会運営

2009年12月20日

12/19 第5回UAC総会:来年もフリーランスで

 2月の第4回総会からまだ10ヶ月ではあるが、第4回での今後は12月に忘年会とセットで総会を、という決定通り、UAC/NCC合同忘年会企画のなかに、UAC総会を織り込む。少人数だし上部団体もなくなったので、12月7日に議案をメールで流して、すでに大方決定済みで、今日はまあ最終確認だけ。
 サンカルトレの間に、4時から4時20分という短時間ですらすらと話は進み終了。
 2月NCC入会となったろこどんが、喜ばしい事にこのほどUACにも入会を決意し、本日の総会で無論承認。明日から、小さく短いUAC史上11番目のメンバー:UAC73として活躍いただける事となりました。すでにほぼ1年NCCで一緒にやってきたので気心の知れた者同士ですが、これからもよろしくお願いいたします。続きを読む

nccnet1 at 21:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年06月28日

6/27 01を偲ぶ会

2009Jun27南大門01追悼会01 09がメンバー間の都合を調整して2/5に急逝した01の追悼の集まりを7時から、01ゆかりのNにて行うこととなりました。
 山の会時代の山仲間、更に東京からも01の古巣目黒労山のメンバーや登山時報編集部の仲間が集まってくださり、総勢13人。もう亡くなってから大分時間もたったことだし、墓参や追悼山行もおわっていることだし、今夜は湿っぽくなくお酒をのんで、生前山行参加率はちょびっとだったけど、UAC&NCC関係宴会全出席という偉業を達成した故人を楽しく偲びましょうというのが目的です。続きを読む

nccnet1 at 06:59|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2009年02月21日

2/21 第四回UAC総会:いくつかの変革

 早く決めなくてはならないことがいろいろ矢継ぎ早にでて来たので、例年3月の例会を繰り上げて07、17など遠方組も参加可能なこの日に開催となった。
 サンカルトレ2回目Aさん、そしてサンカル初登場の17を交えて、サンカルトレのあといつもの如くその場でとも思っていたが、例年昼下がりの暖かいジムの外壁エリアも、夜8時ともなるとさすがに寒いので、体をあたためて話しましょうということで7時半にNに移動。ということで、この瞬間にAさん17のNCC加入も(本人達の意向と関係なく自動的に)決定でめでたしめでたし。
 事前にメールや打ち合わせを進めて来たので、食事食べつつ(さすがにビールは飲まないよ)議事は速やかに進行。
 続きを読む

nccnet1 at 23:23|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年01月20日

1/20 祝:UACブログ四周年!

 石の上の三年をすんなりこえ、これでアセントクラブのブログ立ち上げから4年目を迎えた訳で、座り続けた石は多少あたたまったんでしょうか?それを確認するために4年間の足どりを,各自ちょっと時間を取って読み返してみるべきですね。
 この一年だけちょっとふりかえると、17の入会があった一方、66が入会間もなく地球の反対側へ長期出張となり、また03、11の子育て休暇などもあり、実働メンバーは明らかに減少ですが、にもかかわらず、まあよく飽きもせず毎週毎週連綿と岩、山、ジムとやってきたし、律儀に記録を残してきたわなあというところです。 続きを読む

nccnet1 at 00:01|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年12月23日

12/22 UAC&NCC 忘年会@N

2008Dec22南大門1 去年はNリニューワルで忘年会シーズンに都合が付かず、今年になって新装なったNにて新年会だったけれど、今回は通常スケジュールで定番の忘年会。思いがけず空いていてゆったりのお風呂のあと、NCCみーわが初幹事で段取り決めてくれた7時半過ぎから大広間に集合。
 いつもの通りわやわやとB級グルメメニューをあれこれオーダーし散らかすが、久しぶりのせいだけじゃなくどうもいつもの品揃えじゃないかんじ。 
 というのも集まった6人中なんと4人が車運転でノンアルコール。どうもビールのほろ酔い状態でオーダーするのと味覚や勢いが違ってきたためと判明。それでも久しぶりのNながら、料理の味はまずまず温存で安心したものの、名物N餃子だけはシラフで食べたというだけではなく今回はどうも皮がパサパサで具の味が薄かった様な感じで、常連「通」の食べ方;冷えたのをたれなしでつまんで食べる、では味気なかったのが残念というか気がかりなところ。

