八ヶ岳

2009年12月28日

12/26~27 八ヶ岳アイスクライミング

PC260136 "行者小屋手前からの横岳" 

 当初金曜から休みを取ってFさんと3日間で黄蓮左のつもりだったこの週末。がまたまた今季も早い時期から降雪が何度かあり、氷の条件もあまり良くないとの情報。加えて沢筋の深雪でアプローチラッセル大変そう、ってかラッセル以前に新雪雪崩のことを考えんとアカンでしょう。そうこうしているうちに、Fさん金曜休み取れずとなり黄蓮は今年も未練なくお流れ。
 じゃあやっぱアイス系の代案をということでいろいろ情報を集めるが、下野國/常陸國附近で、12月に手軽にとりつけるゲレンデアイスはやはり八ヶ岳が定番で、しかも今季は上記のような降雪/結氷状況から、確実にたどり着けて且つ登れるのは「南沢大滝」位しかない感じ。あとはちょっと早そうだけど2年前の12月に行った戸台川流域も、こないだの足尾がなんとかなったんだから大丈夫そうだけど、家から8時間以上のアプローチの末に丹渓山荘跡までたどりついて氷がなかった時のショックはかなりのものだろうから、軽々には実行に移せず。あとは貧氷足尾のアイス、ミックスバリもシブく味わい深いんだけど、せっかく2日使えるんならやっぱもうちょっと大きな氷で練習したいしねえ。
 しかしこの時期やはりお手軽に登れる氷は本州では数少ないという事だろう、先週末あたりの南沢は、大きな事故は幸いなかったらしいが、リードとTRスダレ入り乱れて刃物同士のつばぜり合いとアメアラレの落氷のなか、悲鳴と怒号、一部血しぶきも飛び交う阿鼻叫喚の大渋滞だったらしい。
 続きを読む

nccnet1 at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月12日

4/12 4月の裏同心ルンゼ

しばらく仕事の都合で遠出が出来なかった00が、この週末は何とかなりそうということで、しばらくぶりの雪山目指して八ヶ岳に赴く。それでも緊急呼び出しに備えて、佐野ICで合流して2台で美濃戸に向かう。土日割引のおかげで、桐生大田から佐久まで、1000円。うれしい。
2009Apr12裏同心12 "裏同心ルンゼ最上部を登る09"
続きを読む

nccnet1 at 22:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2008年12月16日

12/14八ヶ岳南沢大滝アイス


前夜小淵沢道の駅でステビバ。顔を出していると、多少風が吹いているのでつめたいが、それほど寒くは無い。気合の入っているOさんは3時過ぎに起きて、準備を始めている。4時前に全員起きて美濃戸に向かう。00は、原因不明の足首の捻挫がひどくなっているようで、右足を引きずるように歩いているが、とりあえずは登山口まで行く。otaki続きを読む

nccnet1 at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月22日

11/22 早くもアイスシーズン・イン@裏同心

2008Nov22八ヶ岳15b "裏同心最上部の氷の上に雪煙舞う大同心"

 笠間で冬の訪れの早さを予感したのが10月半ば。以後定期的に日米2つの週間予想天気図をみていて、いずれもが11月18夜からの寒気が結構強く、また長期間流入することを予想しているので、0さんたちとのメールのやり取りで裏同心アイス偵察のご相談:

11/16日曜「日米双方いずれの予想天気図からみても、火曜辺りから冷え込み本格化し、次の土曜辺りは大陸高気圧下のまずまずの冬らしい天気になりそうですね。冷たい北西風とともに火曜あたりから冷え込み始め、水木金土と2000m台は終日零下かもしれません。というわけで、多少天気図に誤差があっても、土曜の富士山はまずまず安泰。冷え込みの程度と持続によっては、裏同心結氷も夢ではないかも。」

11/19水曜「金朝まで冷え込みの情報集めて、そこそこなら八ヶ岳いってみようと思います。氷ダメなら、小同心クラックに転進すればハズレはないでしょう。」

11/20木曜 見通し通り寒気大活躍で、水から金は裏同心あたりはおそらく終日零下を大きく下回り、最低気温もマイナス十数℃と思われたので、本来この週末は雪山シーズンイン定番の富士山の予定だったのだが、予定通り富士へ向かうOさん、09と別行動で、Nさんに声をかけて木曜時点で裏同心行きを決定し、計画書を流す:「下記予定でNさんと今季初アイス狙いです。外れたら小同心クラックへ転進。
 行動計画:11/21 24時半 美濃戸(車入れなければ美濃戸口まで)-11/22 4時半発ー7時赤岳鉱泉ー12時半裏同心終了ー大同心稜ー15時赤岳鉱泉。氷ダメな場合は、8時までに判断して転進;大同心稜を登って小同心クラックをアイゼン登攀ー14時横岳ー大同心ルンゼ下降ー大同心稜ー16時半赤岳鉱泉。」
続きを読む

nccnet1 at 20:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月25日

9/23 美濃戸口より思い焦がれた赤岳へ (17)

