古賀志

2009年12月16日

12/13 鞍掛山からボッカトレ

冬到来ながら、なかなか冬山にいけず、体力減退にわずかながらも抵抗するために、古賀志ボッカに出かける。とはいえ、腰痛、膝痛とさえないため、あまりの重さは堪えるので、少し軽めで、丁寧に歩くことを心がける。
8:50に森林公園駐車場を出発。すでに多くのハイカーが準備体操をしたりして、続々と山に向かう。
続きを読む

nccnet1 at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月22日

11/21 秋の賑やかハイク@古賀志

PB210079b 春の鶏足山以来の癒し系企画。下野常陸からや山歴も古賀志歴もまったく様々且つ初顔合わせ同士も多数というメンバー15人が賑やかにあつまっての軽ハイキング。木曜辺りまで天気が危ぶまれていたが、望んだ以上の好天に恵まれ、これなら岩も乾いているだろうということで、当初予定の岩場を避けた周回から、東稜〜北登山道の周回コースに軌道修正。続きを読む

nccnet1 at 19:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月07日

11/7 飽きもせず今度はアイゼンボッカで中尾根〜北尾根周回

20091107124624 "紅葉の盛りを迎えつつある古賀志。へろへろ歩きでしみじみ楽しむ余裕もなかったけれど。”

11/3のボッカ再試のあとなんとか、やらなくていい言い訳を探したのだがみつからず、しかも幸か不幸か本日3時からの用事があり、ちょうど中途半端な時間でやるにはもってこいの状況となってしまったので、毎年の定例トレの中では一番つらくてネガティブモチ満載のアイゼンボッカ中尾根〜北尾根周回にうなだれつつ出かける。
 11/3の22.8kgに加えてアイゼン+プラブーだと、2つ目の岩場で荷物の重さでふられて滑落しそうなので、アイゼン込み20.8kgと、ほぼ去年の11月のアイゼンボッカのときの重量に調整。去年はsalomon SM-8だったが、今回は8年もののLowa Chivettaで、やや重く、足首も堅い。なのに敢えてこのプラブーにしたのは、運が良ければ中尾根取り付きまでの間にプラスチックが崩壊して、夢にまで見た「アイゼンボッカやらなくて良い理由」をゲットできるかもという見苦しい期待が潜在意識にあったのかもしれないが、なにせ潜在意識というくらいだから、自分では分かりようがない。続きを読む

nccnet1 at 15:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月04日

11/3 再ボッカ@北古賀志:中尾根〜北尾根周回

20091103113928 ”初冠雪の高原山を望む”

 急遽つかえることになった半日。10/17の北古賀志ボッカは、タイム以前に平地歩行でも重さが負担に感じられるような足腰が結構なさけなかったので、同じ重さでのアイゼンボッカはまだ時期早尚と考え、ザック、靴、コースなど前回と同条件もう一回歩いてみることにする。
 計量している時間がもったいないので、ザックには前回同様にロープ2本、ガチャ類、2Lペットボトルなどを詰め込んで、ほぼ前回と同じ重さにし、念のため、01の形見のロックハンマーも入れる。まあこれなら前回より軽いってこたあないだろう。

 続きを読む

nccnet1 at 06:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月02日

11/1 古賀志ボッカ縦走

しばらく歩いてもいないし、走ってもいないので、この日は古賀志で縦走。8時45分に森林公園駐車場を出発。木々も色づいてきて、落ちた葉っぱの上を歩いていると、深い秋を感じる。続きを読む

nccnet1 at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月21日

10/18 レスキュープレ・トレ

8時過ぎに一般ルートに到着すると、すでに00が登山道の急斜面で同僚とレスキューの練習をしている。やはり山の趣味のある人かと思っていたら、ハンググライダーのインストラクターをしていて、立ち木に引っかかったときの脱出のために練習に来ているということだった。続きを読む

nccnet1 at 22:48|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年10月17日

10/17 リングワンデリングボッカ@北古賀志

20091017122958 "北尾根間近の稜線で。重荷でうつむいて歩いていたから気づいたけど、そうじゃなきゃ踏んでたかも。本人というか本蛇は頭に松葉をかぶった擬態に絶大な自信があるようで、気づかれているという認識が全くなく、かなり近づいても結構得意そうな顔しているのがオカシイ。”

