2/21 NCC入会記念(?)の記2/24 スローパーの逆襲

2009年02月24日

2/21 初のサンカル&南大門で無事入会でお願いします

2009Feb21サンカル2 "スリートライ以内のクリアでNの餃子!をかけてどっかぶり赤×に挑むK2" (見事玉砕でよかったよかった、いや残念残念、でしたが、ナイスファイトでした。南父)

 UACに入会して早一年も経つというのに、未だ未入会のNCC。
聞けば細かい入会資格などはなく、ある一定の流れを踏めば有無を言わさず「入会」、或いは「いつの間にか入会」というシステムであるという。 
 いよいよ遠かったNCCの門戸を叩く日が来た。


 宇都宮の夜はやけに冷たい風で包まれていたが、ここがNCCそしてUAC発祥の地であること思えば妙に暖かいものを感じ、寒気はそっと身から抜け落ちる。南大門を横目に歩いてゆくと、一際闇夜に輝く建物が見えてきた。駅より歩いて10分、サンカルにたどり着く。

 ガラス張りで外から見えるようになっているボルダーには誰もいない。別の部屋もあるのだろうか。いよいよ隠れ見えるサンカルのアルミのドアを開ける。

 ようやく熱い人の気配がした。奥へ進むと南父、そして初めてお会いするはなさん、ろこさんが。

 「はじめましてk2です。よろしくお願いします。」


 早速クライミングシューズを履く。履きながら、去年の春に購入して以来一度しか履いていないこのシューズを不憫に思う。

 ボルダーを眺める。
 これがあの強者共の数々の名チキンレースと汗と涙を生んできたボルダーか。ホールドに触れれば壁にへばりつくちいねいの残像が浮かび上がる。

 ろこさんの奮戦ぶりを見ながら、いよいよチキンの血が沸き立つ。

 「まずはピンク■のトラバースでウォームアップ。余裕があれば往復を。」と言うことで、約1年ぶりにホールドを手にする。ここは余裕を持ってゴールまで行き、手を少し休めて折り返し、無事クリアー。少々疲労感を感じたが、出だしはまずまず。一安心。
 休憩の後、今度は一つレベルアップして黄色■のトラバース。次の一手を悩みつつ、慎重にゴールを目指し、一休み。着々と蓄積された乳酸が腕を重くする。同じルートのはずなのに、勝手が全く違う気がする。次の一手をイチイチ探しながら進むので、無駄に疲労が溜まってゆく。わきどんにホールドを教えてもらいながら、そして最後は何とかへばりついて無事クリアー。で、次の瞬間マットに落ちる。ふぅ〜。まっ、これでもクリアーはクリアーでい。

 この間も他のみなさんはチャレンジを続けて止まないのだが、パンプしかけのK2にそれらを把握する余裕なし。すいません南父、追記をお願いします。

 次は壁面を変え、ピンクブタ。手足限定となると2つレベルアップするという。なんだか色々と物語を生み出した歴史があるという登竜門的存在のようだ。

 「まぁ、まずは普通にいきましょ。」と言う南父の瞳がキラリと怪しく光る。

 蓄積された腕の疲労感は否めないが、無事クリアー。ホッと一息。次はいよいよ手足限定。
 「一撃クリアーなら餃子一枚ね」と南父。嫌でも闘志が燃え上がる。

 足のかけ場を間違えそうになりつつ、最後の一手までたどり着く。が、最後のホールドが遠い。腕はパンプ寸前で、このままだと力が尽きる。
 そこに、追いつめられた数々のクライマーに最後の気力を与えたNCC「ガンバッ」の声援。よぉし、ここは潔く行くっきゃないと心に決めて、左手を伸ばす。何とかホールドに手が届くが、身体が宙づり状態に。しかし、思った以上に掴みやすく、九死に一生。両手を揃えて一撃クリアー&餃子一枚ゲット!イェイ!

 次なる課題は赤×。
 「3回以内にクリアーなら餃子一枚ね」と南父。パンプした腕に再び力が宿る。

 1st。スタートの無理な体勢ですでに疲労。気合いで3つ目のホールドを掴むが、逆手にとったこともあり、無惨に落下。

 2nd。アドバイスをもらった出だしの体勢で好スタートを切るが、2つ目のホールドを掴んだところで落下。パンプした腕を揉み解しながら鋭気を養う。「よぉし、これでようやく心から応援できるよ」と南父。
 「俺が始めた頃より強いよ」と、ベンチに座ったクライマーに励ましの言葉をいただく。自分、褒められ育つ性分なんす。

 気合いを入れて3rd。2つ目のホールドをがっちり掴むが、足を動かせず、次のホールドがやけに遠い。パンプした左腕に最後の力を込めて右手を伸ばす。が、右手は虚しくも小さなホールドから滑り落ちる。根性で何とか持ちこたえるが、力つきて背中からドスンと無様に落下。ありゃりゃ。
 
 その後、「負けたままで帰るのもねぇ〜」ってことで、黄色■にチャレンジ。が、最後の一手で敗退。

 まぁ、餃子一枚ゲットできたしってことで、本日はこれにて終了。
2009Feb21南大門2

 "←ちいねいに遠隔チキンを挑んでいるのがあきらかな、このポーズ。元祖チキンの怖さをしらないからこそできる無謀な行為としかいいようがない。後悔先に立たず。”