 悪天候のために幾度となく中止を余儀なくされた八ヶ岳の主峰「赤岳」。霜が降り始める前に山頂の土をとチャンスを伺うが、秋は容赦なく近付くばかり。
 しかし天が味方したのか、半ば諦めかけていた2人にようやく晴天が飛び込んで来る。それも極上の晴天が。
 
 そう、まさにやるなら今しかない。


2008.9.23 八ヶ岳 2

続きを読む

nccnet1 at 21:49|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2008年09月14日

9/13 大同心雲稜〜小同心クラック継続登攀

2008Sep13八ヶ岳00 先週末のバットレスが大気不安定で流れ、今度こそと、今回は都合つかない0さんにかわり、09、Fさんと金夜発土日で再挑戦を考える。今回はまあまあの予報だったが、週末が近づくにつれ、土曜夕からの雨の可能性がでてきた上に、日曜も雨の可能性が。バットレスでビバーク予定なので、これは気がかり。
 なんせ00にとってバットレスはこれまで3回かよって、一度も雨に降られたり、撤退したり、A0したり、テンション掛けたりがなく、全て予定通り、且つオールフリーで登れている殊勝な岩場なので、この伝統?は是非キープしたいところ。悪い条件でうかうか行く訳には参りません。また09にもバットレスデビューはすっきり登らせてあげたいところ。まあ谷川と違ってバットレスはさほどプレッシャーもないし、残るルートももうそんなにないので、焦らなくてもまた機会はあるでしょ。
 というわけでバットレス再々延期はべつにいいのだが、おめおめと気まぐれ天気の言いなりで振り回される続けるのはこれまたまっぴら。というわけで、「目的ルートにいけなければ中止」と至って潔い0さんと違い、貧乏性の00としては、バットレス以外に、八ヶ岳大小同心、小川山、二子山、さらには谷川岳まで代案にいれて、「なにがなんでも天気のウラを掻いてでもどっか登るゼ」体制を敷く。そして金曜17時の予報で八ヶ岳方面が一番良さそうなので、とりあえず芦安にいって駐車場泊し、土曜朝5時の気象情報みて、広河原入りするか、八ヶ岳へ転進するか、はたまた、小川山、二子、谷川へ、ということにして、金夜8時に09号で出発。
続きを読む

nccnet1 at 21:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2008年08月15日

8/11〜12八ヶ岳縦走

比較的天気の安定する盆休みの前半、何処に行こうか幾つか計画を練る。メジャーな北アルプスの五竜岳縦走も候補にあげたが、テントを背負って重荷での岩稜歩きは、暫くテント泊縦走をしてない身にとっては一抹の不安がある。そこでテント泊も出来て、縦走も出来る八ヶ岳案が浮上。短い時間だがボッカもできるし、テント泊も出来るし、縦走も出来るし、そして避暑も兼ねて決定。
阿弥陀岳中岳から阿弥陀岳を望む
続きを読む

nccnet1 at 22:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月20日

3/20 今度こそシーズンオーラス@角木場の氷柱

2008Mar20角木場アイス06”雨の下界を抜け出し春の大雪とチリ雪崩にまみれつつのラストアイス”

 昨年12月1日からスタートし、脇目は5回くらいしか振らずに集中したアイスクライミングのトリは、2/23の足尾無名ルンゼでまあ大きな不満はなかったのだが、3/15の白根の帰り、いろは坂の下りで立派な氷瀑を遠望してしまったのがマズかった。「あ、まだ登れそう」
 しかも谷川岳東尾根が3/15に続き、3/20、23も雪の状況悪いでしょうと中止になったので、「今度こそラストアイス」の機運が高まる。
 されど3/17の雨で、明らかに県内の氷はすべてトドメを刺された筈。しかし八ヶ岳ならまだ大丈夫だろう。暖かい日が続いており、定番のジョウゴ沢や大同心ルンゼは雪崩愛好家以外は×。摩利支天も興味あるが、地形図見るとやはり雪崩トラップの地形なのでアプローチの容易さと雪崩心配の少なさから南沢大滝を選定。南岸低気圧で東日本はのきなみ3/19夜から雨予想だが、2000mならまあ雪だから大丈夫でしょう、と代案は考えずに決行。