  昨夜発で今日はFさんと谷川予定だったのだが、昨日17時の気象情報みて、大ジョブかもだけどう〜んちょっとというこちらの逡巡で中止。今朝6時に気象情報やライブカメラチェックして、少なくとも谷川連峰のみならず赤城、榛名、浅間とのきなみ稜線は雲の中であることを確認し、まあ少なくとも岩が乾いて快適ってこたあなさそうだな、と強引に中止判断を正当化し、Fさんとは「きょうはどうしましょ?」の相談。「おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に」じゃないが、同じ古賀志なれど、Fさんは岩へフリクラに、00は中尾根からボッカ周回に、ということになる。
 衰える脚力と間近に迫る冬山、そろそろホントにちゃんとそれなりの重さのボッカ始めないととっくに尻に火がついている。シングルロープ2本、ガチャ類など適当にexos58Lに詰め込んで計量すると19.5kg。きりが悪いので2Lペットボトルで水増し。足許はファントムライトで冬靴履きならし。続きを読む

nccnet1 at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月28日

9/27 昼までちょいトレ@古賀志

 昨日の女峰後、殆ど疲労の残存がないのにびっくり。スピードは去年と変わらなかったが、より低負担で周回できたということで祝着至極。で、9時半不動岩集合予定の0さんとの古賀志岩トレも、8時過ぎに先着して、左奥の一般ルートでウオーミングアップをかねて、ソロクライミングとこのところの谷川で思いついた懸垂下降時のちょっとした工夫を確認してみる。続きを読む

nccnet1 at 07:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月23日

9/23 獅子落し、お篭り堂ダイレクトはしご

集合場所の林道駐車場まで、途中の駐車場に一台車があっただけで、9時というのに他に車はない。シルバーウィークですべて遠征しているのだろうか。それにしても近県の車も一台もいない。
続きを読む

nccnet1 at 23:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年08月01日

8/1 古賀志アブミ日和

2009Aug1古賀志 "初体験、競技会エイドクライミング"

 ぐずぐず天気というか天気図がつづき、またまた予定の山はお流れで、週末の予定を日替わりメニューで再構築。この日もまあ気温が低い事だけが取り柄だが、5回目の計画延期もまったく後悔しないようなろくでもない天気でスタート。
 09とダブルロープマルチピッチレで8時集合の古賀志へ向かう道すがらは出だしから霧雨。昨日が気温低く、今日は降らなくても高湿度で結露は長引くだろうと思っていたので、濡れ岩ならアブミトレと打ち合わせており特に動揺はないが、駐車場につくと霧雨というより小雨で、09はネガティブモチベーション満開の気配。まあまあとなだめて、とにかく不動岩まで行ってみる事にする。
 正面壁のハングも含めて笑っちゃう程全面びしょぬれで、これは明らかに雨ではなく結露の仕業でしょう。カモシカダイレクトのアブミやるくらいなら、20kgボッカ12時間を選びかねない09は、またまたネガティブモチを高めつつある気配なので、まあまあとなだめつつ、比較的濡れの少ない競技会ルートでアブミとナチプロの練習をしてみることにする。しばし観察して、ところどころボルト間隔が遠い感じだが、そういうところはなんとかクラックにカム、ナッツを入れて登れるんじゃないだろうかと、ただし最後終了点手前がどうだかなあと多少不安覚えつつ、チェストハーネスにヌンチャク14本、カム、ピトン、ハンマーと鬱陶しく10キロ以上をぶら下げた本ちゃん仕様で00リードで8:35スタート。
続きを読む

nccnet1 at 16:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年07月18日

7/18 雨に振られた古賀志

2009Jul18古賀志2
 "559から眺める古賀志山頂" 

 悪天で今日の予定が流れたので、ちょっと歩いておこうと古賀志雨山トレを思い立つ。メイどんも先週の男体山のあとの筋力アップを確認したかったようで雨山遠征ウェルカムで出動。
 続きを読む

nccnet1 at 23:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年07月11日

7/11 思わぬ好天の中でアブミトレ

カモシカハングでのアブミトレは、本当に疲れて好きではないが、久しく外岩に触れてないし、来週谷川ダイレクトカンテに備えて、00、千葉のOさん、茨城のFさんのトレーニングに付き合う。続きを読む

nccnet1 at 21:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年06月27日

6/27 中尾根経由仙人岩ルンゼ下降

2009Jun27古賀志1 天気はいいけどかなり暑そうなので登るなら日光辺りの山と思っていたが、金夜、土曜昼に立て続けに用事が入ってしまい断念。そのかわり今夜の01追悼の集まりの際に、あのお供え高級ビールの片割れを持ち込んで皆で飲むのもいいかなと思いつき、午前中でささっと古賀志に行ってくることにする。続きを読む

nccnet1 at 14:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月13日

6/13 科学な一日

上空に寒気が流れ込んできていて、雷雨の可能性もあるので、山の会の人たちと予定していた根名草山までのピストンは、参加中止することにした。もともと、行けたら行くという軽い約束だったので、悪天承知で無理することもないので、雨の心配のない古賀志で軽く歩いてくることにした。続きを読む

nccnet1 at 23:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年06月06日

6/6 古賀志山清掃登山

小雨降る中、カッパや傘をさした児童や父兄が校庭に入っていく。どうやら中止にはならないようで、8時過ぎ、体育館で開会式が行われた。前回とは違い、簡潔に式が終り外に出る頃には雨があがっていた。続きを読む

nccnet1 at 20:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年05月28日

5/24 地図トレあり、薮漕ぎあり、おまけにレスキュートレありの雨の古賀志は熱かった (00、09、17)

