーーーーーー
夕方の清原古墳群
image


image


image


image


image

久保地古墳跡

image

【所在地】糸島市志摩町芥屋

この地には元々30基程の古墳が群集しており"塚原(つこうら)"と呼ばれていた。
昭和61年に2基の古墳が調査され、柱状節理玄武岩を利用した珍しい古墳であった事が判明。久保地古墳の近くには天然記念物芥屋の大門があり当地特有の横穴式石室であった。

image
▲現在、古墳があった場所から近いところに久保地古墳慰霊塔がある。
他にも高祖城主原田家家臣墓碑と米軍機墜落慰霊碑が隣接する。

image
▲久保地慰霊塔の石材は玄武岩のようで、古墳に使われていたものであろうか。(昭和6年建立)

image
▲石碑の石材は天井石のようにも見える。

image


image


image
▲付近には古墳に使われたものと同様の石材が露出。

image


image
▲米軍機墜落慰霊碑。
1954年に雁ノ巣空港を飛び立った大型輸送機が機関故障により墜落、久保地古墳上で大破炎上した。

image
▲海岸沿いには大量の玄武岩。

image
▲芥屋の大門も近い。

image
▲発掘当時の久保地古墳石室。(写真:志摩の歴史と文化財より)
現在は消滅して見ることはできないが志摩歴史資料館に実物大模型が展示されている。

桜井二見ヶ浦

二日連続の夕陽見物。

image


image


image


image


image


image
▲芥屋の大戸。

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image
▲畑の中に炎が。これは一体??

いつもの海岸へ

そしていつもの志賀島。

image


image


image


image


image


image


image


image


image
日没後・・・

寄り道、奈良。

船の時間まで奈良で過ごす。

image
▲石舞台古墳。

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image
▲藤原宮跡。

image


image
▲台風によりコスモスは壊滅状態。

image


image


image


image


image


image


image


image
▲岩屋山古墳で本日ラスト。

この後、フェリーが停泊している泉大津へ。

寄り道、大阪の古墳

●津堂城山古墳
image
全長210mを測る古市古墳群最古の巨大古墳。

image
▲本物の竜山石を用い実物大で再現された長持形石棺。あまりにも巨大!

image
▲縄掛突起は同心円状に加工。

image


image


image


image


image


image
▲大王の長持形石棺、レプリカとは言え一見の価値あり。

image
▲隣には竪穴式石槨の天井石が展示。こちらは本物。

image


image


image


image


image
▲津堂城山古墳では昨日の台風が嘘のように美しい青空が。

image


image


image


image


image
▲周濠内の島状遺構。

image
▲一辺17m、葺石と水鳥埴輪が検出された。

image


image


image


●ヒチンジョ池西古墳石槨(羽曳野市)
image
▲野中寺境内。

image
▲650年ごろに建立された塔の礎石。

image
▲ヒチンジョ池西古墳石棺(石槨)
南西1km離れた場所から移築されたもので二上山凝灰岩を使用した10個の精緻な石材で構築されている。

image


image


image


image
▲石槨内部は支柱で固定されていた。

●徳楽山古墳の石槨
image
徳楽山6、8に存在していた古墳で、横口式石槨は天王寺大学に移築。

image


image


image
▲石槨内部。

image


●允恭天皇陵
image


●唐櫃山古墳
image


image
▲石棺は移動され、更に見れなくなってしまった。

●鍋塚古墳
image
仲津山古墳の陪塚とされる一辺40mの方墳。

image


image


image


image


●古室山古墳
image
全長150mの前方後円墳。

image


image


image


image


●赤面山古墳
image
高架線の下に残された間一髪古墳。

image


image
日当たりの良い場所では芝が生えている。

ーーーーーーーーーー
image
▲夜の大山古墳。

安福寺横穴と高井田横穴

大阪府二日目。

●安福寺横穴北支群10号墓
image
6世紀中葉から7世紀初めの横穴墓。羨道(玄門)右側に騎馬人物と人物の線刻。
後世の追刻の可能性も高いとされる。

image
▲墓室内部。

image


image
▲線刻のある壁面。

image
▲騎馬人物。

image
▲中央の羽飾りをつけた人物。

image
▲右側の人物。

image
▲棺台のある横穴墓。

●安福寺横穴群B地点
image


image
▲1号墓。

image
▲4号墓。

image


image
▲5号墓。

●高井田横穴群
image
▲3支群2号墓。

image


image
▲羨門の線刻。

image
▲唐草文の一部が残る。

image
▲玄門内側左袖の唐草文。

image
▲玄門内側上部、微かに唐草文が確認できた。

image


image


image


image
▲3支群10号墓。

image
▲玄室内部。

image
▲奥壁、戈を持つ人物。

image
▲天井の木の葉。

image


image
▲2支群3号墓(中央)。

image


image
▲羨道右側壁の騎馬人物。

image


image
▲羨道左側壁の騎馬人物。

image
▲玄室内壁。

image


image
▲2支群4号墓、玄室内側から。入り口に支柱があったと推定されている。

ーーーーーーーーーー
●安福寺石棺
image
▲割竹形石棺。
鷲ノ山製ではないらしい・・・

image
▲直弧文。

image


ーーーーーーーーーー
過酷な横穴めぐりでしたが、唐草文との出会いは衝撃でした。

高井田横穴、一般公開

image
台風前の公開日。

image
▲3支群7号墓。

image
▲花弁文。

image


image
▲3支群6号墓。

image


image


image
▲3支群5号墓。

image


image
▲パノラマ写真。

image
▲3支群13号墓。

image
▲靫。

image
▲玄室右側壁の鳥。

image
▲2支群12号墓。

image
▲羨道の船。

image
▲玄室の人物。

image
▲天井の巨大な鳥。

image
▲2支群5号墓(左下)

image


image


image
▲玄室左側壁に設けられた造り付け石棺。

image
▲2支群6号墓。

image


image


image
▲3支群10号墓。

image
▲玄室内部。

image
▲高井田山古墳。

ーーーーーーーーーーー
大粒の雨でしたが満足度の高い見学でした。日本の考古・美術史にも名高い"人物窟"と対面できたのは感激です。

フェリー

c6185cf8.jpg
57a77e88.jpg
4b29850f.jpg
0278247c.jpg
56d57df1.jpg
815ab090.jpg
5830ed29.jpg
acce0878.jpg
bb419e33.jpg
e5444204.jpg
a5f45831.jpg
f114754f.jpg
大阪へ。

曇天、続く・・・

毎日、どんより空模様。

image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


image


ーーーーーーーーーー
image
▲ふくろうと前方後円墳。
livedoor プロフィール
最新コメント
Categories
Archives