2009年04月30日

4/29 焼森山・鶏足山ハイク

2009Apr29焼森山、鶏足山1 "焼森山頂から南西方向の眺め" 
 
 新緑の季節、山菜天ぷらハイクの企画で、当初4/25予定だったのだが、雨で本日に順延。おかげで爽やかな晴天薫風、絶好の癒し系新緑ハイキング日和となる。
 いい里さかがわ館に、Tさん、Sさん、MUさん、Hさん、Uさん、TSさん、00の7名が集合して、予定通り9時スタート。40分の舗装林道歩きで、焼森山登山口に到着し、ここから山道。よく整備された道で歩きやすい。(写真一部TSさん提供)



2009Apr29焼森山、鶏足山6 まわりに高い山がないので、山頂直下のこだま岩(といっても岩はなく、瓦礫だけ)、焼森山山頂とも好展望スポット。
2009Apr29焼森山、鶏足山8



2009Apr29焼森山、鶏足山72009Apr29焼森山、鶏足山9

 標高から想像するよりずっと広大な眺めがひらけ、一同大喜び。残念ながら春霞で遠望は利かないが、太平洋から日光連山まで、というのは嘘ではないと納得。
 焼森山からは小さなアップダウンとちょっとした岩場登りもある稜線伝いに鶏足山までわずか。
2009Apr29焼森山、鶏足山102009Apr29焼森山、鶏足山22009Apr29焼森山、鶏足山11

 7〜8人のハイカーがいる山頂の先の展望台までゆくと、焼森山山頂同様にぐるりとほぼ360℃の展望が開ける。この山は茨城県側、栃木県側と、ルートが色々あるようで、皆我々とはちがうコースで登って来ているようだ。
 展望台からちょっと下った平坦地で、今回の主目的の天ぷらパーティー。
2009Apr29焼森山、鶏足山3

 集合場所の産直ショップで買ったたらの芽、シラキと一緒に、途中で採取した、ミツバアケビ、山椒、ギボウシ、そして予想に反して白木もタラも全くみあたらない道中で、ようやくみつけたちいさなタラノメ、さらにTさんが用意して来たサツマイモ、ソーセージなどの食材をつぎつぎ天ぷらにしてゆく。
 同時にMUさんの浅漬け、トマト、Hさん提供の高級デザート「鉾田メロン」、Uさんのイチゴなど、デザート系も潤沢で右手左手と口は大忙し。皆、持って来た昼食用のパンやおにぎりまでは到底手がまわらず。最後は座っておれず、立っていてもお腹が苦しい程の満腹。登山の消費カロリーをかるく5倍は上回る摂取カロリーだっただろう。

 さらにちょっと下ったところの護摩焚石の看板のある岩のテラスの下は15m程の崖。
2009Apr29焼森山、鶏足山4

 下山は下小貫の焼森の里へ結構な傾斜の登山道を下る。こちらはあまり歩かれていないようだが、最後、林道に出る手前は新緑に彩られた明るい谷をゆるやかに下るコースで、今回一番気に入った場所。

2009Apr29焼森山、鶏足山5 "接写モードのまま撮ったのでピンぼけながら、実際の雰囲気がこんな感じのほのぼのしたところ"







 下山口にあらかじめデポしたT号に2便だしてもらって全員を出発点に回収。満腹ながらおいしくジェラード等食べて無事新緑ハイクは終了。おつかれさまでした。
 ここは空気の澄んだ秋にもう一度きてみてもいいかも。

nccnet1 at 06:03│Comments(0)TrackBack(0)活動記録 | その他の山行

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字