(写真TNさん、00)続きを読む

nccnet1 at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月17日

12/15 アイストレ:裏同心ルンゼ再訪

7時半、赤岳鉱泉で00、Nさんの大同心パーティーと別れて、裏同心に向かう。2週間前よりは積雪は増えていたが大変なラッセルを必要とするほどではない。もっとも、先頭は、OさんMさんで、自分は踏みあとを辿っていくだけだが。トレースも付いていて、先行のパーティーがいるのかと思ったが、そのトレースもうすくなってきて、この日のではないようだ。
続きを読む

nccnet1 at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月16日

12/15 アイストレ:大同心大滝再訪

 2W前の自主トレアイス初めに続き、今回はいつもの0さん企画、本来のアイス初め。0さん、Mさん、Iさん、Nさん、09、00と、Sさんの8人乗りステップワゴンをかりて賑やかに金曜夜の出発。クリスマスイルミネーションの都内を見るべく、首都高速を一周、ってか0さん仕事のときのつもりで、ついつい皇居先トンネル内分岐で、新宿じゃなく渋谷方面にハンドルを切ってしまったとのこと。
 しかし幸い渋滞はあまりなく、まあ15〜20分ロスってところ。いつもの0号と違いオートマなので、談合坂からは00の運転。12時過ぎ小淵沢道の駅着で、即軒下ステビバ。続きを読む

nccnet1 at 11:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月03日

12/1、2 アイス初め@八ヶ岳

金曜夜、しもつま道の駅に00、Fさん集合して、豊四季駅でNさんをピックアップしてから、中央道を通って道の駅小淵沢に23時ころ到着。軒下にシートを広げてシュラフだけで就寝に付く。全く寒くなく、予定より少しオーバーして起床。急いで仕度をして、赤岳山荘の駐車場まで急ぐ。6時過ぎ、仕度をして明るくなった林道を歩いていく。林道終点から橋を渡って暫くしてからようやく少し雪が出てくる。続きを読む

nccnet1 at 23:14|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年12月02日

2007Dec1,2写真&動画:アイス初め@八ヶ岳/SICK2期目の偉業

2007Dec1,2八ヶ岳アイス052007Dec1,2八ヶ岳にてアセント09、00&友部山岳会Fさん、くらいみんぐ上だクラブNさんでアイスクライミングシーズンイン。記録は後日別途掲載予定。
 単なるアイスシーズンインの小手試しではなく、Nさんのハッパで、最初の氷への一撃が大同心大滝というしごきの世界。
 しかし今回の山行の真骨頂は、昨シーズン(2007Feb)世界に先駆けて結成されたSICK(石器アイスクライミング研究会)のチーフリーダーにして世界トップの縄紋石器クライマーでもあるアイスエキスパートNさんが、自作石器バイルにて大同心大滝のバーチカルアイスを試登するクライミングシーンの貴重な映像記録公開。

↓SICK結成2期目にして、進化した磨製石器バイル。


↓トマホークとレッドイーグルで大同心大滝に挑む!”(他にも沢山movieあるが容量の関係でこれのみ)
続きを読む

nccnet1 at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月31日

5/27八ヶ岳・硫黄岳

santyo前夜10時ころに赤岳山荘の駐車場につく。所用のため午前中から車を走らせていて、もうくたくた。美濃戸口からの誰もいない荒れた林道を走るのにはかなり神経を使って、喉が渇き、ここが核心かと思われるほど。駐車場には10台にも満たない車が止まっているだけで、思ったより少ない。テントもなく、人の気配もしない。朝早いので早速車中で就寝体制につくが、疲れすぎか、神経が高ぶっているようでなかなか寝付けない。それでも目をつぶって休む。夜中に一台だけ車が入ってくる音がしたが、それ以外には静かな夜が続く。
続きを読む

nccnet1 at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月16日

12/16 初アイス裏同心ルンゼ

2006Dec16裏同心4今シーズンはじめのアイスは、Oさん達千葉グループと合同で八ヶ岳・裏同心ルンゼ。金曜夜、栃木市運動公園に栃木組は集合してT川さん運転で八ヶ岳に向かう。12時過ぎ道の駅こぶちさわでOさん達と合流して、ここでテントを張って早朝出発とする。登山者ご用達の道の駅のようであちこちにテントが張られている。それにしても暖かい。寒くないというより暖かい。千葉のUさんにいたっては、テントに入らず、ベンチで寝るくらいだ。

