2009年08月

2009年08月31日

8/30 初見参アートウオール@長野

2009Aug30アートウオール2  一日信州に滞在の日曜、天気よければ山でもと思っていたが小雨しょぼふり、山には霧が掛かっているので第2案のジムトレ。佐久と長野にあるアートウオール、そして長野アートウオールの至近にもう一つジムがあるよう。いずれも行った事がないので、お初ジムのハシゴなどとつまらぬこともちょっと考えるが、長野のアートウオールは、オートビレーの壁があるようなので、ここで久々のロープルートを練習する事にする。
続きを読む

nccnet1 at 08:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | ジム

2009年08月28日

8/22-23 '09夏のテント泊山行は鳳凰三山で行きましょう (00、09、17、87)

 夏のテント泊山行が間近に迫る。が、気象情報によると山行初日前後に前線が日本列島を通過するという流動的な気象条件。候補地は、00、09、17がそれぞれ計画案を練った飯豊山、八ヶ岳(赤岳真教寺尾根もしくは阿弥陀南稜)、南アルプス鳳凰三山、北アルプス奥穂高。この中から一番気象条件がよい候補地を選び出すことになった。そしてその候補地選定は、結局予測し難い前線のおかげで、出発当日17時発表の気象情報を待ってからとなるのであった。


'09 鳳凰三山1

続きを読む

nccnet1 at 20:56|PermalinkComments(5)TrackBack(0)活動記録 | 南アルプス

2009年08月16日

8/14-15 臆病風が吹き荒れた伊豆テント泊トレ (17)

 来週の山中泊の山行に向けて新調したテントにてテント泊トレを計画する。世間は折しも盆に入り、高速道路は地獄のような渋滞が予想された。そうなると、やはり近場の山ということになる。暑さと湿度との闘いになるだろうが致し方ない。
 雲取山も候補として挙げるが、目的はテント泊トレということと山行そのものの強度を考えると、ホーム伊豆トレに何ら遜色はない。

 再び猛暑に包まれた低山、我らが伊豆ヶ岳の懐に入ってゆく。


伊豆テント泊トレ続きを読む

nccnet1 at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 奥武蔵

2009年08月13日

8/12 男体山ボッカトレ

お盆休みに入り、とりあえず晴れマークがついているのがこの日だったので、どこかいい山に行きたいなと思っていたが、次週の合宿もあるので、2日の那須に続いて、男体山でボッカトレをすることに決定。標高差1200mの直登でガッチリボッカ訓練と勇ましく計画を立てたが、3合目から4合目のアスファルトの林道歩きを嫌って、4合目からのボッカとちょっとトーンダウン。
頂上
続きを読む

nccnet1 at 15:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 日光/足尾/安蘇

2009年08月10日

8/7~8 沢渡発パノラマ新道分岐経由バットレスDガリー奥壁

2009Aug7-8北岳11 "沢渡から26時間のアプローチをこなしてたどり着いたDガリー奥壁1ピッチ目。4段というか、まあ3.5段ハング"

 タイトル見て今回の行程言い当てた人には粗品進呈もの。・・・Fさんと申し合わせて、8/7〜9を夏休みにして計画していた、00にとって初の奥又ベース前穂登攀だが、台風8号の影響もあり穂高方面は金曇り/雨、土曜曇り雨雷、日曜曇り晴れ、と信頼度3%程度の不安定で油断ならない天気なので、転進案は近くは錫杖、そして北岳バットレスから大同心、小川山、さらにはせっかくの夏休みをとってそれじゃあ涙なしにはとても行けない、極めつけのジムトレまで豊富に用意して金曜朝6時前に沢渡で合流。Fさんは同会Aさんと一緒にF号で前夜先着。Aさんは単独テントで西穂〜焼岳をあるくとのこと。

続きを読む

nccnet1 at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 南アルプス

2009年08月02日

8/2 三本槍ボッカトレ

朝家を出た頃からフロントガラスに霧雨がかかる。00計画のここの所の山行は微妙な天気ながら雨には降られずに済んでいたが、いよいよ雨山登山だろうか。すると自分は雨男なのだろうかと考えながら高速に入ると雨脚はますます強くなる。これは塩原に転進でキノコトレだろうか。しまった、きれいな雨具を持ってきてしまった。那須の温泉街に入り、有料道路で高度を上げていくと、だんだん明るくなってきてガスも薄くなり、ついに青空が出現して、強い陽射しの峠の茶屋に到着。久々のパターンに気分はいいが、高層の雲は大分型崩れていて、予報どおりの雨も時間の問題だろう。
峠の茶屋
続きを読む

nccnet1 at 22:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)活動記録 | 那須/男鹿/高原山系

2009年08月01日

8/1 古賀志アブミ日和

2009Aug1古賀志 "初体験、競技会エイドクライミング"

 ぐずぐず天気というか天気図がつづき、またまた予定の山はお流れで、週末の予定を日替わりメニューで再構築。この日もまあ気温が低い事だけが取り柄だが、5回目の計画延期もまったく後悔しないようなろくでもない天気でスタート。
 09とダブルロープマルチピッチレで8時集合の古賀志へ向かう道すがらは出だしから霧雨。昨日が気温低く、今日は降らなくても高湿度で結露は長引くだろうと思っていたので、濡れ岩ならアブミトレと打ち合わせており特に動揺はないが、駐車場につくと霧雨というより小雨で、09はネガティブモチベーション満開の気配。まあまあとなだめて、とにかく不動岩まで行ってみる事にする。
 正面壁のハングも含めて笑っちゃう程全面びしょぬれで、これは明らかに雨ではなく結露の仕業でしょう。カモシカダイレクトのアブミやるくらいなら、20kgボッカ12時間を選びかねない09は、またまたネガティブモチを高めつつある気配なので、まあまあとなだめつつ、比較的濡れの少ない競技会ルートでアブミとナチプロの練習をしてみることにする。しばし観察して、ところどころボルト間隔が遠い感じだが、そういうところはなんとかクラックにカム、ナッツを入れて登れるんじゃないだろうかと、ただし最後終了点手前がどうだかなあと多少不安覚えつつ、チェストハーネスにヌンチャク14本、カム、ピトン、ハンマーと鬱陶しく10キロ以上をぶら下げた本ちゃん仕様で00リードで8:35スタート。
続きを読む

nccnet1 at 16:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0)活動記録 | 古賀志