 この記事のNCC versionはこちら

続きを読む

nccnet1 at 12:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月27日

6/26 66送別会part 2

2008June26南大門2 前回のいわばリハに続き、01,09,66、そして87,00,08ともう大分慣れてきたりニューワル後のN2Fに集合し、地球の裏側へ旅立ちがいよいよ近づいた(といってもまだ未定らしいけど)66の送別会第2弾。

 詳細は後日87アップ予定。続きを読む

nccnet1 at 06:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月10日

5/10 66送別会part1

2008May10南大門 66が転勤?00も?って事で急遽二人の都合に合わせた送別会第一弾。まぁ、二人は今生の別れになるかもしれないし…ね、強引に開催。
 09,00はサンカルトレ後に66と合流してNへ。
 66、87、09、00とあまりにもこじんまりしていて、プレというか、更に言うなら会社帰りのただの飲み会みたいになってしまいました。
 治安や仕事の話、ブラジルのクライミング事情など話しながら10時前にアップ。
66、気をつけて行ってきて下さいね。皆さん一年後、二年後仕事の予定と体調を整えてブラジル行きましょうね〜。

nccnet1 at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月16日

3/16 第三回UAC総会:石の上にも3年?

3/16は、昨年3/11に続き3回目のUAC総会。もう恒例、暖かい日曜午後1時過ぎから閑散たるサンカルでトレーニングしつつ顔ぶれがそろうのを待ち、2時から、外壁エリアのソファでミーティングスタート。3年座った石は多少とも暖まったのかどうか?3年間の過去を振り返り、4年目以降の方向性を確認し、3時半に終了。さらに4時過ぎまでトレーニングして、これまた恒例南大門方面に移動しての打ち上げとなりました。サンカルトレと打ち上げはNCCブログ参照

続きを読む

nccnet1 at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年01月20日

祝:UACブログ三周年!

 2005年1月20に、UAC立ち上げに先立ってUACブログを開設しました。今日はめでたくブログ3周年です。3歳は人の一生においても大きな区切り。事故報告やら更新放棄/ブログ閉鎖などなく、無事この日を迎えられて何よりです。

 昨年は66の入会で会員総数は9名になった一方、山ではなく社会生活上の都合で実質的活動会員数はむしろ減少。会員の年齢構成が、仕事や育児に忙殺される世代であることから無理からぬ所ではありますが、アルパインクライミングを目指して集まり「うまくなったら宇都宮アルパインクラブに改名ね」といいつつも、片手間では許されない"総合技"アルパインの厳しさに、そのとりあえずの通過点すら近づいている気配もみえぬままの暗中模索がつづいてはいます。
 まあ、会組織の維持発展は目的ではなく手段であり、結成時に目指したのは、あくまでアルパインクライミング、あるいはそれが果たせないまでもその厳しい姿勢に近づくことですので、社会生活の都合をレベウダウンの言い訳として懐に忍ばせながら山に向かうことは慎むべきである一方、会員数や活動量の増減といった目に見える事象は、格別大きな問題ではないでしょう。
 それよりも、事の大小にかかわらず、活動内容をすべて記録に残すという方針がこの3年継続されており、これこそこの歴史の浅いアセントクラブの誇れる大きな財産だと思います。いったい自分たち一人一人は何を求めて一つの会の会員として集まったのか、そしてこの先どこへ行きたいのか?その方向を指し示す旗印を、一貫性をもって掲げてゆく上で、過去の活動記録の集積とそれに対する冷静な認識の共有は不可欠ですから。
 
