2009年09月

2009年09月29日

9/28 縄張り荒らしというほどでもないウオールストリート

20090928193655 上州での仕事のあと、6時にウオールストリート入り。しょっちゅう近隣の街に出張しているわりになかなか実現のチャンスがなく、前回以来3ヶ月ぶりだよ全く。あ、無論この辺りのシマを仕切るチキン元祖様にはご挨拶の上です。今回も身動き取れない元祖様にとって事前連絡を受けるストレスは相当大きいと思われ、それはいずれ恐ろしいチキンパワーとなって近未来の我が身に降り掛かってくるので、連絡せずにこっそりと、と思わぬでもないんだけれど、やっぱビジターの仁義ってもんがあるからなあ。いずれにせよ挑発の連絡でない事だけは火を見るより明らか、疑念を差し挟む余地は皆無でしょう。続きを読む

nccnet1 at 06:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)活動記録 | ジム

2009年09月28日

9/27 昼までちょいトレ@古賀志

 昨日の女峰後、殆ど疲労の残存がないのにびっくり。スピードは去年と変わらなかったが、より低負担で周回できたということで祝着至極。で、9時半不動岩集合予定の0さんとの古賀志岩トレも、8時過ぎに先着して、左奥の一般ルートでウオーミングアップをかねて、ソロクライミングとこのところの谷川で思いついた懸垂下降時のちょっとした工夫を確認してみる。続きを読む

nccnet1 at 07:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 古賀志

2009年09月27日

9/26 また秋の女峰山周回

P9260227 日曜の谷川前でジムトレくらいでおとなしくしている筈だった土曜だが、谷川が流れたので、一昨年昨年に続き、脚力チェックコースの女峰周回を急遽計画。
 やや暑そうだが曇りがちの予報で日炙りは免れそうなので、今回は下山時限があるわけでもなし、ゆっくり5時半からスタートと計画書には記したものの、やっぱ定番女峰周回はヘッデンスタートで、あるきながら夜から夜明けへ秋の曙を楽しみましょうと、4時50滝尾神社Pから歩き出す。ザックは水3Lで調整して去年同様の7〜8kgくらい。足許は鳳凰三山で極めて快適だったスパなし長靴。ちょっと右膝の違和感があるので、長い下山中の悪化に備えダブルストックもザックに入れる。笹の夜露で濡れるだろうから、今回も最初から雨具のパンツを着用。続きを読む

nccnet1 at 18:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 日光/足尾/安蘇

2009年09月26日

9/25 「俺だっていつかは登りきるつもりさ」トレ in T-WALL (17)

 まぁ、眠いっつってもこの機会逃しゃ当分行けなそうだしね。

 「コソトレ」、やめてみました。

 続きを読む

nccnet1 at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | ジム

2009年09月23日

9/23 獅子落し、お篭り堂ダイレクトはしご

集合場所の林道駐車場まで、途中の駐車場に一台車があっただけで、9時というのに他に車はない。シルバーウィークですべて遠征しているのだろうか。それにしても近県の車も一台もいない。
続きを読む

nccnet1 at 23:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0)活動記録 | 古賀志

2009年09月22日

9/21 秋の山旅:二ツ箭山から屹兎屋山へ

P9210207 谷川登攀後のクールダウン癒し系ということで、メイどん所望の「熊と人が少ない山」、且つ連休渋滞にハマらない山を頭の中でリストアップし、長年「いぎだいリスト」にあげてあった二ツ箭山に決定。ただこれ一山だと結構な遠征距離の割にあっけないので、クライミングか屹兎屋山か背戸峨廊ハシゴを併せたいところ。幸い09も参加可能とのことなので、車2台で行って猫啼山〜屹兎屋山まで、地図上ざっと見て6時間程の縦走を計画する。3人とも初めての山となり、旅心誘われた足尾に次いでまあ秋の山旅第二弾。続きを読む

nccnet1 at 18:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)活動記録 | その他の山行

2009年09月20日

9/19 衝立岩ダイレクトカンテ4ピッチ目初見参

P9190131 "下山時ヒョングリの滝上から振り返る衝立岩" 

