2009年11月28日

11/28 久々フリーメイトでダメダメ

 土曜は40歳以上1000円と画期的な料金システムになったとこないだスポーレのときにメイどんから聞き、午後に3時間程とおもって、7月以来のフリーメイトへ。お店のKさんにも、いやあお珍しいといわれてしまうが、なによりワンコインならぬ、1000円札ワンシート料金にうれしくなってしまう。今日は午後1時からの開店だったとのことで、うっかり午前中からこなくてこれも正解。やっている間も終始3、4人どまりの利用者で、申し訳なくなってしまうほど気兼ねなく登れる。3分ウオーミングアップのあと、今週の初級課題は幸い今回のは素直で易しく8級程度。往復オンサイト。
 ともろもろ良かったのはここまでで、あとは惨敗。

 このジムの良いところは課題をずっと変えないでいてくれるので、過去との比較ができること。で、これ以後はずっと過去問の復習路線。どっかぶりの水色課題2つはOK、奥右側のルーフの水色■、水色▲もまあ一撃だが、このところたまにやるジムトレでも垂壁から薄被りどまりで、ルーフはやっていなかったのでぎこちなく力任せで抜ける感じになる。
 ついでどっかぶりのて足限定ピンクHであたりでいよいよさぼってきたツケがあらわになってくる。何度もやった課題、ムーブは皆覚えていてイメージの方はほぼ問題無しとおもっていたが。
 1手目右ガバ、2手目左手アンダー、3手目遠い右やや甘い3本ポケットがイメージ以上に甘く、フルパワーになってしまう。4手目左か体を右に振ってクロスでガバ、5手目右ガバ、6手目左ガバを取る際の左足位置間違っていて修正しているうちに疲れる。7手目遠い右ガバ。ここから核心で、一旦足ブラになってから左足をアウトサイドで置く。ここで左手マッチングさせるべきだったのだが、右手だけで耐えようとしてフォール。
 2回目、あっけなく3手目ポケットでずり落ち。
 3回目、マッチングまで行って、もたもたせず、右手左足のダイアゴナルで伸び上がってGを左手でとればいいものを、ここで右手左手入れ替えて、左手と右足のダイアゴナルにしたりしたもんだから疲れて来てGタッチのみ。 
 4回目、やっとクリアしたころにはすでに腕プル。
 このあたりでKオーナーがちょっとジムに顔を出したので、この土曜1000円システムを絶賛し、スポーレでお会いした千葉のSさんの話などちょっとする。
 さてこのあと薄被りの水色など2つほどやって、筋力回復させて、もう一つのどっかぶりの苦手課題、ピンク◆をやったのだが、もう4手目左手〜右手マッチングのあたりでひきつけられず。再トライでは離陸がやっととはやくも前腕、上腕のグリコーゲンとATPが枯渇し回復せず。
 あとは急坂をころげおちるように衰退の一途をたどり、手前の薄被りのピンクもダメで、もうピンクにこだわらずと、今度は奥左の水色もダメダメ、かつてウオーミングアップ用だった奥地位凹左のあおも最後ゴールとれず、2回目でやっと。
 さらに謙虚になって、このジムで一番易しい紺色にするが、これも前傾壁だともう離陸すらできなくなっているのに唖然。
 ここで2時間半。3時間やるつもりだったが、紺が登れないのでもうやれる課題はありません。これにて撤退というか手痛いというか途中敗退。
 脚力とクライミング、よりレベルダウンが激しい方にてこ入れをして、なんとか両方一定のレベルを維持しようと思っていたがもはやそれもままならないのかも。ただ、やらなければフリーフォールだから明るい未来がなくても、暗い未来のその暗さをすこしでもへらすべく、ネガティブトレンドの中のポジティブ志向で、日没閉門までのあと一刻、まあやれるときにやれることを淡々とやるのみ。そうして年に一回くらいでもこないだの御真仏薙のように身の丈の範囲で、見栄や模倣に偏らずしかも心が高揚する山行ができればね。
 

nccnet1 at 23:29│Comments(0)TrackBack(0)活動記録 | ジム

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字