2009年12月21日

12/20 下見ついでの横向沢ミックスクライミング:写真編

PC200068 "帰路に望む赤倉山"

**********************
 0さん、Tさん、Fさん、Nさん <--00
 こんばんは。まだ全然早すぎるのですが、遠出ができないので、日曜朝から足尾の下見の下見してくるつもりです。今週の寒気で、横向沢のF2〜F4にベルグラでもくっついていればラッキーと言ったところで、アイススクリューより、ピトンとカム頼りです。いやいっそフラットソールも持って行った方がアイゼンより役に立つかも。
**********************

 というわけで、去年12月27にNさんとの下見で首尾よく悪氷紛々の横向沢を登ったので、寒気流入の持続に意を得て、さらに1週間早い週末に、暴飲暴食後に寝不足も加わった忘年会明け、実体重も体感体重も激増の身で、09との足尾アイスの下見の下見。しかしいくら下見の下見といえども、わずかなチャンスも逃すマジ(あ〜これは別にアイスに燃える情熱があるわけじゃなく、延々林道歩きで行くからには空振りはイヤです。転ぶときでも道ばたの5円玉を探すんだという、どっちかというとセコい貧乏根性のなせる技)ということで、さすがに沢靴やフラットソールは背負わなかったけど、ミックス対応で、ピトンとカムも携行。

 行動内容は09の記録を待つとして取りあえず写真とコメント掲載。

PC200039 "銅公園P7時45スタート。−6℃"

PC200042 "9時ころの黒沢全景"

PC200067 "F2,F3。薄げなF2も行ってみれば案外登れたかもだけど、どのみちバーティカルアイスの練習にはなんないし、やっぱ横向行きましょう"


PC200043 "下見だから夏小屋も確認。Nさんが一緒だったらこの氷どう判定したかな?むろん私ゃ不合格"

PC200044 "貧氷会にだせば、上位進出濃厚の横向沢。しかしまだ12/20だから上出来じゃないでしょうか?"











PC200060PC200048 "びびりつつカム1、スクリュー1で垂直部下までのぼり、スクリュー3本でビレーステーションセットして上部を間近で様子見。右スラブへ上がるところはまだ岩に氷がくっついていないので、いったんはここで諦めロワーダウン"




PC200049 "再度登って、09も上げ、右ルンゼから巻いて上に抜けようと作戦たてたが、やっぱ泥と落ち葉にまみれるより氷と水のほうが良さそうなので、ミックスで継続決定"

PC200059 "流水中にクラックをみつけカムセットで、なんとかスラブへ登り上がる覚悟を決める。このあたりは沢登りですね"







PC200051 "ヒヤヒヤ、且つ濡れた手も冷え冷えで登り上がったスラブは左はアックスの効く氷の厚さだったが、右側はザラメ雪で、幸いカム用クラックをみつけて大喜び"










PC200052PC200054 "カムセット地点の上と下"











PC200057 "折角3つ持って来たカムだから皆使いましょうと、もいっこ追加して安心して終了点へと抜ける。さらに上部も凍っている感じ。"

PC200062 "というわけでエラく時間をかけたけど無事墜落せずトップロープセットし、スラブや氷柱を練習。"











PC200065 "2時に撤収。水量多く行きも帰りも徒渉は大変"

PC200069 "ああ、まだ落ちていなかったと感心したバランスロック"











PC200071 "風がなくあまり寒さを感じなかったが、日陰は帰りも全く雪が溶けていなかったので終始零下だったのだろう"

PC200072 "3時20駐車場帰着であらためて中倉山ショット。気温表示は2℃でした。"

というわけで、当日夜のご報告メール:
*****************************
Nさん、Tさん、0さん <--00

寒さもさほどではない感じで、ジャンダルムちょい先までは氷のかけらすらなく「ああ無氷、こりゃダメだ」と思いつつ先へ進んだのですが、黒沢に予想以上に氷がありました。特にF3はスクリュータイオフくらいの厚さはありそうですが、F2が薄く、プロテクションセットできなそうな感じでした。フリーソロで登った場合、落ち口の雪の下に氷がないと、かなり悲惨なことになりそうなので、今回は遠慮しました。

夏小屋もすでに中央部だけはつながっていますが、まだ細いつららの集合体でスクリューセットは無理そうでした。

横向も無論「楽しく安心よゐこのアイスゲレンデ」ではなく、去年12月27よりも貧弱でしたが、「N基準合格」といったところ。下部はスクリュー2カ所、カム1、上部の右側スラブは、スクリューセットできる様な氷はなく、カム2カ所セットで登り、あとはトップロープでしょぼい氷柱を3方向から登って結構遊べたので、F2から上はいかずじまいでした(が氷っていそうでした)。私にとっては今回が足尾アイス(というかミックスクライミングですが)の最早期記録でした。

水曜までは寒さ続くので、どの氷ももう少し発達するかもですが、そのあと寒気が緩むとまた一旦溶けてしまうかもしれませんね。
しかしTさん、来週末の下見は登る装備で行っても損はないんじゃないでしょうか?
*****************************

nccnet1 at 07:04│Comments(0)TrackBack(0)活動記録 | 日光/足尾/安蘇

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字