 その後南大門に向かい、ろこさんとK2はオートマチックなNCC入会を無事果たすのでした。
 
 なお、入会時の様子はこちらです(ろこさん記)。

 未熟者ですが、皆さんよろしくお願いいたします。       (K2)

nccnet at 00:51│Comments(7)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 南父   2009年02月24日 08:08
 新入会K2にさっそくギョウザ一枚とられたのは悔しいけど、やはり元祖チキン様たるあの姉にしてこの弟あり、の感を強くした、見事なチキンファイトでした。
 南父の方は、どっかぶり右の薄被りの赤Lスローパーづくし課題、ひさしぶりにやって、やっぱり一撃できず2回目で辛うじてクリア。かつてOSしたどっかぶり赤×、ルーフ赤×も、前者は問題なしだが、後者は2回落ちで3回目でやっと。
 そのあと前回クリアした外どっかぶりの青Tをやったら、これは一撃できたのでほっと一安心。
 新メンバー加えて、今後は厳しいホットチキンで苦労しそう。
2. Posted by roko   2009年02月25日 08:36
晴れてNCC入会おめでとうございます!
若さに加え生まれ持ったセンスがモノを掴んでいましたね(笑)南父の愛の鞭にも徐々に打たれ馴れてくることでしょう。今後のご活躍を楽しみにしています♪
3. Posted by わき   2009年02月25日 21:51
室内に長くいるのも久しぶり。外ばかり取り付いてたので、何処をやればいいのか戸惑ってしまう。久しぶりドッカブリ赤×ヒールフックでクリア出来てよかった。新しく見つけた2段ハングを横断する赤棒?は、今後の練習次第でクリアできそう。何気無くトライしてみたスラブとカンテの赤Tは以外に簡単でOS。
お二人さんのNCC自動入会お目でとさん。チケット、月券色々あれど、月券にすると時間を気にせず遊べていいですぜ。
4. Posted by はな   2009年02月26日 01:30
K2クン、ろこさん、入会おめでとうございます。ん?おめでとうで良い?良いでしょう〜良いはず!

チキンだろうが、餃子だろうが、ハンバーグだろうが、楽しく安全に登れれば良いのです。

この日は、一度去年にいいところまでいったルーフの赤バツをRPできたことがうれしかったー。南父のいうとおり、5手と6手目をとるとき足を右に振らず、トゥ&ヒールフックしてとったのが、ちょっと引っかかる気はするけど・・・ね。まあ、ヒール&トゥフックでもずっと取れていなかっただけに、今年のNo1でしょう。

この日(先週も含めて)、私の驚きはK2クンとロコさん。
なぜに、ぜんぜんやっていない人が、登れちゃうのか不思議?やはり、普段から動いているだけあって、体幹の筋力が普通の人とはえらい違い。
本格チキン始まったら、うかうかしていられません。
5. Posted by ちいねい   2009年02月26日 15:54
入会、おめでとうございます!
噂のサンカルどうでした?
そこで初めてクライミングをし、のめり込み、いくつものチキンで涙に汗に鼻水を流し成長しました。あのピンクのブタ鼻ホールド嫌でしょ〜〜。何回泣いたことか。
近い将来、また皆でチキン出来る日を(と言ってもチキン出来る体力を先に身に付けなきゃいけないけど)、楽しみにしていま〜す。
6. Posted by ちいねい   2009年02月26日 15:59
南父の「これやってみ」は、本人曰く「教育のため」と言う事だけど92パーセントはチキンですから。
「これやってみ」ばかりに騙されずに、自分の得意な(相手の苦手な)ルートを作り「(逆)これやってみ」と誘って是非トライして貰うのも楽しい。
ちなみに内緒の話だけど南父はちっちゃなカチホールドに弱いぞよ。何てったってあんなに大きな手に指だからね。ぐふふ。
7. Posted by 南父   2009年03月01日 14:10
 南父がチキンファイターではないことはこのブログで何度か検証したとおり。「これやってみ」は、「技術というものは自分ができるというだけではなく、ヒトに教えられるようになって初めて身についたといえる」という大原則があるので、仲間にどこにどう手足をおき、どういう姿勢になれば正解かということをその場で適格に指示できるようにならねば、というのが動機なんだよね。
 だから、大物チキンファイターなしで「これやってみ」合戦をやるときは、ほんと線香花火のように上品でものしずかなモンですよ。しかしそこに元祖チキンとかがいると、南父の意図とは無関係にこれをマッチポンプのガチンコチキン合戦に仕立て上げられてしまうんだよね。だからちいねいがそこにいるかぎり「これやってみ」が「チキン合戦」になってしまうのは当然で、まあ「ちいねい=元祖チキン」の証明みたいなもんでしょう。
 あ、ところでちなみにK2君、南父は体はやわらかでちっちゃなカチホールドは大得意ですので、そういう課題で勝負をしかけても返り討ちにあうこと必定。大の苦手のガバ、パワー引きつけ系にしておいたほうが良いでしょう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2/21 NCC入会記念(?)の記2/24 スローパーの逆襲