1/13 御滝神社五穀豊穣祭と御籠り堂スーパーダイレクト(記録)1/20 SICK生誕の地:足尾黒沢でアイス(写真)

2008年01月20日

祝:UACブログ三周年!

 2005年1月20に、UAC立ち上げに先立ってUACブログを開設しました。今日はめでたくブログ3周年です。3歳は人の一生においても大きな区切り。事故報告やら更新放棄/ブログ閉鎖などなく、無事この日を迎えられて何よりです。

 昨年は66の入会で会員総数は9名になった一方、山ではなく社会生活上の都合で実質的活動会員数はむしろ減少。会員の年齢構成が、仕事や育児に忙殺される世代であることから無理からぬ所ではありますが、アルパインクライミングを目指して集まり「うまくなったら宇都宮アルパインクラブに改名ね」といいつつも、片手間では許されない"総合技"アルパインの厳しさに、そのとりあえずの通過点すら近づいている気配もみえぬままの暗中模索がつづいてはいます。
 まあ、会組織の維持発展は目的ではなく手段であり、結成時に目指したのは、あくまでアルパインクライミング、あるいはそれが果たせないまでもその厳しい姿勢に近づくことですので、社会生活の都合をレベウダウンの言い訳として懐に忍ばせながら山に向かうことは慎むべきである一方、会員数や活動量の増減といった目に見える事象は、格別大きな問題ではないでしょう。
 それよりも、事の大小にかかわらず、活動内容をすべて記録に残すという方針がこの3年継続されており、これこそこの歴史の浅いアセントクラブの誇れる大きな財産だと思います。いったい自分たち一人一人は何を求めて一つの会の会員として集まったのか、そしてこの先どこへ行きたいのか?その方向を指し示す旗印を、一貫性をもって掲げてゆく上で、過去の活動記録の集積とそれに対する冷静な認識の共有は不可欠ですから。
 
 3月には総会で、UAC4年目以降をどうするかについて話し合うことになりますので、このブログ3周年を機に、各自記録を読み直してアセントクラブ発足の経緯、創設時に目指したものを再確認し、これまでの自分の足どりと現在の志向性、そして今後の各自及び会の課題を明確にしたうえで、実りある議論をしようじゃありませんか。

nccnet1 at 00:01│Comments(0)TrackBack(0) 会運営 | 連絡

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
1/13 御滝神社五穀豊穣祭と御籠り堂スーパーダイレクト(記録)1/20 SICK生誕の地:足尾黒沢でアイス(写真)