”写真:Oさん提供”続きを読む

nccnet1 at 22:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年10月15日

編笠山、権現岳縦走

5f25ae5a.jpg夕方に真岡を出発。途中財布を忘れ戻る羽目になったり、目的地近くで遠回りの変な指示を出すナビに翻弄されて観音平の駐車場についたのは12時くらい。駐車場手前の路肩に車が結構停めてあったので大変な混雑なのかと不安になったが、広い駐車場には空きがいっぱいある。日中は大変な混雑なのだろう。早速就寝体制に入るが、車中泊は設営の手間は省けるが、どうも横になると不具合がある。4時半起床の予定だったが、4時前に目が覚めてしまった。車の窓越しに強い光が見えたので、もう太陽が出てるのかと思ったが、月の光だった。それも三日月。外に出て空を見上げると、一面埋め尽くすように星が輝いてる。流れ星が流れた。願い事をと思っているうちに消えてしまった。
もう一度寝ようとしてみるが、無理なので、早いが朝食にする。佐久のICを出たところで買った、釜飯を食べる。朝食を粗末にしてるとシャリバテになるので、ちゃんと食べようと釜飯にしたのだが、やはりぬくもりも残っておらず、冷たくなっていた。それでも全部食べて、明るくなるのを待つ。続きを読む

nccnet1 at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月12日

2月11日―12日 北八ヶ岳天狗岳

 2/11 曇り
 朝6時Y女子をピックアッツプし宇都宮を出発、鹿沼ICから東北自動車道−首都高経由で中央自動車道に入り諏訪ICで高速を降り渋の湯に12時に到着。駐車場は満杯だ。旅館で2日分の駐車料金を払い駐車場前の路上に駐車しその旨旅館に伝え鍵を預ける。今日の幕営予定地の黒百合平までは2時間半なので充分余裕がある。
 旅館の前の渋川を渡り樹林帯の急な登りを行く。北八の人気ルートなのでトレースはしっかりついておりラッセルはない。天狗岳には過去2回きているが今年の積雪は多いようだ。唐沢鉱泉への分岐をすぎあいかわらず続く樹林帯の中の雪道を登る。予定通り3時に黒百合平に到着。黒百合ヒュッテの前を通りすぐ先でテントをはる。テント数は20張前後。ワカンははいていないので膝以上もぐってしまう。スコップで整地し雪を踏み固めるがサラサラの雪で中々かたまらない。そういえばさっき小屋の入口にあった温度計はマイナス16度だった。小屋に幕営料を払いに行く。中は満員で騒がしかった。食事をとり午後8時頃就寝。
2/12 曇り
朝食をとりアイゼンを着け8時に出発。すぐ樹林帯の中の中山峠に着く。峠のむこう側は本沢温泉への続く登山道だがもちろんトレースはない。しばらく登ると森林限界をぬけ這い松帯になる。
右側からの風がかなり強い。目出帽とヤッケのフードをかぶっていても顔の右側が冷たい。
曇っていて視界はあまりない。時々下ってくるパーティーとすれちがう。岩稜を登って行き10時少し前東天狗岳のピーク着いた。晴れていれば眺望は良いのだが今回は曇っていてなにも見えない。強風で視界も悪い。西天狗岳はやめてテントに戻ることにする。樹林帯に入り風が当たらないところで休憩。このあたりもトレースをはずれると膝以上もぐってしまう。1時間あまりでテント着。ラーメンを食べてから撤収し午後1時半渋の湯に戻った。
帰路は国道152号線、142号線を経由し上信越自動車道の佐久ICへ出る。午後7時半に
宇都宮帰着。


nccnet1 at 08:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月23日

12/23裏同心ルンゼ:ラッセルときどきアイス

2005Dec裏同心1Oさん、Nさん、Sさんとともに、22日夜9時江戸川台駅前集合。S号ステップワゴンで都内を抜け、12時小淵沢のコンビニ裏Pで車中泊。23日3時半頃起床し、コンビニで食料調達し、店前の明るいところで支度を整える。今日はこの冬最大のー40℃の寒波が甲信越地方にもやってくる予定だが、風がないので左程寒さは感じない。(写真Oさん、Sさん提供)続きを読む

nccnet1 at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月27日

阿弥陀南稜〜御小屋尾根周回

2005.3.26〜27 阿弥陀南稜〜御小屋尾根周回 

メンバー:L00,07

行動予定:
3/26(土) 6時半舟山十字路発ー9時旭小屋ー14時立場山ー16時青薙〜P2間の適所で設営
3/27(日) 3時半起床・5時半発ー10時阿弥陀岳ー御小屋尾根-15時舟山十字路

実際のコースタイム:
3/26(土) 2:00舟山十字路〜5:40起床・7:00発ー8:00立場川左俣尾根取り付きー8:40南稜尾根上ー11:50立場山ー14:20P1・P2間鞍部・設営
3/27(日)4:30起床・7:00発ー8:55〜9:15阿弥陀岳山頂ー御小屋尾根-13:25時舟山十字路

阿弥陀南稜P2下からの赤岳続きを読む

nccnet1 at 22:09|PermalinkComments(1)TrackBack(0)