 3月には総会で、UAC4年目以降をどうするかについて話し合うことになりますので、このブログ3周年を機に、各自記録を読み直してアセントクラブ発足の経緯、創設時に目指したものを再確認し、これまでの自分の足どりと現在の志向性、そして今後の各自及び会の課題を明確にしたうえで、実りある議論をしようじゃありませんか。

nccnet1 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月12日

1/12 UAC/NCC新年会

2008Jan12新年会会場の都合で例年の忘年会の代わりに、今回は新年会となりました。ここをクリック!

nccnet1 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月12日

第二回UAC総会、結成時の目線を忘れずに

3/11は、昨年3/12に続き2回目のUAC総会。昨年同様午後のサンカルに集合。幸い貸しきりだったので室内でストーブを囲んでのミーティング。すでに前週水曜のサンカルまでに大筋の話は確認済みなので、1時間ちょっとでスムースに終了し、南大門方面に移動となりました。続きを読む

nccnet1 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月08日

12/6 NCC&UAC忘年会

まあ山岳会らしく山でテントでも張ってやっか?とかいろいろまよったけれど今年も定番の場所で忘年会。ここでの忘年会はNCCは3回目、UACは2回目なので、どっちかというとNCCにUACが相乗りという形。

nccnet1 at 07:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月19日

11&87入会祝い

 日曜から雨続きのなか、諮ったように午後からは晴れ間が除きからっと気持ちの良い天気となったこの日の夕方。4月からの新加入11&87の入会祝い、遅ればせながらようやく日程の調整がつき、場所もいろいろ検討したけれどやはりいつものNで執り行われることとなる。続きを読む

nccnet1 at 23:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年03月26日

3/26古賀志中尾根〜北尾根周回

 昨日に続いて初級雪上歩行講習の講師役でまた那須行きの01以外、めずらしくUAC全員山の予定無しなので、久しぶりに単独で古賀志へ向かう。車中で3〜4時間のコースを考え、中尾根〜北尾根周回と決める。続きを読む

nccnet1 at 18:29|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年03月13日

第一回UAC総会、たゆまずクライミング

3/12はUAC正式スタート1年目で初めての総会。事務所をもたない弱小会の強み?で、利用者がすくないだろう日曜午後のサンカルに集合し、貸し切りのテラスで長時間熱心な話し合いに没頭しました。
 陽ざしがなく寒い風の吹く日だったので透明アクリルをはっているけど不思議と風通しの良いテラスはさすがに寒く、開始前と、3時間を超える会議の中休みに10分間ボルダーをして体を温めては再開。そして終了後も更に1時間ほど練習。アクリルの透明の壁に付けられた10手x往復のトラバース課題を右手スタートと左手スタートで練習。ついではにはに、そしてねじくれの最初の2手、といったところ。
 6時からの打ち上げは毎度おなじみ南大門でしたが、日曜夜はいつもの平日と違って利用者が多いせいかステージでの演芸のアトラクションつき。津軽三味線なかなかよかった。8時にアップで解散とおもいきや、なんとこのあと08,09は10時までまたサンカルにゆくという見上げた根性。山岳会運営のための諸々の取り決めも、このようなハイモチベーションがあってこそでしょう。
 続きを読む

nccnet1 at 07:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年04月01日

Stepping out on April Fool

待ちに待ったというか、あれあれもう来てしまったというか、四月一日がやってまいりました。
当初の予定どおり、今日からUAC正式発進です。

お披露目として山仲間の方々に下記メールを配信しました。続きを読む

nccnet1 at 07:30|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

2005年03月18日

Link with 目黒勤労者山岳会

タムタムオジの古巣、目黒勤労者山岳会のHPと相互リンクしました。
宜しくお願いいたします。
もっとも今のUACのブログ見ても、運営関係の連絡ばかりでなんも面白くないので恐縮です。

nccnet1 at 19:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月10日

UAC前史

折角ゼロからのスタートなので、このブログオープン以前の、いわば、”UAC前史”についても記録に留めておこうと思います。

要するに、YACCでの活動の延長戦で、アルパインに関して寄り集中して練習する環境を作る必要があるだろうということで、2004年の夏頃からいろいろ話している内に、このような形のグループを分離させる方向性が、2004年の年末までにははっきり確定したということですね。