 2週間前3人パーティで3P目時間切れ敗退のダイレクトカンテ。参加できなかったFさんと相談して、来年初夏の日の長い季節に再チャレ、といった話の流れになっていたのだが、週明け0さんから「今回行けなかったNさんも行きたがっているから、どうせなら手応えが残ってる年内にやった方がいいよ。」との激励メールがあり、なるほどと早速Nさんに電話。5連休の都合を聞くと、日×だけど月〜水が空いていて、ダイレクトカンテOKとのこと。喜び勇んで「じゃあ台風接近なので天気見て、月か火で宜しくお願いします」と電話を切る。
 その後のやりとりで、月火だけだと心配なので、さらに「もし万一月火ダメだったら。次の週末も大丈夫でしょうか?」と追い打ち。しかし幸いNさんもモチが高まって来たようで、日曜の用事いざとなれば外してもいいことにしたので、土曜から水曜までオール○です」ということになり、5連休ダイレクトカンテベタシフトを敷くこととなる。これなら土曜から火曜までの4日間、台風が来ようが、雨が降ろうがどこかで登れる日があるだろうとほくそ笑む。
続きを読む

nccnet1 at 16:36|PermalinkComments(3)TrackBack(0)活動記録 | 谷川岳

2009年09月19日

9/19 藤坂単独岩トレ

少し寝坊で、出発が遅れてしまったが、大型連休にはいっているし、運動会も各地で行われているようで、たぶん駐車場は空いているだろうとの予想で出発。続きを読む

nccnet1 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 古賀志以外の外岩フリクラ

2009年09月18日

9/17 コソトレ in T-WALL (17)

 って言ってもさぁ、別にコソコソやってるわけじゃないからコソトレではないんだけどね。
 ロープワークの練習は出来ないけれど、コツコツと行きましょう。狙うは黄色4。
続きを読む

nccnet1 at 11:24|PermalinkComments(4)TrackBack(0)活動記録 | ジム

2009年09月17日

9.13 初の沢登りは深沢大滝でお願いします (00、09、17)

 今週末の山行に向けて00がオールウェザーに対応できるよう、3つの案を作成。

1.足尾深沢大滝をシャワークライムした後、ルートファインディングをしながら赤倉山を目指す

2.沢の増水が予想される、或いは気温が低いときには高原山でキノコファインディング&ルートファインディングトレ

3.11の雨乞いが奇跡的に叶えば、ウォールストリートにて11合流後、チキンレース。もちろんふ〜ち〜大歓迎。

 日曜が近づくにつれ、次第に天候が明らかになってくる。即ち、

 「土曜は荒れるが日曜は好天。」

 好天が確約され、沢の水量も心配ないからには足尾に決定な訳であるが、「雨乞いしたのになんで雨降らないのよっ」とか「沢もいいけど・・・早くしないとキノコがなぁ〜」などという各メンバーの胸に秘めた悩ましい思いは、きっと当日まで胸の中を渦巻いていたに違いない。

 とにかく、今回は「足尾でシャワークライム」といきましょうよ。

P9130068

「私事で恐縮ですが、ファイト一発中の17です」


続きを読む

nccnet1 at 20:29|PermalinkComments(5)TrackBack(0)活動記録 | 日光/足尾/安蘇

2009年09月10日

9/10 コソトレ in T-Wall (17)

 忘れていたわけじゃないけれど、なんだかんだで「久々」となってしまったT-WALL。
 T-Wallのみならず、ジムクライミング自体がもうずっとご無沙汰である訳なので、成長を望むなんてことは無理無理。・・・とは言え、スケベ根性を捨て切れぬ17としては、「ホンのちょっとでイイから、前回より高難易度のヤツを一つくらいはクリアーしたいなぁ〜」などというセコイ期待を抱きつつ、職場からスタコラサッサとジムへ向かうのでした。
続きを読む

nccnet1 at 20:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | ジム

2009年09月07日

9/5 敗退残業の初ダイレクトカンテ

P9050006 0さん、Fさんと3年越し、天気かメンバーの都合が合わないかで流れ流れて、今回6度目の正直でようやく天気もメンバーもなんとかなりそう。だだし残念ながらFさんは都合で参加できず、申し訳ないながらFさん抜きでの決行。00として嬉しいのは岩登りとしては二子中央稜以来数年ぶりにUさんとご一緒できること。Uさんは3回目、0さんは2回目のダイレクトカンテ。ベテランに2人に挟まれて、いささかというかかな〜り格落ちの00ではあるが、ダイレクトカンテ初体験の身としてはこれほど心強いことはない。続きを読む

nccnet1 at 08:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)活動記録 | 谷川岳

2009年09月05日

9/5 日光白根縦走

ボッカでもなく、歩きこみというほどのものでもなく、白根でウォーキング程度の計画だが、山頂予報では晴れマークが輝いていて、気持ちのいい登山を期待する。
ガスの頂上『ガスの山頂、気温11度』
続きを読む

nccnet1 at 18:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動記録 | 日光/足尾/安蘇