 先週に引き続き、今週もまた山に行ける。が、その嬉しい気持ちとは裏腹に天候は望めない様子。さらに午後からは所用も出来たため、ここは短時間で少しでも濃い内容にしたいところ。ってことで、早朝出発で先週に引き続き地図トレ@古賀志&藪漕ぎトレ&レスキュートレをすることに。
 今回のルートに登山道はなく、いくつかのピークを拾いながらピーク559まで辿り、そこから主稜線に乗り古賀志まで行くというもの。00にとっても数年前に一度だけ辿ったルートということで、1/2万5千の地図トレには恰好の機会だ。予定では09の待つ御岳に8時着。待っていてください、09。続きを読む

nccnet1 at 01:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年05月16日

5/16 古賀志クライミング、てか体験会アシスト

2009May16古賀志1 3/29のららぽーと初遠征の際に、Nさんから、5/16にららぽーとの仲間をつれて古賀志に行くのでつきあってちょ、と言われていたので、準備万端で当日を迎える。
 が朝起きるといつ降り出してもおかしくない低い雨雲で、7時過ぎNさんからも「こっちはちょっとパラついてるけど、どっちはどお?」と打診メール。雨雲レーダーやスポット予想からみて3時くらいまでは大丈夫と踏んで、その旨を連絡し、決行決定。
 同時に、フリーメイトのクライミング仲間、Nnさん、Mさん、Hさんも初古賀志体験にいぎだい、とのメールがあったのを朝になって気づいて待ち合わせの連絡したり、サイフをわすれてサザエさん状態で一旦家に戻ったりで、「準備万端、9時には行って待ってます」などと大見得切ったのとはうらはらの、Nチームにおくれること1時間、ようやく古賀志着。雨含みの土曜なのにかなりの車の台数。続きを読む

nccnet1 at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月04日

4/4 古賀志で01追悼山行

天気予報不順で、追悼山行流動的だったが、とりあえず日曜雨でも土曜は大丈夫のようで、00、87、09でカタクリの咲く古賀志縦走から01最後のクライミングルートを訪ねる追悼山行を行う。
2009Apr4古賀志7 "つぼみから観察し続けた今季古賀志のカタクリ。開花期終末のあで姿に別れを告げる"
続きを読む

nccnet1 at 23:09|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年03月29日

3/28 古賀志プチ迷走

2009Mar28古賀志18 "東稜展望台から今日下った559の先の岩尾根を眺める"
 
 今日も8時から15時までの限定自由時間、というか不自由時間。そんなときでも何とかなる古賀志に感謝はつきないものの、さすがにメジャールートはちょい飽きたので、今日は古賀志未踏エリアを、地図なしででたらめに歩いてみることにする。装備はマンネリクライミンググッズ入り10kgザックにクラッグホッパーとペットボトル一本。
続きを読む

nccnet1 at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月28日

3/28東尾根から鞍掛方面へ

久々に那須あたりにでもと思っていたが、追悼山行との兼ね合いもあり、そもそも雪山以前に、なまった体を元に戻すためにも、歩かなくてはと、お手ごろな古賀志に向かう。日光連山
続きを読む

nccnet1 at 21:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年03月25日

3/25 カタクリ開花

2009Mar25古賀志06 3/15につぼみが膨らみ先週土曜に開花秒読みだった古賀志のカタクリ。その後の天気は不純だったが、もう咲いているだろうとわずかな時間で見に行ってみた。
 登山道脇や沢沿いのカタクリもいくつか花開いているので確信をもってカタクリの谷へ入ると、昨年同様一面カタクリの紫の花が迎えてくれた。もうしでにしおれた花もあるので、おそらく先週土曜にはこの谷の日だまりでは開花がはじまっていたことだろう。去年より一週間以上早いかもしれない。
 薄曇りの天気で、昼過ぎからとの予報より早い雨の降り出しに、谷を上まで詰めずに途中で引き返すことにしたが、これでこの春も無事カタクリの花を見ることが出来てよかった。あとは晴れた暖かい日に蝶の飛来を期待して再訪できればいうことなしなのだけど。
続きを読む

nccnet1 at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月21日

3/21 カタクリ開花間近

2009Mar21古賀志3 今日は晴天だが使えるのは11時半までのみなので、このところ大きな山に行けずレベルダウンしている脚のためにつかうことにして、毎度おなじみ詰め替え無精の10kgザックを背負って8:20森林公園Pから北尾根に入る。SLDの登山版で有酸素運動の範囲で止まらず休まずで3時間のつもり。
続きを読む

nccnet1 at 23:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年03月15日

3/15 祝、17初岩登り (00、09、17)

