2009年12月25日

12/23 UAC入会初&スパ長初体験の茶臼岳ハイク

PC230106 "山頂から冬季限定ショートカットで牛ヶ首へと下る、この日のハイライトセクション。"

 12月23日、冬至を迎えた翌朝は暖かく快晴。今日は00、メイどん、73(ろこ)の3名で茶臼まで雪上歩行。メイどんとは、サンカル以来というから10ヶ月ぶり?
 風もなく登山者も少なそう。生まれて初めてのスパ長に緊張しつつ歩行開始。


PC230074a "この格好で銀行にはいったらどんな反応がおきるかほぼ確実に予想できるいでたちでスタート。"

 遭難騒ぎがあったのでしっかりとトレースがついており、ラッセルは無しってことで楽々と峰の茶屋から森林限界へ・・・途中、耐風姿勢を00から教わりながらアイスバーンに注意し峠の茶屋へは予定より1時間も早く到着。






PC230076PC230079 "曇り予想だったのだが、これ以上ない晴天微風のナイスコンディションで爽快な事この上なし。"






小屋は冬季用入口が改築されていた。中へ入って一服してから茶臼岳山頂へ。
PC230083
 "冬季用入口が低い位置に変更になり、且つ大きくなったので、以前のようなクライミングムーブなしで出入りできる。夏の三本槍のときはまだこうなっていなかったような気がするので秋の改築だろうか?"






PC230087 "ミニ飯豊の山容、流石から三倉山の美しい稜線"

PC230088PC230089PC230093












 まだ11時だがお約束のノンアルコールビールで乾杯し、インスタント豚汁で胃袋を温めた。
PC230098a

茶臼山頂2 "朝日から三本槍方面"

 早い昼食後は牛が首へ下り、無限地獄経由で峠の茶屋へ向かったが、夏だったら絶対にヒンシュクを買うよな〜と00が呟き山頂直下のザレ場を南西方向にまきながら下ったのだが、スパ長でも登山靴でも歩き方はほぼ同じだということに気付くと歩行は楽だった。

PC230101 "山頂から時計回りのらせん状に牛ヶ首へ向けて下降トラバースのプチバリエーション。牛ヶ首ルンゼの右横から下へと歩を進める、初めてのルート取りで新鮮。夏は下をはしるロープウェイ山頂駅から牛ヶ首へ向かう登山道への人為落石不可避なので雪の時期限定ルート"



PC230102 "水蒸気が凍って見事な岩氷。青空とのコントラストが素晴らしい。どことなく八ヶ岳西面の感じと似ているわね、と73。確かに"

PC230103PC230105










牛ヶ首に着く手前で振り返ると自然の造り上げたオブジェが頭を持ち上げていた。ガスを避けながら写真を撮りまくる3人。
PC230107

  "冬期の直登のための偵察ができて満足。やっぱ冬の方がカッコいいよね。"










 
PC230109 "無事牛ヶ首到着"











 ホッとしたのもつかの間、無限地獄を通過する際、雪崩やすい急斜面ではさすがのスパ長でも滑りそうで危険を感じ、00が先頭で雪をカットしながら慎重に進む・・・沈黙が流れること数分。Wストックをがっつり差込ながら歩いたので二の腕が筋肉痛になった。
『肩の故障で筋トレもサボっていたからな〜』と情けない気持ちで自己嫌悪。
PC230113
  "途中ちょっとした雪壁ができていて、数歩だけ登攀風だったり、堅雪のトラバースで、超久しぶりにピッケルでステップカットしたり、単なるのんびり快適スノーハイクじゃない、ちょっとしたスパイスもあって良きかな。ふたりともビビる事なく歩を進めていたので、ロープフィックスまではやらずじまい。"

 安全地帯でストックを使用しての滑落停止方法を練習。メイどんはすぐにコツを掴んでなんとかストップ。73は肩に力が入らず止まらない・・・けど、ここで滑落するわけにはいかないと必死でこらえたが・・・嗚呼、今後の課題は大きい(涙)

PC230114 "峰の茶屋に戻る手前から、もういちどミニ飯豊の稜線を見納め。ご本尊の飯豊は今日は残念ながら雲の彼方でした。"

 12時40、峠の茶屋で再び一服し、あとは一気に大丸温泉駐車場まで1時間足らずで戻り、格安の大丸温泉かしきりで汗を流して早めの帰路となった。
 気付いたら今日は、那須有料道路が無料化して初めて通行と、「初」が3つも付いて「初三昧」の1日だった(笑)風も殆どなく、週末の00の山行に支障なく下山できて今年最後の雪上歩行は終了。また来年も宜しくおねがいします!

※「73」の由来:知人に「縁起の良い数字は77と33だ」と聞いて、それを合わせて「73」と決めました。UACに入り今まで以上に楽しい山行が出来るよう精進したいと思います,hi♪

nccnet1 at 07:46│Comments(2)TrackBack(0)活動記録 | 那須/男鹿/高原山系

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by メイ   2009年12月27日 14:13
 雪の上を歩くのに慣れていないためか最初の登りが一番辛く、息もゼーゼーしてしまいました。しかし、天候も良く、山の経験豊富な00、73のお二人が一緒だったため心強く、無事楽しく歩いてこれました。
 峰の茶屋付近の強風では、防寒の大切さを感じ、また、無限地獄では、滑らないよう緊張感をもって歩き、今回とても良い経験ができたと思います。
 それにしても、山頂での豚汁美味しかったですね。ごちそうさまでした。恒例のノンアルコールビールも。最近このために山に登っているような気がしてきました。
 ありがとうございました!

 
2. Posted by 73   2009年12月31日 21:00
5 メイどん、お疲れ様でした
インスタントな豚汁でも良ければいつでもリクエストしてくださいね〜♪
ノンアルコールビールはやばいですが(笑)
こちらこそ来年もどうぞ宜しくお願いします

コメントする

名前
URL
 
  絵文字