2006年10月

2006年10月29日

10/29 岩場搬出訓練@古賀志

 引き上げ、引き下ろしがメインの今回の古賀志での県連救助隊の岩場搬出訓練、参加者はUACから00、01、87、山の会からSさんTさんM男さんM子さん、ハイキングクラブからYさん、ヤッホーうつのみやからSさん、そして特別参加してもらったもらさん@NCCの10名。続きを読む

nccnet1 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)技術・知識 | 古賀志

2006年10月25日

遭難・登山のリスク回避に関する姿勢

17年の山岳遭難統計は、遭難者数、死者数とも過去最悪でした。最近の身辺での事故や事故予備軍的な山行記事をみて改めて思うのは、山岳会組織がよく「未組織登山者」という言葉で、あたかも山岳会未加入登山者を「ハイリスク登山者」の様に一緒くたに言う嫌いがありますが、実際は、組織所属登山者にも、未組織登山者よりもっと危ない人が大勢おり、また、労山だろうが岳連だろうか山岳会組織がそういう危ない登山者の培養装置にすらなっている状況が広くみられるのではないかということです。
 実際の山岳事故統計上も、2003〜2004年の遭難事故の3割は組織登山者によるもとの推定されています。一方、登山人口の総数は把握不能ながら、この中に占める組織登山者(全国で約7万人)の割合は、どう多く見積もっても3割ということはあり得ないでしょう。もし3割だとすれば全国の登山者人口は20数万人程度しかいないことになりますが、実際は長野県の年間登山者数だけで50数万人ですから全国の登山者数は数百万の単位でしょう。即ち全登山者の3割に遙かに満たない組織登山者が遭難事故の3割をおこしているわけであり、登山形態や山行頻度の差を考慮に入れずに単純に事故率を比較すれば、組織登山者の方が未組織登山者より高率ということになります。
 山岳会に入れば安心、未組織登山者だから危険というのはあまりに短絡であり、「危険が危険であるのは、まさにそれが危険だと認識できないことによる」といわれるとおり、 山岳会会員だからこそ陥りやすい落とし穴に気づくことは事故防止に大事な点です。続きを読む

nccnet1 at 06:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)連絡 

2006年10月22日

10/22岩トレとアイスアックストレ?@古賀志

 01,00、8時集合で古賀志。競技会でウオーミングアップ。00,前日新宿ICIでみつけたKONG;Ghost初使用でビレー。なかなかよろしい。01TR中に87到着。競技会は87OS狙いルートなので87には触らせず、右フェースに移動。87先週なれた筈の新人クラックだが、朝一リードの恐怖に、ビビリ虫大繁殖。「こえー」「ない〜」「すべるー」連発のわりにはノーテンで抜ける。傍目には沢山ある新人クラックのホールドなのだが、なにしろ本人の弁によると、87が登るときに限って、壁はツルツルになってしまうらしい。ホントかよ?きっと指や靴底で繁殖したビビリ虫はアブラムシのように油汗を大量に分泌するのであろう。続きを読む

nccnet1 at 22:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)活動記録 | 古賀志

2006年10月15日

編笠山、権現岳縦走

5f25ae5a.jpg夕方に真岡を出発。途中財布を忘れ戻る羽目になったり、目的地近くで遠回りの変な指示を出すナビに翻弄されて観音平の駐車場についたのは12時くらい。駐車場手前の路肩に車が結構停めてあったので大変な混雑なのかと不安になったが、広い駐車場には空きがいっぱいある。日中は大変な混雑なのだろう。早速就寝体制に入るが、車中泊は設営の手間は省けるが、どうも横になると不具合がある。4時半起床の予定だったが、4時前に目が覚めてしまった。車の窓越しに強い光が見えたので、もう太陽が出てるのかと思ったが、月の光だった。それも三日月。外に出て空を見上げると、一面埋め尽くすように星が輝いてる。流れ星が流れた。願い事をと思っているうちに消えてしまった。
もう一度寝ようとしてみるが、無理なので、早いが朝食にする。佐久のICを出たところで買った、釜飯を食べる。朝食を粗末にしてるとシャリバテになるので、ちゃんと食べようと釜飯にしたのだが、やはりぬくもりも残っておらず、冷たくなっていた。それでも全部食べて、明るくなるのを待つ。続きを読む

nccnet1 at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 八ヶ岳

2006年10月14日

10/14 久しぶりの、今年一番の、淡々と・・・・それぞれの古賀志

 00より「9時にお堂」との連絡。ん?林道駐車場ではないのか?ちょっと腑に落ちない感があったものの、とりあえず5分遅刻しながらも上っていると、すでに端っこの下のほうでトラバースをしている00を発見。さすが卒業生候補、一分でも岩にくっついていたいのだろう。直接岩場集合はこういうことか!納得。続きを読む

nccnet1 at 21:10|PermalinkComments(6)TrackBack(0)活動記録 | 古賀志

2006年10月09日

10/8〜9 小川山

 3連休小川山どう?との01の提案で計画された今回の遠征。初心者には厳しい小川山にもお買い得ルートはあるようだが、主目的はこれまで同様、あくまで普段栃木ではできないスラブとクラックの練習である。
 10/7深夜廻り目平入りした01,Fさん、Aさん、Iさんと8日7時半に現地集合。7日は雨がちで岩根山荘の室内壁に行ったクライマーもいたようで、7日を見切り、8,9にして正解。しかし8日はまだ曇りがちで風も強い。続きを読む

nccnet1 at 22:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)活動記録 | 奥秩父

2006年10月02日

10/1 霧中の変形チムニー

 昨日土曜の二子山下山後、天気が朝の予想より持っているのと09の携帯電話での気象情報チェックで一ノ倉周辺は明日は曇り、とのことで0さんと予定の変形チムニーに向け、寄居で買い物のあと花園インターから土合ベースプラザに向かう。6時前に着き、まずは指導センターにいって前回、変チ、南稜ダブル敗退の時一ノ倉出合Pにふがいない結果に再訪を誓って?0さんが残置?したヘルとヘッデンを回収。届けて下さった方、保管していただいたセンターの方、ありがとうございました。

<写真:0さん提供>続きを読む

nccnet1 at 06:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 谷川岳

2006年10月01日

歩行トレ@古賀志

雨予想の日曜だったけど、何とか日中持ちそうということでもあり、古賀志の山歩きに出かける。森林公園に向かうと途中の道路が濡れていて、夜中から朝方にかけて少し雨が降ったみたいだ。古賀志の頭も少しガスがかかってるけど、何とか持つかな。奥の釣堀の方へ車を停めて、軽装で歩き始める。
コースは中尾根から鞍掛山への分岐を富士見峠に向かい東稜の見晴らしから東稜尾根を下り北登山道に合流して釣堀に戻るコース。昨日のこともあってちょっと速いペースでの登りの練習をしてみる。続きを読む

nccnet1 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 古賀志