2007年09月

2007年09月30日

9/30 エナジー@浦和・初見参

2007Sep30エナジ−09北岳でマルチピッチづいて、続けて日曜日帰りで谷川岳、ここ二回敗退している南稜にとおもっていたが、天気急降下で土曜夕の予報も土合周辺降水確率100%と見も蓋もない予報なので、近場のロープジムで唯一行きそびれていたエナジーにいよいよ初訪問。
 予報通りの雨の中、09号でいつものごとく開店前到着。おどろいたことに既に先客の車が。これまでジムに開店前にいって、先客が居たことは一度もない。相当混みそうな予感。先週木曜にサンカルトレを久々にノーテーピングでやって今日まで痛みはなかったが、あれからまだ3日で十分回復していまいと考え、保護のため指と手首にテーピングしつつ開店を待つ。
 10時になってジムに入ったときには既に我々を含めて5〜6名居たんじゃなかろうか。大ハング〜ルーフの壁もあるが、指のため今日はまだどっかぶりは封印。続きを読む

nccnet1 at 18:08|PermalinkComments(1)TrackBack(0)活動記録 | ジム

2007年09月29日

9/29 谷川岳・西黒尾根

色々と仕度をしているうちに12時になってしまう。それでも3時間は寝れると横になったが、これが全く寝付けない。最近たまにこういう事態になる。目は眠いのだが、頭や体が眠りに落ちていかない。1時間が過ぎ、2時間が過ぎる。頭にきたので、2時過ぎ、起きて出発する。
西黒尾根
続きを読む

nccnet1 at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 谷川岳

一ノ倉での死亡事故に改めて安全管理を振り返る

 9月号の県連ニュースに本年6月に起きた県連所属山岳会会員の事故報告が載っていました。
 事故の経緯の詳細は公開されていませんが、一ノ倉での死亡ということで、ことさら身につまされます。心よりご冥福をお祈りいたします。続きを読む

nccnet1 at 17:46|PermalinkComments(3)TrackBack(0)連絡 

2007年09月26日

シャルレのアイゼンリコール

 そろそろアイスを考える季節ですが、去年購入検討していたペツル/シャルレのサルケンが強度不足で製造中止、回収となりました。軽量だし、あの前爪は雪と氷両方いけそうで岩雪氷ミックスのアルパイン用にとても魅力的だったのですが。改良版登場を期待したいところ。
 ところでアイス用のダーツやダーツインは大丈夫なんだろうか?



nccnet1 at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)技術・知識 

2007年09月24日

9/22-23 北岳バットレス:Cガリー大滝〜4尾根主稜フルバージョン〜中央稜

2007Sep22-23バットレス02”C沢出合から見上げるCガリー大滝とピラミッドフェースそして中央稜”

 Oさん、Iさん、Tさん, おはようございます。おつかれさまでした。
 Oさん、運転も全部おまかせですみませんでした。
 
 ここ最近取り付き敗退、途中敗退、悪天(予想)で中止〜延期と、なんだかフラストレーションがたまるような登攀が多く、最後にマルチピッチをすっきり登ったのがいつだったかも思い出せない位で、今回も日曜の天気が心配でとにかく土曜中に4尾根だけでも登了にしないとすっかり負け癖が染み付きそうだったので、そんなに焦んなくてもとお気に入りの第2コルビバークをしたかったOさんには申し訳ないながら、霧の中終了点テラスまで上がっての快適ビバーク。
 注目の日曜は夜半に前線通過で雨かもという予想は見事はずれて星空で始まり、お初の2ピッチ目途中への懸垂下降(古いスリングのみで何とキジ場に成り果てていた!!)から始まって、無事中央稜もクリアでき、大変満足でした。続きを読む

nccnet1 at 18:18|PermalinkComments(5)TrackBack(0)活動記録 | 南アルプス

2007年09月18日

9/17 早朝岩トレ@藤坂

 歩行トレ、ボッカトレ、ジムトレ、キノコ採れにつづいては、岩トレでしょう。長いルートをやりたかったので、去年3月以来久しぶりの藤坂を考える。暑い中あの日晒しの岩場は地獄なので、夜明けから10時まで限定で、Yさんと4時半過ぎに岩場P。ライトで取り付きから石碑テラスにあがり支度する。
 5時過ぎ、黎明の中、00リードで本ちゃん気分。
続きを読む

nccnet1 at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 古賀志以外の外岩フリクラ

2007年09月17日

9/17茶臼でショートトレーニング

今週は丸々7日間仕事だったので、この日はゆっくりしようかと思ったが、天気もそう悪くないしソワソワするだけだから、那須にショートトレーニングに向かう。久々にザックを重くしようとしたが、せいぜい15キロ弱くらい。まあ、あまり重くして2年前の袈裟丸山行のようになるのも懲り懲りなのでこんなところ。
南月山続きを読む