 UACに入会して1年が経つというのに、およそ2年前にSTと日の出を見に来た以来訪れていない古賀志山。UACのHOMEである古賀志山。
 遅くなりましたが、ようやくUAC会員としての初見参になります。そして、岩登り初体験になる日でもあるのでした。


20093.15古賀志



続きを読む

nccnet1 at 20:00|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2009年03月03日

2/28 鞍掛山縦走

前日の雪で古賀志の道路は凍結してるのか心配だったが、路面は殆んど乾いていて、その心配なし。森林公園の駐車場を9時に出発。
鞍掛山へ続きを読む

nccnet1 at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月28日

2/28 如月最後の古賀志

2009Feb28古賀志1 遠出できぬ日々が続き、今日も古賀志で脚トレ。何も古賀志ばかりでなくてもいいのだが、12/24に一緒に岩を登った01の気配がまだ山中に残っているような気がして、それが拡散し薄らいでしまう前にあちこち歩いておきたい気持ちがあるのかもしれない。
 今日は夕方からジムトレの予定で、岩トレのつもりはないのだが、ザックのパッキングも面倒なのでこのところ毎回同じアブミ登攀装備の入った50Lザック、10kg強をもってゆく。このICIのザックももうショルダーストラップの縫製がほつれ、崩壊寸前だが、なかなか買い替える気にならない。
 続きを読む

nccnet1 at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月25日

2/25 古賀志あぶみ日和

2009Feb25古賀志2 貴重な代休の一日が近づくにつれ予報は下り坂で、古賀志も朝から昼前後は雨模様だが、Tさんと打ち合わせで、濡れ岩ならアブミトレのつもりなので別に天を罵る気もなし。
 小雨降る中9時過ぎお堂前に先着すると、Tさんが言っていた通り、カモシカハングにTさんのヌンチャクが5本回収忘れで残置されている。
 Tさん到着予定10時半過ぎとのことなので、回収できるだけしておこうとウオーミングアップがてら、ロープをぶら下げて、アブミソロ?で登る。前回クラッグホッパーでのアブミトレと比較すべく靴はガイドテニー。
続きを読む

nccnet1 at 20:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月22日

2/22 薮岩ディレティッシマ?@古賀志

2009Feb22古賀志6 "獅子落としの頭から" 
 昨日は総会終わっての帰宅が11時過ぎで、さすがにこのあと不安定な職場状況を気にしつつ2時発で今日の0さんらのラストアイス計画への合流ってのはギブアップし、出だしのみ好調で結局不発に終わった今季アイスにわかれをつげて、ちょっと古賀志をあるくことにする。続きを読む

nccnet1 at 16:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月15日

2/15 古賀志合同訓練の中で単独訓練

前日のフリーメイトでのルーフルート二つクリアのために相当体が頑張ったのか、物凄く体が疲れてて、寝て曜日にしてしまおうかと日和ってしまったが、天気もいいし、古賀志に向かう。続きを読む

nccnet1 at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月09日

2/8 古賀志アブミトレ

2009Feb8古賀志 0さん、Nさん、Tさん、Kさんと9時半から古賀志。Tさんが最近梅雨前線直上ルート近くに、ボルトを打ち、「白龍」というルート名をつけたとのことで、フリーだと12+でまったくお呼びでないのだが、「アブミトレにどうぞ」ということなので早速参上と相成る。現場でオブザベーションすると、このルートはかつて、クラックにカムを入れてアブミで苦労して登ったルートのようだ。ボルトのおかげで、デッドでカムセットなんて無茶はしなくてすみそうで有り難い。
 続きを読む

nccnet1 at 07:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月07日

2/7 古賀志ハイキングプラス

度々延期していた、ハイキング&懸垂トレーニングを実行すべく、森林公園に向かう。ちょっと遅い出発になってしまったが、9時50分、釣堀を出発して、東稜尾根から取り付く。いきなりの急登で、息が切れるのでペースを落として地に足をつけて歩き始める。
日光連山「東稜展望台から」続きを読む

nccnet1 at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)