2006年01月

2006年01月31日

1/29 黒沢アイス

 この日は古賀志フリーと黒沢アイスの2パーティーで活動。



nccnet1 at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 日光/足尾/安蘇

1/29 今年初の古賀志

今年初めての古賀志岩トレを09、08の2人で実施!遅めの10時に集合で暖かいマラ岩に、、、外岩は久しぶり!ハーネス履くのもおひさしぶり!マラ岩なんざ覚えてないぐらいのご無沙汰ぶり!!08控えめのワイワイリードから始まる。。。続きを読む

nccnet1 at 00:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)古賀志 

2006年01月29日

1/28 那須

2006Jan28那須1前日03のもとに、土曜日お天気良さそうだしちょっとスノーハイクでもどう?と00からメールが届く。最近ハイキングにハマり気味、先日茶の木平で雪の中を歩く楽しさを経験したばかりの03は二つ返事で参加表明。たてていた予定も早速断りの電話を入れ、わーい雪だーハイキングだーとウキウキ気分。そこへ07から明日は休みがとれそう、みんなどっか行くの?の連絡が。00、07が揃ったなら、03にあわせたハイクはもったいないんじゃな−い??2人でもうちょっと厳しい山登りしてきたら?と提案してみたが、00が雪山キレイだし冬山の雰囲気を体験してもらいたいとのことで、新米03は、ま、軽くオッケーしてしまったワケです。続きを読む

nccnet1 at 23:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)活動記録 | 那須/男鹿/高原山系

2006年01月22日

1/22幻の黒沢F0

2006.1.22黒沢1Oさんいわく「アイスは3回続けてやればぐっとうまくなる」とのことだが、それは平均値であり、00の場合は12回くらいは詰めてやらないと多少登りなれても、来シーズンまでには跡形もなくなるような誤差範囲にしかならないだろうから、今冬はUAC季節限定アイス強化シリーズでイレブンフリークライマー08の嘆きをよそにフリーほっぽらかして今日も今日とてOさん企画便乗で、足尾詣。(写真:Oさん)

”←ベールを脱いだ幻の黒沢F0!? すぐ上の小さいのがF1=10m、その上がおなじみF3=40mだから、F0の巨大さがよくわかる(わからない)であろう”
続きを読む

nccnet1 at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 日光/足尾/安蘇

2006年01月21日

イレブンビレーヤー

 前に半分冗談、半分本気で「イレブンクライマーにはイレブンビレーヤーを」なんて言って、とかくフリーのゲレンデで軽視されるビレー技術への注意を喚起したことがあります。
 そしたらやっぱ、この辺のことに懸念と関心を持つ人は当然いるようで、こんな提案をみつけました。そのものずばり:ビレーヤーズグレード続きを読む

nccnet1 at 05:05|PermalinkComments(1)TrackBack(0)技術・知識 

2006年01月20日

祝:UACブログ一周年

 NCCブログに遅れて2005年1月20日に立ち上げたUACブログ、おかげさまで1周年となりました。UAC自体の正式発進は2005年4月なので、まだ一年に満たないのですが、とりあえず弱体少人数ではじめてなんとか一年もったことに感謝です。
 「大事なのは組織を維持することではなく、altitude & attitudeにおいて高みを目差す心の持ち様」、といったらカッコ良すぎるけれど、あまり易々と「宇都宮アテントクラブ」にならないようやってゆきたいものです。
 東京転勤で、一緒の山行もままならない07からXマスに、会名、メンバー名入りのビクトリノックスのナイフがUACゼロナンバーズにプレゼントされたこともこの一年と絆を確認するよい記念となりました。あらためて07ありがとう。この一年、各自ハーネスにこれを装着してあちこち登りに行くでありましょう。

nccnet1 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)連絡 

2006年01月15日

1/15横向沢アイス

95d0ed86.jpg今年は元日から風邪をひいてしまい、今日がはじめてのフィールド。清滝7時15分、南父、Tさんと合流して銅親水公園に。ここで身支度を整えて黒沢に向かう。
黒沢に近づき林道から見るとF1、F2には氷がなく、F3も寸足らずのカーテンのように取り付きのあたりから氷が切れたようになくなっている。ということでさらに奥の横向沢、夏小屋に向かう。川を渡渉して南父が夏小屋を偵察してくるがこちらは駄目な様。横向沢には氷がついており、ここでやることにする続きを読む

nccnet1 at 21:09|PermalinkComments(7)TrackBack(0)活動記録 | 日光/足尾/安蘇

2006年01月09日

1/8横向沢/夏小屋沢アイストレ

2006.1.8足尾アイス3またまたOさんのグループにまぜていただき足尾アイストレ。Tさんの車に載せて頂きアプローチ。一昨日の我々のトレースの後、沢山入ったようでトレースはセメントで楽々。9時まえ横向沢着。OさんリードでF1にロープをかける間にNさんが夏小屋沢F3にのぼり、横向1本、夏小屋2本のTRで皆次次登る。他のパーティーはみな黒沢に入ったようで、2時アップまでずっと貸しきりで、計6本。続きを読む

nccnet1 at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 日光/足尾/安蘇

2006年01月06日

1/6足尾黒沢薄氷モナカアイス

Oさんグループへの報告メールから

 今日、6時半ダム下P発で、3人パーティーで黒沢にいってきました。
 奥のゲートまで1時間。Oさんの1/3の偵察以降誰も入っていない感じで、奥 のゲートから先はトレースはほぼ消えていました。
 ラッセルは脛時々膝で、そう大したことはないのですが、ボッカトレ兼で30キロ 近く背負っていたせいもあり、黒沢とりつきへの徒渉を終えた時点で9時半、ここか ら樹林帯の腰ラッセルとF1落ち口手前の岩場のセッピ処理などで、F2基部についた のは10時半。登り始め11時。続きを読む

nccnet1 at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 日光/足尾/安蘇

2006年01月01日

2005.12.29-31 黄蓮谷左俣ルート

2005Dec黄蓮左17 ここ3年Oさんに誘って頂いていて、しかし年末の3日間の休みが確保出来なかった上に、どう楽観的に見ても自分のアイスのレベルから見て分不相応なので諦めていた黄蓮谷。今回レベルの低さは同様だが休みだけはなんとか確保出来たので、お荷物承知で御一緒させて頂く。それも左俣。最高のコンディションであっても行く前から困難は確実に予想されるのだが、今回は11月末からの寒波の連続と多雪のせいか、12月前半の数少ない報告は一律ラッセルの苦労を語っている。そして12月後半に黄蓮谷に入った報告がインターネットではみあたらず、年末にいくつも予定されていた筈の山岳会や有料ガイドツアーの黄蓮谷アイスも軒並み中止か行く先変更になっているようだ。頼みの綱のOさんも胃潰瘍再発で薬物治療を開始したばかりでコンディションは絶好とはいえない。幸いなのは天気でクリスマス以後まとまった降雪はなく、また31日までは天気はわるくなさそうだ。メンバーはOさんと私の二人だけであるが谷からも携帯が通ずるらしいし、また左俣は右より滝の難度は高いが、途中からでも黒戸尾根登山道へのエスケープができるのも、ある意味安全面では有利であろう。まあ氷の条件が易しそうなら坊主の滝、そうでなければII級かIII級-位の氷瀑をちょろっとリードさせてもらってチムニー滝やら大滝はセカンドで引っ張り上げてもらえばいいやと都合の良いことを考え、さらに最悪の場合にそなえ、自己脱出用にタイブロックも装備に加えることにする。続きを読む

nccnet1 at 23:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)活動記録 | 南アルプス