nccnet1 at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 那須/男鹿/高原山系

2007年09月16日

9/16 高原山キノコトレ

 キノコトレ?なにそれ、キノコ採れ、のだじゃれじゃんか。いったいキノコ探しのどこがアルパインのトレーニングになるわけよ?
 と思った人は読みが浅い。沼尻〜安達太良周回、二岐山と裏目的キノコ探し山行に、2連続敗退だったので、敗退したまま放っておいてヘーキなようでは、キビシイアルパインはやれません。
 たとえキノコといえども敗退癖を身に染み付けないようにリベンジせねば、というとってつけたような理由を掲げて、毎年でかけてはずれなしの高原山ハナイグチゲットに向かう。前日、何か山行あれば同行希望とのYさんからのメールあり、これを山行と呼んでいいのかどうかわからないが、きのことりもりっぱなきのことれ、ということで同行いただく。続きを読む

nccnet1 at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 那須/男鹿/高原山系

2007年09月15日

9/14夜〜15 二岐山ボッカ〜サンカルトレ

2007Sep二岐山1
”風力発電施設からの夜明けの二岐山。暑そうで登る前からモチダウン”

 天候見通し不良でまた流れた登攀計画。しかしじっと好機を待つ辛抱強さも大事。行ってみて現場で冷静に撤退できるほど人間が出来ていないし、昔よりずっと詳しい天気の情報が得られるのではるばる遠出して手ぶら帰りよりはいいやと自分を納得させ、この空き日程をポジティブに使おうじゃないの。
 というわけで、3連ちゃん歩きトレのあとは、すこし担荷力回復を考える。いろいろ考えて、那須連山で唯一行っていない二岐山。まあ連山の一員じゃなく、独立峰だが、わざわざ登りに行くほどでもないし、こんな形でトレーニングがてら行くことにする。

続きを読む

nccnet1 at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 那須/男鹿/高原山系

2007年09月11日

9/8、9残暑の小川山

当初、谷川西黒尾根を計画していたのだが、山の会のメンバーが小川山に行くというので、お誘いを受け、頼りないけれど案内役を兼ねて参加させてもらった。
5時半、大谷の事務所に集合して、東北道、上信越道経由で小川山に向かう。前日の台風の影響で、富岡・下仁田間が不通になっていて一般道に下りなければならず、しかも渋滞で時間をだいぶロスしたが、それでもお昼前には回り目平に到着。テントを設営して、昼食をとってから早速クライミングエリアに向かう。続きを読む

nccnet1 at 22:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)活動記録 | 奥秩父

2007年09月09日

9/9 湯元から白根周回

2007Sep9白根07
”雲海にうかぶ燧。白根山頂から”

 先週に続きK2君とトレーニング山行。先週は初顔合わせだったので無難な線で、山はあまりハードでなく荷物を増やしてあるいたが、K2君ポテンシャル高そうなので今回は湯元〜外山〜白根〜中曽根〜湯元の周回とする。いうまでもなく、こないだみーわどんノックダウン無念の途中敗退で天狗平からひきかえしてしまった未遂ルートへのお礼参りである。
 女峰、安達太良とヘッデンでスタートシリーズなので、今回も正統派早出登山。1時起床、2時半到着の湯元P。曇り予想だったが見上げる空はこぼれおちそうな満天の星。K2くんは登山靴だが、今回の登山は自信ないといいつつも「重荷経験しておくといいよ」という00のアドバイスに、早速10kgまで水増し(ペットボトル5L)ザックを用意していてエラい。いった張本人はせいぜい6〜7キロで全然ボッカの気配なし。ま、今日は女峰の時と同じ重さで、体調確認が目的だから勘弁。


3月の冬の山頂の動画はここをクリック!

続きを読む

nccnet1 at 09:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)活動記録 | 日光/足尾/安蘇

2007年09月02日

9/1-2 沼尻から小屋泊まり安達太良周回でボッカトレ

2007Sep1-2安達太良02先週久々の女峰往復で、数年間なまけていたボッカ、担荷力、持久力、下肢筋力などなどのレベルダウンを確認。となればどこまで戻るかはわからねど、立て直しにはその方面のトレーニング再開しかないのは明白なので、ただでさえろくなレベルではないクライミング、もっと底上げしたいのは山々なれど、欲をかいてはいけません、チキンの巷に別れを告げて?トータルバランスの観点から歩き強化に軌道修正。まクライミングペースダウンすれば長引く指痛への指休めにもなるだろうし。

続きを読む

nccnet1 at 20:41|PermalinkComments(3)TrackBack(0)活動記録 | 安達太良