その流れのなかで、UAC blogが2005.1.20に立ち上げとなったわけです。

創設会員のみなさん、「UACの歴史一口メモ」でした。続きを読む

nccnet1 at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月03日

設立総会めでたく終了

2005.3.2水曜21:30
予定された、UAC設立総会(というんだそうです。タムタムオジによると。総説準備会よりかっこいいわね)がめでたく南大門にて開催され、エイプリルフールフライデー2005/4/1スタートと決定!
続きを読む

nccnet1 at 07:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年02月20日

準備総会3/2Wed

準備総会3/2Wed

サンカル三々五々集合〜9時頃サンカル移動〜9時半から2Fにてミーティング、としましょう。
(予備日3/5土、or 3/6日、同時刻)

●議題
1.基本方針確認
2.県連への登録申請段取り
3.当面の運営に必要な役割分担
4.その他・・あればコメントに入れてください。

nccnet1 at 23:51|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2005年02月16日

UAC創設会員決定〜立ち上げ準備会議の日取り

UAC関係のみなさま、創設会員宣言お寄せいただきありがとうございました。

タムタムオジ、南父、ひろあに、ワキ、はに、太郎、以上6名、平均(精神)年齢19歳(5歳から74歳)が選ばれし?「創設会員」となりました。(松本さんは山の会の運営に引き続き尽力するため、掛け持ち困難との見通しで、一般会員としての入会となります。)

3月13の県連総会で公表〜4月1エイプリルフール発進のため、引き続き立ち上げ準備会議の開催が必要です。

三々五々サンカルに集合し出そろったところで夜9時過ぎから「南大門」で準備会兼立ち上げプレ祝賀会、といった感じで考えています。

以下の内、都合の良い日を○×△で各自コメント欄に入れてください(締切2/24木)。大事な立ち上げ会議なので全員出席できるようにしたいのでいずれも×の人は希望日を別途複数指定してください。

2/27(日)、3/ 2(水)、3/ 5(土)

なお、上記日程が決定したら、会議前に主要議案事項の連絡をしますので、引き続きこのブログはチェックしていてください。


nccnet1 at 08:10|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2005年02月03日

創設会員宣言締切2月13日!

1月から田村さんと相談し、UAC公式スタートは2005.3.11の県連総会で公にして、4月1日からという感じで来ています。
ですからそろそろ立ち上げ準備、役割分担のための全体会議が必要なので、創設に参画するメンバーを明確にする必要があります。

続きを読む

nccnet1 at 23:45|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2005年01月23日

UAC発進までのスケジュール

1/23足尾アイスの帰りに、設立準備の相談。
一応現段階としては、2/10の県連理事会のときに、UACの県連加入を申請し、3月の県連総会で公表ということにしようと相談がまとまる。

続きを読む

nccnet1 at 22:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年01月20日

UACの方向性をイメージして貰うために

UACってどんな会になるのか、これから創設会員となることを決意したメンバーの間での相談になると思いますが、あまりに何もないとイメージが湧かないでしょうから、一応、たたき台としての私案を末尾にに張り付けておきますので、コメントで質問、提案などどんどん入れて貰えればと思います。

そしてある程度創設会員の考えやイメージが具体化してきたところで準備会のようなものを始めることになるでしょう。

続きを読む

nccnet1 at 23:23|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

宇都宮アセントクラブ立ち上げ

2005年4月からクライミングを活動の主体とする山岳会として、宇都宮アセントクラブを立ち上げる予定です。

このブログを会報や連絡掲示板として使っていきましょう。

nccnet1 at 12:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0)