2007年08月

2007年08月28日

8/26安達太良山

6時駐車場を出て登山口に向かうが、久しぶりでまごついてしまう。ゴンドラ乗り場の方へ行ってしまうが、確かこっちじゃないなとまごつきながら、何とか勢至平方面の馬車道を見つけ登山口の看板を発見。登山口
続きを読む

nccnet1 at 21:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 安達太良

2007年08月26日

8/26 東照宮から前女峰、女峰周回

2007Aug26女峰10”竜巻山頂からみた前女峰とそこから薙ぎ落ちる雲竜渓谷”

 ここ数年歩く方がおろそかになっていて、このままだといくらキョンだインサイドフラッギングだ100手トラバースだなどといってもアルパインでアプローチ敗退というような、あるいは下山時疲弊滑落というような、情けない状況になりそうなので、サンカル、フリクラばっかじゃまずいとますます感ずる今日この頃。
 山岳会入会以後は、GIVE and TAKE遵守が山岳会員の本分かなと考え、技術知識を他の会員と共有することを優先して、短いトレーニング以外は単独行を封印してきたのだが、いまとなってはそんなこと行ってる余裕も実力もなし。
 今回週末前の呼びかけで他のメンバーからの同行希望はなかったのをこれ幸いと、かってにこだわっていた封印をといて、といえば大げさだが、自分だけのためのルート設定をし、かつて単独行であるいていた頃と比べてどのくらい歩けるのか確認のため、東照宮から女峰山へ登ることにする。変に過去の記録を意識して現在の自分のペースを変えないよう、地図も一新し古い記録はいっさい見ずのオンサイト気分で。続きを読む

nccnet1 at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 日光/足尾/安蘇

2007年08月25日

8/19 木曽駒

2007Aug19木曽駒107からの山行報告です。なんと日帰りの木曽駒。写真は中岳あたりでの携帯ショットとのこと。
 この猛暑、3000m級の山にしか天国はないって感じ。

2007Aug19木曽駒2

nccnet1 at 07:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | その他の山行

2007年08月13日

8/13古賀志早朝登山

早朝ならば、まだ涼しくていいかなと思い、4時半に家を出て古賀志に向かう。玄関を出ると日の出間近の空がきれいで、空気も幾分涼しかった。続きを読む

nccnet1 at 11:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 古賀志

2007年08月05日

8/5 古賀志朝トレ:岩場巡り

なんと前日も古賀志だったという、00、09、みーわさん。
5:30大谷ミニストップ集合。03のんきに朝トレ参加したら、3人ともやるきマンマンで「ここはカッコ付けて歩かねば!」と思い、いつもはへとへとで持てない荷物を「いいえ平気デス!!」と言ってしまって一寸後悔!?続きを読む

nccnet1 at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 古賀志

2007年08月04日

8/4 古賀志暑すぎ

 揃って午後は用事の09、みーわ、00、そろそろジムボルダーだけでなく外岩もやらねばと8時から古賀志。高温多湿無風と三拍子そろって、曇りがちなのだけが救いだが岩場到着の途端汗が吹き出る。正面壁は結露でかびしょびしょ、右壁も何となく濡れているっぽい見かけだったので左壁へ。
 

  $&¥&$&¥&$&¥&$&¥&$&¥&$&¥&$&¥&$&¥&$&¥

 はいはい、今日も今日とて、この記事の内容とピッタリマッチした、お役立ち広告がこの下にはっつけられていることでしょう。いやあ便利便利。あり難いことです(あり難いってかくとなんだか、あり得ないってのと似たニュアンスになりますが、滅相もありません。)ただ残念ながらわたしゃ今MacOS-9/Explorerのレトロな組み合わせなので、この親切広告を見る事ができず無念です。
                ↓↓↓
$&¥&$&¥&$&¥&$&¥&$&¥&$&¥&$&¥&$&¥&$&¥
続きを読む

nccnet1 at 23:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)活動記録 | 古賀志

2007年08月03日

森正弘さんの追悼ページ

 2006年8月2日に森プロがおなくなりになられてはや一年。親交の深かった渋谷さんのHPに前々から命日頃にと予告されていた、追悼ページが公開されました。
 前にも書きましたが、クライミングに対し、その歴史も意味もきちんとしらずにハイキングの片手間にふらふらと始め、はてはてひねて、逃げて、歪んで、井の中の蛙に終始して自己満足と自己欺瞞、韜晦の積み重ねのような私でも、本当のクライミングというのはかくも厳しくかくも輝かしいものなんだと、ご自分の歩いてきた道のりを気負うこともなくさりげなく伝えてくれた森さんとご一緒できたごくごくわずかな時間はかけがえのないものだったと感謝しております。そしてこのような追悼ページを作成してくださった渋谷さんにも心から御礼申し上げます。
 この追悼ページからアクセスできる森さんの「フリークライミング上達法」は初めて拝見する資料ですが、明快にかかれたオンサイトやレッドポイントの意味、意義。自分を恥じて感銘感服する他ありません:オンサイト(特にオンサイト初登!!)にこそ意義があり、そのオンサイトも価値があるのはイレブンから上だよ、ってことですね。 00

※変な広告はこういう記事にはふさわしくないので、先頭記事にならぬように投稿日時を調整し、”続きを読む”のクリック不要の一括掲載にしました。

nccnet1 at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)連絡 

2007年08月02日

広告掲載拒否権なし!

今日になって設定したはずのない広告が記事の下欄に出現したので調べた結果・・・・
続きを読む

nccnet1 at 07:34|PermalinkComments(3)TrackBack(0)連絡