2009年02月21日

2/21 第四回UAC総会:いくつかの変革

 早く決めなくてはならないことがいろいろ矢継ぎ早にでて来たので、例年3月の例会を繰り上げて07、17など遠方組も参加可能なこの日に開催となった。
 サンカルトレ2回目Aさん、そしてサンカル初登場の17を交えて、サンカルトレのあといつもの如くその場でとも思っていたが、例年昼下がりの暖かいジムの外壁エリアも、夜8時ともなるとさすがに寒いので、体をあたためて話しましょうということで7時半にNに移動。ということで、この瞬間にAさん17のNCC加入も(本人達の意向と関係なく自動的に)決定でめでたしめでたし。
 事前にメールや打ち合わせを進めて来たので、食事食べつつ(さすがにビールは飲まないよ)議事は速やかに進行。
 

■■■第四回宇都宮アセントクラブ総会:議事録■■■

2009年2月21日(土曜) Nにて20:30より22:00まで

出席:00,07,09,17、87
委任状提出:08
オブザーバー:Aさん
議事進行兼書記:00

■1.栃木県連脱退にともなう、会則、会費の変更、今後の会運営方針の確認

a)第二回総会以来議題にあがっていた、栃木県連所属/脱退の件は、昨年末忘年会以降さらに数回の議論を重ねたうえで、意見が一致し2月末脱退を決定。ただし「連盟費算出の基準となる加盟団体数および会員数は、前年度10 月(現在は11月)末日現在の地方連盟の報告数とする。」との規定があるとのことで、2009年度連盟費は支払う。

b) UAC memberは全員県連救助隊員となる→会則から抹消

c) 会費:連盟費支払い不要になるので、年会費をいくらにするか? → 正会員3000円、休会会員1000円

d)講師招聘しての救助訓練は引き続き隔年を目処に実施:→本年秋に古賀志(ないし藤坂)を予定。個人負担軽減のため会からの補助を出す。

e) NCCとUACの関係、新会員の獲得について→従来通り

f)古賀志清掃登山や岩場整備、等への参加は従来通り

g) 山岳保険は、現在本会員は全員民間の山岳保険加入済みなので、2月一杯で遭難対策基金が切れても国内山行は問題なし。今後、海外登山もカバーする保険の保証内容などさらに調べてゆき、良い保険が有れば乗り換えも検討。

h)その他のアセントの基本姿勢は変化なし。

■2.2009年度の運営体制

a) 県連脱退後は、よりシンプルな運営形態でいいのでは? 代表/副代表→代表1人、事務局と会計も兼任可能?、山岳会なので山行管理はやはり欠かせないところ。

UAC代表:07
事務局長:09
山行管理:00
会計:87
  
b) 年度の区切りを4〜3月ではなくカレンダー通り1〜12月とし、総会も忘年会兼で12月とするか、あるいはUAC正式発足が4/1なので、現行通りでゆくか?→1〜12月に変更し、次回の総会は2009年12月に忘年会兼で実施。

■3.急逝した01のお別れ会をいつ、どこでどんな形式でやるか?
  
 本日午後、各方面関係者が顔合わせして情報と意見を交換したことを踏まえ、いろいろ状況がおちついてからの実施が妥当と思われる。諸状況に鑑み基本的にはアセント内およびアセントと活動を共にした山仲間の範囲で行う。春以降、アセント発足記念でキャンプした古賀志、あるいは定番N?あるいは両方?など。

■4.この一年のベスト(◎)&ワースト(×)山行と本年の目標(☞)

09:◎12/7の白根(頂上で天気回復しすばらしい眺望)
   ×雨で流れた一ノ倉中央稜(そのあと腰傷めたし)(ブログに載ってない??)
   ☞当然一ノ倉中央稜リベンジ

00:◎8/9那須朝日東南稜〜牛ヶ首ルンゼ登攀(ちゃっちくても初見の岩場フリーソロならではの緊張感と駆け引きの面白さ)
   ×1/25途中呼び出し引き返しで皆に迷惑かけた那須朝日東南稜(ただし雪質最高と初ルートでの撤退という収穫もあり、密かに楽しくもあった)
   ☞黄蓮左フルトレース(はやく終わらせないと体力維持限界)

17:◎3/31の雪の女峰周回(いちばんへろへろになった。--
しごきじゃね?の声あり)
   ×10/5中途エスケープの伊豆トレ(20kgザックボッカ、膝痛出現でまいった)
   ☞黒戸尾根日帰り

07:◎立山周回(剣は悪天で行けずだったけど)(ブログ未掲載)
   ×その他のへろへろになったいくつかの山行(ブログ未掲載)
   ☞体力トレ、クライミング復帰(ブログ書きましょう)

87:◎志賀高原バックカントリースキー(山名思い出せず)(ブログ未掲載)、サンカルルーフ赤×RP
   ×11/15の那須(みーわ不調に対しなすすべなかった自分が悔しい)
   ☞地図読み練習

Aさん:◎劔
    ×登山講習会の裏妙義
    ☞霞沢岳と飯豊、あとクライミングも

   


nccnet1 at 23:23│Comments(3)TrackBack(0)会運営 | 連絡

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 09   2009年02月22日 22:43
いよいよ大きな団体を離れて、いわばフリーになった訳ですが、アセントとしての基本姿勢は変わらず、知識、技術、体力の向上に努力して、良質の山岳会として成長させていきたいと思います。
2. Posted by 87   2009年02月24日 00:24
志賀のバックカントリーはですね・・・
2月8日に行ってきました。
天候は、曇り時々晴れ!(晴れ女健在)。しかし、強風でした。
強風のためリフトが止まり、横手山の山頂から滑り降りてくるはずが、途中から樹林帯に入ることになり、鉢山の上り返しなどをしながら、滑って遊んでました〜。
スキー場では強風でも、樹林帯の中はとっても穏やか。また、ちょっとしたマイゲレンデでも、山に囲まれているので風知らず!
前の日、降った雪はパフパフで気持ちいいしね。
ほんとサイコーでした。

そして、ここで地図読みの大切さを知ったのでした。(自分の滑ったところ、歩いたところが地図上でたどれたり、地図が立体的に見えたら面白いだろうなぁ)


それと、来年度の抱負というか、目標は・・

もうちょっと山へ行くでした。がんばろっと!

3. Posted by 17   2009年02月24日 16:27
キッチリとした基本理念があったからこそ、この大きな転機。UAC会員として恥じぬ姿勢で山を考えたいと思います。
今年も修行系山行、希望です。…えっと、はい、やっぱ希望します。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字